【中華イヤホン KZ PR1 HiFi レビュー】優れた原音忠実度とレンジ感

【中華イヤホン KZ PR1 HiFi レビュー】優れた原音忠実度とレンジ感5000円~10000円
KZ PR1 HiFi

免責事項

  1. このレビューは「私的な購入品」または「対価を払ってレンタルした商品」に基づいて書かれています。
  2. これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  3. 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。
  4. 「audio-sound @ premium」はamazon.co.jpおよびamazon.comほか通販サイトの取扱商品を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラム等の参加者です。

KZ PR1 HiFiの概要

こんな人におすすめ

  • 原音忠実度重視
  • レンジ感重視
  • バランスの良いイヤホンを求めている
  • 優れたモニターイヤホンを探している
  • サウンドバランス重視
  • 繊細な音が好き
  • 分析的な音が好き
  • コスパ重視

基本スペック

  • 再生周波数:20-40000Hz
  • インピーダンス:16±3Ω
  • 感度:96±3dB
  • ピンタイプ:2pin 0.75mm
  • 価格帯:5000円~10000円

audio-soundスコア
KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi

  • パッケージ:7.5/10.0
  • ビルドクオリティ:9.0/10.0
  • 装着感:8.5/10.0
  • 高域:10.5/10.0
  • 中域:9.5/10.0
  • 低域:9.0/10.0
  • 歪みの少なさ:6.0/10.0
  • コストパフォーマンスボーナス:11.0/10.0

長所と短所

長所

  • 正確な質感表現
  • 位相一貫性に優れる
  • 優れた制動特性
  • 音像一貫性に優れる
  • 良好なサウンドバランス
  • 優れた空気感を生み出す高域拡張性
  • 聴き心地が良い
  • 繊細
  • 爽快
  • 優れた原音忠実度
  • 温かみがある
  • 自然な倍音表現
  • スピーカー的な定位感
  • 優秀なレンジ感
  • 優れたビルドクオリティ

短所

  • 低域の深みに少し欠ける
  • 中域の透明度に欠ける
  • 歪が多すぎる
  • 立体感の不足
  • サ行がやや強すぎる
  • 平凡なパッケージ

KZ PR1 HiFiの特徴

  • 新設計のデュアルキャビティ平面磁気ドライバー
  • 13.2mm平面ドライバー
  • アルミ合金のフェイスカバー
  • 快適で人間工学的
  • 2 つの異なるチューニング バージョンから選択できます
  • 精巧で豊かなサウンド・パフォーマンス
  • プロのチューニング調整
  • 高品質のOFC銀メッキケーブル
  • スマートインラインマイク
KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi

平面駆動型イヤホン戦争 に参加するのは、まったく新しい KZ PR1 です。これは、13.2 mm 平面ドライバーを備えた新しく開発された平面磁気 IEM で、2 つの異なるチューニング バリエーションがあります。 PR1 にはバランス チューンド エディションが用意されており、パワフルな低音を備えたスムーズで楽しく魅力的なサウンドを実現し、HiFi エディションではリファレンス グレードのサウンド パフォーマンスを提供します。 KZ PR1 は、精巧に作られたアルミ合金製のフェイス カバーと、バランス エディション用のレジン キャビティ、および HiFi エディション用の電気メッキ イヤー キャビティ構造を特徴とする、優れたデザインのセットです。 まったく新しいKZ PR1でエキサイティングなサウンドをお楽しみください!!

KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi

新開発の13.2mmデュアルキャビティ平面磁気ドライバー

KZ PR1には、新開発のデュアルキャビティ平面磁気ドライバーユニットが内蔵されています。このドライバーは、極薄の銀メッキ ダイアフラムと、N55 ベースの両面磁気回路用の独立した音響キャビティを備えています。 平面駆動型を採用したことにより、PR1 は出力信号の超低歪みで高速かつ正確なサウンドを生成できます!!

KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi

アルミ合金フェイスカバーによる絶妙な仕上げ

KZ PR1 は、精巧にデザインされた中空のアルミニウム合金のフェイス オーバーと、透明なレジン キャビティを特徴としています。 HiFi エディションは、軽量で金属仕上げの高価な電気メッキ ボトム シェルを採用しています。どちらのペアも絶妙に美しく、快適な着用体験をお約束します。各コンポーネントは、平面駆動型ドライバー ユニットのパフォーマンスを最大化するために慎重に選択され、独自に設計されています。

KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi

印象的なサウンドを実現するプロフェッショナルなチューニング調整

KZ PR1 には、チューニングの異なる 2 つのバリエーションがあります。バランス エディションはその名の通りバランスの取れたサウンド シグネチャーを持ち、HiFi エディションはよりリファレンス グレードのチューニング プロファイルを備えています。ペアはプロの音響エンジニアによって調整されており、プレゼンテーションは 3 つの周波数領域の間でバランスが取れています。

KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi

高品質 OFC 銀メッキケーブル

KZはPR1に信号伝送効率の良い高純度無酸素銅ケーブルをバンドル。ワイヤーの表層に銀メッキを施すことで、信号の減衰を抑え、ハイレゾリューションのサウンドパフォーマンスの基盤を固めます!!ユーザーは、インラインマイクとメディアキーを備えたケーブルでPR1を購入することもできます!!

KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi

KZブランドから待望の平面駆動型IEM「KZ PR1 Balanced」「KZ PR1 HiFi Edition」が登場!

HiFiGOニュース

2022年は「平面駆動型イヤホンの年」とも言えるかもしれません。7Hz TimelessLETSHUOER S12/Z12CCA PLA13など、ほとんどのアクティブなブランドが独自に平面駆動型IEMに参加しています。

そして、その流れは加速しているようです。KZ Acousticsは、PR1 Planar Magnetic Driver IEMを発表し、ついにその仲間入りを果たしました。PR1には、楽しくて魅力的なサウンドのPR1 Balancedと、リファレンスグレードのサウンドのPR1 HiFi Editionという2つの異なるチューニングのバリエーションがあります! KZ PR1の登場により、新たな平面駆動型祭りが開幕しようとしています。

 

パッケージ(7.5)

KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi

KZ PR1のパッケージはいつものKZの標準的なパッケージです。基本的に5000円以下のものと変わらない付属品で、高級感は全くありません。

パッケージのクオリティは価格の標準を満たしています。比較的処分しやすいのは美点です。

パッケージ内容

  • イヤホン本体
  • イヤーチップ
  • マニュアル類
KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi

ビルドクオリティ(9.0)

KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi

ビルドクオリティは価格の標準を満たしています。

非常によく造形された金属製シェルは価格を考えると、かなり高級感を感じさせます。

KZのビルドクオリティは非常に改善されています。

KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi

装着感(8.5)

KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi

装着感は良好です。

KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi

音質

HATS測定環境

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ(HATS内蔵)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • 小野測器 SR-2210 センサアンプ
  • 出力オーディオインターフェース①:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • 出力オーディオインターフェース②:Antelope Audio Amari
  • 入力オーディオインターフェース:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition

カプラー測定環境

  • Type5050 マイクアンプ電源
  • Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ・IEC60318-4準拠)
  • オーディオインターフェース:MOTU M2

アナライザソフト

  • TypeDSSF3-L
  • Room EQ Wizard

REW周波数特性

Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ)でのREWによる測定値です。測定値はHATSの測定結果と比較校正されていますが、HATSを用いた当サイトの基準としている測定結果とは異なります。測定値は他サイト(主に海外レビューサイト)のレビューとの比較用に掲載しています。

当サイトのレファレンスの測定結果については有料記事を参照してください。

周波数特性(RAW)

KZ PR1 HiFi Frequency Response (RAW)
KZ PR1 HiFi Frequency Response (RAW)

周波数特性/THD特性/ラウドネスステータス

測定値は有料記事をご覧ください。

オーディオステータス

KZ PR1 HiFiのオーディオステータス
KZ PR1 HiFiのオーディオステータス
※オーディオステータスは周波数特性(自由音場補正済み)から「各要素に関わる周波数帯域の平均値」を算出し、その特性平均値全体の「全体平均値」を求め、「各要素に関わる周波数帯域の平均値」の「全体平均値」からの乖離を数値化したものです。各要素の相対的な強さを表し、独自のオーディオ指標として導入しています。

制動

KZ PR1 HiFiはアンプの出力インピーダンスの影響を全くと言っていいほど受けません。

測定値は有料記事をご覧ください。

音質解説

今回は標準イヤーチップ Lサイズを使い、FiiO M15で駆動してレビューします。

KZ PR1 HiFiニュートラルに近く、さらに非常にフラットで原音忠実性の高いサウンドシグネチャーを持っています。

レビューの各評価点の判断基準は以下の通りです。

  • 原音忠実度:自由音場補正済み周波数特性に基づく判定値。どれだけフラットスピーカーの音(≒録音音源の再現度)に忠実かを表します。音域ごとに標準偏差から自動で算出、判定されています(低域:20Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~20kHz;全体:63Hz~13kHz)[S+が最も原音忠実][S+が最も原音忠実]
  • 臨場感/深さ/重み/太さ/厚み/明るさ/硬さ/艶やかさ/鋭さ/脆さ/荒さ/繊細さ/存在感:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、各要素が聴感上ニュートラルからどれだけ強調されて聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[Bが最もニュートラルに近く、S+が最も強調度が高く、D-が最も強調が弱い]
  • 質感の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、200Hz~2.5kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • 定位の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、1.5kHz~8kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • オーケストラのテクスチャ/雅楽のテクスチャ:それぞれのリファレンス音源を用い、各リファレンスイヤホンからの音質差を聴感テストしています。なお、リファレンスイヤホンは参考用であり、S+ほどリファレンスイヤホンに近いというわけではありません。[S+が最も評価が高い]
  • クリア感:THD測定値に基づいて決定されています。[S+が最も評価が高い]
  • イメージング:C80測定値に基づいて決定されています。(低域:50Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~10kHz;全体:50Hz~10kHz)[S+が最も評価が高い]

これらの評価値は最終的なスコア算出に影響を与えますが、すべてではありません。

KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi
【HiFiGOレビュー】Tangzu Shimin Li – Trilogy Part ii

Shimin Liのサウンドシグネチャーは、ニュートラルで、高音域のレスポンスがない分、低音のブーストがややウォームなトーンに偏っていると表現できるでしょう。

【完全ワイヤレスイヤホン Tranya T30 レビュー】価格帯では二番手以下。ドラムを重視した少し中低域の強い感じと少しピーキーで荒っぽい高域が気になる

Tranyaの主張通り、Tranya T30はドラムはやや強調され、高域で鮮明感も強調されるV字型サウンドを持っています。定位感は良好ですが、高域の作りが荒っぽく、歯擦音が刺激的に聞こえやすいのと、平 Read more

低域(9.0)

  • 原音忠実度:S
  • 臨場感:B+
  • 深さ:B+
  • 重み:B+
  • 太さ:B
  • 存在感:B+
低域

KZ PR1 HiFiの十分に直線的で十分に深いところまで届いており、モニター的な減衰感を持っています。

非常に見通し感が良く、バスドラムキックも自然な重みとリズムの軽快さを兼ね備えており、生き生きとした躍動感のあるサウンドを聞かせてくれます。

エレキベースは個人的な好みからすると、若干明るい印象を受けますが、深さがあり、十分に黒く聞こえます。

私にはわずかに膨張的に聞こえ、重低域マニアを満足させるような深さはなく、引き締まりに欠ける可能性はあります。しかし、モニタースピーカーのように、十分直線的でありながら、深いところを出しすぎずにストンと落ちるような減衰感を持っており、比較的良質な低域と言えるでしょう。歪も十分以上に少なめです。

中域(9.5)

  • 原音忠実度:S
  • 厚み:B
  • 明るさ:B
  • 硬さ:B
  • 存在感:B

中域

中域のサウンドカーブの点においては、KZはすでに成熟した水準にあり、一流メーカーに劣りません。少なくとも彼らのチューニングはこの1年ほどで格段に進化し、KZ PR1 HiFiでも非常に優れたサウンドバランスを確認することができます。

質感は非常に自然な雰囲気を持っており、歪が豊かに聞こえるエレキギターの美しさにはうっとりするほどです。

ただし、この中域には明確な欠点があり、歪が多く、付帯音が多いため、透明度の点で大きく物足りず、立体感の再現度に大きく劣ります。

そのため、たとえばサウンドバランスは非常に優れているにもかかわらず、管楽や弦楽などアコースティックな楽器は、たとえばQCY T17のようなより透明度の高いサウンドを持っているイヤホンの方が私にはより生き生きと生々しく聞こえます。

私はこのイヤホンの周波数特性をネットで見たとき、そのサウンドバランスの良さに大変期待していたので、この透明度の不足は本当に残念に思うところですね。

高域(10.5)

  • 原音忠実度:A
  • 艶やかさ:B
  • 鋭さ:B
  • 脆さ:C+
  • 荒さ:C+
  • 繊細さ:C
  • 存在感:B-

高域

KZ PR1 HiFiは前代未聞の水準と言えるほど高域で優れています。それは非常に伸びやかで開放的であり、ディテールも豊かで詳細に聞こえ、空気感も細やかです。

ただし、日常的な空間ではこんなにはっきり高域が聞こえることは多くないので、多くの人には妙に前かがみな、奥行きのない感覚を抱かせるかもしれません。

私にとってはほぼ完ぺきな高域で、非常にモニター的に聞こえます。弦楽や管楽の倍音は非常に自然に伸び、際の際まできれいに聞こえ、抜けも大変良いので、明るく繊細にはっきりくっきり聞こえるのに耳障りな要素がほぼありません。

ピアース感が高いので、サ行や歯擦音は少し強すぎます。抜けが良いので不快にはなりにくいですが、音源と音量次第ではギスギス感が出やすいのが気になるかもしれません(私は普段音量を低めに聞いていることに留意してください)。

私は事前にこの高域の特性を見て非常に心躍らせていたのですが、想像以上の出来栄えでした。

定位/質感

  • 質感の正確性:S+
  • 定位の正確性:B-
  • オーケストラのテクスチャ:A
  • 雅楽のテクスチャ:A

定位と質感は以下の音源によって聴感テストされています。また質感についてはそれぞれリファレンスとするイヤホンは以下の通りです。

オーケストラではコンサートマスターと指揮者の位置関係、チェロとバイオリンのバランスを重視しています。雅楽では篳篥の音が最も力強く聞こえること、とくに「塩梅」がきれいに聞こえることを重視しています。

この項目は各言語音の音域に対応し、西洋音楽(および洋楽)が好きな人はオーケストラのテクスチャを、日本の伝統音楽(および邦楽)が好きな人は雅楽のテクスチャを重視すると満足度が高いでしょう。

中域の透明度の著しい不足が気になりますし、個人的にはもう少し低域の深さが欲しいと思いますが、この価格帯のフルオーケストラ向けのイヤホンとしてはかなり魅力的な選択肢でしょう。付帯音の多さによって、背景からの分離が悪く、楽器音が平面的になりやすく、みずみずしさと生々しさに欠けるのは考えものですが、スケール感でこれ以上のイヤホンは早々ありません。ましてやこの価格帯ではまず皆無でしょう。それだけでも聴く価値はあります。

雅楽も篳篥の抜けが非常に繊細かつ爽やかで、その点は非常に満足できますが、やはり中域の透明度の不足が気になります。

音場/クリア感/イメージング

  • 音場:A
  • クリア感:C
  • イメージング:B+
    • 高域:S-
    • 中域:B+
    • 低域:C+

音場

低域の深さは標準かわずかに物足りず、中域は比較的前面におり、高域の高さは抜群に近いです。

クリア感は価格の水準からすると、かなり物足りません。

イメージング性能は価格の水準以上です。

 

音質総評

  • 原音忠実度:S-
  • おすすめ度:A
  • 個人的な好み:A

音質総評

KZ PR1 HiFiはKZが非常に高い技術力を実現していることを如実に示しており、その優れた高域特性とレンジ感によってこの価格帯で最も原音忠実的なイメージングが期待できる優秀なモニターイヤホンです。

ただし、透明度の大幅な不足がそれを総合的にやや物足りなくしていることは事実で、たとえばJVC HA-AE5Tのようなライバルと比べると、私には今一つに思えるところがあります。

音質的な特徴

美点

  • 正確な質感表現
  • 位相一貫性に優れる
  • 優れた制動特性
  • 音像一貫性に優れる
  • 良好なサウンドバランス
  • 優れた空気感を生み出す高域拡張性
  • 聴き心地が良い
  • 繊細
  • 爽快
  • 優れた原音忠実度
  • 温かみがある
  • 自然な倍音表現
  • スピーカー的な定位感
  • 優秀なレンジ感

欠点

  • 低域の深みに少し欠ける
  • 中域の透明度に欠ける
  • 立体感の不足
  • 歪が多すぎる
  • サ行がやや強すぎる
【中華イヤホン KZ PR1 HiFi レビュー】優れた原音忠実度とレンジ感

正確な質感表現
きわめて原音忠実なサウンドバランス
優れた制動特性と位相一貫性

KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi
KZ PR1 HiFi

Re:ゼロから始める異世界生活 プレシャスフィギュア レム ~オリジナル Winter ver~ Renewal

Re:ゼロから始める異世界生活 プレシャスフィギュア レム ~オリジナル Winter ver~ Renewal

Re:ゼロから始める異世界生活 プレシャスフィギュア レム ~オリジナル Winter ver~ Renewal

 
 
 
 
 
 

レコーディングシグネチャー

レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。レコーディングシグネチャーのソースはRME ADI-2 Pro FS R Black Edition + TOPPING A90を使い、レコーディングにはAntelope Audio Amariを用いています。イヤーピースは標準イヤーピース Sサイズを使用しています。

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • 5055Prot 実時間2ch 自由音場補正フィルター(特注)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Brüel & Kjær 1704 マイクアンプ電源
  • Bluetoothトランスミッター:FiiO BTA30
  • オーディオインターフェース:Antelope Audio Amari
  • レコーディングソフト:Audacity

浮遊大陸アルジェス -Introduction-(OST系)

楽曲情報
  • 楽曲名:浮遊大陸アルジェス -Introduction-
  • アルバム名:Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation

Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. KZ PR1 HiFi

Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-

楽曲情報
  • 楽曲名:Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 Evolution オリジナルサウンドトラック
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. KZ PR1 HiFi

Formidable Enemy

楽曲情報
  • 楽曲名:Formidable Enemy
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 スーパーアレンジバージョン
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Formidable Enemy
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. KZ PR1 HiFi

総評

KZ PR1 HiFi優れたレンジ感と原音忠実性を持つサウンドバランスに優れたイヤホンです。平面駆動型ドライバーらしく制動特性にも優れており、音質面ではかなり魅力的ですが、残念ながら透明度でかなり物足りません。一見したサウンドバランスの良さに反して、やや癖が強いイヤホンで、万人向きとは言えないと思われます。それでも、価格帯ではビルドクオリティは非常に優れている水準にあり、有望な投資先と言えるでしょう。

個人的にはちょっと期待外れでした。