【HiFiGOレビュー】中華イヤホン TIN HiFi T2 DLC:クラシック・ダイナミックサウンド・リファインド

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン TIN HiFi T2 DLC:クラシック・ダイナミックサウンド・リファインド 5000円~10000円
TIN HiFi T2 DLC

プロローグ

  • この記事の時点で、私のT2 DLCは100時間以上エイジングされています。
  • 私は測定を行わず、私自身の視点から、聞いたことを説明するだけです。
  • 私はEQを使いません。
  • 私のインプレッションはすべてT2 Foam Tipsの純正品で行われました。
  • 最終的に、私のレビューは純粋に主観的であり、私の個人的な好みの音に偏っています。
TINHIFI T2 DLC

TinHiFi、第4世代DLC振動板を搭載した最新型シングルダイナミックドライバーIEM「T2 2022」を発表

HiFiGOニュース

Tin HiFiは、ダイナミックドライバーIEMのクラシックなT2シリーズをアップデートし、新しいT2 2022をリリースしました。T2 2022は、第4世代のDLC(ダイヤモンドライクカーボン)ダイアフラムを搭載したダイナミックドライバーをアップグレードし、音楽出力をまったく新しいレベルに引き上げています。快適で軽量なイヤーシェルと組み合わせることで、優れたサウンドパフォーマンスを発揮するシングル・ダイナミック・ドライバーIEMを手に入れることができます。T2 2022で、豊かな透明度と究極のディテールでお気に入りの音楽を体験してください!

TINは、予算重視のユニバーサルIEMとして多くの人に受け入れられたオリジナルの名作T2の改良版をリリースしました。彼らは、オリジナルのT2から物理的にほとんど変更することなく、サウンドチューニングに重点を置いています。

HZSOUND Heart Mirror Pro
HZSOUND Heart Mirror Pro

この製品の要点

  1. マイルドなVカーブチューニング
  2. メタルヘッズ向き
  3. 駆動するソースを選ばない
【フィギュア×オーディオ】タイトー 初音ミク Princess AMP フィギュア~マーメイドver.~ × YAMAHA HPH-MT8

今回はタイトーのプライズフィギュア「タイトー 初音ミク Princess AMP フィギュア~マーメイドver.~」を持ち出してみました。一緒に楽しむのはYAMAHA HPH-MT8です。

【HiFiGOレビュー】THX Onyx

THX Onyxを愛する最大の要因は、バイノーラル体験にも似たホログラフィックなイメージングによる超ワイドな音場です。カミソリのようなシャープさはありませんが、レイヤーの分離は正確で、非常に深みがあり Read more

TINHIFI T2 DLCの技術仕様

  • ドライバー:第4世代DLC複合振動板、10mmダイナミック型ドライバー
  • イヤホンタイプ:インナーイヤー
  • インピーダンス:16Ω±15
  • イヤホン感度:102dB/mW
  • 周波数範囲:12-40000Hz
  • プラグインターフェイス:3.5mm
  • ケーブル長:約1.2m±3cm
  • ケーブル:5N 8芯銀メッキケーブル
  • インターフェース:0.78mm 2Pin

使用機材

テストに使ったプレイリスト

TIN HiFi T2 DLC
TIN HiFi T2 DLC

デザインとビルドクオリティ

T2 DLCは、シンプルかつエレガントなパッケージで提供されます。

オリジナルのT2のデザインを踏襲したCNC鍛造アルミニウム製のIEMです。機能性と耐久性を追求した、プロフェッショナルなデザインです。標準的な0.78mm 2ピンコネクタの5N銀メッキケーブルが付属しています。コンパクトに編み込まれたケーブルは、しなやかで強靭な印象を与えます。機能的でありながら美しい。

そしてT2 DLCには、標準的なシリコンチップが付属しています。その中でも、私が一番気に入ったのは、ブルーのフォームチップです。このチップはT2 DLCのチューニングに最適なものです。

T2 DLCは、快適さと人間工学に関して、間違いなく最高の製品です。一見エッジの効いた構造にもかかわらず、このサイズと実装は、どういうわけか非常に装着しやすいものになっています。その証拠に、日常生活では、IEMを耳に装着していることを忘れてしまうほどです。T2 DLCを半日も装着したまま、音楽を楽しんでいたこともありました。まさに模範的な製品です。

TIN HiFi T2 DLC
TIN HiFi T2 DLC

音質

T2 DLCのサウンドの本質を知るためには、他のダイナミックドライバーと同様に、ある程度のバーンイン(エイジング)が必要でした。箱出しすぐは、典型的な高揚感と過剰な活力のあるダイナミクスが聞こえましたが、48時間経過するとかなり安定しました。私は音を観察するためにインターバルチェックを行ったので、これがプラシーボでないことを知っています。48時間後には、すべてが洗練された音になり、不快な要素はすべて取り除かれました。

T2 DLCの特徴は、マイルドなVカーブチューニングと表現するのがぴったりです。低域のブーストが顕著で、中域のステージングがわずかに抑制されています。これは数少ないV字型チューニングのダイナミックドライバーで、バランスが良く、統制の取れたサウンドです。ダイナミックなトランジェントの表現が終始鮮明でスムーズ。シングルDDの魅力である躍動感があります。

音色とトーンの面では、T2 DLCはオーガニックで自然なサウンドです。音色は適度で、音色的な色付けは微塵もありません。全体の音色は心地よく、かつ力強さがあります。簡単に言えば、音色に真実味があり、リアルです。

中域のステージングは、VチューンのIEMらしく若干の抑制が感じられるものの、凹んだ感じはなく、きちんと聴こえます。中域は透明感があり、暖色系やドライ系の色付けは感じられず、ニュートラルな印象を受けます。質感も十分豊かです。イメージングに深みがないような気もするが、これはあくまで批判的な見方です。アタックとディケイはリアルで、テンポとリズムは優雅に流れていきます。

TIN HiFi T2 DLC
TIN HiFi T2 DLC

T2 DLCは、男性ボーカルと女性ボーカルの両方に非常に適していることを証明しました。適切に調整されたユニットに期待されるように、T2 DLCは5つの主要なボーカルタイプすべてを処理します。最もピーキーなG7ソプラノも、最高峰のエッジ歪みに強く、素晴らしいサウンドを奏でました。オクターブ下から上へのボーカルトランジェントの倍音が優雅に響きます。バリトンやコントラルトの最も胸張った声も、自然な暖かさと威厳を備えた確かな表現力を発揮します。とはいえ、T2 DLCは中音中心ではなく、Vチューンであるはずのデバイスから上質な中音を味わえるほど成熟していると言えるでしょう。

さて、私のお気に入りは、弦楽器やパーカッションの扱いです。ロック/メタル系のハードコアなリスナーである私は、T2 DLCの楽しさを存分に味わっています。ギターのアタック、トーン、リバーブなど、濃厚でメリハリがありながら、リアルさを超えてエッジが効いている。アナログスピーカーと真空管アンプで聴いているような感覚です。T2 DLCのスネアドラムは、ビートの興奮が伝わってくる。これは弦楽器や打楽器を多用する他のジャンルでも同様で、ブルーグラスでも同様です。もちろん、ロックやメタルではもっと良くなるのですが。

高音域については、T2 DLCは、熱いシズル感や煌めきのような要素を与えず、十分に明るく保つバランスが良いと思います。高音は空気感や質感が良く、マクロなディテールには強く、ミクロなディテールにはややマイルドです。アタックやディケイも自然に聞こえます。アタックの立ち上がりは決して高揚しすぎず、伸びやかな領域への分散もスムーズで丸みを帯びています。前述したように、T2 DLCはパーカッション、ハイハット、シンバルの音色がリアルで、Lo-Fi音源を再生しても金属的な感じやデジタル的な感じがしないのが素晴らしいと思います。

T2 DLCは、ベース演奏でも威力を発揮します。T2 DLCは、ベースヘッド用IEMではありません。全体的な質量、密度、ボディは、ベースヘッドを楽しむにはまだ十分ではありません。しかし、T2 DLCは、この価格帯で私が聴いた中で最高の中低音表現であると断言します。そのクラシックなDDベースは、素晴らしいプレゼンス、スラム、インパクトを提供します。最も重要なのは、低音の質感が豊かで、深みのある音であることです。一方、重低域は控えめで、他のハーマンチューニングタイプの機種とは異なり、T2 DLCは重低域をブーストしません。しかし、中低音から低音への移行に伴う素晴らしい減衰を聴き取ることができ、それは存在感があり、滑らかです。

さらに、T2 DLCの低音は、電子的な低音に対しても十分すぎるほど効果があることが分かりました。Massive AttackやZUのような低音ヘビーな楽曲でも、T2 DLCは歪みにくく、俊敏な動きを見せてくれました。個人的には、T2 DLCのベースはロック/メタル系のサウンドに適しているという点で魅力的なイヤホンです。インパクトのあるドラムベースからグルーヴィーなベースギターまで、中毒性のある魅力的なサウンドです。

 

技術面

最初に、T2の本当の弱点から説明します。T2 DLCの空間的な偏りは、左と右に偏っているようです。つまり、T2 DLCは音像がホログラフィックではありません。これはダイナミックドライバーの古いタイプのチューニングによく見られる特徴です。7Hz Eternalのような製品で同じ問題を聞いたことがあるので、珍しいことではありません。しかし、もし音像にあまり注意を払わないのであれば、この欠点についてT2 DLCを非難することはないでしょう。

空間的な偏りの問題はあるものの、音場そのものは十分に広々としています。空間と分離の感覚もよく、常にきちんと整理されています。個々の音や楽器を追うのは容易です。

T2 DLCの解像度と透明性は、かなり立派なものです。特に実力のあるソースと組み合わせた場合には。微妙なニュアンスも満足のいくディテールで聴かせてくれます。高価な機器に比べれば分析的とは言えないかもしれませんが、T2 DLCはシングルダイナミックドライバーイヤホンとしては、この点ではかなりまともです。私が気に入っているのは、T2 DLCがLo-Fi音源の処理に寛容なことです。ディテールを生かしつつ、人工的な雰囲気を出さないようにうまく聞かせてくれます。

スピードも素晴らしいです。DDがこのような機敏で応答性の高い特性を示すことに、私は感動しています。T2 DLCは、非常に複雑な編成でも、あるいはスピード感のある編成でも、ダイナミックフローのトランジェントを効果的に解決するスピードを持っており、これがロック/メタルで素晴らしいサウンドを聴かせた理由です。

TIN HiFi T2 DLC
TIN HiFi T2 DLC

スケーラビリティ

定格インピーダンス32Ω、感度111dbのT2 DLCは、ペアリングでは高能率です。手持ちのスマートフォンXiaomi Mi 9tから直接接続しても、まったく問題なく動作します。

T2 DLCは、フィードをスケールアップすることで、より改善されます。パワーが増すほど、より濃密でリッチなサウンドになります。特に低音は、非常に直感的に改善され、魅力的になります。

CEntrance DACport HDの4.1Vrmsから775mWの電力を供給しても、T2 DLCは高ワット数の入力で起こりがちな騒がしさを感じさせず、優雅で見事な反応を示してくれました。

TIN HiFi T2 DLC
TIN HiFi T2 DLC

エピローグ

59ドルという価格を考えると、T2 DLCを誰でも簡単に好きになってしまうでしょう。多くの点でほぼ完璧で、リスニング体験全体を損なうことがなく、非常に最小限の短所しかありません。

T2 DLCは、サウンドチューニングが素晴らしく、装着感も良く、しっかりとした作りで、価格もかなりお手頃です。特にメタルヘッズの仲間には、迷わずT2 DLCを勧めたいと思います。メタルヘッズでなくても、T2 DLCはどんなジャンルにも対応できる汎用性の高さがあるので、おすすめできますよ。

【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい
【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい

qdc Dmagic 3Dはうねるようなグルーヴ感とクリアな明瞭感、リッチな優雅さを兼ね備えたハイエンドイヤホンです。わくわくする活気に満ちた楽しいリスニングサウンドを求めている場合、このイヤホンは最高に魅力的に思えるでしょう。音楽を楽しくする魔法がかかっているイヤホンです。

【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド
【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド

Shuoer EJ07はフラットにほぼ忠実なサウンドを持っており、全体的な原音充実度の高さと中域の自然な質感が魅力です。音場はやや奥に定位され、余裕が感じられて聴き心地に優れていますが、迫力やダイナミクスに不足を感じやすいところは難点です。

【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力
【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力

BQEYZ Summerは1万円台の新たなスタープレーヤーです。ハイブリッドドライバーモデルでありながら、非常に低歪であり、かつほぼ完全にニュートラルに近いので、かなり原音に近い質感の中域を持ち、万人向けの素晴らしいサウンドを実現している良機種です。

【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域
【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域

Behringer MO240は中域のステージングが良好で、広々とした開放的な音場にディテール感の高い繊細な音がすっきりと見通せるように聞こえる良質なモニターイヤホンです。クリア感も高く、駆動も容易な上、パッケージクオリティも高いので非常に高いコストパフォーマンスが感じられます。

【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い
【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い

Shuoer Singerはこの価格帯で買えるイヤホンの中では音質的な完成度が高く、フラットで万人向きのサウンドになっています。音場は少し狭いですが、定位の明瞭性は高く、その名の通り、ボーカルフォーカスが良好な点が魅力です。

中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)
中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)

この記事ではオーディオマニアの間で人気の中華イヤホンに関する知識と最新情報をお届けします。この記事を読めば、あなたも今日から中華イヤホン通になれます!

【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる
【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる

音楽の聞き心地、聴き疲れのなさを重視するなら、KBEAR NEONはかなりおすすめできます。円筒形のそのイヤホンは、挿入深度も調整しやすく、少しでも音に尖りを感じたら、イヤーピースを小さくしてより深く挿入することで簡単にその尖りを消すことができます。

previous arrow
next arrow
【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい
【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド
【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力
【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域
【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い
中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)
【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる
previous arrow
next arrow
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

HiFiGOは、現在購入できるHiFi IEMのトップ5をテストしてリストにまとめることで、あなたを助けようと思います。このリストは、$500以下の価格帯から選ばれています($100以下のベスト、$200以下のベスト、など)。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

コメント



タイトルとURLをコピーしました