【HiFiGOレビュー】中華イヤホン Moondrop Variations:競合機種との比較

Moondrop Variations50000円~100000円
Moondrop Variations

今回のレビューは、Moondropの最新のESTトライブリッド「Variations」(価格:$520)を取り上げます。なお、この製品は私自身が購入したものであり、Moondropとは一切関係ありません。この記事のすべての見解は私個人のものであり、したがってあなたの見解とは異なるかもしれません。私はオーディオマニアではありませんし、そうであると主張するものでもありません。私は音楽を聴くのが好きな普通の人間です。

Moondrop Variations
Moondrop Variations

開封の儀

これまでのMoondrop製品と比較して、今回のVariationsの開封体験は満足度の高いものとなっています。例えば、イヤーチップは、もはやアップグレードを要求するような安っぽいものではありません。ケーブルは、S8やBlessing2に付いている純正のものよりは幾分マシですが、それでもかなりささくれ立っています。コネクタの交換が可能になったことは、すでに大きなプラスであり、他社の中級機でも同様の対応をしてほしいと思います。以下、箱の中身を紹介します。

パッケージ内容

  • Moondrop Variations本体
  • 6N OCC単銅クリスタルケーブル
  • イヤーチップの箱
  • 2.5mm、3.5mm、4.4mm同軸プラグ
  • 収納ケース(Moondrop Sparks用ケースの2倍の高さのもの)
  • 通常のドキュメント

※私は限定版のMoondropデスクマット(写真参照)を手に入れた幸運な一人ですが、これもよくできています。

パッケージ開封動画

Moondrop Variations Unboxing - New Moondrop Tribrid IEM

ビルドクオリティ

素晴らしいですね。ますます多くのミッドレンジ/トップレベルモデルが市場に登場する中、Moondropが品質管理とビルドクオリティを維持していることを嬉しく思います。半透明になっているダークシェルは、内部構造を確認できるのですっきりしていますが、Blessing2やHum Referenceのように露骨な感じではありません。透明なシェルの問題点は、時間が経つと内部が黄ばんでくることですが、この色を選択したことで、それを免れることができます。また、フェイスプレートも非常に豪華です。樹脂製のフェイスプレートにカラーを採用する企業が多い中、これはとても新鮮です。

音質(純正ケーブル3.5mm、spinfit cp155、fiio btr3k ldac)

  • 低音
    これは衝撃的でした。というのも、これまでMoondropのイヤホンで聞いた中で、最も低音が出ていたからです。中低音が弱いというわけではありませんが、味のある質感で、あまり目立ちません。最終的には、満足のいくエネルギーでパンチするクリーンなサウンドのローエンドになります。頭を揺さぶるようなレスポンスを求めるベースヘッズには向きませんが、ポップスやロックにはよく合います。ベースギターはスピード感があり、生き生きとしたサウンドです。
  • 中域
    低音域から中音域へのにじみはありません。実際には、中低域よりも重低域の方が存在感があり、その移行は完璧に近い分離できれいに聞こえます。中域はクリアで、やや奥まっています。ギタリストと男性リードシンガーを前面に配置した仮想のバンドを思い浮かべてください。シンガーはギタリストの約0.5メートル後方にいると思われます。男性ボーカルはどちらかというとニュートラル側で、この領域にはかなりの量のディテールがあります。
  • 中高域
    これは独自のセクションを設ける価値があります。他のMoondrop製品と同様に、この領域では女性ボーカルが生き生きとしています。女性ボーカルは男性ボーカルよりも比較的前に出ていますが、うるさくはありません。ピアノの伴奏と相まって、中高音域が非常に魅力的です。女性ボーカルの曲が多いプレイリストをお持ちの方には、嬉しいかもしれません。中高音域の明瞭さのおかげで、悪い録音はより悪く聞こえます。
  • 高域
    ここがESTドライバーの能力を発揮するところです。高音に敏感なリスナーが気にするような、4kHzや6kHzの奇妙なピークは見当たりません。高域下部はキラキラしていて、ディテールに溢れていますが、決して威圧的ではありません。高音が熱いと、しばらくすると耳が疲れてしまうという問題がありますが、ここではそれが全くないのが印象的です。歯擦音もありません。10kHz以降は適度な空気感が保たれていて、これが重低域と相まって、音楽に低音と高音の両方のエネルギーを与えていることがわかります。
Moondrop Variations
Moondrop Variations

比較(実際に聴いたことのあるモデルのみ)

  1. Moondrop Blessing2(セールで$288)
    両機種とも純正の構成であると仮定すると、透明感、ディテールの再現性、スピード、伸びなど、ほぼすべての面でVariationsがBlessing2を上回っています。しかし、Blessing2の純正ケーブルをTA ESTのケーブルに交換し、イヤーチップをcp155に交換すると、価格以上の性能を発揮するユニットになります。Variationsは、Blessing2の弱点である、極端な低音と高音の伸びの悪さを解消しています。全体的にVariationsの方が低音の質感が高く、全体的にすっきりとした音で、高音がやや煌びやかです。Blessing2では女性ボーカルが強調され、ウォームです。
  2. Moondrop S8(セールで$630)
    Moondropの答えは、より成熟したBlessing2です。ディテールの再現性はほぼ同じですが、S8の方がよりまろやかな音色で、ボーカルの表現力が豊かです。一方で、スピード感はVariationsの方が上ですね。イメージングと楽器の分離は、どちらもしっかりしています。S8はオールBA構成のため、低音域のレスポンスが弱くなっていますが、人工的な音にならない点ではトップクラスです。両機とも、男性ボーカルは得意ではありませんが、劣っているわけでもありません。女性ボーカル?お好みでどうぞ。
  3. Kiwi Ears Orchestra($499)
    Kiwi Earsは、8BAのフラッグシップモデルをリリースしたLinsoulの新ブランドです。そのため、520ドルのVariationsと同じ価格帯になります。私にとっては、どちらもそれなりに素晴らしい性能を持っており、BAの音色を楽しみたい人にとっては、5~10%の音の向上のために数千ドルを費やすのは惜しいと考えられる最終的な製品です。ですから、どちらかが優れているとは言えず、むしろサイドグレードだと思います。Orchestraは非常に心地よい音色で、男女問わずボーカルトラックに暖かさを加えます。Orchestraのディテールの再現性は中音域でVariationsを上回り、低音の質感はVariationsが優れています。明瞭性の面では、このイヤホンは優れたユニットであり、$1000クラスと競争する権利を持っています。
  4. Thieaudio Monarch($729)
    より高価な領域に踏み込んだMonarchは、よりバランスのとれた低音域を持ち、ほとんどの種類の音楽に対応します。中音域はどちらも似ていますが、Monarchの方がより豊かな印象を受けます。女性ボーカルはVariationsの方が際立ち、Monarchは高音域がよりまろやかになります。サウンドステージはほぼ同様で、どちらもオーケストラ音楽に適した3D効果があります。どちらもベースヘッド(低域好き)には向きません。注目すべき点は、MonarchにはESTケーブルが付属しており、Moondropの製品よりも音質的にはるかに優れていることです。
  5. Hidition Viento R「A構成」($930)
    疑いなく、Vientoはすべてのスペクトラムにおけるチューニングの点でVariationsを上回っており、私にとってはバランスのとれたサウンドとは何かを表しています。VientoはVariationsよりも自然な音がしますが、極端な音域ではエネルギーとディテールの点で一歩後退し、弦楽器の音は恐ろしく質感が高く、リアルに聞こえます。その結果、VariationsはVientoよりもスピード感がありますが、それほど差はありません。音場的には、Vientoの方がごくわずかに狭いが、奥行きがあります。なお、VientoのCIEMバージョンは音に影響を与えるので、この比較はUIEMバージョンで行っています。
  6. Unique Melody MEST v1($1099)
    UMの人気モデルの一つであるMestは、どんな音楽ジャンルにも対応できる、心地よいU字型のチューニングで知られています。ディテールの再現性はVariationsよりも優れていますが、Mestでは高音が少し熱くなりすぎることがあります。Variationsでは女性ボーカルがより強調されていますが、Mestでは前にも後ろにも出ないバランスのとれた中音域が得られます。サウンドステージは両モデルともほぼ同じです。イメージングはMestの方が正確で、楽器の分離感もあります。なお、MestはMest v2のリリースに伴い、大幅な値下げが行われていますのでご注意ください。
  7. Seeaudio Neo($1099)
    これはKaguyaを超えるSeeaudioのフラッグシップであるべきでした。10BA構成で、DDドライバーを凌駕するような恐ろしく印象的な低音レスポンスを持っています。BAドライバーの問題点は、低音が人工的に聞こえてしまうことですが、Seeaudioはそれをどうにかして覆しました。明瞭性と分離感はNeoのほうが優れており、Variationsがそれに続きます。音場はNeoの方が広いですが、Variationsの方が深みがあります。重低域の量と質は同程度ですが、Neoは中低音が肉厚です。高音の輝きや空気感はVariationsの方が優れており、女性ボーカルに存在感があります。
  8. qdc VX($2100)
    言うまでもなく、VXはあらゆる技術面でVariationsを上回っています。低音のレスポンスは、MIDとHIGHのスイッチを入れても、VXの方がなぜか強いですね。唯一の不満点は、VXは少し分析的すぎるところがあることと、圧倒的なディテールの再現性が手に負えないことです。どちらも好ましいトーンを持っていますが、VXの方がより3Dの音場を持っています。まあ、この価格差は正当なものであると言えるでしょう。

総評

Moondrop Variationsは今まで聞いた中で最高のイヤホンかって?とんでもない。ベストの一つですか?はい、いくつかの面では。

Variationsは、中低音よりも低音が強調されていて、女性ボーカルのシャウト感が少ないなど、全体的なチューニングと透明感に強みを発揮しています。改善すべき点は、中低域の男性ボーカルの表現力と、おそらく音場の広さでしょう。そしてもちろん、今では当たり前になっているケーブル品質の問題です。

Moondropはまたしても、価格に見合った良い製品をリリースしてくれました。あなたの音楽の好みにもよりますが、Moondrop Variationsは、オーディオマニアの照準内で上位の注目製品に位置するはずです。

【まとめ】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ機種まとめ&選び方ガイド
【まとめ】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ機種まとめ&選び方ガイド

この記事では多数ラインナップされている完全ワイヤレスイヤホンの中から、当ブログのおすすめ完全ワイヤレスイヤホンについての情報をまとめます。使い方や使用に当たっての注意点なども解説します。

【完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW100-BA レビュー】聞き疲れしないサウンドと装着感。長時間の快適なリスニング環境を実現した完全ワイヤレスイヤホン
【完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW100-BA レビュー】聞き疲れしないサウンドと装着感。長時間の快適なリスニング環境を実現した完全ワイヤレスイヤホン

Shanling MTW100-BAは装着感が良く、長時間再生できるパワフルなバッテリー性能を持っています。そのサウンドは長時間聴いても聞き疲れない音質で、長旅のお供にはぴったりです。ややゆったりした空間表現を持っているので、優しいサウンドが好きならきっと気に入るでしょう。

【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW300レビュー:必携のパーフェクトワイヤレス
【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW300レビュー:必携のパーフェクトワイヤレス

Shanling MTW300は、ユーザーに非常に良い音質を提供する、かなり堅実なTWSイヤホンです。鮮明な解像感、周波数帯域全体の優れた透明感、パンチの効いた没入感のあるサウンド出力、そして十分に適切なビルドクオリティを持っています。

最新の10000円クラス以下おすすめ完全ワイヤレスイヤホンカタログ[2021年4月号]
最新の10000円クラス以下おすすめ完全ワイヤレスイヤホンカタログ[2021年4月号]

完全ワイヤレスイヤホンの市場は近年急速に成長し、2021年もこの分野の成長は著しい伸びを見せることが予想されます。この記事では私自身がレビューテストしたもの、そして多くのレビュアーから賞賛を受けている最新の完全ワイヤレスイヤホンのおすすめ機種をまとめて紹介します。

【完全ワイヤレスイヤホン TaoTronics SoundLiberty Pro S10 レビュー】他人とはひと味違うイヤホンを求める人へ。シャープでスタイリッシュなデザインが美しい。ハーモニクスの豊かなサウンドが味わえるが、万人向けではない
【完全ワイヤレスイヤホン TaoTronics SoundLiberty Pro S10 レビュー】他人とはひと味違うイヤホンを求める人へ。シャープでスタイリッシュなデザインが美しい。ハーモニクスの豊かなサウンドが味わえるが、万人向けではない

TaoTronics SoundLiberty Pro S10は私のおすすめのリストの上位に来る製品ではありません。それはシャープで近未来的なデザインを持っているにも関わらず、サウンドは鈍く、非常に穏やかな、どこか保守的ですらあると思えるノスタルジックな音色を持っています。

【完全ワイヤレスイヤホン SoundPEATS Gamer No.1 レビュー】この価格帯ではかなりの良チューニング。全体的にバランスが良く、中域が明瞭なモニターサウンド
【完全ワイヤレスイヤホン SoundPEATS Gamer No.1 レビュー】この価格帯ではかなりの良チューニング。全体的にバランスが良く、中域が明瞭なモニターサウンド

SoundPEATS Gamer No.1は低遅延のゲーミングモードを搭載した完全ワイヤレスイヤホンです。デザインはゲーマー向けを意識しているようですが、実際のところそのサウンドはかなり良質なモニターサウンドで、オーディオファン向きです。

【完全ワイヤレスイヤホン UGREEN HiTune T2 レビュー】装着感をしっかり整えると、ウォームでポップス向きのバランスの良い音を奏でる。有力なAirPods代替候補
【完全ワイヤレスイヤホン UGREEN HiTune T2 レビュー】装着感をしっかり整えると、ウォームでポップス向きのバランスの良い音を奏でる。有力なAirPods代替候補

UGREEN HiTune T2は適度なディテール感とウォームで聴き心地がよいマイルドさを兼ね備えた完全ワイヤレスイヤホンです。装着感がやや安定しづらく、低域は装着次第でだいぶ量感が変化するという欠点があるのが難点です。

previous arrow
next arrow
【まとめ】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ機種まとめ&選び方ガイド
【完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW100-BA レビュー】聞き疲れしないサウンドと装着感。長時間の快適なリスニング環境を実現した完全ワイヤレスイヤホン
【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW300レビュー:必携のパーフェクトワイヤレス
最新の10000円クラス以下おすすめ完全ワイヤレスイヤホンカタログ[2021年4月号]
【完全ワイヤレスイヤホン TaoTronics SoundLiberty Pro S10 レビュー】他人とはひと味違うイヤホンを求める人へ。シャープでスタイリッシュなデザインが美しい。ハーモニクスの豊かなサウンドが味わえるが、万人向けではない
【完全ワイヤレスイヤホン SoundPEATS Gamer No.1 レビュー】この価格帯ではかなりの良チューニング。全体的にバランスが良く、中域が明瞭なモニターサウンド
【完全ワイヤレスイヤホン UGREEN HiTune T2 レビュー】装着感をしっかり整えると、ウォームでポップス向きのバランスの良い音を奏でる。有力なAirPods代替候補
previous arrow
next arrow

コメント



タイトルとURLをコピーしました