KZ

1000円~3000円

【中華イヤホン KZ EDX Ultra レビュー】質感に優れた中域と深みのある低域を持つが、高域が弱点になりやすい

KZ EDX Ultraは価格以上のオーディオスペックとビルドクオリティを持つ優れたイヤホンですが、高域で癖が出やすく、それが弱点になりやすいという欠点を持っています。
3000円~5000円

【中華イヤホン KZ EDA(緑) レビュー】高解像で高精細。優れたモニターイヤホン

KZ EDA(緑)はモニター的で高精細なサウンドを持っており、低価格で解像度の高いミキシングモニターを求めている人に最適の選択肢となりえます。
3000円~5000円

【中華イヤホン KZ ZES レビュー】KZ ZEXの低域と中域のサウンドバランスに改善を加えたモデルだが、高域と解像度に劣化が見られる

KZ ZESはKZ ZEXの最大の問題点であった低域と中域のサウンドバランスの改善に取り組んだモデルです。ZESの低域は特に質の良いチューニングが施されており、中域との繋がりも非常に合理的で丁寧に作られています。
3000円~5000円

【中華イヤホン KZ × HBB DQ6S レビュー】Mele同様のウォームニュートラルサウンド。サウンドバランスはMeleのほうが優れているが、よりスッキリした音が好きならこっち。

KZ × HBB DQ6SはHBBコラボモデルらしい低域を重視したサウンドを持っており、低域の質に関して言えば同様のコラボモデルであるMeleより優れています。
3000円~5000円

【中華イヤホン KZ × Crinacle CRN (ZEX Pro) レビュー】サウンドバランスは悪くないが、ピーキーな高域とZEXからサウンドパフォーマンスが劣化しているのが気になる

KZ ZEX Proは個人的にはかなり期待していた機種なのですが、高域でピーキーなのと、ZEXから解像度やTHDといった音の印象に関わるオーディオスペックが劣化しているのが気になるところです。
1000円~3000円

【中華イヤホン KZ ZEX レビュー】構築感に欠けるが、解像度は高い。濃厚で充実感の高い独特のダイナミックウォームサウンド

KZ ZEXの技術的パフォーマンスは素晴らしく、わずか3000円以下で買えるイヤホンでありながら、ハイエンドに匹敵するサウンドを提供します。しかし、基本的に非常にニッチで一部のリスナーしかこれに満足することがないでしょう。
1000円~3000円

KZ ZEX

KZ ZEXは、チャンネルごとに低電圧の静電型または電気型ドライバーと、ダイナミック型ドライバーを含むハイブリッドドライバー構成を採用しています。このイヤホンは、低電圧静電型ドライバーとダイナミック型ドライバーを含むハイブリッドドライバー構成を採用しています。
10000円~20000円

【HiFiGOレビュー】KZ ASX:開封とクイックレビュー。20ドライバーIEMの実力!

KZ Acousticは、市場で予算にやさしいインイヤーモニターの大手メーカーです。先月、このブランドは、なんと20基のバランスドアーマチュアドライバー(各サイドに10基)を備えた最新IEMであるKZ ASXをリリースしました。本日は、開封の印象とASXの簡単なレビューをご報告します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました