開放型

100000円~200000円

【ハイエンドヘッドホン GRADO GS2000e レビュー】原音忠実性の高い、優れたリスニングヘッドホン

GRADO GS2000eは非常に優れたヘッドホンの一つであり、録音音源をほぼ完全に忠実に再現します。
50000円~100000円

【ハイエンドヘッドホン Grado The Hemp V2 レビュー】中域充実系のフラットサウンド。良くて価格なりといったところ

GRADO The Hemp V2は質感表現が正確で、奥行き感のある音場を実現しています。オーディオスペックは総じて価格の水準をなんとか満たしていますが、価格帯で優れたヘッドホンではありません。
1000円~3000円

【モニターヘッドホン Behringer HPX2000 レビュー】DJの現場での使用に最適化された実用的なモニター。中域の質感表現が非常に素晴らしい。しかし、普通に音楽鑑賞するにはレンジ感が悪く、安っぽく聞こえる

Behringer HPX2000はDJパフォーマーが、現場で周囲の熱狂と一体化しつつ、必要な音を聞き取るために最適化された実用性の高いDJモニターヘッドホンです。
50000円~100000円

【ハイエンドヘッドホン GRADO The White Headphone レビュー】ドラムサウンド好きのためのハイエンドヘッドホン

GRADO The White HeadphoneはいつものGRADOっぽいようで、実はギターよりドラム重視のサウンドになっています。そのせいでGS2000eやPS2000eのような甘い雰囲気に包まれるより前に、活き活きしたドラムがリズムを強烈に意識させてくる感じがあり、ドラム好きにはたまらなく楽しい音に聞こえるでしょうが、ギター派にはちょっと不満が残りそうです。
50000円~100000円

【開放型ヘッドホン HarmonicDyne Poseidon レビュー】中域で奥行きが強調され、響きが多く、音像がぼんやりするのが気になる人がいるかも知れないが、定位の忠実度は高めで、全体の原音忠実性も悪くなく、総じて価格帯の標準を満たす。beyerdynamic系の音が好きならアリ

HarmonicDyne PoseidonはBeyerdynamicsのヘッドホンでありがちな、中域で奥行きを重視するサウンドを持っています。定位感はかなり正確なため、beyerdynamicのモニターヘッドホンが好きなら、わりとそのまま乗り換えて使えると思います。
100000円~200000円

【ハイエンドヘッドホン beyerdynamic T1 3rd Generation レビュー】広い音場にゆったりした音楽を上品に聞かせるリスニングモデル

beyerdynamic T1 3rdは高級機種らしい、音場重視で静寂感のある、上品な大人の音楽を聞かせるヘッドホンです。ゆったりした雰囲気で音楽を鑑賞したい人向きで、しっかり音を聞くのではなく、BGMとして音楽を耳元に流したいというようなニーズにも応えてくれるでしょう。
200000円~300000円

【開放型ヘッドホン Pioneer SE-MASTER1 レビュー】日本の一流エンジニアと海外の一流スタジオディレクターによる夢のコラボ。それはモニタースピーカーの音をほぼ完全に再現する

Pioneer SE-MASTER1はヘッドホンで完全なスピーカーサウンドを実現したいと願った日英のサウンドマイスターが協力し、実現した驚異のプロジェクトです。それはたしかにかなり精確にモニタースピーカーの音を耳元で再現することに成功したと言うことができます。
20000円~30000円

【開放型ヘッドホン GRADO SR225X レビュー】甘く切なく吐息が生々しく聞こえるエロティックなボーカルと色気のあるギターはお好きですか?

最高にスウィートでセクスィーなサウンドが好きならGRADO SR225Xを見逃すべきではありません。まろやかで艶やか、吐息がうっとりするほど美しいボーカルと色気のあるギターが甘美なひとときを演出します。他では味わえない別次元のサウンドが待っています。
100000円~200000円

【ハイエンドヘッドホン HiFiMAN Arya レビュー】優れたニュートラル系サウンドでミキシングモニターとしても優秀

HiFiMAN Aryaは非常に優れたニュートラルサウンドを持つ、良質なリファレンスヘッドホンです。中域が広く、ディテール豊かに、定位も確かに鮮明に聞こえるチューニングになっています。インピーダンス特性の一貫性にも優れているため、接続する機器による音質変化の少なさの点でも優秀です。
30000円~50000円

【開放型ヘッドホン GRADO SR325e レビュー】中域がにぎやか、かつ華やかに聞こえるGRADOサウンドの王道。GRADOミドルレンジの定番機種

GRADO SR325eはGRADOらしい中域によくフォーカスされた色気たっぷりのサウンドを聴かせてくれます。金管をはじめ楽器音は華やかで、それこそ花開くように艶やかな色彩感があります。キレの良いドラムサウンドも元気で、聴いているだけで活力を与えてくれる、楽しいサウンドです。
20000円~30000円

【モニターヘッドホン YAMAHA HPH-MT8 レビュー】それはまるで音のコクピット。適度な広さのフレームに多くの音を一気にしっかり聞かせてくれる。モニタリングチェックに最適で実用的なモニターヘッドホン

YAMAHA HPH-MT8は実用性に優れたモニターヘッドホンで、フレームの中に音楽の全体像を少し情報量を多めにうまく収めてくれる有能な機種です。使い勝手と装着感もよく考えられていて、モニタリング作業を快適で効率的なものにしてくれるでしょう。
200000円~300000円

【ハイエンドヘッドホン GRADO GS3000e レビュー】骨太サウンドで「感動を生み出す」GRADOの究極形。すべてのJAZZファン、クラシックファンに捧げられた至高の一品

GRADO GS3000eを聴けば、なぜかくも多くの人々がGRADOに熱狂しているのか、その理由がわかります。それは正確な定位と質感で音楽を再現しつつ、本物のその先が聞こえるヘッドホン、それがGRADO GS3000eです。
50000円~100000円

【開放型ヘッドホン GRADO RS2e レビュー】ダイナミックでエネルギッシュなGRADOリファレンスサウンド。鮮やかで生き生きとしたロックサウンドがここに

GRADO RS2eは自由音場フラットを意識したバランスの良いサウンドを持っているヘッドホンです。奥行き感のある広い音場に艶やかでのびやか、エネルギッシュなサウンドを聴かせてくれるヘッドホンで、ロックやポップスを楽しく生き生きとしたものにするでしょう。
30000円~50000円

【HiFiGOレビュー】HarmonicDyne Zeus:開封&クイックレビュー「印象的なヘッドホンパッケージ!!」

HarmonicDyneは業界ではかなり新参のブランドですが、中国に本社を置く評判の高いIEM製造ブランドであるThieaudioに関連する企業だそうです。数か月前、HarmonicDyneはIndiegogoを通じて最初のヘッドホン「Helios」をリリースし、数週間で資金調達の目標を達成しました。そのヘッドホンはコミュニティから高く評価され、ブランドのモチベーションを高め、その結果がここにあります。 今日は、HarmonicDyneの2番目のヘッドホンであるHarmonicDyne Zeusをチェックします。
50000円~100000円

【HiFiGOレビュー】セミオープンバック型ヘッドホン iBasso SR2 クイックレビュー:ワイド&ディテール

これまで私はPhilips SHP9500、HarmonicDyne Helios、Sivga SV006を所有しており、今回、iBasso SR2もそのラインナップに加わりました。このヘッドホンは手に入れたその日からずっと、私のお気に入りです。今日は私のこの最新の購入製品の開梱とレビューをご紹介します。
20000円~30000円

【HiFiGOレビュー】Sivga Phoenix クイックレビュー:オープンバック・ウッド・ヘッドホンのもたらす至福の時間

Sivga Phoenixは、銅張りの素材で作られた特別に開発された可動コイルユニットで構成される大型の50mmダイナミックドライバーユニットを備えたオープンバックヘッドホンです。イヤーハウジングは、高品質のゼブラ材で作られています。
50000円~100000円

【平面駆動型ヘッドホン UNCOMMON PDH-1 レビュー】中域で歪みが少なく、駆動の均質性を感じる音。そのサウンドはまるでフルレンジスピーカーのようだ

UNCOMMON PHD-1は価格を考えるとかなり魅力的な平面駆動型ヘッドホンです。ビルドクオリティは高く、音質的にも価格以上の価値はあるように思われます。透明感は高く、ボーカルや楽器音が少し広い音場に、響きと余韻豊かに雄大に聞こえるサウンドは没入感が高く、魅惑的です。
タイトルとURLをコピーしました