CCA

3000円~5000円

【中華イヤホン CCA CRA+ レビュー】CCA CRAを中域寄りにしたモデル。悪くはないが、総合的にはCRA-

CCA CRA+はCRAの中域が暗いことに不満を覚える場合に、選択肢に入るかもしれません。
5000円~10000円

【中華イヤホン CCA CA10 レビュー】真の天才が生み出したサイケデリックサウンド。あのゲテモノ感再び

奇妙で、ある意味サイケデリックな気色の悪いゲテモノ臭の強いジャンクフードサウンドを味わいたいなら、CCA CA10は見逃すべきではありません。
1000円~3000円

【中華イヤホン CCA CRA レビュー】ZEX Proの改良版ともいうべきモデル。同等の解像度、より重く力強い低域、改善された高域の拡張性とピーク

CCA CRAはZEX Proの基本コンセプトを受け継ぎつつ、別のドライバー構成でほぼ上位互換の音を廉価に提供してくれる機種です。全体印象はかなり改善されており、個人的にはZEX Proよりこちらを買うことを推奨します。ただし、中域だけはわずかに劣化している点を考慮する必要はあるでしょう。
1000円~3000円

CCA NRA

NRAは6.8mm径のスピーカーを採用し、2枚の電極板の間に生じる変化で静電を発生させ、静電ドライバーの下で発音します。静電式の高密度な音とハイレゾ音源の性能を活かし、20kHzの高域ではバランスド・アーマチュアよりも繊細で優れた性能を発揮し、ボーカルの響きが良く、より大きくクリアなサウンドを実現しています。
10000円~20000円

CCA CA24

今年のフラッグシップモデル「CA24」は、片側12個のバランスド・アーマチュア・ドライバーを搭載しています。CA24は、低音用の22955s BAドライバーを1基、中音用の29689s BAドライバーを1基、高音用の30095s+30019s BAドライバーを1基、中音と高音を合わせた30019s BAドライバーを1基、高音用の50024s BAドライバーを6基搭載しています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました