【中華イヤホン Cayin Fantasy (YD01) レビュー】マイクロディテールを重視したサウンド。粒の細かなシンバルクラッシュ、繊細なアコースティックギターの音色が美しい

Cayin YD01100000円~200000円
Cayin YD01

免責事項

  1. このレビューは「私的な購入品」または「対価を払ってレンタルした商品」に基づいて書かれています。
  2. これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  3. 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。
  4. 「audio-sound @ premium」はamazon.co.jpおよびamazon.comほか通販サイトの取扱商品を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラム等の参加者です。

Cayin Fantasy (YD01)の概要

こんな人におすすめ

  • 繊細でディテール感のあるサウンドが好き
  • クリアなサウンドが好き

基本スペック

  • 周波数特性:20Hz~40kHz
  • インピーダンス:37Ω
  • 感度:108dB/mW
  • ケーブルコネクタ:0.78mm 2pin
  • 価格帯:50000円~100000円

audio-sound スコア
Cayin Fantasy (YD01)
Cayin Fantasy (YD01)
8.4
  • パッケージ:7.5/10.0
  • ビルドクオリティ:8.0/10.0
  • 装着感:8.5/10.0
  • 高域:8.5/10.0
  • 中域:8.5/10.0
  • 低域:8.5/10.0
  • 歪みの少なさ:9.5/10.0

長所と短所

長所

  • 繊細でマイクロディテールに優れる
  • フラットなモニターサウンド
  • 解像感に優れる
  • 高い明瞭感
  • クリアなサウンド
  • 良好なディテール感
  • モニタースピーカーのような低域
  • 聴き心地が安定している

短所

  • 薄い中域
  • シャカシャカうるさいシェイカーサウンド
  • 充実感に欠ける
  • 深みに欠ける
  • 拡張性で物足りない
  • 平凡なパッケージ

Cayin Fantasy (YD01)の特徴

デュアルキャビティダイナミックドライバーユニット

通常のダイナミックドライバーはシングルキャビティですが、Fantasy Cayinでは10.3mmの大型デュアルキャビティを採用しています。この2つ目のキャビティは、ドライバー内部の空気圧を管理し、振動板コイルの機敏な動作を可能にし、優れたサウンドパフォーマンスを実現します。

Cayin Fantasy (YD01)
Cayin Fantasy (YD01)

絶妙なステンレス鋼のイヤーシェル

Cayin Fantasy (YD01)
Cayin Fantasy (YD01)

Cayin Fantasyは、高級感のあるエレガントなデザインのイヤーキャビティを採用しています。高品質の316Lステンレス素材を高精度な技術で使用し、プレミアムでリッチな仕上がりになっています。

低電力要件、軽快な駆動性

Cayin Fantasyは、37Ωの低インピーダンスと108dBの高感度を実現しています。スマートフォンでも簡単に電源を取ることができますが、最高の音楽品質を得るためにはハイレゾプレーヤーの使用をお勧めします。

Cayin Fantasy (YD01)
Cayin Fantasy (YD01)

高品質ハイブリッドケーブル

Cayin Fantasy (YD01)
Cayin Fantasy (YD01)

CayinはFantasyにプレミアム品質のハイブリッドケーブルをバンドルしました。複数のOCCコアと銀メッキコアで構成され、高い信号伝導率と品質を実現しています。標準的な2pinの0.78mmコネクターと金メッキの3.5mmエンドプラグを備えています。

紹介動画(ヘッドホン祭)

春のヘッドフォン祭2021 ONLINE (2021/04/24)「コペックジャパン」

パッケージ(7.5)

Cayin Fantasy (YD01)
Cayin Fantasy (YD01)

パッケージはダンボール製です。悪くはありませんが、価格を考えるともう少し豪華でも良い気がします。

パッケージ内容

付属品は価格を考えると標準か少し物足りません。パッケージには以下のものが含まれています。 

  • イヤホン本体
  • 12ペアのシリコンイヤーピース
  • クリーニングツール
  • キャリイングポーチ
  • ユーザーマニュアル

Cayin Fantasy (YD01)
Cayin Fantasy (YD01)
Cayin Fantasy (YD01)
Cayin Fantasy (YD01)
Cayin Fantasy (YD01)
Cayin Fantasy (YD01)
Cayin Fantasy (YD01)
Cayin Fantasy (YD01)

ビルドクオリティ(8.0)

Cayin Fantasy (YD01)
Cayin Fantasy (YD01)

ビルドクオリティは価格の標準を満たしています。

Cayin Fantasy (YD01)
Cayin Fantasy (YD01)
Cayin Fantasy (YD01)
Cayin Fantasy (YD01)
Cayin Fantasy (YD01)
Cayin Fantasy (YD01)

装着感(8.5)

Cayin Fantasy (YD01)
Cayin Fantasy (YD01)

耳への収まりは比較的良好です。装着感は良いでしょう。

Cayin Fantasy (YD01)
Cayin Fantasy (YD01)
Cayin Fantasy (YD01)
Cayin Fantasy (YD01)
Cayin Fantasy (YD01)
Cayin Fantasy (YD01)

音質

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ(HATS内蔵)
  • Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ・IEC60318-4準拠)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Type5050 マイクアンプ電源
  • 出力オーディオインターフェース①:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • 出力オーディオインターフェース②:Antelope Audio Amari
  • 入力オーディオインターフェース:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • アナライザソフト①:TypeDSSF3-L
  • アナライザソフト②:Room EQ Wizard

REW周波数特性

Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ)でのREWによる測定値です。測定値はHATSの測定結果と比較校正されていますが、HATSとプロ用測定アナライザーソフトを用いた当サイトの基準としている測定結果とは異なります。測定値は他サイト(主に海外レビューサイト)のレビューとの比較用に掲載しています。

当サイトのレファレンスの測定結果については有料記事を参照してください。

周波数特性(RAW)

qdc Dmagic 3D Frequency Response
Cayin YD01 Frequency Response (RAW)

周波数特性(自由音場補正済み)

qdc Dmagic 3D Frequency Response
Cayin YD01 Frequency Response (Free-field correction)

周波数特性/THD特性/ラウドネスステータス

測定値は有料記事をご覧ください。

オーディオステータス

Shuoer Singer
Cayin YD01のオーディオステータス
※オーディオステータスは周波数特性(自由音場補正済み)から「各要素に関わる周波数帯域の平均値」を算出し、その特性平均値全体の「全体平均値」を求め、「各要素に関わる周波数帯域の平均値」の「全体平均値」からの乖離を数値化したものです。各要素の相対的な強さを表し、独自のオーディオ指標として導入しています。

周波数特性測定値から音質要素のステータスを抽出しました。特に注目すべき要素だけ簡単に説明します。

  • Sibilance/Pierceは刺さり具合に影響するので高域に敏感な人は数値が低いものを選んだほうが良いでしょう。
  • Fullness/Mudは中域を豊かに感じさせる要素ですが、中域が濁るのが苦手な人は数値が低い方が良いでしょう。
  • Boom/Punchは低域の存在感、量感に大きく影響するので、低域のうるさい感じが苦手な人は数値が低い方が良いでしょう。

制動

Cayin Fantasyは再生機器の出力インピーダンスはほとんど受けないようです。スマートフォンで鳴らしてもほとんど不足感はないでしょう。

測定値は有料記事をご覧ください。

音質解説

今回は標準イヤピの中で、バランスタイプのLサイズを使ってレビューします。

Cayin Fantasyは音響設計上中高域の印象度を重視しているようです。たしかにこういうサウンドは第一印象でよく聞こえる傾向があるので、店頭試聴などで一定の人気を得るかもしれません。繊細で透明度が感じられやすい、みずみずしい雰囲気があり、歪みも少なくきれいな音に聞こえます。

レビューの各評価点の判断基準は以下の通りです。

  • 原音忠実度:自由音場フラットに基づく判定値。どれだけ自由音場フラット(≒録音音源の再現度)に忠実かを表します。音域ごとに標準偏差から自動で算出、判定されています(低域:20Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~20kHz;全体:63Hz~13kHz)[S+が最も原音忠実]
  • 臨場感/深さ/重み/太さ/厚み/明るさ/硬さ/艶やかさ/鋭さ/脆さ/荒さ/繊細さ/存在感:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、各要素が聴感上ニュートラルからどれだけ強調されて聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[Bが最もニュートラルに近く、S+が最も強調度が高く、D-が最も強調が弱い]
  • 質感の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、200Hz~2.5kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • 定位の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、1.5kHz~8kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • オーケストラのテクスチャ/雅楽のテクスチャ:それぞれのリファレンス音源を用い、各リファレンスイヤホンからの音質差を聴感テストしています。なお、リファレンスイヤホンは参考用であり、S+ほどリファレンスイヤホンに近いというわけではありません。[S+が最も評価が高い]
  • クリア感:THD測定値に基づいて決定されています。[S+が最も評価が高い]

これらの評価値は最終的なスコア算出に影響を与えますが、すべてではありません。

Cayin YD01
Cayin YD01

低域(8.5)

  • 原音忠実度:S+
  • 臨場感:B
  • 深さ:B+
  • 重み:B+
  • 太さ:B+
  • 存在感:B+

低域

低域は比較的フラットなチューニングをされているようですが、Cayin YD01ではほとんど重視されていません。

階層性は悪くありませんが、深さは平凡で拡張性に欠ける低域です。少なくともベースヘッドにとって10万円を出してまでこのイヤホンを買う価値はここには全く無いでしょう。

低域は引き締まって聞こえますが、底が浅く、重厚感の点では少し物足りません。ベースは明るく、音楽の中では従属的で、重厚なロックでも主導権を握れません。ドラムキックもなんだかランブルが薄く、臨場感に欠けますね。

単純に深さが足りず、黒さを出すことができず、低域が音楽全体のコントラストの基点になることができていません。

高級ドライバーを使っていることがわかる、低歪でクリアな低域ですが、広がりに欠け、貧弱ですね。

YB04の広がりのある、熱気が充満するような豊かな低域を知った後ならなおさらです。コンセプトが違うのかもしれませんが、この面白みのない低域には正直がっかりですね。ただしモニター的な低域が好きなら、おすすめできます。

中域(8.5)

  • 原音忠実度:S-
  • 厚み:B+
  • 明るさ:B
  • 硬さ:B
  • 存在感:B

中域

Cayinは豊かな中域を重視してるのかと思ってましたが、どうも違うようです。少し薄っぺらい中域ですね。

中域はニュートラルを意識しており、全体構造としては少し前傾的です。中域の上あたりが少し押し出し感が強いため、最前列ではありませんが、比較的前の方にいます。

印象的にはTHD的にも周波数特性的にも充実感が足りない感じがあり、薄っぺらくて印象に残りにくい中域ですね。バランスはわりと良いですが、とくに面白いところはありません。

ボーカルは細く聞こえやすく、実体感に欠けます。子音が少し強めですが、尖りや刺さりはうまく抑えられているようです。ボーカルよりはアコースティックギターやピアノのほうが存在感が感じられるくらいです。

高域(8.5)

  • 原音忠実度:C-
  • 艶やかさ:B+
  • 鋭さ:B+
  • 脆さ:B
  • 荒さ:D+
  • 繊細さ:C
  • 存在感:B+

高域

高域はマイクロディテール重視でチューニングされており、かなり粒立ちが細かく聞こえます。それでいて、刺さり感はうまく抑えられているので、耳に痛い感じはありません。聴き心地への配慮はさすがCayinといったところですが、だからといって面白いかどうかとは別問題です。

高域はハイハットがマラカスのように聞こえる、いわゆるシェイカーサウンド系統の音で、基本的にシャカシャカしています。低域がもう少し存在感があれば、コントラストがあって引き締まった可能性がありますが、YD01の現状では全体的に明るい音場、充実感に欠ける音楽表現に加え、さらにシャカシャカした音を聞かされるので、どうも表現が薄っぺらく聞こえますね。音楽全体が白化している印象を受けます。

空気感は少し物足りないので、曲によっては抜けが悪くてガシャガシャとがさつに音を聞かせる傾向があります。シンバルクラッシュが派手なのが好きな人、アコースティックギターが繊細で金細工のように聞こえるのが好きな人には向きますが、私は好みじゃありません。弾き語りを聴くには悪くないかもしれませんが、全体的にチャラい音で、ガシャガシャして聞こえやすいのが気になります。

拡張性の点でも物足りないので、これに10万円を出す必要はないでしょう。

定位/質感

  • 質感の正確性:S
  • 定位の正確性:B+
  • オーケストラのテクスチャ:B+
  • 雅楽のテクスチャ:B

定位と質感は以下の音源によって聴感テストされています。また質感についてはそれぞれリファレンスとするイヤホンは以下の通りです。

オーケストラではコンサートマスターと指揮者の位置関係、チェロとバイオリンのバランスを重視しています。雅楽では篳篥の音が最も力強く聞こえること、とくに「塩梅」がきれいに聞こえることを重視しています。

この項目は各言語音の音域に対応し、西洋音楽(および洋楽)が好きな人はオーケストラのテクスチャを、日本の伝統音楽(および邦楽)が好きな人は雅楽のテクスチャを重視すると満足度が高いでしょう。

中域の質感はかなり自然でみずみずしく聞こえます。中域の定位の正確性も高く、楽器の配置にほとんど違和感はありません。

フルオケは比較的中域の定位と質感が正確でクリアに聞こえますが、全体的に重厚感がなく、妙にツルツルして聞こえます。バイオリンのエッジがやや強調されて聞こえ、少しヒステリックに聞こえやすい傾向もあります。全体的に表現がデジタルですね。荘厳さに欠けます。

雅楽も明るく軽っぽい感じで、和音はきれいに聞こえますが、派手です。艶やかな印象で聞こえるので、雅な雰囲気はかなり感じられますが、篳篥の響きが甲高く、屁のように下品に聞こえやすく、少しうるさげなのが気になります。

グルーヴ/音場/クリア感

  • 音場:B
  • クリア感:A+

音場

中高域が押し出されて聞こえる分、少し中域で奥行きを感じやすいところがありますが、全体的には平坦です。深さと高さも平凡です。

クリア感はかなり優秀です。

音質総評

  • 原音忠実度:A+
  • おすすめ度:C+
  • 個人的な好み:C

音質総評

Cayin YD01のサウンドは全体的にニュートラルを意識したサウンドを持っています。マイクロディテール重視で音楽を繊細に聴きたい場合は悪くないかもしれません。

final A8000みたいな音が好きなら、気に入るかも知れませんね。音質傾向がかなり似ています。それでいてA8000よりはだいぶお得です。ドライバーの品質も優れているようですし、A8000よりコスパは確実に良さそうですね。それでも個人的には割高に思えますが。

私個人の感想としては10万円でこれを買うよりは、YB04を買い、残りで1万円クラスの良機種を2,3本買うのをおすすめします。

音質的な特徴

美点

  • 繊細でマイクロディテールに優れる
  • フラットなモニターサウンド
  • 解像感に優れる
  • 高い明瞭感
  • クリアなサウンド
  • 良好なディテール感
  • モニタースピーカーのような低域
  • 聴き心地が安定している

欠点

  • 薄い中域
  • シャカシャカうるさいシェイカーサウンド
  • 充実感に欠ける
  • 深みに欠ける
  • 拡張性で物足りない

繊細な粒立ち感
フラットに近いサウンド
クリア感に優れる

競合機種

レコーディングシグネチャー

レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。レコーディングシグネチャーのソースはAntelope Audio Amariを用いています。出力インピーダンスは0.3Ωで、使用イヤーピースは標準イヤーピース(バランス)のSサイズです。

  • SAMREC HATS Type2500RSシステム:HEAD & TORSO、Type4172マイクX2搭載
  • 5055Prot 実時間2ch 自由音場補正フィルター(特注)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Type5050 マイクアンプ電源
  • Bluetoothトランスミッター:FiiO BTA30
  • オーディオインターフェース:Antelope Audio Amari
  • レコーディングソフト:Audacity

LACRIMOSA OF DANA -Opening Ver.-

楽曲情報
  • 楽曲名:LACRIMOSA OF DANA -Opening Ver.-
  • アルバム名:イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Cayin Fantasy

Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-

楽曲情報
  • 楽曲名:Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 Evolution オリジナルサウンドトラック
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Cayin Fantasy

巨イナルチカラ

楽曲情報
  • 楽曲名:巨イナルチカラ
  • アルバム名:英雄伝説 閃の軌跡 オリジナルサウンドトラック
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
巨イナルチカラ
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Cayin Fantasy

ユルギナイツヨサ

楽曲情報
  • 楽曲名:ユルギナイツヨサ
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 スーパーアレンジバージョン
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
ユルギナイツヨサ
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Cayin Fantasy

Formidable Enemy

楽曲情報
  • 楽曲名:Formidable Enemy
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 スーパーアレンジバージョン
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Formidable Enemy
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Cayin Fantasy

Intense Chase

楽曲情報
  • 楽曲名:Intense Chase
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 スーパーアレンジバージョン
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Intense Chase
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Cayin Fantasy

総評

Cayin Fantasy中高域のディテール感を重視した比較的フラットに近いサウンドを持っており、粒の細かなシンバルクラッシュ金細工のように繊細なアコースティックギターを好むリスナーを楽しませてくれます。パッケージクオリティなどを考えると少し強気な価格設定ですが、final A8000と同等クラスで類似したサウンドを提供するため、A8000を買おうと思ったら、念のためその前に試聴してみると良いでしょう。少し安上がりに済むかもしれません。

【ワイヤードイヤホン JVC HA-FW1500 レビュー】印象的な解像度の高いWOODシリーズのミドルハイエンドモデル
【ワイヤードイヤホン JVC HA-FW1500 レビュー】印象的な解像度の高いWOODシリーズのミドルハイエンドモデル

JVC HA-FW1500は明瞭感の高い中高域を提供するイヤホンです。WOODシリーズの中では比較的若さを感じられるサウンドで鮮烈な印象のあるサウンドを奏でますが、少し尖りやすく、うるさく聞こえやすい傾向があるのが好みを分けるでしょう。

【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる
【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる

音楽の聞き心地、聴き疲れのなさを重視するなら、KBEAR NEONはかなりおすすめできます。円筒形のそのイヤホンは、挿入深度も調整しやすく、少しでも音に尖りを感じたら、イヤーピースを小さくしてより深く挿入することで簡単にその尖りを消すことができます。

【中華イヤホン iBasso IT07 レビュー】クリアで明瞭な低域を実現するテスラドライバー。3種のチューニングノズルによる多彩なサウンド。奥深いiBassoのフラッグシップIEM
【中華イヤホン iBasso IT07 レビュー】クリアで明瞭な低域を実現するテスラドライバー。3種のチューニングノズルによる多彩なサウンド。奥深いiBassoのフラッグシップIEM

iBasso IT07は音楽的な中域重視のサウンドを持ち、充実感に優れ、物腰の柔らかな厚みのあるサウンドを実現しています。そして、最大の特徴はテスラドライバーが実現するクリアで質の高い低域にあります。分離感は少し物足りません。

【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド
【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド

Shuoer EJ07はフラットにほぼ忠実なサウンドを持っており、全体的な原音充実度の高さと中域の自然な質感が魅力です。音場はやや奥に定位され、余裕が感じられて聴き心地に優れていますが、迫力やダイナミクスに不足を感じやすいところは難点です。

【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力
【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力

BQEYZ Summerは1万円台の新たなスタープレーヤーです。ハイブリッドドライバーモデルでありながら、非常に低歪であり、かつほぼ完全にニュートラルに近いので、かなり原音に近い質感の中域を持ち、万人向けの素晴らしいサウンドを実現している良機種です。

【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域
【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域

Behringer MO240は中域のステージングが良好で、広々とした開放的な音場にディテール感の高い繊細な音がすっきりと見通せるように聞こえる良質なモニターイヤホンです。クリア感も高く、駆動も容易な上、パッケージクオリティも高いので非常に高いコストパフォーマンスが感じられます。

中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)
中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)

この記事ではオーディオマニアの間で人気の中華イヤホンに関する知識と最新情報をお届けします。この記事を読めば、あなたも今日から中華イヤホン通になれます!

previous arrow
next arrow
【ワイヤードイヤホン JVC HA-FW1500 レビュー】印象的な解像度の高いWOODシリーズのミドルハイエンドモデル
【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる
【中華イヤホン iBasso IT07 レビュー】クリアで明瞭な低域を実現するテスラドライバー。3種のチューニングノズルによる多彩なサウンド。奥深いiBassoのフラッグシップIEM
【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド
【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力
【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域
中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)
previous arrow
next arrow
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

HiFiGOは、現在購入できるHiFi IEMのトップ5をテストしてリストにまとめることで、あなたを助けようと思います。このリストは、$500以下の価格帯から選ばれています($100以下のベスト、$200以下のベスト、など)。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

Cayin Fantasy (YD01)

Cayin YD01
8.4

パッケージ

7.5/10

ビルドクオリティ

8.0/10

装着感

8.5/10

高域

8.5/10

中域

8.5/10

低域

8.5/10

歪みの少なさ

9.5/10

長所

  • 繊細でマイクロディテールに優れる
  • フラットなモニターサウンド
  • 解像感に優れる
  • 高い明瞭感
  • クリアなサウンド
  • 良好なディテール感
  • モニタースピーカーのような低域
  • 聴き心地が安定している

短所

  • 薄い中域
  • シャカシャカうるさいシェイカーサウンド
  • 充実感に欠ける
  • 深みに欠ける
  • 拡張性で物足りない
  • 平凡なパッケージ

コメント