$30~$50

3000円~5000円

【中華イヤホン CCA CRA+ レビュー】CCA CRAを中域寄りにしたモデル。悪くはないが、総合的にはCRA-

CCA CRA+はCRAの中域が暗いことに不満を覚える場合に、選択肢に入るかもしれません。
3000円~5000円

【中華イヤホン Moondrop CHU レビュー】妥協しないブランドのエントリークラスは一味違う

Moondrop CHUはKATOで得られた知見を活かして作られた「小KATO」ともいうべきエントリークラス中華イヤホンです。
3000円~5000円

【中華イヤホン KZ EDA(緑) レビュー】高解像で高精細。優れたモニターイヤホン

KZ EDA(緑)はモニター的で高精細なサウンドを持っており、低価格で解像度の高いミキシングモニターを求めている人に最適の選択肢となりえます。
5000円~10000円

【中華イヤホン Tingker TK160 レビュー】深みのある低域と、非常にクリアで明るく朗らかな耳当たりの良い中域が魅力の優れたリスニングイヤホン

TIngker TK160は深みのある低域と明るく聞こえる耳当たりの良い朗らかな中域が魅力のリスニングイヤホンです。
3000円~5000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン TANCHJIM OLA:パーソニファイド・クリスプネス

この価格帯のChi-fi IEMの多くが、ハーマン的な、Vカーブしたサウンドにチューニングされている中で、TANCHJIM OLAは新鮮なものを提供してくれます。
3000円~5000円

【中華イヤホン KZ × HBB DQ6S レビュー】Mele同様のウォームニュートラルサウンド。サウンドバランスはMeleのほうが優れているが、よりスッキリした音が好きならこっち。

KZ × HBB DQ6SはHBBコラボモデルらしい低域を重視したサウンドを持っており、低域の質に関して言えば同様のコラボモデルであるMeleより優れています。
5000円~10000円

【中華イヤホン TRN TA2 レビュー】濃密で温かみのある音が好きなら悪くないが、TRNの中では非主流派のサウンド

TRN TA2は濃密なサウンドを持つリスニングイヤホンです。まったりと音楽を楽しむのには悪くないですが、多くの人には癖が強すぎ、全体的にぼんやりしているのがいまいちに思われるでしょう。
3000円~5000円

【中華イヤホン KZ × Crinacle CRN (ZEX Pro) レビュー】サウンドバランスは悪くないが、ピーキーな高域とZEXからサウンドパフォーマンスが劣化しているのが気になる

KZ ZEX Proは個人的にはかなり期待していた機種なのですが、高域でピーキーなのと、ZEXから解像度やTHDといった音の印象に関わるオーディオスペックが劣化しているのが気になるところです。
3000円~5000円

【完全ワイヤレスイヤホン QCY HT03 レビュー】ANC性能は優秀。機能性も高く、使い勝手に優れる。低域強めのドンシャリサウンドが好きならおすすめ。コスパが高い

QCY HT03は低価格でありながら、比較的優れたビルドクオリティと高機能なアプリ、効果的なアクティブノイズキャンセリングを備えています。機能的な面では非常にコストパフォーマンスが高いと言えますが、音質は価格帯でとびぬけて優れているとは言い難いところがあります。
3000円~5000円

【海外レビューまとめ】FIIL T1 Lite

FIILの代表的なラインナップである「T1」シリーズは全世界ですでに100万台以上売れている同社の大ヒット商品群ですが、そのエントリーモデルが「FIIL T1 Lite」です。
3000円~5000円

【中華イヤホン BLON MINI レビュー】比較的定位が明瞭で、艶やかで印象的な中高域と太い低域を持つコントラスト感の高いドンシャリサウンド

BLON MINIは比較的優れた工作精度を持つ低価格帯のイヤホンです。比較的明瞭な定位感と艶やかで印象的な中高域を持っており、第一印象は悪くないでしょう。サウンドの底辺は太く、力強いので艶やかなイヤホンにありがちな音が細く聞こえる印象もあまりありません。
3000円~5000円

【HiFiGOレビュー】TRN TA1:開封&クイックレビュー「美貌のイヤホン!!」

TRNは主に低価格帯に焦点を当てた幅広い製品を持っています。 最近、彼らは最新のハイブリッドのインイヤーモニター、TRN TA1を発表しました。 今日はこの非常に美しいIEMの開封と簡単なインプレッションを共有します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました