【HiFiGOレビュー】Tangzu Shimin Li – Trilogy Part ii

Tangzu Shimin Li3000円~5000円
Tangzu Shimin Li

Intro

TForce Yuan Liは、巷に溢れる格安Chifiの凡庸な製品の中で、私が最も好きなシングルダイナミックドライバーIEMの一つです。元々はOEM/ODMメーカーであったTForce(現Tangzu)の熟成されたチューニングで、最もバランスのとれたサウンドのイヤホンの1つです。

Shimin Liは「三部作」の第二弾で、多くの企業が好んで採用し始めているワイフをあしらった典型的なアニメ美少女デザインではなく、以前の製品と同じ雰囲気と大胆な美学をパッケージに持ち込んでいます。私は、もっとシンプルでミニマルなパッケージが好きなので、このデザインに抵抗はありません。とにかく、IEMユニット自体は、私の好みからすると少し「贅沢」なゴールドの輝きを放っています。また、Yuan Liと同じようなシルバーカラーもあります。ゴールドの色調は、パッケージのテーマとは少し対照的ですが、それでも私はそれを理解する人がいると信じています。

10mm径のダイナミックドライバーを搭載し、「ニュートラルでバランスのとれたサウンドを提供するためにチューニングされた」と言われ、価格はペア35ドルと非常に競争力のある価格帯になっています。主な問題は、それが競争できるかどうかということです。また、Shimin LiはTrilogyに適合するでしょうか?

*このユニットは、率直なレビューの見返りとしてHifigo(Lvy Yan)から送られたものです。私は、改造やアクセサリーの追加をせず、すべてノーマルで聴いています。私の音源はその時々によって様々です。Apple Music、Tidal、ローカルファイル、LG G7、Windows PC、ドングルを1週間継続し、EQなしです。

Signature

主観的なリスニングでは、Shimin Liのサウンドシグネチャーは、ニュートラルで、高音域のレスポンスがない分、低音のブーストがややウォームなトーンに偏っていると表現できるでしょう。また、ハーマンとも言えますが、V字型ではありません。チューニングは、私が試した35ドル以下の価格帯のセットの中で、最も安全なサウンドの一つであることは間違いないでしょう。

FR & Tonality

率直に言って、ここは小出しにさせていただきます。このセットでまず気になるのは、全体的にやや「とげとげしい」音で、これはその音色というか、おそらくチューニングの問題だと思います。中高域は、5kHz〜7kHzあたりで適切な高音のラウドネスがなくピークがあり、より自然で滑らかな聴き心地に補正されています。また、エアレスポンス(倍音)がないため、シンバルやメタルパーカッションなどの楽器の音がやや淡白で、輪郭がはっきりしないこともありますが、きっと人によっては十分かもしれませんね。歯擦音は全くありません。

ボーカルは前に出てくるように再生され、満足のいくものです。極めてナチュラルというか、無難というか。ボーカル好きにはたまらないセットです。ただ、中高域に時折「シャウト感」が出るのは、周波数特性のラウドネスとのバランス上の問題です。これはドライバーの周波数特性そのものよりも、チューニングが関係していると思われます。例えば、ノズルの長さやシェルの容積など、直接的に共振に影響を与えるものです。

低音は、このセットの最大の特徴でしょう。中低音のパンチが効いていて、中域を濁すことなく暖かみがあります。重低域も十分な鳴りっぷりだが、低音はそれほど衝撃的ではありません。個人的にはこの低音に満足しています。

実際のところ、Shimin Liの音色はそこそこ良いが、格安セットとはいえチューニングはもっと何とかなったように思えます。目を見張るようなものもなく、本当に悪いところもありません。音色的に聴きやすいというか、適度な音量である程度まで楽しめます。

Tangzu Shimin Li
Tangzu Shimin Li

Technicalities +

Shimin Liは低音の質感がかなり良いと思います。ディテールの再現性を除けば、全体の解像度はこの価格帯としてはかなり高いと言えるでしょう。特に忙しいパッセージではイメージングが少し曖昧になることもありますが、それでも音の密度は薄くもなく厚くもなく、かなりまともです。楽器の定位は最悪ではありませんが、格安のシングルダイナミックドライバーIEMではよくあることだと思います。イメージングは得意とするところではありません。音の広がりはTripowin Olinaより若干広い程度で、奥行きはほとんどなく、平均的なサウンドステージングです。

明るすぎず暗すぎず、なかなか有機的な音色で、私のような年代にはとても楽しめると思います。ダイナミック面では、特に高音域が少しコンプレッションされています。ダイナミックドライバーとしては平均的と言えるでしょう。トランジェントレスポンスだけでもポテンシャルがあるので、良いドライバーだと思うのですが残念です。おそらく、オーバーホールや再チューニングをすれば、優れたIEMに生まれ変わるかもしれません。

Comparison & Valuation

有名なBlon BL03と比較すると、Shimin Liは、おそらく音色を除く多くの部門で簡単に勝っています。BL03は、音色的にはShimin Liほど理想的で「自然」ではないものの、間違いなくより心地よく、より「正しい」音色を持っています。解像度とイメージの面では、Shimin Liに軍配が上がりました。間接的ではありますが、Blon BL03のアップグレードと言えるでしょう。

Tripowin MELEはどうでしょうか?私はMELEよりはShimin Liを好みます。音質や技術的なパフォーマンスという点では、間違いなくShimin Liの方が優れています。チューニングが異なるため、好みの問題だとは思いますが。Shimin LiはYuan Liの廉価版という感じもしますが、Yuan Liはコントロールとバランスが若干優れています。全体的にはどちらも同じようなもので、細かな違いだけがあるような感じです。

正直なところ、Tangzuはこの路線で、おそらく無難であったり平凡ではなく、ほとんど良いと同時に合格点でもある格安IEMをリリースすることで、一種の足踏みをやっているのだと思います。Yuan Liは、私の中では良いデビュー作でした。だから、本当に楽しみにしている会社から、音色的に心地よい、より洗練されたチューニングで何か違うものを期待していたのですが、リリースされたのはこの35ドルの製品でした。とはいえ、やはり大衆、具体的にはコミュニティが少ないお金でより多くの選択肢を持つためのサービスなのだろうと思います。

数日後にShimin Liを聴いてみて良かったのは(第一印象はこんなものではなかったので)、若い頃の自分が、安いけどちゃんとした機能のイヤホンで良い音楽を心に吹き込んでいた、古き良き時代を思い出させてくれたことです。私にとっては、Shimin Liは、自分のライブラリーに十分に満足できるような、きちんとした機能を持ったイヤホンに過ぎません。35ドルで、この値段の価値はあると思うし、Trilogyにうまくフィットしています。マットブラックのカラーバリエーションを追加してもいいかもしれませんね。

まとめ

Star rating: 4.5/5 (price to performance)

  • Tonality: 5.6/9
  • Technicalities: 5.6/9
  • Preference: 5/9

長所

  • 安全なチューニング
  • 歯擦音なし
  • 有機的な音色
  • 優れた技術性
  • ビルドクオリティ
  • エルゴノミクス
  • アクセサリー

短所

  • 高音域の伸びのなさ
  • 中高音域のシャウト感
  • ダイナミクス
  • カラーバリエーションの少なさ

コメント



タイトルとURLをコピーしました