【HiFiGOレビュー】TRN TA1:開封&クイックレビュー「美貌のイヤホン!!」

TRN TA13000円~5000円
TRN TA1

TRNは、中国を拠点とする国際的なHiFiオーディオブランドです。 TRNは主に低価格帯($100未満の価格帯)に焦点を当てた幅広い製品を持っています。 最近、彼らは最新のデュアルドライバーハイブリッドのインイヤーモニター(IEM)、TRN TA1を発表しました。 このIEMは、その非常識なルックスですぐに注目を集めました。このIEMは、Knowles製BAとカスタムDDドライバーを収容する光沢のある鏡のような金属製のイヤーシェルを持ち、絶妙に見事な外観に思えます。数日前に自分用のユニットを入手したので、今日はこの非常に美しいIEMの開封と簡単なインプレッションを共有します。それでは、始めましょう。

TRN TA1
TRN TA1

この製品の要点

  1. スマートフォンでも問題なく駆動できる
  2. 廉価だがプレミアムな外観
  3. リラックスした高音の特徴を備えた、豊かで厚みのある音色

TRN TA1

TRN TA1は、約$37.99で買えるブランドの低価格のデュアルドライバーハイブリッドIEMです。 Knowles製33518バランスドアーマチュアドライバーと8mmカスタムダイナミックドライバーユニットが装備されています。このIEMは、金属合金製のハウジングを備えたプレミアムな外観を誇っています。IEMの詳細については、こちらをご覧ください。

パッケージとアクセサリー

TRN TA1
TRN TA1

TRN TA1は、プレミアムなデザインが見事でコンパクトなパッケージを採用しています。前面にTA1イヤホン本体の画像とTA1のブランドロゴが付いています。フロントには、下部に印刷されたIEMの主要な機能であるマグネシウム合金ハウジングと1×Knowles製BA + 1×DDハイブリッドインイヤーモニターもあります。パッケージの中には、TA1のイヤホン本体がコネクタケーブルと一緒にフォームにしっかりと収まっています。パッケージには、6ペアのシリコンイヤーチップと1ペアのフォームイヤーチップも含まれています。しかし、キャリーケースは含まれていません。

TRN TA1
TRN TA1

パッケージ内容

パッケージのデザインと外観は贅沢でプレミアムです。 パッケージの内容は以下のとおりです。

  • 1組のTRN TA1
  • 3.5mmターミネーションプラグ付きのMMCXコネクタケーブル1本
  • 3組の黒いシリコンチップ
  • 3組の白いシリコンチップ
  • 1組のフォームチップ
  • TRNドキュメント(保証書と取扱説明書)

パッケージ開梱動画

TRN-TA1 BA+1DD First Look

デザインとビルドクオリティ

TRN TA1
TRN TA1

先に述べたように、ビルドとデザインはTRN TA1の重要な機能の1つです。ハウジングは非常によくできており、鏡のような光沢のある仕上がりが特徴です。ハウジングはマグネシウム合金材料でできており、かなり重いです。イヤホン本体の端は滑らかで、平均的なサイズのノズルがユーザーに快適なフィット感を提供します。光沢のある鏡面仕上げは、とても光沢があり美しく見えます。私は個人的にも、この卓越して美しいIEMの価格が約40ドルであるという事実に魅了されています。このIEMは驚くほど美しく見えます。イヤーシェルの上部には、右側と左側をそれぞれ赤と青の色で示すMMCXコネクタがあります。付属のケーブルは非常に頑丈で、しっかりと作られています。 MMCXコネクタの近くに丸みを帯びた形状でしっかりとフィットします。

TRN TA1
TRN TA1

装着感と遮音性

私はこのIEMが快適なフィット感を提供していると思います。イヤホン本体は私の耳にしっかりと収まり、外耳道全体を覆っています。平均的なサイズのイヤーノズルのおかげで、挿入もそれほど深くなく、外出先で使用しても非常に快適です。私はストックグレーの中型チップを使用しました、そしてそれはしっかりしたフィット感と環境ノイズからの良いレベルのノイズアイソレーションを提供します。

TRN TA1の駆動に関して

TRN TA1の低インピーダンス定格はわずか16Ωで、高感度定格は約107dB/mWです。スマートフォンでも問題なく簡単に電源が入ります。TRN TA1でiBasso DX160とxDuoo MT-602を使用しましたが、これら2つの組み合わせで調べた結果は次のとおりです。

TRN TA1
TRN TA1

× iBasso DX160

DX160の標準的な3.5mmポートを使って、TA1とDX160を接続しました。何の問題もなく、きれいでみずみずしい音楽が出力され、40/100程度のボリュームで十分な音量レベルを得ることができました。

xDuoo MT-602

TRN TA1
TRN TA1

DX160との組み合わせに比べて、ここでは出力がよりクリーンで温かみのあるものになっています。MT-602は実際にはパワフルになりすぎていて、MT-602では20%程度の音量で聴いています。また、出力が少し温かく感じられますが、これは真空管の働きによるものでしょう。全体的にはとても楽しめるサウンド体験です。

音質

TRN TA1は、リラックスした高音の特徴を備えた、豊かで厚みのある音色を持っています。ローエンドは8mmダイナミックドライバーによって提供され、優れたトランジションを提供し、他の周波数を十分に補完する深くてインパクトのある低域を提供します。それはタイトで、その領域内でうまく管理されています。中域の周波数はかなりクリーンで透明です。周波数応答範囲の高い側では、高音域の周波数が緩和され、適切に表示されます。TA1はトップエンドでロールオフに苦しみ、疲労感と歯擦音のないリスニング体験を提供します。私の経験では、このIEMは非常に豊かな響きで、音楽的な反応を提供し、同時に楽しく楽しいものです。これがTRN TA1の周波数ごとのサウンドの説明です。

TRN TA1
TRN TA1

低域

微細な8mmダイナミックドライバーは、速く、深く、パンチの効いたローエンドを提供します。 低音のエクステンション(拡張性)は良く、正確にヒットします。 それは実際にはかなり厚く、出力に重みを加えます。重低域のランブルは非常に強力で、雷鳴のようであり、出力に楽しい要素を提供するのに十分なほど拡張されています。ローエンドは、濁りや他の周波数へのブリードがなく、厳密に制御されています。このIEMは、ヒップホップ、EDMなど、パンチの効いたローエンドの恩恵を受けるジャンルを補完します。

中域

TRN TA1による中域は、音楽的で透明です。このIEMは、滑らかで、きめの細かい、疲れのないボーカルを提供し、耳障りな音をまったく出さずに前進させます。ギターなどのアコースティック楽器は、弦の間に開放感があります。私の意見では、風通しの良い透明な中域周波数は、TA1のサウンドシグネチャーの最も優れた側面の1つです。 楽器の明瞭性も、TRN TA1の特徴の良い側面です。

TRN TA1
TRN TA1

高域

TRN TA1の高音部は、滑らかでリラックスした、疲労感のない特徴を示しています。 シンバルのクラッシュは優れたディテールを示していますが、IEMの超高周波数がロールオフするため、突然終了します。しかし、これにより、歯擦音のないサウンド出力が提示されており、非常にリラックスして聞くことができます。

音場と解像感

TA1のサウンドステージは平均的な広さです。 講堂のような雰囲気はありませんが、ミュージシャンと一緒に小さな部屋に閉じ込められることはありません。さまざまな音楽ジャンルが優れた明瞭さとディテールで輝くための十分なスペースを提供します。イメージングに関しては、TRN TA1は価格帯で優れていると思います。

TRN TA1
TRN TA1

総評

TRN TA1のリラックスした透明なシグネチャーに感銘を受けました。これからオーディオを始めようとしている、予算の限られたオーディオ初心者にとっては、良い入門機になると思います。また、豊かで厚みのあるシグネチャーを備えたボーカルベースのアーティストの曲を聞くのにも適しています。$37.99で、TRN TA1を選んで間違えることはありません。こちらのストアページでTRN TA1の詳細を確認してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました