【中華イヤホン TRUTHEAR x Crinacle Zero レビュー】良質な最高峰のニュートラルサウンドを低価格で実現。パッケージクオリティの点でも満足度高め

【中華イヤホン TRUTHEAR x Crinacle Zero レビュー】良質な最高峰のニュートラルサウンドを低価格で実現。パッケージクオリティの点でも満足度高め5000円~10000円
Truthear Zero

免責事項

  1. このレビューは「私的な購入品」または「対価を払ってレンタルした商品」に基づいて書かれています。
  2. これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  3. 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。
  4. 「audio-sound @ premium」はamazon.co.jpおよびamazon.comほか通販サイトの取扱商品を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラム等の参加者です。

Truthear ZEROの概要

こんな人におすすめ

  • 優秀なモニターイヤホンを探している
  • 音像一貫性重視
  • ウォームなサウンドが好き
  • ディテール重視
  • 質感重視
  • 定位感重視
  • コスパ重視

基本スペック

  • 再生周波数:20-39500Hz
  • インピーダンス:10Ω±15%
  • 感度:117.5dB/Vrms
  • ピンタイプ:2pin 0.78mm
  • 価格帯:5000円~10000円

audio-soundスコア
Truthear Zero
Truthear Zero

  • パッケージ:9.0/10.0
  • ビルドクオリティ:8.5/10.0
  • 装着感:8.5/10.0
  • 高域:9.5/10.0
  • 中域:11.0/10.0
  • 低域:8.5/10.0
  • 歪みの少なさ:9.0/10.0
  • コストパフォーマンスボーナス:12.5/10.0

長所と短所

長所

  • 音像一貫性に優れる
  • 優秀な解像度
  • 低歪
  • 優れた質感
  • 良好な原音忠実度
  • 艶やか
  • 聴き心地が良い
  • 温かみがある
  • 優れた定位感
  • 優れたディテール
  • 自然な倍音表現
  • 優れたパッケージクオリティ

短所

  • 低域の深さに欠ける

Truthear ZEROの特徴

  • ZEROデュアルダイナミックドライバー:デュアルポリウレタンサスペンション複合liquidクリスタルドームダイヤフラムN52 ルビジウム磁石ダブルキャビティ内部磁気回路ダイナミックドライバーを採用。DLP-3Dプリントキャビティ。通常はハイエンドのマルチドライバー製品やカスタムイヤホン用に予約されています。手作りの接着剤ドロップとキャッピングプロセス。より太い直径の銅メッキのシルバーケーブルが装備されています。
  • 効率的で合理的なドライバー構成:ZERO は、直径10mm、その他の直径7.8mmのダブルダイナミックドライバー構成を収容しています。 ZEROは、柔軟なポリウレタンサスペンションコンポジットLCP液晶ドームダイヤフラムと連携した成熟した内部磁気回路構造のおかげで、スムーズでソフトな詳細なサウンドを提供します。
  • 正確なハイブリッドダブル周波数分割:高精度のDLP-3D印刷技術に依存し、フィルタリング機能を備えたアコースティックノズル構造と正確に計算されたRC周波数分割を形成し、2つのダイナミックドライバーがそれぞれパフォーマンスし、対物インジケーターのより近い設計目標を提供します。
  • 優れた対物性インジケーター:ZERO は、HRTF 特性に沿った適切な低周波ゲインと高周波レスポンスを持ち、ZEROはプロ仕様のモニターイヤホンと同等の対物指数を持ち、一般的なモニターイヤホンのように冷たく硬くなく、全体的なティンブルは自然で雰囲気に満ちています。
  • グルードロップ成形キャッピングプロセス:ゼロホールキャビティはサンドイッチ構造(フロントキャビティ、装飾パネル、グルードロップキャップ)を採用しています。 ZEROはグルードロッププロセスによってキャップされ、紫外線によって固化され、成形され、ハンドポリッシュとニススプレーによって処理され、美しいデザインを保証し、グルードロップキャップによって処理された硬度を効果的に強化します。
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero

 

パッケージ(9.0)

Truthear Zero
Truthear Zero

Truthear ZEROのパッケージは価格の標準を満たしています。

付属品はこの価格帯ではかなり充実しています。

パッケージ内容

  • イヤホン本体
  • イヤーチップ
  • キャリングケース
  • マニュアル類
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero

ビルドクオリティ(8.5)

Truthear Zero
Truthear Zero

ビルドクオリティは価格の標準を満たしています。

フェイスプレートが美しいです。

Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero

装着感(8.5)

Truthear Zero
Truthear Zero

装着感は良好です。

Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero

音質

HATS測定環境

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ(HATS内蔵)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • 小野測器 SR-2210 センサアンプ
  • 出力オーディオインターフェース①:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • 出力オーディオインターフェース②:Antelope Audio Amari
  • 入力オーディオインターフェース:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition

カプラー測定環境

  • Type5050 マイクアンプ電源
  • Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ・IEC60318-4準拠)
  • オーディオインターフェース:MOTU M2

アナライザソフト

  • TypeDSSF3-L
  • Room EQ Wizard

REW周波数特性

Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ)でのREWによる測定値です。測定値はHATSの測定結果と比較校正されていますが、HATSを用いた当サイトの基準としている測定結果とは異なります。測定値は他サイト(主に海外レビューサイト)のレビューとの比較用に掲載しています。

当サイトのレファレンスの測定結果については有料記事を参照してください。

周波数特性(RAW)

Truthear ZERO Frequency Response (RAW)
Truthear ZERO Frequency Response (RAW)

周波数特性/THD特性/ラウドネスステータス

測定値は有料記事をご覧ください。

オーディオステータス

Truthear ZEROのオーディオステータス
Truthear ZEROのオーディオステータス
※オーディオステータスは周波数特性(自由音場補正済み)から「各要素に関わる周波数帯域の平均値」を算出し、その特性平均値全体の「全体平均値」を求め、「各要素に関わる周波数帯域の平均値」の「全体平均値」からの乖離を数値化したものです。各要素の相対的な強さを表し、独自のオーディオ指標として導入しています。

制動

Truthear ZEROはアンプの出力インピーダンスの影響を受けます。

測定値は有料記事をご覧ください。

音質解説

今回は標準イヤーチップ Lサイズを使い、FiiO M15で駆動してレビューします。

Trustear ZEROほぼ完璧にニュートラルなサウンドシグネチャーを持っています。透明度や明瞭度の水準も高く、ZEROの欠点はレンジ感以外ほとんどないと言えるでしょう。それは私が高く評価するハーマンターゲット IE 2017にかなり近いようです。

レビューの各評価点の判断基準は以下の通りです。

  • 原音忠実度:自由音場補正済み周波数特性に基づく判定値。どれだけフラットスピーカーの音(≒録音音源の再現度)に忠実かを表します。音域ごとに標準偏差から自動で算出、判定されています(低域:20Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~20kHz;全体:63Hz~13kHz)[S+が最も原音忠実][S+が最も原音忠実]
  • 臨場感/深さ/重み/太さ/厚み/明るさ/硬さ/艶やかさ/鋭さ/脆さ/荒さ/繊細さ/存在感:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、各要素が聴感上ニュートラルからどれだけ強調されて聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[Bが最もニュートラルに近く、S+が最も強調度が高く、D-が最も強調が弱い]
  • 質感の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、200Hz~2.5kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • 定位の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、1.5kHz~8kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • オーケストラのテクスチャ/雅楽のテクスチャ:それぞれのリファレンス音源を用い、各リファレンスイヤホンからの音質差を聴感テストしています。なお、リファレンスイヤホンは参考用であり、S+ほどリファレンスイヤホンに近いというわけではありません。[S+が最も評価が高い]
  • クリア感:THD測定値に基づいて決定されています。[S+が最も評価が高い]
  • イメージング:C80測定値に基づいて決定されています。(低域:50Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~10kHz;全体:50Hz~10kHz)[S+が最も評価が高い]

これらの評価値は最終的なスコア算出に影響を与えますが、すべてではありません。

Truthear Zero
Truthear Zero
【中華イヤホン SeeAudio ANOU レビュー】ステージングに優れた中域と豊かなグルーヴを持つダイナミックな高域が、ボーカルをはじめ音楽全体を生き生きとしたものにする

SeeAudio ANOUのサウンドはステージングを丁寧に構築し、適切な位置に豊かに歌うボーカルを聴かせ、その周辺にエネルギッシュで生き生きとした楽器を配置し、音楽をグルーヴとダイナミズム、精彩に満ち Read more

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン LETSHUOER D13

正直なところ、D13は私が通常好むようなサウンドシグネチャーを提供しません。私はよりフラットでニュートラルなサウンドを好みます。しかし、音楽を楽しむということは、最終的には聴く楽しみのためであり、この Read more

低域(8.5)

  • 原音忠実度:S-
  • 臨場感:B
  • 深さ:B+
  • 重み:A-
  • 太さ:B
  • 存在感:B+
低域

Truthear ZEROの低域は重みがありますが、深さは少し物足りないために、膨張感を感じやすい傾向にあります。

ドラムキックはインパクトが十分にあるものの、ボンボンしており、少しウォームで膨張的です。締まりが悪いため、キレが悪く、リズム感は若干もたつく印象を受けます。またランブルは不足気味で臨場感や重みの生々しさに欠けます。

エレキベースも少し明るく、黒さが少し足りないように思います。

この低域は量的には悪くないものの、低域マニアには物足りない水準でしょう。また引き締まり感の不足は、モニター的な音を好む人にも見通しが悪い印象を与えるかもしれません。

中域(11.0)

  • 原音忠実度:S
  • 厚み:B+
  • 明るさ:B+
  • 硬さ:B+
  • 存在感:B

中域

中域はほとんど完全にニュートラルです。質感はかなり正確で完璧に近く、透明度も十分な水準ですが、ややウォームに傾いて聞こえる傾向があります。

定位感もよく、全体的につながり良く音像が聞こえるため、どのジャンルを聴いても表現に一貫性が感じられます。立体感の再現度もよく、十分に低歪で透明度は優秀と言えるでしょう。

この中域は文句なくすぐれた水準にあると言えます。

高域(9.5)

  • 原音忠実度:C-
  • 艶やかさ:B+
  • 鋭さ:B+
  • 脆さ:B-
  • 荒さ:D+
  • 繊細さ:C-
  • 存在感:B-

高域

率直に言って、Truthearの高域はほぼ完ぺきな水準にあり、自然で滑らかな倍音表現とディテールを共存させていますが、拡張性だけは少し物足りません。とはいっても、価格を考えれば十分優れた水準にあります。

全体的に文句がほとんどない高域ですが、それでも難点を探すとすれば、高域の空気感の不足からくる爽快感の物足りなさと、ディテールのわずかな不足です。とはいえ、これは難癖に近いでしょう。

定位/質感

  • 質感の正確性:S+
  • 定位の正確性:A+
  • オーケストラのテクスチャ:S
  • 雅楽のテクスチャ:S

定位と質感は以下の音源によって聴感テストされています。また質感についてはそれぞれリファレンスとするイヤホンは以下の通りです。

オーケストラではコンサートマスターと指揮者の位置関係、チェロとバイオリンのバランスを重視しています。雅楽では篳篥の音が最も力強く聞こえること、とくに「塩梅」がきれいに聞こえることを重視しています。

この項目は各言語音の音域に対応し、西洋音楽(および洋楽)が好きな人はオーケストラのテクスチャを、日本の伝統音楽(および邦楽)が好きな人は雅楽のテクスチャを重視すると満足度が高いでしょう。

Trustear ZEROは中域の質感の正確性、十分以上の透明度、優秀な定位感、自然なつながりの良い音像など、フルオーケストラを楽しむためのイヤホンとしての美点につきません。それは低域で少し深さに欠けますし、私の好みではもっと高域でスケール感が欲しいと思いますが、それでもこれ以上はなかなかないと思わせる音です。

雅楽も篳篥の質感に自然なみずみずしさがあり、和音も十分艶やかで華やかさがあります。のびやかさの点でもほとんど不足を感じません。

音場/クリア感/イメージング

  • 音場:B+
  • クリア感:A
  • イメージング:A
    • 高域:S
    • 中域:A
    • 低域:B-

音場

低域の深さは物足りず、中域は比較的前面におり、高域の高さは標準か少し良好な水準です。

クリア感は価格の水準以上です。

イメージング性能は抜群と言え、非常に優秀です。

 

音質総評

  • 原音忠実度:A
  • おすすめ度:S+
  • 個人的な好み:S+

音質総評

Truthear ZEROは価格帯で優れたパフォーマンスを持っており、一般にハイエンドクラスに匹敵するかその多くを打ち負かしさえすると評価することができます。

圧倒的なパフォーマンスを誇るようにも思えますが、同じ価格帯にライバルはいるでしょうか?

まず、完全ワイヤレスイヤホンであるEarFun Air Pro 2は低域がより拡張され、高域ではTrustear ZEROに劣りますが、一般にほぼ同等のサウンドパフォーマンスを実現します。個体差のレベルの問題かもしれませんが、全体的な滑らかさではAir Pro 2のほうがより優れている可能性もあります。

Truthear Zero
Truthear Zero vs EarFun Air Pro 2

TinHiFi C2は同じ価格帯の優れたモデルですが、そのサウンドデザインはZEROとは異なります。C2はより正統派のスタジオチューニングであるSonarWorksターゲットに近く、より原音忠実的です。つまり、よりスピーカーライクな定位感を持つイヤホンです。ZEROとC2は使い分け可能な同等の性能の選択肢ですが、スピーカーライクな音像把握よりも、原曲そのものの定位感やディテールを重視する場合、ZEROのほうが優れたパフォーマンスが期待できます。しかしとくに低域ではC2はZEROをアウトパフォームするでしょう。

Truthear Zero
Truthear Zero vs TinHiFi C2

音質的な特徴

美点

  • 音像一貫性に優れる
  • 優秀な解像度
  • 低歪
  • 優れた質感
  • 良好な原音忠実度
  • 艶やか
  • 聴き心地が良い
  • 温かみがある
  • 優れた定位感
  • 優れたディテール
  • 自然な倍音表現

欠点

  • 低域の深さに欠ける
【中華イヤホン TRUTHEAR x Crinacle Zero レビュー】良質な最高峰のニュートラルサウンドを低価格で実現。パッケージクオリティの点でも満足度高め

音像一貫性に優れる
優れた質感と定位感
非常に高いニュートラリティ

Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero
Truthear Zero

フリュー ゆるキャン△ スペシャルフィギュア 志摩リン

フリュー ゆるキャン△ スペシャルフィギュア 志摩リン

フリュー ゆるキャン△ スペシャルフィギュア 志摩リン

 
 
 
 
 
 

レコーディングシグネチャー

レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。レコーディングシグネチャーのソースはRME ADI-2 Pro FS R Black Edition + TOPPING A90を使い、レコーディングにはAntelope Audio Amariを用いています。イヤーピースは標準イヤーピース Sサイズを使用しています。

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • 5055Prot 実時間2ch 自由音場補正フィルター(特注)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Brüel & Kjær 1704 マイクアンプ電源
  • Bluetoothトランスミッター:FiiO BTA30
  • オーディオインターフェース:Antelope Audio Amari
  • レコーディングソフト:Audacity

浮遊大陸アルジェス -Introduction-(OST系)

楽曲情報
  • 楽曲名:浮遊大陸アルジェス -Introduction-
  • アルバム名:Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation

Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Truthear ZERO

Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-

楽曲情報
  • 楽曲名:Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 Evolution オリジナルサウンドトラック
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Truthear ZERO

Formidable Enemy

楽曲情報
  • 楽曲名:Formidable Enemy
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 スーパーアレンジバージョン
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Formidable Enemy
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Truthear ZERO

総評

Trustear ZERO価格帯で最も優れた水準の音質を提供するだけでなく、ハイエンドにも匹敵するパフォーマンスを持っています。パッケージも価格の水準以上で、全体的に購入して損はすることはまずないと言えるイヤホンでしょう。文句なくお勧めできる製品の一つと言えます。