$30~$50

【HiFiGOレビュー】TANCHJIM OLA Bass Version:ダイナミックドライバーIEM 5000円~10000円

【HiFiGOレビュー】TANCHJIM OLA Bass Version:ダイナミックドライバーIEM

OLA Bは、Bassという名前にもかかわらず、よりニュートラルなサウンドを好む人、あるいはブライトニュートラルなチューニングを好む人にアピールすることができます。
【中華イヤホン TinHiFi C2 Mech Warrior レビュー】透明度が高く、レンジ感も優れたスタジオチューニングライクサウンド。現状におけるTinHiFi史上最高傑作のひとつ 5000円~10000円

【中華イヤホン TinHiFi C2 Mech Warrior レビュー】透明度が高く、レンジ感も優れたスタジオチューニングライクサウンド。現状におけるTinHiFi史上最高傑作のひとつ

TinHiFi C2は非常に低価格で非常に優れたスタジオチューニングライクなニュートラルサウンドを提供する、現状におけるTinHiFiの最高傑作のひとつと言っていいイヤホンです。
低価格リスニングイヤホンの新定番!「FloAudio Calla」の海外レビューまとめ 5000円~10000円

低価格リスニングイヤホンの新定番!「FloAudio Calla」の海外レビューまとめ

FloAudio Calla に関するレビュー記事のまとめです。
【HiFiGOレビュー】7Hz 71 5000円~10000円

【HiFiGOレビュー】7Hz 71

7Hz 71は素晴らしいサウンドのドングルということは ― シンプルな事実です。非常にニュートラルで、解像度が高く、技術的に明確であるため、驚くほどお得なデバイスとなっています。
【HiFiGOレビュー】Kinera Celest Gumiho 5000円~10000円

【HiFiGOレビュー】Kinera Celest Gumiho

Gumihoは最終的に、活気に満ちた、技術的に有能な出力を持つ、良い音のIEMです。短所はあちこちにありますが、この価格帯では非常に無視しやすいものです。長所は短所よりも優れています。
【中華イヤホン Tripowin Cencibel レビュー】ソリッドに音楽をかっつりと描き出す。外観デザインも美しい 5000円~10000円

【中華イヤホン Tripowin Cencibel レビュー】ソリッドに音楽をかっつりと描き出す。外観デザインも美しい

ソリッドで明るい音が好きなら、Tripowin Cencibelを気に入るかもしれません。クリア感や解像度は価格以上に優れており、外観デザインもかなり美しく造形されています。
【中華イヤホン Sivga M200 レビュー】低解像でラジオのようなサウンドが好きなら悪くないかもしれない 5000円~10000円

【中華イヤホン Sivga M200 レビュー】低解像でラジオのようなサウンドが好きなら悪くないかもしれない

昔懐かしいイントラコンカ型のイヤホンが好きなら、美しい外観のSivga M200が気になるかもしれません。
Kinera Celest Gumiho:10mm角型平面駆動型ドライバー+1BA IEM $30~$50

Kinera Celest Gumiho:10mm角型平面駆動型ドライバー+1BA IEM

Kinera Celest Gumihoは、より自然で調和のとれたサウンドパフォーマンスを実現するため、新世代の10*10mm角型平面ドライバーとKineraカスタムバランスドアーマチュアを採用しています。
【中華イヤホン FloAudio CALLA レビュー】メロウで奥行き感のある音を奏でる優れたリスニングイヤホン 5000円~10000円

【中華イヤホン FloAudio CALLA レビュー】メロウで奥行き感のある音を奏でる優れたリスニングイヤホン

FloAudioはCALLAのサウンドを高価格帯のイヤホンと同程度のパフォーマンスを持っていると自負していましたが、実際のところ、その主張はほとんどその通りです。
Tripowin Cencibel:高忠実度ダイナミックドライバーIEM $30~$50

Tripowin Cencibel:高忠実度ダイナミックドライバーIEM

マルチドライバーのイヤホンは、質感や音色にばらつきがあるという欠点があります。Cencibelは、ダイナミック型ドライバーを1基搭載することで、全帯域で均一なサウンドを実現しています。
【完全ワイヤレスイヤホン Moondrop NekoCake アッシュアームズ ACHT-ACHT 88mm FlaK36モデル レビュー】良好なANC性能と通信品質を実現し、低歪で多彩なサウンドを聴かせる佳作 5000円~10000円

【完全ワイヤレスイヤホン Moondrop NekoCake アッシュアームズ ACHT-ACHT 88mm FlaK36モデル レビュー】良好なANC性能と通信品質を実現し、低歪で多彩なサウンドを聴かせる佳作

Moondrop Nekocakeは価格帯では優秀な通信品質と価格帯では悪くないアクティブノイズキャンセリング性能を持ち、低歪で十分な解像度のあるサウンドを提供できます。
TANGZU SHIMIN LI:10mmダイナミックドライバーIEM $30~$50

TANGZU SHIMIN LI:10mmダイナミックドライバーIEM

シングル・ダイナミック型IEMには、独特の魅力があります。最新のSHIMIN LIは、片側に10mmダイナミックドライバーユニットを搭載しています。N52マグネットとデュアルキャビティ設計のダイナミックドライバーを採用し、充実したクリーンでダイナミックなサウンドを実現しました。広い周波数帯域でパワフルなサウンドを実現します。
【HiFiGOレビュー】MUSE HiFi M1 5000円~10000円

【HiFiGOレビュー】MUSE HiFi M1

MUSE HiFi M1は、カジュアルなオーディオの嗜好を満たすことができる、もう一つの素晴らしい小型DAC/アンプです。
【HiFiGOレビュー】Tangzu Shimin Li – Trilogy Part ii 3000円~5000円

【HiFiGOレビュー】Tangzu Shimin Li – Trilogy Part ii

Shimin Liのサウンドシグネチャーは、ニュートラルで、高音域のレスポンスがない分、低音のブーストがややウォームなトーンに偏っていると表現できるでしょう。
【中華イヤホン CCA CRA+ レビュー】CCA CRAを中域寄りにしたモデル。悪くはないが、総合的にはCRA- 3000円~5000円

【中華イヤホン CCA CRA+ レビュー】CCA CRAを中域寄りにしたモデル。悪くはないが、総合的にはCRA-

CCA CRA+はCRAの中域が暗いことに不満を覚える場合に、選択肢に入るかもしれません。
【中華イヤホン Moondrop CHU レビュー】妥協しないブランドのエントリークラスは一味違う 3000円~5000円

【中華イヤホン Moondrop CHU レビュー】妥協しないブランドのエントリークラスは一味違う

Moondrop CHUはKATOで得られた知見を活かして作られた「小KATO」ともいうべきエントリークラス中華イヤホンです。
【中華イヤホン KZ EDA(緑) レビュー】高解像で高精細。優れたモニターイヤホン 3000円~5000円

【中華イヤホン KZ EDA(緑) レビュー】高解像で高精細。優れたモニターイヤホン

KZ EDA(緑)はモニター的で高精細なサウンドを持っており、低価格で解像度の高いミキシングモニターを求めている人に最適の選択肢となりえます。
【中華イヤホン Tingker TK160 レビュー】深みのある低域と、非常にクリアで明るく朗らかな耳当たりの良い中域が魅力の優れたリスニングイヤホン 5000円~10000円

【中華イヤホン Tingker TK160 レビュー】深みのある低域と、非常にクリアで明るく朗らかな耳当たりの良い中域が魅力の優れたリスニングイヤホン

TIngker TK160は深みのある低域と明るく聞こえる耳当たりの良い朗らかな中域が魅力のリスニングイヤホンです。
【HiFiGOレビュー】中華イヤホン TANCHJIM OLA:パーソニファイド・クリスプネス 3000円~5000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン TANCHJIM OLA:パーソニファイド・クリスプネス

この価格帯のChi-fi IEMの多くが、ハーマン的な、Vカーブしたサウンドにチューニングされている中で、TANCHJIM OLAは新鮮なものを提供してくれます。
【中華イヤホン KZ × HBB DQ6S レビュー】Mele同様のウォームニュートラルサウンド。サウンドバランスはMeleのほうが優れているが、よりスッキリした音が好きならこっち。 3000円~5000円

【中華イヤホン KZ × HBB DQ6S レビュー】Mele同様のウォームニュートラルサウンド。サウンドバランスはMeleのほうが優れているが、よりスッキリした音が好きならこっち。

KZ × HBB DQ6SはHBBコラボモデルらしい低域を重視したサウンドを持っており、低域の質に関して言えば同様のコラボモデルであるMeleより優れています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました