【HiFiGOレビュー】中華イヤホン TRN VX Pro:ヴィーサウンド・ダン・ライト

TRN VX PRO10000円~20000円
TRN VX PRO

プロローグ

  • 本機はレビュー用にHiFiGOから送られてきたものです。製品情報についてはhttps://hifigo.com/products/trn-vx-proをチェックしてください
  • EQは使いません
  • 私自身のVX Proは、毎日3〜4時間の実使用と、使用しない時は予備のDAPに装着して焼きっぱなしでシンセティックピンクノイズをループ再生していたのを合わせると、300時間近いエージングを経たことになります
  • 私の感想は、純粋にユーザーとしての主観的な立場から行ったものです。私はプロのレビュアーではありません。従って、グラフや測定値を示すことはできません

さて、実は私はTRNをよく知らないのです。ですから、HiFiGOからTRN VX Proを試してみないかと誘われたとき、承諾したのですが、正直なところ、何もわからないのです。私が以前所有し、テストしたことのあるTRNのIEMは、エントリーモデルのTRN MT-1だけです。VX Proは間違いなくエントリーレベルのIEMではありません。実際、TRNはこの製品を上位機種の1つとして提供しています。

TRN VX PRO
TRN VX PRO

この製品の要点

  1. 価格以上のコスパ
  2. V字型だが、音質バランスが良く駆動が容易
  3. 純正ケーブルは交換したほうが良い

開梱動画

TRN VX Pro 9 Drivers IEM Unboxing!
TRN TA2

TRN TA2は濃密なサウンドを持つリスニングイヤホンです。まったりと音楽を楽しむのには悪くないですが、多くの人には癖が強すぎ、全体的にぼんやりしているのがいまいちに思われるでしょう。

BQEYZ Autumn

BQEYZ Autumnはよくできたマグネット式チューニングフィルターと良好なオーディオスペックを持つ野心的な機種です。サウンドパフォーマンスは価格の標準以上であり、BQEYZがこの分野でも高い技術力 Read more

デザインとビルドクオリティ

TRN VX Proは、非常に意欲的なハイブリッドIEMです。10mm径のダイナミックドライバーを1基、バランスドアーマチュアを片側8基搭載しています。これは、私がこれまで試した中で最も多くのドライバーを搭載していることになります。22Ω/106dBの感度は、まさに非常に高感度かつ高効率なIEMです。ドライブがとても簡単です。

私が純正パッケージで本当に気に入っているのは(かなりスパルタ式ですが)、より一般的なシリコンチップに加えて、適切なフォームチップが付属していることです。私の耳はシリコンチップと相性が悪いようで、快適性に問題がありました。また、多くのシリコンチップから得られる、音の周波数に伴う奇妙な共鳴も忘れてはいけません。

しかし、私は純正ケーブルに満足していなかったと言わざるを得ません。この価格なら、TRNはもっとしっかりした、薄っぺらでないものを提供することができたはずです。TRN T4 8 Core OCC Single Crystal Copperケーブルが付属していれば完璧だったでしょう。私はVX-Proを300時間使用する間、純正ケーブルをKinera Leyding(モジュラーOFCリッツ5N)とVE DI Copper Slim Edition(高純度5N OFC)のセットと交換して使用しました。確かにVX Proは2本の銅ケーブルとの相性が良く、VX ProにSPCを使うと乾いた音になるような気がします。OFCの銅はVX Proを非常によく引き立て、全体的に滑らかで透明感のある音になります。以上、TRN純正フォームチップとOFCケーブル2本を使用してのレビューでした。

TRN VX PRO
TRN VX PRO

音質

使用機材

  • LG V50 ThinQ (3.5mm SE and USB Port)
  • Sony Xperia X Compact (3.5mm SE and USB Port)
  • HiBy Audio Player USB Exclusive Mode with FLAC files
  • Questyle M12 3.5mm SE (2 Vrms)
  • HiBy FC5 4.4mm BAL (2 Vrms)
  • Cayin RU6 4.4mm BAL OS (2 Vrms)
  • Lotoo PAW S2 4.4mm BAL (2 Vrms)
  • Creative SX-Fi 3.5mm SE (2 Vrms)
  • Abigail 3.5mm SE (1 Vrms)
  • Avani 3.5mm SE (1 Vrms)
  • CEntrance DACport HD 3.5mm SE (4.1 Vrms)
  • VE RAP5 3.5mm SE (5 Vrms)
  • VE Megatron 4.4mm BAL (4.7 Vrms)

音色とダイナミクス

TRN VX Proは、全体的なチューニングとしては、非常に成熟した音のV字型IEMだと思われます。かろうじてV型と言えるかもしれません。音質や音色は、金属的な色合いがなく、有機的で、シングルDDほどではありませんが、とても心地よいものです。これはソースの性質によるところが大きく、CEntrance DACport HD、Lotoo PAW S2、Creative SX-Fi、Cayin RU6といった非常にアナログ的なサウンドのパートナーでは、出力は非常にスムーズでありながら技術的に明確なのです。HiBy FC5、LG V50 ThinQ、VE MegatronのようなESSベースのDAC/アンプと組み合わせると、有機性が著しく低下し、より明るく、鮮明なエッジに集中するようになります。このことから、VX Proは、ソースの特徴に非常に透明に適応する、とんでもなく多用途なユニットであることがわかります。LG V50 ThinQやSony Xperia X Compactから駆動すると、Vカーブしたサウンドになりますが、DACport HDとRU6という私のお気に入りのドングルを使用すると、中音が際立ち、より自然にバランスのとれたプレゼンテーションになります(したがって、前述のようにWサウンドカーブになっています)。

VX Proのダイナミックレンジは非常に広く、詰め込まれた多くのドライバーは単に数をこなすだけでなく、それぞれに割り当てられた音域を見事に表現しています。低域、中域、高域、すべてが見事に表現され、その結果、全体のバランスは自然なベンチマークに近いものとなっています。特定の周波数に偏りがあるのかどうか、私には判断がつきませんが、互いに調和するようにうまく調整されているように思われます――ダイナミズムに一貫性が感じられます。

中域

VX Proは、一般的にV系と言われるユニットとしては、中域が非常によく出ている。健全な音でありながら、豊かな質感を持っています。ボーカルは有機的な暖かみがあり、生き生きとした魅力があり、楽器の音色は適度な歯切れの良さがあり、アタックとディケイはしっかりとしているが、やり過ぎ感はなく、リアルです。コントラルト、バリトン、ソプラノ、あるいはその中間であっても、VX Proはそれらを私が感じるとおりの音で表現してくれます。

パーカッションとエレクトロニクスの両方が非常にリアルに聞こえ、また、他のIEMに見られるような箱鳴りや空洞のような響きを感じることは一切ありません。

弦楽器、特にギターの音色は、意図された表現に忠実です。DACport HD、PAW S2、RU6などと組み合わせると滑らかで洗練されたエッジが立ち、HiBy FC5やLG V50では鮮明でスピード感のあるサウンドが得られます。いずれにせよ、気分に合わせてかなり楽しめると感じました。

TRN VX PRO
TRN VX PRO

高域

このVX Proで最も気に入っているのは、この点です。簡単に言えば、これはトレブルの明るさです。高音域の表現が明らかによく伸びており、空気感のある素晴らしいディケイと成熟したスプラッシュがあり、不自然な音色を示すことはありません。Shure KSE1500、Etymotic ER4SR、Etymotic EVO、Etymotic ER2XR、VE Dukeのような、細部や洗練されたサウンドではありませんが、もし私が比較しないなら、VX Proは高音の質感と細部をリアルに保つことに優れた仕事をしたと言うでしょう。どのような音源で再生しても、歯擦音は全く聞こえません。YouTubeで再生された非常にシャイニーなブラックメタルのLo-Fi録音でさえもです。VX Proは過酷なサウンドを拒否しています。

ただし、純正ケーブルでは高音域がややドライでアーティキュレーションが良くない傾向にあることに注意しなければなりません。Kinera LeydingのとVE DI CopperのOFCは、VX Proの高音域の滑らかさを保つために大きな役割を担っています。

VX Proをより有機的に表現したい場合は、DACport HD、PAW S2、RU6、SX-Fiと組み合わせ、より鮮明で高音の減衰が速いサウンドを好む場合は、VX ProにFC5、Avani、LG V50、Questyle M12を組み合わせようと思っています。まさに、超多機能で適応力があるのです。

低域

確かなことは、VX Proはベースヘッド(低域好き)にアピールするものではないということです。中低音はかなり抑えられています。しかし、決して威圧的ではありません。中低音は質感が良く、適度な鳴動感もあり、魅力的です。素晴らしいことに、中低音はDiffused Field IEMに見られるような明白な平坦さではありません。

重低域は明らかにマイルドで、それほど顕著ではありませんが、非常に存在感があり、滑らかな減衰で拡張がまだ聞こえます。全体的なテーマは、リスナーが低音疲労のリスクなしに長時間のセッションを行えるような、適度に明瞭な低音レスポンスを好むようで、私はこの点を非常に高く評価しています。

技術面

VX Proは、IEMとしては非常に広々とした広いサウンドステージを持ち、奥行きは賞賛に値するもので、決して素晴らしいとは言えませんが、失望させられるものでもありません。しかし、もっと重要なことは、イメージングが鮮明で、素晴らしい空間的な位置関係、非常にホログラフィックで、FPSゲームに最適だと言わざるを得ません。これは、複数のドライバーが調和してサウンドレイヤーを適切に表現することに大きく起因していると考えています。臨床的にシャープで正確というわけではありませんが、分離はきれいでスムーズです(スムーズさに重点を置き、鮮明さには重点を置いていません)。

スピードの面では、何も文句はありません。VX Proは、コンソリデーションやコンプレッションに強い、スピード感のあるユニットとして、まとまりのあるレスポンスを聴かせてくれます。マルチインストゥルメントやレイヤーであろうと、200BPMを超えるようなスピード感のあるものであろうと、VX Proはそのペースにうまく乗ってくれるのです。私の好きな曲で、音が濁ったり、重くなったりしたことは一度もありません。だから、これは私の中では大勝利です。

VX Proのディテール処理は、確かにTOTLレベルの大物には少し及ばない。Shure KSE1500やEtymotic ER4SR、Etymotic EVOなどの方が、マクロとミクロのディテールに優れています。しかし、これはVX Proが怠け者であるということではなく、この価格帯では特に、透明であるように十分に解像度があります。だから、私はこのことについてあまりくどくどと言うことはありません。

スケーラビリティ

VX Proは、非常に多機能なIEMです。106dbの感度と22Ωの抵抗で非常に効率的であるにもかかわらず、VX Proはより大きなパワーで驚くほどよく拡張できることがわかりました。

1VrmsまでのAbigail/Avani/Sony Xperia X Compact/LG V50と素晴らしい相乗効果を発揮し、VX Proはパワーが上がるにつれてますます良くなり、5Vrms以上ではヘッドルーム割り当てが著しく改善し、ダイナミックトランジェントはより洗練された音になりました。私がこれまでテストした多くのマルチドライバーIEMは、パワーが増すにつれてエッジの効いたシャイなサウンドになりがちでしたが、VX Proは違いました。VE Megatronは、600オームで非常に頑強なものを駆動するために設計された4.7Vrmsのモンスターで、VX Proはシームレスに相乗効果を発揮しています。もちろん、使用可能な音量は最大で3/100程度を推移していますが(笑)。本当に素晴らしいです。

TRN VX PRO
TRN VX PRO

エピローグ

TRN VX Proには、本当に感心させられました。このような性能を発揮するとは思ってもいませんでした。しかし、非現実的な期待で独りよがりに失望するよりも、むしろ嬉しい驚きを感じたいものです。

VX Proの欠点を挙げるとすれば、その真価を発揮するために膨大な量のバーンインを必要としたことでしょう。私のサウンドインプレッションにあるような洗練されたサウンドは、150時間以上経過した時点でようやく固まり始めたというのが私の観察結果です。いや、私の耳が慣れてきただけではありません。私はバーンインのループの間に、各セッション4時間以内を費やしています。定期的にチェックし、時間が経つにつれて改善されているかどうかを観察しています。これはTIN HiFi P1やEtymotic ER4SRとよく似ていて、どちらも最高の音を出すために長いエージングが必要でした。私のHZSOUND Heart Mirrorでさえ、200時間後にのみ滑らかなサウンドを開始しました。このように、短所として挙げたものの、VX Proのバーンインの長さはまったくもって奇異なものではありません。

その上で、純正ケーブルが全く好きになれなかったことは既に述べたとおりです。VX Proは、SPCとのペアリングでは、あまり良い音は出ません。あの銀メッキケーブルでは、ドライでオーガニックでない音になってしまいがちです。私自身の使い方では、キネラのレイディングが私に合っていました。素晴らしい解像度を保ちながら、滑らかなアーティキュレーションを得ることができます。もう少し鮮明な透明感が欲しい場合は、VE DI Copper Liteに交換することも可能です。つまり、VX Proと適切な銅ベースのケーブルの組み合わせは、素晴らしい結果をもたらすということです。

ディテールの処理については、VX Proはもう少し頑張れるはずです。しかし、特にこの価格帯では、この点に関してあまり文句を言うつもりはありません。この価格帯では十分すぎるほどです。

最後になりますが、VX Proが多くの種類のソースと相乗効果を発揮できることは、それだけで大きなプラスです。AKMやESSのSabreベースのDAC、あるいはRealtekやConexantのネイティブチューンであっても、VX Proはソースの音の特徴を補完してうまく調和させるコツがあるようです。

TRN VX Pro、それは価格以上のクオリティを提供します。買う価値は十分にあります。

【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい
【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい

qdc Dmagic 3Dはうねるようなグルーヴ感とクリアな明瞭感、リッチな優雅さを兼ね備えたハイエンドイヤホンです。わくわくする活気に満ちた楽しいリスニングサウンドを求めている場合、このイヤホンは最高に魅力的に思えるでしょう。音楽を楽しくする魔法がかかっているイヤホンです。

【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド
【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド

Shuoer EJ07はフラットにほぼ忠実なサウンドを持っており、全体的な原音充実度の高さと中域の自然な質感が魅力です。音場はやや奥に定位され、余裕が感じられて聴き心地に優れていますが、迫力やダイナミクスに不足を感じやすいところは難点です。

【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力
【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力

BQEYZ Summerは1万円台の新たなスタープレーヤーです。ハイブリッドドライバーモデルでありながら、非常に低歪であり、かつほぼ完全にニュートラルに近いので、かなり原音に近い質感の中域を持ち、万人向けの素晴らしいサウンドを実現している良機種です。

【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域
【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域

Behringer MO240は中域のステージングが良好で、広々とした開放的な音場にディテール感の高い繊細な音がすっきりと見通せるように聞こえる良質なモニターイヤホンです。クリア感も高く、駆動も容易な上、パッケージクオリティも高いので非常に高いコストパフォーマンスが感じられます。

【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い
【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い

Shuoer Singerはこの価格帯で買えるイヤホンの中では音質的な完成度が高く、フラットで万人向きのサウンドになっています。音場は少し狭いですが、定位の明瞭性は高く、その名の通り、ボーカルフォーカスが良好な点が魅力です。

中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)
中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)

この記事ではオーディオマニアの間で人気の中華イヤホンに関する知識と最新情報をお届けします。この記事を読めば、あなたも今日から中華イヤホン通になれます!

【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる
【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる

音楽の聞き心地、聴き疲れのなさを重視するなら、KBEAR NEONはかなりおすすめできます。円筒形のそのイヤホンは、挿入深度も調整しやすく、少しでも音に尖りを感じたら、イヤーピースを小さくしてより深く挿入することで簡単にその尖りを消すことができます。

previous arrow
next arrow
【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい
【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド
【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力
【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域
【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い
中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)
【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる
previous arrow
next arrow
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

HiFiGOは、現在購入できるHiFi IEMのトップ5をテストしてリストにまとめることで、あなたを助けようと思います。このリストは、$500以下の価格帯から選ばれています($100以下のベスト、$200以下のベスト、など)。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

コメント



タイトルとURLをコピーしました