$500~$1000

【中華イヤホン Open Audio Mercury 2.0 レビュー】原型機のサウンドバランスを改善し、より解像度と中域へのフォーカス感を高めたアップグレードモデル 50000円~100000円

【中華イヤホン Open Audio Mercury 2.0 レビュー】原型機のサウンドバランスを改善し、より解像度と中域へのフォーカス感を高めたアップグレードモデル

Open Audio Mercury 2.0はオリジナルのMercuryの基本的な雰囲気を維持しつつ、解像度とサウンドバランスを慎重に改善した真の意味でのアップグレードモデルです。
DUNU x Z Review SA6 Ultra ― 人気レビュアーコラボモデル $500~$1000

DUNU x Z Review SA6 Ultra ― 人気レビュアーコラボモデル

オリジナルDUNU SA6をベースに、Z ReviewのZeosと共同で全く新しいSA6 Ultraがリリースされました。
LZ AX ― 9ドライバー・ハイブリッド・フラッグシップIEM $500~$1000

LZ AX ― 9ドライバー・ハイブリッド・フラッグシップIEM

LZ HiFi Audioからリリースされた全く新しいフラッグシップマルチドライバーハイブリッドIEM、LZ AXをご紹介します。片側9ドライバーのハイブリッド構成により、究極の解像度と驚異的な透明度を誇る卓越したサウンドパフォーマンスをお届けします。
美しく均整の取れた音色で大人気!「Open Audio Mercury」の海外レビューまとめ 50000円~100000円

美しく均整の取れた音色で大人気!「Open Audio Mercury」の海外レビューまとめ

日本や欧米ではあまり知られていませんが、中国大陸では大ヒットしており、評判の高い中華イヤホン「Open Audio Mercury」の海外レビューをまとめて紹介します。
【中華イヤホン Open Audio Mercury 2.0(プレファイナル) レビュー】原型機のサウンドバランスを改善し、より解像度を高めたブラッシュアップモデル 50000円~100000円

【中華イヤホン Open Audio Mercury 2.0(プレファイナル) レビュー】原型機のサウンドバランスを改善し、より解像度を高めたブラッシュアップモデル

Mercury 2.0は音質的には原型機の解像度と原音忠実度を改善した改良版です。それはオリジナルのハーモニクスが豊かな中域の雰囲気を維持しながら、より前面に出し、HiFi的で現代的なサウンドに改良し、基本的なクオリティが向上しています。
FiiO Q7 ― フラッグシップ・デスクトップクラス・ポータブルヘッドホンアンプ $500~$1000

FiiO Q7 ― フラッグシップ・デスクトップクラス・ポータブルヘッドホンアンプ

FiiOから究極のフラッグシップUSB DAC/AMP、全く新しいFiiO Q7を発表します。FiiO Q7は、FiiOのフラッグシップデジタルオーディオプレーヤーであるM17の成功したアーキテクチャをベースにしています。
ThieAudio Oracle MkII ― 最高峰のスタジオモニターイヤホン $500~$1000

ThieAudio Oracle MkII ― 最高峰のスタジオモニターイヤホン

色付けのないニュートラルな中域を実現し、スタジオ・エンジニアが意図したとおりのサウンドを再現します。またスタジオエンジニアにとっても、Oracle MKIIは、スタジオモニターの音色を忠実に再現できる数少ないIEMの1つです。
TOPPING DX7 Pro+:LDAC対応BT5.1 & NFCA内蔵ヘッドホンアンプ $500~$1000

TOPPING DX7 Pro+:LDAC対応BT5.1 & NFCA内蔵ヘッドホンアンプ

Topping DX7 Pro+は、名機DX7 Proのアップグレード版です。ハイエンドデスクトップでの使用を想定したDAC+ヘッドホンアンプのオールインワンモデルです。
【中華イヤホン Open Audio Mercury レビュー】豊かなハーモニクスで音楽をノスタルジックに描き出す優れたアナログ系リスニングイヤホン 50000円~100000円

【中華イヤホン Open Audio Mercury レビュー】豊かなハーモニクスで音楽をノスタルジックに描き出す優れたアナログ系リスニングイヤホン

Open Audio Mercuryは独特のハーモニックで艶のあるサウンドを持つイヤホンです。
【中華イヤホン Open Audio Alkaid レビュー】明瞭で繊細、詳細なディテールをこぼすところなく伝える優れたモニターイヤホン 100000円~200000円

【中華イヤホン Open Audio Alkaid レビュー】明瞭で繊細、詳細なディテールをこぼすところなく伝える優れたモニターイヤホン

Open Audio Alkaidは全音域にわたり明瞭性が高く、繊細で分析的なサウンドを持つハイエンドイヤホンです。
Yanyin Rosemary:8BA + 1DDフラッグシップIEM $500~$1000

Yanyin Rosemary:8BA + 1DDフラッグシップIEM

Yanyin Rosemaryは2つのスイッチを備え、その調整可能な範囲はすべての周波数帯域をカバーします。独立したチューニング、電子4ウェイクロスオーバー技術、歪みが少なく高い演奏性を実現しています。
Open Audio Alkaid:8 Balanced Armatures Hybrid Drivers IEM $500~$1000

Open Audio Alkaid:8 Balanced Armatures Hybrid Drivers IEM

Open Audio Alkaidは、Sonion & Knowlessバランスド・アーマチュア・ドライバを片側8基搭載したハイブリッド・セットアップを採用しています。これらのドライバーは、よりバランスの取れたサウンドを実現するために配置され、長時間でも疲れないリスニングを可能にします。また、より高い感度とディテールを実現します。
Shanling M6 Ultra:最新のクアッドDACデジタルオーディオプレーヤー $500~$1000

Shanling M6 Ultra:最新のクアッドDACデジタルオーディオプレーヤー

M6 Ultraは、AKMの最新世代DACであるAK4493SEQを4基搭載した、ユニークなQuad-DACs設計のポータブルプレーヤーです。
Shanling MG800:11mm径ダイナミックドライバー搭載のフラッグシップIEM $500~$1000

Shanling MG800:11mm径ダイナミックドライバー搭載のフラッグシップIEM

MGシリーズのメインコンセプトは、プレミアムなシングルダイナミックドライバーイヤホンです。ユニークな振動板を持つ様々なドライバーと、様々な素材を使ったシェル、その他一般的ではないイヤホンの要素を組み合わせています。Shanlingは、木製のMG600からスタートしました。今日、ブランドはMGラインのフラッグシップモデルであるMG800を追加します。
【海外レビュー】中華イヤホン Kinera Norn レビュー:ミュージックブースのサウンド! 50000円~100000円

【海外レビュー】中華イヤホン Kinera Norn レビュー:ミュージックブースのサウンド!

全体として、Kinera Nornは約$500の価格で独自のニッチを持っています。開放感のあるサウンドではなく、分離感やレイヤリングの良い親密なサウンドが好みで、丁寧に調整されたサウンドと楽しいプレゼンテーションが必要な方には、Nornがお勧めです。
【海外レビュー】中華イヤホン Kinera Skuld レビュー:この美しいハンドプリントIEMは音も素敵!! 50000円~100000円

【海外レビュー】中華イヤホン Kinera Skuld レビュー:この美しいハンドプリントIEMは音も素敵!!

今年の初め、彼らは最新のマルチBA IEM「Kinera Imperial Skuld」を発表しました。片側5基のバランスド・アーマチュア・ドライバー(Knowles 3個+Kinera Customized 2個)を組み合わせて、ハンドペイントイヤーキャビティに内蔵しています。
【HiFiGOレビュー】中華イヤホン Moondrop Variations:競合機種との比較 50000円~100000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン Moondrop Variations:競合機種との比較

今回のレビューは、Moondropの最新のESTトライブリッド「Variations」(価格:$520)を取り上げます。なお、この製品は私自身が購入したものであり、Moondropとは一切関係ありません。この記事のすべての見解は私個人のものであり、したがってあなたの見解とは異なるかもしれません。
【海外レビュー】Kinera NanNa 2.0 VS. Tri Starlight レビュー $500~$1000

【海外レビュー】Kinera NanNa 2.0 VS. Tri Starlight レビュー

この記事では、Kinera Nan Na 2.0とTri Starlightを比較しています。それぞれのIEMの特徴から始まり、比較、そして様々な音楽の好みに合わせてどちらがお勧めかをご紹介します。この2機種で迷っている人のための参考情報です。
【中華イヤホン iBasso IT07 レビュー】クリアで明瞭な低域を実現するテスラドライバー。3種のチューニングノズルによる多彩なサウンド。奥深いiBassoのフラッグシップIEM 50000円~100000円

【中華イヤホン iBasso IT07 レビュー】クリアで明瞭な低域を実現するテスラドライバー。3種のチューニングノズルによる多彩なサウンド。奥深いiBassoのフラッグシップIEM

iBasso IT07は音楽的な中域重視のサウンドを持ち、充実感に優れ、物腰の柔らかな厚みのあるサウンドを実現しています。そして、最大の特徴はテスラドライバーが実現するクリアで質の高い低域にあります。分離感は少し物足りません。
【HiFiGOレビュー】中華イヤホン TRI Starlight レビュー:きわめてディテールの細やかな音楽体験! 50000円~100000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン TRI Starlight レビュー:きわめてディテールの細やかな音楽体験!

TRIは、昨年発売されたフラッグシップモデルのStarlightで、トライブリッドとESTドライバーの最新トレンドに追随しました。$799.99という価格設定で、TRIオーディオの素晴らしい製品群を牽引してきました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました