原音忠実度:A

5000円~10000円

【完全ワイヤレスイヤホン SoundPEATS Sonic Pro レビュー】透明度の高い中域重視のスタジオチューニング。甘やかな美しいボーカルと透明感の高い楽器音が味わえる。邦楽、J-POP向き

SoundPEATS Sonic Proは母音重視の日本語音域にフォーカスされるサウンドを持つ、邦楽やJ-POPを楽しむ日本人向きのサウンドを持っています。それは中域はほとんどニュートラルで甘く明るいボーカル中心に楽しめるようになっており、中高域の印象度が高い華やかなサウンドです。
3000円~5000円

【完全ワイヤレスイヤホン JPRiDE TWS-335 レビュー】厚みと重みを重視した低域寄りドンシャリ。

JPRiDE TWS-335のサウンドは拡張性に欠ける低域重視のドンシャリサウンドで、太く濃厚感があるのは悪くないポイントです。しかし、ダイナミズムに乏しく、躍動感に欠けるので、これで聴く音楽には活力が足りず、面白みに欠けます。
3000円~5000円

【完全ワイヤレスイヤホン EarFun Free 2 レビュー】EarFun Freeの系譜を受け継ぐ深みのある低域と艶やかな中高域を持つドンシャリサウンド。ロック向き

EarFun Free 2は深みのある低域と艶やかな中高域が楽しめるドンシャリサウンドを持つ完全ワイヤレスイヤホンです。通信品質も良好で、ワイヤレス充電や低遅延のゲームモードにも対応しており、総合力は高い製品です。
5000円~10000円

【完全ワイヤレスイヤホン Tribit Flybuds C1 レビュー】バランスの良い骨太感のある音質を持ち、長時間再生も可能。快適な装着感と操作性を実現した完全ワイヤレスイヤホン

Tribit Flybuds C1は全体的な音質のバランスと原音忠実性が高く、長時間再生と快適な装着感を実現した、ランニング愛好者や通勤生活者に最適の完全ワイヤレスイヤホンです。使い勝手が良く、かなりおすすめできる機種です。
30000円~50000円

【完全ワイヤレスイヤホン Bang&Olufsen E8 Sport レビュー】ディテール感に優れた解像度の高いサウンドが最大の魅力。デザインも機能美に溢れている

B&O E8 Sportはすっきりとした見通しの良い音場を持ち、モニター的なディテール重視のサウンドを聴かせてくれる完全ワイヤレスイヤホンです。印象的な解像感が高く、空間は澄み切っていて、音楽を細やかに楽しむことができます。
20000円~30000円

【モニターヘッドホン YAMAHA HPH-MT8 レビュー】それはまるで音のコクピット。適度な広さのフレームに多くの音を一気にしっかり聞かせてくれる。モニタリングチェックに最適で実用的なモニターヘッドホン

YAMAHA HPH-MT8は実用性に優れたモニターヘッドホンで、フレームの中に音楽の全体像を少し情報量を多めにうまく収めてくれる有能な機種です。使い勝手と装着感もよく考えられていて、モニタリング作業を快適で効率的なものにしてくれるでしょう。
30000円~50000円

【モニターヘッドホン SONY MDR-M1ST レビュー】中域充実の聴き心地の良いモニターヘッドホン。装着感も良好で使い勝手もよい

SONY MDR-M1STは中域充実系の聴き心地の良いサウンドを持っています。ビルドクオリティや使い勝手にも優れていますが、もし楽曲の構成を分析的に提示してくれるモニターヘッドホンを求めているなら、MDR-M1STはそういうヘッドホンではありません。
50000円~100000円

【中華イヤホン iBasso IT07 レビュー】クリアで明瞭な低域を実現するテスラドライバー。3種のチューニングノズルによる多彩なサウンド。奥深いiBassoのフラッグシップIEM

iBasso IT07は音楽的な中域重視のサウンドを持ち、充実感に優れ、物腰の柔らかな厚みのあるサウンドを実現しています。そして、最大の特徴はテスラドライバーが実現するクリアで質の高い低域にあります。分離感は少し物足りません。
5000円~10000円

【完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW100-BA レビュー】聞き疲れしないサウンドと装着感。長時間の快適なリスニング環境を実現した完全ワイヤレスイヤホン

Shanling MTW100-BAは装着感が良く、長時間再生できるパワフルなバッテリー性能を持っています。そのサウンドは長時間聴いても聞き疲れない音質で、長旅のお供にはぴったりです。ややゆったりした空間表現を持っているので、優しいサウンドが好きならきっと気に入るでしょう。
10000円~20000円

【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力

BQEYZ Summerは1万円台の新たなスタープレーヤーです。ハイブリッドドライバーモデルでありながら、非常に低歪であり、かつほぼ完全にニュートラルに近いので、かなり原音に近い質感の中域を持ち、万人向けの素晴らしいサウンドを実現している良機種です。
30000円~50000円

【有線イヤホン SHURE AONIC 4 レビュー】ウォームな聴き心地を維持しつつ、ディテールもきれいに描き出すイヤホン。中域の一貫性のなさと高域の不足感が難点

SHURE AONIC 4はSHUREらしくやや低域に寄ったフラットに近いサウンドに仕上がっています。ニュートラルを意識してはありますが、少しドンシャリに聞こえやすいサウンドで、中域はわずかに凹んでいます。
10000円~20000円

【中華イヤホン Shuoer Soloist レビュー】力強く艶やかな歌声フォルマントへのこだわり。非常にクリアなボーカルが迫ってくるような独特のサウンドが楽曲から情熱を引き出し、高い没入感を生む

Shuoer Soloistは1万円台では破格と言えるサウンドを持っています。少なくともオーディオスペックの上では価格を考えると信じられないくらいクリアなサウンドを実現し、まるで天上にいるかのような美しいサウンドを聴かせますが、定位は少し不自然です。
3000円~5000円

【完全ワイヤレスイヤホン SoundPEATS Gamer No.1 レビュー】この価格帯ではかなりの良チューニング。全体的にバランスが良く、中域が明瞭なモニターサウンド

SoundPEATS Gamer No.1は低遅延のゲーミングモードを搭載した完全ワイヤレスイヤホンです。デザインはゲーマー向けを意識しているようですが、実際のところそのサウンドはかなり良質なモニターサウンドで、オーディオファン向きです。
50000円~100000円

【中華イヤホン Shuoer Conductor レビュー】ハーマンターゲットカーブにかなり忠実でバランスが良く、静電型らしい音像描写力もあるが、それだけにマイクロディテールや空気感の不足が少し目立つ惜作

Shuoer Conductorはハーマンターゲットカーブにほとんど忠実で、静電型特有のきわめて品質の高い高域が特徴です。そしてバランス感覚もかなり優れています。マイクロディテールや拡張性に不足を感じますが、総じて完成度は高いです。
10000円~20000円

【据え置きヘッドホンアンプ AIYIMA T8 レビュー】使い勝手が良く、インテリアとしてもおしゃれ。多彩なBluetooth入力にも対応し、ホームオーディオの幅が広がる

AIYIMA T8は使いやすいデジタル真空管ヘッドホンアンプです。そのサウンドは真空管アンプらしい中域へのフォーカスの向上が見られますが、ハーモニクスの点では真空管らしさはそれほど感じられないかもしれません。外観はおしゃれで使い勝手もよく、ホームユースでは十分な性能を持っています。
5000円~10000円

【完全ワイヤレスイヤホン Edifier NB2 レビュー】バランスの良い音質と優れたANC性能、低遅延モードに対応する。コスパに優れた機種

Edifier NB2は全体的に歪みが少なく、バランスの良い音質を持っています。アクティブノイズキャンセリング性能も優秀で、低遅延モードも備えており、1万円以内でありながら高級機種に遜色ないオーディオ環境を実現してくれます。
5000円~10000円

【完全ワイヤレスイヤホン Earfun Air Pro レビュー】優れたANC性能を持ち、低歪みの高品質ドライバーを搭載している完全ワイヤレスイヤホン。それは2万円クラスのメジャーメーカー製完全ワイヤレスイヤホンに匹敵する

Earfun Air Proは価格を考えると、驚異のアクティブノイズキャンセリング性能と音質を持っています。信じられないかもしれませんが、そのオーディオスペックとANC性能は価格帯ではずば抜けて高く、同価格の有線イヤホンの大部分に勝り、2万円以上の完全ワイヤレスイヤホンの機種に匹敵します。
タイトルとURLをコピーしました