【完全ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW33 レビュー】十分な深みのある躍動的な低域と、調和的で美しい響きに満ちた中域を生み出すダイナミックサウンド。個人的にはとても好きな傾向の音

M-SOUNDS MS-TW335000円~10000円
M-SOUNDS MS-TW33

免責事項

  1. このレビューは誠実な品質レビューを読者に伝えるためにM-SOUNDSから提供されたサンプルに基づいて書かれています。
  2. これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  3. 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。
  4. 「audio-sound @ premium」はamazon.co.jpおよびamazon.comほか通販サイトの取扱商品を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラム等の参加者です。

M-SOUNDS MS-TW33の概要

こんな人におすすめ

  1. 調和的で充実感の高いサウンドが好き
  2. 包まれ感重視
  3. ゆったりした音が好き
  4. 低域の量感重視

基本スペック

  • 連続/最大再生時間:ANC ON時6h/27h
  • 防水性能:IP54
  • 対応コーデック:AAC/SBC
  • 技適番号:204-B00511
  • 価格帯:5000円~10000円

audio-sound スコア
M-SOUNDS MS-TW33
M-SOUNDS MS-TW33

  • パッケージ:8.0/10.0
  • ビルドクオリティ:8.0/10.0
  • 装着感:8.5/10.0
  • 高域:8.0/10.0
  • 中域:9.0/10.0
  • 低域:8.5/10.0
  • 歪みの少なさ:7.5/10.0
  • 通信品質:8.0/10.0
  • アクティブノイズキャンセリング:6.5/10.0
  • コストパフォーマンスボーナス:11.0/10.0

長所と短所

長所

  • ダイナミック
  • 解像度に優れる
  • 存在感があり、躍動的な低域
  • 鮮明感に優れる
  • 調和的で充実感がある
  • 響きが豊か
  • 包まれ感がある
  • マイルドでメロウ
  • 良好なビルドクオリティ

短所

  • 定位感があいまいになりやすい
  • ぼんやりしやすい
  • 原音忠実的ではない
  • 平凡なANC

M-SOUNDS MS-TW33の特徴

  • 軽量コンパクト、お求めやすい価格でありながら、妥協のない機能と音質
  • アクティブノイズキャンセリング・ヒアスルー・低レイテンシーモード全部入り
  • クリアなサウンドとそれを途切れなく伝える通信品質
  • 通話品質や防水性能など、ビジネスやスポーツに欲しい性能を実現
  • 低価格だからといってカラーリングとデザインに妥協なし
  • 国産ブランドならではの製品づくりとアフターサポート

M-SOUNDS、低レイテンシーやANCを搭載しながらリーズナブルな価格に抑えた完全ワイヤレスイヤホン「M-SOUNDS MS-TW33」をリリース

日本発のオーディオブランド「M-SOUNDS」はリーズナブルな価格で、低レイテンシーとアクティブノイズキャンセリング、ヒアスルーといった機能性を備え、さらにカラフルでエレガントな外観デザインにこだわった完全ワイヤレスイヤホン「M-SOUNDS MS-TW33」をリリースしました。

M-SOUNDS MS-TW33

M-SOUNDS MS-TW33

M-SOUNDS MS-TW33
Edifier X3 To U

Edifier X3 To Uは非常にバランスの取れたV字型サウンドシグネチャーを提供し、音楽を楽しく快適に聞かせてくれます。

UniqueMelody 3D Terminator

UniqueMelody 3D Terminatorは高域寄りのニュートラルサウンドを持っており、音楽にキレやエッジ感を重視する場合、かなり優れた選択肢になるでしょう。

パッケージ(8.0)

M-SOUNDS MS-TW33
M-SOUNDS MS-TW33

M-SOUNDS MS-TW33のパッケージは価格の標準を満たしています。

パッケージ内容

付属品に不足はありません。

  • M-SOUNDS MS-TW33本体
  • 専用充電ケース
  • USB Type-Cケーブル
  • イヤーピース
  • マニュアル
【開封動画】M-SOUNDS MS-TW33

ビルドクオリティ(8.5)

M-SOUNDS MS-TW33
M-SOUNDS MS-TW33

ビルドクオリティは価格を考えると、かなり良好なレベルです。

M-SOUNDS MS-TW33
M-SOUNDS MS-TW33
M-SOUNDS MS-TW33
M-SOUNDS MS-TW33
M-SOUNDS MS-TW33
M-SOUNDS MS-TW33

装着感(8.5)

M-SOUNDS MS-TW33
M-SOUNDS MS-TW33

装着感は良好です。小さな耳でも多分問題ないと思います。

M-SOUNDS MS-TW33
M-SOUNDS MS-TW33

M-SOUNDS MS-TW33
M-SOUNDS MS-TW33
M-SOUNDS MS-TW33
M-SOUNDS MS-TW33

接続品質

AACでCayin N6II/E02と接続してテストしました。価格帯では優秀な接続品質です。

人混みに行ってないのでわかりませんが、家庭内では安定しています。距離耐性は優秀で、5mくらい離れてもシームレスでそのままつながっています。遮蔽物を挟んでも接続が途切れることなく、接続は維持されますが、ときどき途切れがちになります。それでも音楽再生は満足なレベルで継続されました。

ホワイトノイズはわずかにあるかもしれませんが、おそらくほとんどの人が気になりません。

インターフェース/操作方法

操作インターフェースはタッチ式です。

電源ON充電ケースの蓋を開ける
電源OFF充電ケースにイヤホンを収納し、蓋を閉める
ペアリングイヤホンを電源ONにしたあと、接続先がない場合は自動でペアリングモード
曲再生/停止多機能ボタンを1回タップ
曲送り右耳側の多機能ボタンを3回タップ
曲戻し左耳側の多機能ボタンを3回タップ
音量+右耳側の多機能ボタンを2回タップ
音量-左耳側の多機能ボタンを2回タップ
通話応答多機能ボタンを1回タップ
通話終了多機能ボタンを1回タップ
通話拒否多機能ボタンを1秒長押し
ゲーミングモードON/OFF左耳側の多機能ボタンを長押し
ノーマル/ANC/ヒアスルーモード切替右耳側の多機能ボタンを長押し

アクティブノイズキャンセリング性能

詳細は有料記事に譲りますが、M-SOUNDS MS-TW33のANC性能は価格帯で標準レベルです。

M-SOUNDS MS-TW33

M-SOUNDS MS-TW33

音質

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ(HATS内蔵)
  • Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ・IEC60318-4準拠)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Brüel & Kjær 1704 マイクアンプ電源
  • 出力オーディオインターフェース①:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • 出力オーディオインターフェース②:Antelope Audio Amari
  • 入力オーディオインターフェース:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • アナライザソフト①:TypeDSSF3-L
  • アナライザソフト②:Room EQ Wizard

周波数特性(RAW)

M-SOUNDS MS-TW33 Frequency Response (RAW)
M-SOUNDS MS-TW33 Frequency Response (RAW)

周波数特性/THD特性/ラウドネスステータスなど

測定値は有料記事をご覧下さい。より詳しい情報が参照できます。

オーディオステータス

M-SOUNDS MS-TW33(青:ノーマルモード/赤:ANCモード)のオーディオステータス
M-SOUNDS MS-TW33(青:ノーマルモード/赤:ANCモード)のオーディオステータス
※オーディオステータスは周波数特性(自由音場補正済み)から「各要素に関わる周波数帯域の平均値」を算出し、その特性平均値全体の「全体平均値」を求め、「各要素に関わる周波数帯域の平均値」の「全体平均値」からの乖離を数値化したものです。各要素の相対的な強さを表し、独自のオーディオ指標として試験的に導入しています。

音質解説

M-SOUNDS MS-TW33サウンドは低域が強調された中域充実系のバランスで、奥行き感が強調されたステージングの良いサウンドです。音場は開放型ヘッドホンに似ており、中域で広さが感じられますが、抜けはよくないので天井感があります。中域で濃厚に聞こえる充実感の高いリスニングサウンドです。

以下のレビューはFiiO M15にSBCでつないでノーマルモードにし、標準イヤーチップ Lサイズでテストしています。

レビューの各評価点の判断基準は以下の通りです。

  • 原音忠実度:自由音場フラットに基づく判定値。どれだけ自由音場フラット(≒録音音源の再現度)に忠実かを表します。音域ごとに標準偏差から自動で算出、判定されています(低域:20Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~20kHz;全体:63Hz~13kHz)[S+が最も原音忠実]
  • 臨場感/深さ/重み/太さ/厚み/明るさ/硬さ/艶やかさ/鋭さ/脆さ/荒さ/繊細さ/存在感:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、各要素が聴感上ニュートラルからどれだけ強調されて聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[Bが最もニュートラルに近く、S+が最も強調度が高く、D-が最も強調が弱い]
  • 質感の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、200Hz~2.5kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • 定位の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、1.5kHz~8kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • オーケストラのテクスチャ/雅楽のテクスチャ:それぞれのリファレンス音源を用い、各リファレンスイヤホンからの音質差を聴感テストしています。なお、リファレンスイヤホンは参考用であり、S+ほどリファレンスイヤホンに近いというわけではありません。[S+が最も評価が高い]
  • クリア感:THD測定値に基づいて決定されています。[S+が最も評価が高い]
  • イメージング:C80測定値に基づいて決定されています。(低域:50Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~10kHz;全体:50Hz~10kHz)[S+が最も評価が高い]

これらの評価値は最終的なスコア算出に影響を与えますが、すべてではありません。

M-SOUNDS MS-TW33
M-SOUNDS MS-TW33

低域(8.5)

  • 原音忠実度:C+
  • 臨場感:C+
  • 深さ:A
  • 重み:A+
  • 太さ:B+
  • 存在感:A-

低域

低域は比較的深くまで出ており、量感もあるので存在感がしっかりしています。臨場感は高いでしょう。ただし一番深いランブルやサンプは弱めなため、真の意味での重低域マニアの琴線をくすぐるところまではいきません。

力感に優れ、重みがあり、深さも悪くはないので、ドラムに力強さがあり、エレキベースも十分に黒く聞こえます。ドラムキックの存在感がはっきりしており、熱気も感じられる低域で、ドラムとベースの描き分けも悪くありません。若干豊満に聞こえやすいところもあり、レイヤリングは優れているとは言えませんが、若干膨らむ躍動感のあるキックは個人的には嫌いではありません。

とはいえ、真の重低域マニアを納得させる低域を出しているとは言い難く、低域マニアにはMS-TW11のほうがおすすめしやすいですね。

中域(9.0)

  • 原音忠実度:A+
  • 厚み:A-
  • 明るさ:B+
  • 硬さ:B+
  • 存在感:B

中域

中域は一般にかなり前に出てきて聞こえます。

中域の心臓部は比較的スポットライトが当たる位置におり、中低域が強めのわりに中域は濁りが少なく聞こえます。明瞭度も高く、ボーカルははっきり聞こえますが、歯擦音が目立たないように子音は少し嫋やかに聞こえるようにマイルドに調整されています。息の伸びがあり、少し甘くコケティッシュに聞こえながらも、大人びた落ち着きがあり、個人的には好きな声色ですが、オーディオマニア的観点からはあまり高く評価できません。

ニュートラルを意識しているものの、わりとチューニングした人の好みが強く出ており、オーディオマニア向きとは言えません。スネアはアタックが強調されているわりに、キレが悪く、スナッピーさに欠け、ギターもエッジ感が緩く、やや丸いサウンドになっています。

中域は響きが豊かで充実感が高いサウンドなので、リッチに聞こえる感じがあり、個人的には好きですが、音像がややじんわり濁って聞こえる傾向が出るので、万人に受けるというわけではないでしょう。

高域(8.0)

  • 原音忠実度:D
  • 艶やかさ:B+
  • 鋭さ:B
  • 脆さ:B-
  • 荒さ:D-
  • 繊細さ:D
  • 存在感:C-

高域

SENNHEISERやBeyerdynamicの開放型ヘッドホンの雰囲気が好きなら、MS-TW33の高域を気に入る可能性があります。

一般に鋭さを抑え、優美に聞こえるマイルドな響きの強調された高域ですが、鮮明感は十分にあるため、輝度が足りずぼんやりしているにも関わらず、印象は悪くありません。

徹底的に金属的に聞こえる要素を抑えているところがあり、高域に敏感な人にはかなり安全な聴き心地を提供します。

とはいえ、オーディオマニア向きとは言い難いです。バイオリンの倍音がややスイングするように揺れて聞こえる感じがあるので、ダイナミズムが感じられ、楽しいですが、原理原則から言うと、高く評価しづらい高域です。

定位/質感

  • 質感の正確性:B+
  • 定位の正確性:B-
  • オーケストラのテクスチャ:B+
  • 雅楽のテクスチャ:B+

定位と質感は以下の音源によって聴感テストされています。また質感についてはそれぞれリファレンスとするイヤホンは以下の通りです。

オーケストラではコンサートマスターと指揮者の位置関係、チェロとバイオリンのバランスを重視しています。雅楽では篳篥の音が最も力強く聞こえること、とくに「塩梅」がきれいに聞こえることを重視しています。

この項目は各言語音の音域に対応し、西洋音楽(および洋楽)が好きな人はオーケストラのテクスチャを、日本の伝統音楽(および邦楽)が好きな人は雅楽のテクスチャを重視すると満足度が高いでしょう。

MS-TW33で聴くクラシックはホールで聞いていると言うより、コットンクラブとかブルーノートのようなライブレストランで聞いているような雰囲気で聞こえます。響きが強調された中域とスイング感のある楽器が少し狭い箱で聞こえるような音で、ダイナミックで楽しく、没入感がありますが、スケール感は少し物足りないですし、原音忠実的でもありません。個人的にはわりと楽しく聴けて好きですが、高く評価することは出来ません。

雅楽は個人的に好きな雰囲気で聞こえますが、和音のきらびやかさに欠ける点で評価が難しいですね。和音はぼんやりしがちで、どこか奥ゆかしく、風雅を感じられると言えなくもないですが、鈍く聞こえやすく、力強さに欠け、締まりの悪いところが苦しいですね。

音場/クリア感

  • 音場:B+
  • クリア感:A
  • イメージング:B+
    • 高域:B
    • 中域:A-
    • 低域:B-

音場

奥行きが強調されており、中域が広く聞こえます。深さは悪くありません。高さは少し物足りないですね。

クリア感は価格帯を考えるとかなり優秀です。

解像度は価格の水準以上です。

音質総評

  • 原音忠実度:A
  • おすすめ度:A
  • 個人的な好み:A+
音質総評

M-SOUNDSはダイナミズムと低域の存在感を重視した独特のチューニングの傾向を持っていますが、MS-TW33もまた、他では味わえない中毒性のあるサウンドを持っています。

ガチガチのオーディオマニアには、中域の響きの強い雰囲気やぼんやりしがちなエッジ表現に癖の強さを感じ、定位が少し曖昧に聞こえやすいところも厳しく評価されるでしょう。

個人的にはスイングするように響き、充実感高めに豊かに聞こえる楽しいサウンドは好みです。オーディオスペック的にも価格の水準を超えており、メロウでマイルドでありながら、ダイナミズムの強いリスニングサウンドがお気に召した場合は、他では得難い楽しさを感じられるでしょう。

音質的な特徴

美点

  • ダイナミック
  • 解像度に優れる
  • 存在感があり、躍動的な低域
  • 鮮明感に優れる
  • 調和的で充実感がある
  • 響きが豊か
  • 包まれ感がある
  • マイルドでメロウ

欠点

  • 定位感があいまいになりやすい
  • ぼんやりしやすい
  • 原音忠実的ではない

ダイナミックでメロウ
響きが豊かで充実感がある
包まれ感がある

M-SOUNDS MS-TW33

M-SOUNDS MS-TW33
UniqueMelody Maverick Ti

10万円以上という条件で選ぶなら、UniqueMelody Marverick Tiはその外観のビルドクオリティとサウンドは価格の水準を満たしているので、概ねおすすめしやすい機種であると思われます。

Edifier X3 To U

Edifier X3 To Uは非常にバランスの取れたV字型サウンドシグネチャーを提供し、音楽を楽しく快適に聞かせてくれます。

レコーディングシグネチャー

レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。レコーディングシグネチャーのソースはFiiO M15でレコーディングにAntelope Audio Amariを用いています。コーデックはSBCで、イヤーピースは標準イヤーピース Sサイズを使用しています。

¥369,600(税込)

  • SAMREC HATS Type2500RSシステム:HEAD & TORSO、Type4172マイクX2搭載
  • 5055Prot 実時間2ch 自由音場補正フィルター(特注)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Brüel & Kjær 1704 マイクアンプ電源
  • Bluetoothトランスミッター:FiiO BTA30
  • オーディオインターフェース:Antelope Audio Amari
  • レコーディングソフト:Audacity

浮遊大陸アルジェス -Introduction-(OST系)

楽曲情報
  • 楽曲名:浮遊大陸アルジェス -Introduction-
  • アルバム名:Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation

Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. M-SOUNDS MS-TW33 (normal)
  3. M-SOUNDS MS-TW33 (ANC)

Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-

楽曲情報
  • 楽曲名:Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 Evolution オリジナルサウンドトラック
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. M-SOUNDS MS-TW33 (normal)
  3. M-SOUNDS MS-TW33 (ANC)

Formidable Enemy

楽曲情報
  • 楽曲名:Formidable Enemy
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 スーパーアレンジバージョン
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Formidable Enemy
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. M-SOUNDS MS-TW33 (normal)
  3. M-SOUNDS MS-TW33 (ANC)

総評

M-SOUNDS MS-TW33響きの豊かな充実感の高いメロウサウンドを持っており、包まれ感とダイナミズムに優れ、甘く濃厚なサウンドを聞かせてくれます。少しリッチな気分で音楽に浸りたいとき、MS-TW33はその懐の深いサウンドによって、音楽に包まれるような感覚をもたらしてくれるでしょう。オーディオマニア向きとは決して言えないものの、独特の楽しく心地よいサウンドにM-SOUNDSの独自の哲学を感じます。

M-SOUNDS MS-TW33

M-SOUNDS MS-TW33
【まとめ】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ機種まとめ&選び方ガイド
【まとめ】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ機種まとめ&選び方ガイド

この記事では多数ラインナップされている完全ワイヤレスイヤホンの中から、当ブログのおすすめ完全ワイヤレスイヤホンについての情報をまとめます。使い方や使用に当たっての注意点なども解説します。

【完全ワイヤレスイヤホン Tribit Flybuds C1 レビュー】バランスの良い骨太感のある音質を持ち、長時間再生も可能。快適な装着感と操作性を実現した完全ワイヤレスイヤホン
【完全ワイヤレスイヤホン Tribit Flybuds C1 レビュー】バランスの良い骨太感のある音質を持ち、長時間再生も可能。快適な装着感と操作性を実現した完全ワイヤレスイヤホン

Tribit Flybuds C1は全体的な音質のバランスと原音忠実性が高く、長時間再生と快適な装着感を実現した、ランニング愛好者や通勤生活者に最適の完全ワイヤレスイヤホンです。使い勝手が良く、かなりおすすめできる機種です。

【完全ワイヤレスイヤホン Bang&Olfsen E8 Sport レビュー】ディテール感に優れた解像度の高いサウンドが最大の魅力。デザインも機能美に溢れている
【完全ワイヤレスイヤホン Bang&Olfsen E8 Sport レビュー】ディテール感に優れた解像度の高いサウンドが最大の魅力。デザインも機能美に溢れている

B&O E8 Sportはすっきりとした見通しの良い音場を持ち、モニター的なディテール重視のサウンドを聴かせてくれる完全ワイヤレスイヤホンです。印象的な解像感が高く、空間は澄み切っていて、音楽を細やかに楽しむことができます。

【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Whizzer B6 レビュー:身の毛がよだつほどの秀逸TWS
【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Whizzer B6 レビュー:身の毛がよだつほどの秀逸TWS

古典的なオーディオファイルの観点からすると、Whizzer B6はダメです。プロがホームユースのイヤホンに求めるような音の特徴は全くありません。しかし、そのような姿勢を捨てて、さまざまな場面で試してみると、この完全ワイヤレスイヤホンを持つ理由がたくさん見つかりました。

【完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW100-BA レビュー】聞き疲れしないサウンドと装着感。長時間の快適なリスニング環境を実現した完全ワイヤレスイヤホン
【完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW100-BA レビュー】聞き疲れしないサウンドと装着感。長時間の快適なリスニング環境を実現した完全ワイヤレスイヤホン

Shanling MTW100-BAは装着感が良く、長時間再生できるパワフルなバッテリー性能を持っています。そのサウンドは長時間聴いても聞き疲れない音質で、長旅のお供にはぴったりです。ややゆったりした空間表現を持っているので、優しいサウンドが好きならきっと気に入るでしょう。

【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW300レビュー:必携のパーフェクトワイヤレス
【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW300レビュー:必携のパーフェクトワイヤレス

Shanling MTW300は、ユーザーに非常に良い音質を提供する、かなり堅実なTWSイヤホンです。鮮明な解像感、周波数帯域全体の優れた透明感、パンチの効いた没入感のあるサウンド出力、そして十分に適切なビルドクオリティを持っています。

最新の10000円クラス以下おすすめ完全ワイヤレスイヤホンカタログ[2021年4月号]
最新の10000円クラス以下おすすめ完全ワイヤレスイヤホンカタログ[2021年4月号]

完全ワイヤレスイヤホンの市場は近年急速に成長し、2021年もこの分野の成長は著しい伸びを見せることが予想されます。この記事では私自身がレビューテストしたもの、そして多くのレビュアーから賞賛を受けている最新の完全ワイヤレスイヤホンのおすすめ機種をまとめて紹介します。

previous arrow
next arrow
【まとめ】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ機種まとめ&選び方ガイド
【完全ワイヤレスイヤホン Tribit Flybuds C1 レビュー】バランスの良い骨太感のある音質を持ち、長時間再生も可能。快適な装着感と操作性を実現した完全ワイヤレスイヤホン
【完全ワイヤレスイヤホン Bang&Olfsen E8 Sport レビュー】ディテール感に優れた解像度の高いサウンドが最大の魅力。デザインも機能美に溢れている
【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Whizzer B6 レビュー:身の毛がよだつほどの秀逸TWS
【完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW100-BA レビュー】聞き疲れしないサウンドと装着感。長時間の快適なリスニング環境を実現した完全ワイヤレスイヤホン
【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW300レビュー:必携のパーフェクトワイヤレス
最新の10000円クラス以下おすすめ完全ワイヤレスイヤホンカタログ[2021年4月号]
previous arrow
next arrow

M-SOUNDS MS-TW33

M-SOUNDS MS-TW33
8.5

パッケージ

8.0/10

ビルドクオリティ

8.0/10

装着感

8.5/10

高域

8.0/10

中域

9.0/10

低域

8.5/10

歪みの少なさ

9.0/10

通信品質

8.0/10

アクティブノイズキャンセリング

6.5/10

コストパフォーマンスボーナス

11.0/10

長所

  • ダイナミック
  • 解像度に優れる
  • 存在感があり、躍動的な低域
  • 鮮明感に優れる
  • 調和的で充実感がある
  • 響きが豊か
  • 包まれ感がある
  • マイルドでメロウ

短所

  • 定位感があいまいになりやすい
  • ぼんやりしやすい
  • 原音忠実的ではない

コメント