$500~$1000

50000円~100000円

【海外レビュー】中華イヤホン Kinera Norn レビュー:ミュージックブースのサウンド!

全体として、Kinera Nornは約$500の価格で独自のニッチを持っています。開放感のあるサウンドではなく、分離感やレイヤリングの良い親密なサウンドが好みで、丁寧に調整されたサウンドと楽しいプレゼンテーションが必要な方には、Nornがお勧めです。
50000円~100000円

【海外レビュー】中華イヤホン Kinera Skuld レビュー:この美しいハンドプリントIEMは音も素敵!!

今年の初め、彼らは最新のマルチBA IEM「Kinera Imperial Skuld」を発表しました。片側5基のバランスド・アーマチュア・ドライバー(Knowles 3個+Kinera Customized 2個)を組み合わせて、ハンドペイントイヤーキャビティに内蔵しています。
50000円~100000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン Moondrop Variations:競合機種との比較

今回のレビューは、Moondropの最新のESTトライブリッド「Variations」(価格:$520)を取り上げます。なお、この製品は私自身が購入したものであり、Moondropとは一切関係ありません。この記事のすべての見解は私個人のものであり、したがってあなたの見解とは異なるかもしれません。
$500~$1000

【海外レビュー】Kinera NanNa 2.0 VS. Tri Starlight レビュー

この記事では、Kinera Nan Na 2.0とTri Starlightを比較しています。それぞれのIEMの特徴から始まり、比較、そして様々な音楽の好みに合わせてどちらがお勧めかをご紹介します。この2機種で迷っている人のための参考情報です。
50000円~100000円

【中華イヤホン iBasso IT07 レビュー】クリアで明瞭な低域を実現するテスラドライバー。3種のチューニングノズルによる多彩なサウンド。奥深いiBassoのフラッグシップIEM

iBasso IT07は音楽的な中域重視のサウンドを持ち、充実感に優れ、物腰の柔らかな厚みのあるサウンドを実現しています。そして、最大の特徴はテスラドライバーが実現するクリアで質の高い低域にあります。分離感は少し物足りません。
50000円~100000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン TRI Starlight レビュー:きわめてディテールの細やかな音楽体験!

TRIは、昨年発売されたフラッグシップモデルのStarlightで、トライブリッドとESTドライバーの最新トレンドに追随しました。$799.99という価格設定で、TRIオーディオの素晴らしい製品群を牽引してきました。
50000円~100000円

【中華イヤホン Shuoer Conductor レビュー】ハーマンターゲットカーブにかなり忠実でバランスが良く、静電型らしい音像描写力もあるが、それだけにマイクロディテールや空気感の不足が少し目立つ惜作

Shuoer Conductorはハーマンターゲットカーブにほとんど忠実で、静電型特有のきわめて品質の高い高域が特徴です。そしてバランス感覚もかなり優れています。マイクロディテールや拡張性に不足を感じますが、総じて完成度は高いです。
50000円~100000円

【HiFiGOレビュー】Softears RSV:開封&クイックレビュー

Softears RSVが提供するのは、ユーザーにとって非常に興味深く楽しい体験です。開封からエンドユーザーエクスペリエンスに至るまで、製品自体と同様に、贅沢でプレミアムな体験に満ちています。私はMoondropのチューニングのファンですが、RSVを聴けば、SoftearsとR&Dチームを共有していることが明らかで、出力は魅力的であり、私を夢中にさせます。
50000円~100000円

【HiFiGOレビュー】DUNU Studio SA6:開封&クイックレビュー「大胆で美しい!!」

DUNU SA6は、ハンドメイドされたイヤーシェルの内部に6つのバランスドアーマチュアユニットが装備された高解像度インイヤーモニターのマルチBAペアです。イヤーシェルは完全に手作りであると言われており、各イヤピースは独自の頑丈でスタビライズドウッド製のフェースプレートを備えています。
50000円~100000円

【海外レビュー】Kinera Norn:開封&クイックレビュー「見事なまでに素晴らしい出来!」

Kineraの最新製品は、5ドライバーハイブリッドインイヤーモニターであるKinera Nornです。北欧神話の運命の三姉妹に触発されたNornは、Kineraの見事に細工されたインイヤーモニターの新定番です。イヤホン本体は見事な出来栄えで、その魅力に抵抗するのは困難です。
50000円~100000円

【HiFiGOレビュー】Shozy Black Hole Mini:開封&クイックレビュー「広々とした空間に響く素敵なボーカル」

最近、Black Holeのセミオープンバックデザインを継承しつつ、ShozyはBlack Hole Miniと呼ばれる8mmダイナミックドライバーユニットを備えた別のIEMをリリースしました。 熱心なオーディオファンである私は、このようなユニークなIEMに興奮させられました。
50000円~100000円

【HiFiGOレビュー】セミオープンバック型ヘッドホン iBasso SR2 クイックレビュー:ワイド&ディテール

これまで私はPhilips SHP9500、HarmonicDyne Helios、Sivga SV006を所有しており、今回、iBasso SR2もそのラインナップに加わりました。このヘッドホンは手に入れたその日からずっと、私のお気に入りです。今日は私のこの最新の購入製品の開梱とレビューをご紹介します。
50000円~100000円

【HiFiGOレビュー】据え置き型真空管DACアンプ xDuoo TA-30 クイックレビュー:リッチで豊穣なチューブサウンド!!

今年の初めに、xDuooは据え置き真空管DAC/アンプの最高品質製品、xDuoo TA-30をリリースしました。xDuoo TA-30は、真空管ラインナップ「TA」シリーズの主力モデルです。簡単なレビューとTopping D90との簡単な音質比較をご報告いたします。
50000円~100000円

【HiFiGOレビュー】iBasso IT07 パッケージ開梱&クイックレビュー:その音楽は美しく、力強く

iBassoの最新フラッグシップIEM IT07は、青みがかったトーンのフェイスプレートに星空のパターンがあしらわれており、本当に美しく見えます。今日はこのIEMについてお届けし、パッケージの開梱体験の感想とIT07の簡単なレビューをここでご報告いたします。
50000円~100000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン DUNU ZEN 開梱&クイックレビュー:シングルDDの愉楽!

ほんの数週間前、DUNUは最新のIEMであるDUNU ZenでシングルDDのゲームに戻ってきました。このIEMはDUNUの最新技術ECLIPSEドライバーテクノロジーに基づいています。今日は、このIEMのパッケージ開梱と初期のインプレッションをお届けします。それでは始めましょう。
50000円~100000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン Moondrop S8:バランスドアーマチュア8基構成のフラッグシップ!

MoondropはChi-fiオーディオ界隈では特にチューニングスタイルとシェルデザインの絶妙なクラフトマンシップでよく知られており、さらにそのインイヤーモニター(IEM)で美しい中域を実現しています。このたび、Moondrop S8のサンプルを入手し、Moondrop S8のパッケージの確認を行い、第一印象をご報告いたします。
50000円~100000円

【HiFiGOレビュー】Moondrop Illumination パッケージ開梱&クイックレビュー:華麗なる美女

Moondrop Illuminationは、Moondropのシングルダイナミックドライバー・インイヤーモニター(IEM)の最新フラッグシップモデルです。私はリリースの前後で自分自身で使うためにこのIEMを手に入れました。今こそ、ブログを通じて私の経験を皆さんにご報告する時です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました