1DD+1BA

Open Audio Witch Pro ― 1DD + 1BA ハイブリッド $50~$100

Open Audio Witch Pro ― 1DD + 1BA ハイブリッド

Witch Proは、Open Audioの日本限定モデルWitch IEMのアップデート版です。ダイナミック型とバランスド・アーマチュア型のドライバーを左右に搭載した2ドライバー・ハイブリッド型IEMです。パープルのシェルが印象的なハンドメイドの美しいデザインのイヤーシェルを搭載しています。Open Audio Witch Proは、高品質なサウンドと快適な装着感を提供します。
1BA + 1DD ハイブリッド・パフォーマンスIEM!「Tripowin Rhombus」の海外レビューまとめ 10000円~20000円

1BA + 1DD ハイブリッド・パフォーマンスIEM!「Tripowin Rhombus」の海外レビューまとめ

Tripowin Rhombusについての海外レビューをまとめて紹介します。
MUSE HiFi ME1 ― 1BA+1DD フラッグシップ IEM $100~$200

MUSE HiFi ME1 ― 1BA+1DD フラッグシップ IEM

Muse HiFi ME1は、クラシックなDD+BAのハイブリッド構成を取り入れた、最新のデュアルドライバーハイブリッドセットIEMです。
【中華イヤホン CCZ Emerald レビュー】ウォームV字サウンド。解像度は高い 1000円~3000円

【中華イヤホン CCZ Emerald レビュー】ウォームV字サウンド。解像度は高い

CCZ Emeraldはボンボンした温かみのある、充実感の高いサウンドで音楽を楽しみたい人には悪くない選択肢かもしれません。
【中華イヤホン Open Audio Witch 2.0 レビュー】重厚なV字サウンド。オリジナルから改善された高域拡張性 10000円~20000円

【中華イヤホン Open Audio Witch 2.0 レビュー】重厚なV字サウンド。オリジナルから改善された高域拡張性

Open Audio Witch 2.0は重厚なドンシャリサウンドを聴かせてくれるイヤホンです。ビルドクオリティも悪くなく、歪率などの測定値から考えると、価格に見合った素材で作られているだろうことはわかります。
【中華イヤホン Tripowin Rhombus レビュー】独特のマテリアルデザインの外観が美しい。サウンドバランスも良好で、艶のある音楽を再現する 10000円~20000円

【中華イヤホン Tripowin Rhombus レビュー】独特のマテリアルデザインの外観が美しい。サウンドバランスも良好で、艶のある音楽を再現する

美しい外観が魅力のTripowin Rhombus。サウンドも比較的バランスが良く、艶やかで色気のある雰囲気で華やかな風味で音楽を再現してくれます。
【中華イヤホン Open Audio Witch レビュー】重厚なV字サウンド。低歪 10000円~20000円

【中華イヤホン Open Audio Witch レビュー】重厚なV字サウンド。低歪

Open Audio Witchは重厚なドンシャリサウンドを聴かせてくれるイヤホンです。ビルドクオリティも悪くなく、歪率などの測定値から考えると、価格に見合った素材で作られているだろうことはわかります。
【フィギュア×オーディオ】タイトー Re:ゼロから始める異世界生活 Coreful フィギュア レム チャイナワンピースver. × Behringer MO240 タイトー

【フィギュア×オーディオ】タイトー Re:ゼロから始める異世界生活 Coreful フィギュア レム チャイナワンピースver. × Behringer MO240

今回はタイトーのプライズフィギュア「Re:ゼロから始める異世界生活 Coreful フィギュア レム チャイナワンピースver.」を持ち出してみました。一緒に楽しむのはBehringer MO240です。
Tripowin Rhombus:1BA + 1DD ハイブリッド・パフォーマンス IEM $50~$100

Tripowin Rhombus:1BA + 1DD ハイブリッド・パフォーマンス IEM

Rhombusは、アメリカのKnowles 33518バランスド・アーマチュア・ドライバーと、新しい10mm LCP/PUコンポジット・ダイナミック・ドライバーを搭載しています。
【完全ワイヤレスイヤホン 1more EVO レビュー】独特の中域充実系サウンドは好みを分ける。ビルドやANCは十分に価格に見合う機能的なイヤホン 10000円~20000円

【完全ワイヤレスイヤホン 1more EVO レビュー】独特の中域充実系サウンドは好みを分ける。ビルドやANCは十分に価格に見合う機能的なイヤホン

1more EVOはかなり癖の強いサウンドを持っており、その点はやや人を選ぶかもしれません。
【ハイエンドイヤホン Campfire Audio DORADO 2020 レビュー】熱気があり、ライブ感のあるドライなサウンド 100000円~200000円

【ハイエンドイヤホン Campfire Audio DORADO 2020 レビュー】熱気があり、ライブ感のあるドライなサウンド

Campfire Audio DORADO 2020は独特の熱気のある力強いサウンドを持つイヤホンです。
【中華イヤホン MacaW GT600s レビュー】非常に高い解像度を持ち、輝度が高く光沢感の強いギラギラの金属質なトレブルハッピーサウンド。無骨な音が好きな人向け 10000円~20000円

【中華イヤホン MacaW GT600s レビュー】非常に高い解像度を持ち、輝度が高く光沢感の強いギラギラの金属質なトレブルハッピーサウンド。無骨な音が好きな人向け

深みのあるグレーメタリックな渋みと無骨なダンディズムのあるサウンドを好むなら、MacaW GT600sは最適な選択肢です。解像度も高いので、最高の満足感を得られるでしょう。しかし、そういう特殊な趣味がない多くの人は素通りするのが良さそうです。
【完全ワイヤレスイヤホン QCY T11S レビュー】繊細さと鮮明感を強調したマイクロモニターサウンド。金細工のような華奢で細やかな音が好きならおすすめ 5000円~10000円

【完全ワイヤレスイヤホン QCY T11S レビュー】繊細さと鮮明感を強調したマイクロモニターサウンド。金細工のような華奢で細やかな音が好きならおすすめ

QCY T11Sは深みのある低域と繊細な高域を共存させる、いかにもハイブリッドドライバーモデルといった感じの音を奏でます。繊細な雰囲気が強調されやすいので、マイクロモニターサウンドが好きならおすすめできます。
【完全ワイヤレスイヤホン SoundPEATS H2 レビュー】ニアフィールドモニタースピーカーにサブウーファーを足したようなサウンド。その意味で非常に良質なスタジオチューニングの機種だが、解像度で物足りない 5000円~10000円

【完全ワイヤレスイヤホン SoundPEATS H2 レビュー】ニアフィールドモニタースピーカーにサブウーファーを足したようなサウンド。その意味で非常に良質なスタジオチューニングの機種だが、解像度で物足りない

SoundPEATS H2はニアフィールドサウンドの再現を狙った非常にバランスが良く、原音忠実性も高いサウンドを提供します。普段スタジオモニタースピーカーのサウンドに慣れている人にとってはかなり理想に近い音でしょう。ただし解像度は低いですけどね。
【HiFiGOレビュー】中華イヤホン TKZK Wave:バランスド・パフォーマー 3000円~5000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン TKZK Wave:バランスド・パフォーマー

TKZK Waveは、"Jack of All Trade and Master of None(器用貧乏)”をコンセプトにしています。高い能力を持つソースを必要としない、イージーでカジュアルなリスニングのために設計されています。
【中華イヤホン ThieAudio Legacy 2 レビュー】ボーカルが美しく映え、全体の鮮明感も高いニュートラルリスニングサウンド。中域の透明度が高い 10000円~20000円

【中華イヤホン ThieAudio Legacy 2 レビュー】ボーカルが美しく映え、全体の鮮明感も高いニュートラルリスニングサウンド。中域の透明度が高い

ThieAudio Legacy 2がほとんど1万円で買えるということに驚きを隠せません。それは優れたニュートラルリスニングイヤホンで、かなり鮮明で解像度の高い印象を与えるサウンドを提供します。全体として価格帯で優れていることは間違いありません。
【HiFiGOレビュー】中華イヤホン BGVP DN3:コスパの名の下に 5000円~10000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン BGVP DN3:コスパの名の下に

BGVP DN3は、キラーイヤホンと言えるかって?恐らくそれはないでしょう。しかし、その予算内では良いものであり、おそらく価格よりは高価な音がするでしょう。もしこのイヤホンのプレゼンテーションがあなたに合っていて、必要な出力を備えた予算内の良いプレーヤーを持っているなら、その組み合わせは素晴らしいものになるでしょう。
【中華イヤホン IKKO OH1S レビュー】ディテールがはっきり聞こえるブライト系モニターサウンド。ただし歯擦音が強すぎて人を選ぶ 20000円~30000円

【中華イヤホン IKKO OH1S レビュー】ディテールがはっきり聞こえるブライト系モニターサウンド。ただし歯擦音が強すぎて人を選ぶ

IKKO OH1Sはブライト系モニターイヤホンと言える音で、多くの楽曲を原音忠実性が高く、詳細に聞かせます。しかし、歯擦音が強すぎ、荒々しく聞こえすぎる傾向があり、録音音源の品質に寛容ではありません。低域は薄っぺらく、聴き疲れしやすい傾向があり、人を選ぶイヤホンです。
【完全ワイヤレスイヤホン Edfier NeoBuds Pro レビュー】高音質コーデックに対応する高機能完全ワイヤレスイヤホン。ANC品質も高い。音質バランスも良好だが、金属質に聞こえやすく、歯擦音は少し強い 10000円~20000円

【完全ワイヤレスイヤホン Edfier NeoBuds Pro レビュー】高音質コーデックに対応する高機能完全ワイヤレスイヤホン。ANC品質も高い。音質バランスも良好だが、金属質に聞こえやすく、歯擦音は少し強い

Edifier NeoBuds Proは総合的に見て、価格帯で優れた完全ワイヤレスイヤホンであることは間違いありません。上位にいることは確実でしょう。ANC性能も優秀なレベルでサウンドバランスがよく、機能的なアプリも付属しています。
【海外レビューまとめ】Edifier NeoBuds Pro 10000円~20000円

【海外レビューまとめ】Edifier NeoBuds Pro

Edifier NeoBuds Proの音質はメディアレビュアーを十分に満足させており、ANCやヒアスルー、通話品質も高いレベルで実現しているようです。ただ、機能性で価格帯最高ではなく、ライバルとなるAnker Liberty Air 2 Proの存在を忘れることはできないようです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました