【中華イヤホン CCA LYRA レビュー】低価格で手に入る明るい正統派スタジオモニター

【中華イヤホン CCA LYRA レビュー】低価格で手に入る明るい正統派スタジオモニター3000円~5000円
CCA LYRA

免責事項

  1. このレビューは「私的な購入品」または「対価を払ってレンタルした商品」に基づいて書かれています。
  2. これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  3. 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。
  4. 「audio-sound @ premium」はamazon.co.jpおよびamazon.comほか通販サイトの取扱商品を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラム等の参加者です。

CCA LYRAの概要

こんな人におすすめ

  • 明るいサウンドが好き
  • スタジオモニターサウンドが好き
  • サウンドバランス重視
  • 見た目重視
  • コスパ重視

基本スペック

  • 周波数特性:20Hz-40kHz
  • インピーダンス:28Ω
  • 感度:113.18±3dB
  • コネクタ:0.75mm 2pin
  • 価格帯:3000円~5000円

audio-soundスコア
CCA LYRA
CCA LYRA

  • パッケージ:8.0/10.0
  • ビルドクオリティ:8.5/10.0
  • 装着感:8.5/10.0
  • 高域:9.5/10.0
  • 中域:10.0/10.0
  • 低域:9.0/10.0
  • 歪みの少なさ:8.0/10.0
  • コストパフォーマンスボーナス:12.5/10.0

長所と短所

長所

  • 優れた質感
  • 明るい中域
  • 良好な原音忠実度
  • モニター的な低域
  • 艶やかな甘いサウンド
  • 価格以上の解像度
  • 滑らかな減衰感のある高域
  • 中域への適切なフォーカス
  • 良好なサウンドバランス
  • スピーカー的な前方定位感
  • 繊細

短所

  • 不足している高域拡張性
  • 低域の深さで物足りない

CCA LYRAの特徴

CCA LYRA
CCA LYRA
  • 10mm デュアルマグネティックダイナミック
  • ハイテク音響特許、衝撃的なサウンドステージ
  • ダイヤモンドのような職人技のフェイスプレート、人間工学に基づいた形状
  • 交換可能な高純度銀メッキケーブル

10mm デュアル・マグネティック・ダイナミックドライバー

LYRAは10mmデュアルマグネティックダイナミックドライバーを採用し、複数の優れた音響調整技術と特許取得のポリマーコンポジット振動板を組み合わせることにより、歪率を下げ、安定した効率の良いドライバー振動数を実現しています。

CCA LYRA
CCA LYRA

ハイテク音響特許、衝撃的なサウンドステージ

CCA LYRAは、全く新しいアップグレードの珍しい形状のダイナミック型ドライバー “XUN “を搭載しています。全体のサイズは75%より小さいです、速く空気を集め、圧縮する利点はより広い周波数応答およびよりよい感受性を用いる低音の性能そして高音の延長を、改善します。クリアで衝撃的な低音と、20Hz-40000Hzの間でも優れた高音の伸び、良好なサウンドステージ、ハイレゾ、高音拡張IEMがひとつになったのです。

ダイヤモンドライククラフトマンシップフェースプレート、エルゴノミックシェイプ

ダイヤモンド構造の美学と精緻な職人技が、表面の光透過性を確保するために使われています。LYRAの構造は、最新の人間工学データに基づいています。耳への圧力を均等に分散させ、長時間の音楽セッションでも最高の快適さを提供します。一日中装着していても疲れない、新しいデザインです。

CCA LYRA
CCA LYRA

交換可能な高純度銀メッキケーブル

LYRAはケーブルに交換可能なプラグデザインを採用しています。主流の0.75mm標準金メッキ2pinコネクタを採用し、音楽の細部を追求するためにケーブルをアップグレードすることが可能です。また、CCA BTXワイヤレスモジュールを使用したBluetooth仕様への交換にも対応しています。

LYRAについて

空に浮かぶ星々は広大で神秘的ですが、星の色は目に見える光の投影に過ぎません。私たちの精神にも星があり、夢と情熱は私たちの目に見える光であり、希望と力をもたらしてくれます。無限のヒーリングパワーを持つHiFi音楽もそうです。だからこそ、CCAのスターシリーズは、真の自己の解放を象徴する無色を選んだのです。北の天の川にある最も華麗な星座のひとつ、琴座。輝く外観のデザインと並外れた音響のチューニングが完璧に融合しています。CCAの神秘的な星座シリーズは、あなたに様々な音楽の余韻をもたらすでしょう。

CCA LYRA
CCA LYRA

 

パッケージ(8.0)

CCA LYRA
CCA LYRA

パッケージは価格帯の標準を満たしています。

パッケージ内容

  • イヤホン本体
  • イヤーピース
  • 説明書など
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA

ビルドクオリティ(8.5)

CCA LYRA
CCA LYRA

ビルドクオリティは価格の標準を満たしています。

フェイスプレートが美しいですね。

CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA

装着感(8.5)

CCA LYRA
CCA LYRA

装着感は良好です。

CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA

音質

HATS測定環境

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ(HATS内蔵)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • 小野測器 SR-2210 センサアンプ
  • 出力オーディオインターフェース①:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • 出力オーディオインターフェース②:Antelope Audio Amari
  • 入力オーディオインターフェース:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition

カプラー測定環境

  • Type5050 マイクアンプ電源
  • Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ・IEC60318-4準拠)
  • オーディオインターフェース:MOTU M2

アナライザソフト

  • TypeDSSF3-L
  • Room EQ Wizard

REW周波数特性

Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ)でのREWによる測定値です。測定値はHATSの測定結果と比較校正されていますが、HATSを用いた当サイトの基準としている測定結果とは異なります。測定値は他サイト(主に海外レビューサイト)のレビューとの比較用に掲載しています。

当サイトのレファレンスの測定結果については有料記事を参照してください。

周波数特性(RAW)

CCA LYRA Frequency Response (RAW)
CCA LYRA Frequency Response (RAW)

周波数特性/THD特性/ラウドネスステータス

測定値は有料記事をご覧ください。

オーディオステータス

CCA LYRAのオーディオステータス
CCA LYRAのオーディオステータス
※オーディオステータスは周波数特性(自由音場補正済み)から「各要素に関わる周波数帯域の平均値」を算出し、その特性平均値全体の「全体平均値」を求め、「各要素に関わる周波数帯域の平均値」の「全体平均値」からの乖離を数値化したものです。各要素の相対的な強さを表し、独自のオーディオ指標として導入しています。

制動

CCA LYRAはアンプの出力インピーダンスの影響をほとんど受けません。

測定値は有料記事をご覧ください。

音質解説

今回は標準イヤーチップ Lサイズを使い、FiiO M15で駆動してレビューします。

CCA LYRAニュートラルかつフラットに近いサウンドシグネチャーを持っています。

レビューの各評価点の判断基準は以下の通りです。

  • 原音忠実度:自由音場補正済み周波数特性に基づく判定値。どれだけフラットスピーカーの音(≒録音音源の再現度)に忠実かを表します。音域ごとに標準偏差から自動で算出、判定されています(低域:20Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~20kHz;全体:63Hz~13kHz)[S+が最も原音忠実][S+が最も原音忠実]
  • 臨場感/深さ/重み/太さ/厚み/明るさ/硬さ/艶やかさ/鋭さ/脆さ/荒さ/繊細さ/存在感:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、各要素が聴感上ニュートラルからどれだけ強調されて聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[Bが最もニュートラルに近く、S+が最も強調度が高く、D-が最も強調が弱い]
  • 質感の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、200Hz~2.5kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • 定位の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、1.5kHz~8kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • オーケストラのテクスチャ/雅楽のテクスチャ:それぞれのリファレンス音源を用い、各リファレンスイヤホンからの音質差を聴感テストしています。なお、リファレンスイヤホンは参考用であり、S+ほどリファレンスイヤホンに近いというわけではありません。[S+が最も評価が高い]
  • クリア感:THD測定値に基づいて決定されています。[S+が最も評価が高い]
  • イメージング:C80測定値に基づいて決定されています。(低域:50Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~10kHz;全体:50Hz~10kHz)[S+が最も評価が高い]

これらの評価値は最終的なスコア算出に影響を与えますが、すべてではありません。

CCA LYRA
CCA LYRA
【完全ワイヤレスイヤホン EarFun Free Mini レビュー】Freeシリーズらしい低域とバランスを重視したV字ドンシャリ。サウンドバランスが低価格とは思えないほど良いが、解像度で物足りない

EarFun Free MiniでもEarFunはその卓越したサウンドバランス調整技術を発揮し、エントリークラスで良質なサウンドを提供することに成功しています。

【中華イヤホン KiiBOOM ALLURE レビュー】高解像かつ透明性の高い中域を優美に聞かせるニュートラル系IEM

KiiBOOM ALLUREはハイエンド並みの優れたオーディオスペックを持ち、良好なニュートラルバランスに仕上げられたサウンドが魅力的なイヤホンです。 

低域(9.0)

  • 原音忠実度:S
  • 臨場感:B
  • 深さ:B+
  • 重み:B+
  • 太さ:B+
  • 存在感:B
低域

低域は少し浅く思えるものの、十分に直線的で見通し感は良好です。

中域とのバランスはほぼ釣り合っており、音量次第では中域よりわずかに弱くなる水準に整えられています。そのため、少なくとも適正音量付近で中域を邪魔することはほとんどないでしょう。

私の好みからするとドラムキックは浅く、重厚感は物足りず、インパクトはいまいちです。またランブルも弱いですね。

エレキベースも少し明るく、見通し感はよい気がしますが、黒さが弱くてコントラストはいまいちで深みに欠けます。

低域好きを満足させるのは少し難しいでしょう。一方で、モニター的なサウンドが好きなら、おそらく好ましく思うはずです。

CCA LYRA
CCA LYRA

中域(10.0)

  • 原音忠実度:S-
  • 厚み:B+
  • 明るさ:B+
  • 硬さ:B+
  • 存在感:B

中域

CCA LYRAの中域はほぼ完全にニュートラルに近いバランスになっています。中域上部から中高域がわずかに前進的で、構築感がやや強めに感じられるモニター的な調整です。

スネアのキレやエレキギターのエッジはそれなりにしっかりしており、ソリッド感も十分で音楽の骨組みはかなり把握しやすい構造になっています。子音もわかりやすくボーカルの活舌がしっかり聞こえるほか、パーカッションも立ち下りと立ち上がりがわかりやすく、リズム感が明確です。

解像度や透明度も価格を考えると優れた水準にあるとは思います。よく仕上げられた中域と言えるでしょう。

CCA LYRA
CCA LYRA

高域(9.5)

  • 原音忠実度:C-
  • 艶やかさ:B+
  • 鋭さ:B+
  • 脆さ:B-
  • 荒さ:D
  • 繊細さ:D+
  • 存在感:C+

高域

CCA LYRAの高域はスピーカー的な前方定位感を意識してチューニングされています。拡張性は少し物足りません。

歯擦音やサ行の刺さりは音量や音源次第ですが、やや強く聞こえる可能性があるため、高域に敏感な人にはほんの少し刺激的に聞こえる可能性があります。それでもピーク感はほとんどないため基本的にセーフティだと思います。

精細感は十分で、輝度も一般的には十分でしょう。十分にモニター的で、繊細かつディテール感のある分析的なリスニングに堪える高域です。

CCA LYRA
CCA LYRA

定位/質感

  • 質感の正確性:S+
  • 定位の正確性:B-
  • オーケストラのテクスチャ:A
  • 雅楽のテクスチャ:A

定位と質感は以下の音源によって聴感テストされています。また質感についてはそれぞれリファレンスとするイヤホンは以下の通りです。

オーケストラではコンサートマスターと指揮者の位置関係、チェロとバイオリンのバランスを重視しています。雅楽では篳篥の音が最も力強く聞こえること、とくに「塩梅」がきれいに聞こえることを重視しています。

この項目は各言語音の音域に対応し、西洋音楽(および洋楽)が好きな人はオーケストラのテクスチャを、日本の伝統音楽(および邦楽)が好きな人は雅楽のテクスチャを重視すると満足度が高いでしょう。

フルオーケストラ向きのイヤホンとしてCCA CXSはかなりおすすめできる製品です。透明度が高く質感再現度の高い中域、滑らかに伸びる倍音、繊細さとディテール感を兼ね備えた高域、スピーカーを意識した前方定位感のある音場など、総じて低価格のモデルとしては十分以上の水準を実現していますが、スケール感と重厚感だけは物足りません。

雅楽も和音が非常に華やかで色気のある音で聞こえてうっとりできるものの、篳篥や笙の音の伸びが悪いのが難点です。

CCA LYRA
CCA LYRA

音場/クリア感/イメージング

  • 音場:B+
  • クリア感:B+
  • イメージング:B+
    • 高域:A
    • 中域:B+
    • 低域:B-

音場

低域の深さは標準より少し物足りず、中域は比較的前面におり、高域の高さは少し物足りません。

クリア感は価格の水準以上です。

イメージング性能は価格の標準以上です。

CCA LYRA
CCA LYRA

 

音質総評

  • 原音忠実度:A+
  • おすすめ度:S
  • 個人的な好み:S

音質総評

CCA LYRAは低価格で手に入る優れたスタジオモニターイヤホンです。同じ価格帯のCCA CXSに比べてより中域を重視した明るい正統派モニターに近い製品になります。低域を重視する場合はCXSを選ぶとよいでしょう。

CCA LYRA
CCA LYRA vs CCA CXS

音質的な特徴

美点

  • 優れた質感
  • 明るい中域
  • 良好な原音忠実度
  • モニター的な低域
  • 艶やかな甘いサウンド
  • 価格以上の解像度
  • 滑らかな減衰感のある高域
  • 中域への適切なフォーカス
  • 良好なサウンドバランス
  • スピーカー的な前方定位感
  • 繊細

欠点

  • 不足している高域拡張性
  • 低域の深さで物足りない
【中華イヤホン CCA LYRA レビュー】低価格で手に入る明るい正統派スタジオモニター

優れた質感
明るくモニター的な中域
繊細かつディテールに富む

CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA
CCA LYRA

v

一番くじ リゼロ B賞 だぼパーカー レム フィギュア

一番くじ リゼロ B賞 だぼパーカー レム フィギュア

 

 
 
 
 
 

レコーディングシグネチャー

レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。レコーディングシグネチャーのソースはRME ADI-2 Pro FS R Black Edition + TOPPING A90を使い、レコーディングにはAntelope Audio Amariを用いています。イヤーピースは標準イヤーピース Sサイズを使用しています。

¥369,600(税込)

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • 5055Prot 実時間2ch 自由音場補正フィルター(特注)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Brüel & Kjær 1704 マイクアンプ電源
  • Bluetoothトランスミッター:FiiO BTA30
  • オーディオインターフェース:Antelope Audio Amari
  • レコーディングソフト:Audacity

浮遊大陸アルジェス -Introduction-(OST系)

楽曲情報
  • 楽曲名:浮遊大陸アルジェス -Introduction-
  • アルバム名:Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation

Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. CCA LYRA

Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-

楽曲情報
  • 楽曲名:Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 Evolution オリジナルサウンドトラック
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. CCA LYRA

Formidable Enemy

楽曲情報
  • 楽曲名:Formidable Enemy
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 スーパーアレンジバージョン
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Formidable Enemy
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. CCA LYRA

総評

CCA LYRAは低価格でニュートラルかつフラットに近い明るいサウンドシグネチャーを提供する優れたイヤホンです。優れたスタジオモニターイヤホンをなるべく安く手に入れたいと思っている人にとって、非常に魅力的な選択肢になるでしょう。