【HiFiGOレビュー】Tin HiFi P2:パッケージ内容とクイックレビュー

TinHiFi P230000円~50000円
TinHiFi P2

今月初め、Tin HiFiは、最新のインイヤーモニターのフラッグシップIEMであるTin HiFi P2をリリースしました。 強力な平面磁界型ドライバーユニットを搭載した最新のフラッグシップIEMです。Tin HiFiの製品ラインナップに精通している人にはピンとくるかも知れませんが、このP2は高く評価されているTin HiFi P1のアップグレードモデルです。 P2は、美しいステンレス鋼のイヤピース内にアップグレードされた第2世代の平面磁気ドライバーユニットを備えています。Tin P1のユーザーとして、私はP2にとても興奮し、早速自分用のIEMを手に入れました。P2は$339の価格でご利用いただけます。詳細については、こちらのストアページをご覧ください。今日は、パッケージの開梱インプレッションと簡単なレビューを皆さんにご報告いたします。

この製品の要点

  1. 音響特性に優れた平面駆動型ドライバー採用イヤホン
  2. 豊富な付属品が収められた豪華なパッケージと高いビルドクオリティ
  3. 音場が広く、低域に深みがあり、高域は少し刺激的だが拡張性は十分

開梱インプレッション

Tin HiFi P2
Tin HiFi P2

Tin HiFi P2のパッケージは以前のP1とは異なり、Sonyの高品質IEMのパッケージと似ています。 上層はフリップオープンスタイルで開きます。IEMと専用の青色の革製キャリーケースが収納されています。下層は、引き出しスタイルで開き、アクセサリー類が収納されています。付属品には、2.5mmエンドバランスケーブル、さまざまなサイズの6ペアのイヤーピース、2.5mm-3.5mm変換アダプター、および2.5mm-4.4mm変換アダプターが含まれています。 パッケージはユニークで、とても高品質に見えます。 Tin HiFiラインナップの他の製品に比べて別格です。冗談を言ってわけではなく、このIEMはブランドの現在のフラッグシップ製品であり、パッケージングも同じように魅力的であることは間違いありません。

パッケージ内容

  • Tin HiFi P2 IEM
  • 2.5mmエンドのバランスケーブル
  • Lタイプ2.5mm-3.5mmコネクタ
  • ストレートプラグ2.5mm-4.4mmコネクタ
  • シリコンイヤーピース×3ペア
  • フォームイヤーチップ×3ペア
  • レザーキャリーケース
  • クイックスタートガイド

ビルドクオリティとフィット感

P1が音響出力とは別に有名になった原因の1つは、ビルドクオリティです。 そして、P2はその美しいステンレス鋼のイヤピースでP1での評判に応えです。フェイスパネルはつや消し仕上げになっており、イメージ画像からはオープンバックのデザインのように見える可能性があります。フェースプレートは豊かなマットな質感を持ち、イヤホン本体の残りの部分は滑らかな仕上がりになっています。イヤーシェルは、前世代と同様の三角形のデザインと角度の付いたイヤーノズルを備えています。革製のキャリーケースは見た目がとても良く、内部に十分なスペースがあります。

Tin HiFi P2
Tin HiFi P2

ケーブルは耳の周りを回ってイヤホンを耳にしっかりと固定し、非常に快適にフィットします。実際の装着感は軽量です。 私はP2のサウンドを数時間聴いてきましたが、フィット感や快適性に関して問題に思うことはありませんでした。

Tin HiFi P2
Tin HiFi P2

P2の駆動

第2世代の平面磁界型ドライバーを搭載したTin HiFi P2は、少し駆動力を必要とします。 そのためDAPのような良質なオーディオソースをつなぐことによって、充分にスケーリングされます。私の手持ちのHuawei P30 Proでは、十分な音量はありませんが、スムーズに聞こえます。4.4mmまたは2.5mmのバランス接続ポートを介してM11 Proと組み合わせると、音楽の重低域で驚くべきディテールが得られます。しかし、適切なボリュームで駆動するには、ボリュームを上限近くまで押し上げる必要があります。FiiO Q3をオーディオチェーンに追加することで、かなり堅実な出力を得ることができました。強力なソース、少なくともバランス接続ポートを備えたDAPで使用して、最大限このイヤホンの可能性を引き出すことをお勧めします。

音質

Tin HiFi P2
Tin HiFi P2

P2は、重く響く低音、美しく滑らかな中音域、豊かでくっきりとしたボーカル、ディテール感に優れた高音域を備えた明るいサウンド出力を生成します。ローエンドとハイエンドの両方に優れたエクステンションがあります。高音域はどちらかというとキラキラしていて、明るいサウンドシグネチャーに敏感な人は不満に思うかも知れません。このIEMは、私たちの音楽にまともなヘッドルームを提供する、十分に広い音場を生成します。ディテールの再現度もかなり良く、楽器は鮮明で明快なサウンドを持っています。楽器やボーカルに関しては、調性はほとんど自然に聞こえました。ボーカルはディテールと明瞭さの点で非常に印象的に聞こえます。

低域

最新モデルであるP2は、P1の低音よりもさらに深いところに到達する、パワフルなローエンドを備えています。 深みのある素早いバススラム(打撃音)を優れた階層性を伴って生成します。その打撃音は、音楽をよく支える良好な質感で豊かに感じられ、高品質の低温に感じられます。キックドラム、ベースギターはかなりの重量を示し、我々の音楽は素晴らしいサウンドに生まれ変わります。Billie Eilishの「Bad Guy」の重低域は、トラックに優れたパワーとエネルギーを再現してくれます。それはちょうどいい塩梅で、やり過ぎる感じはなく、私たちの音楽を本当にうまく引き立てます。

中域

Tin HiFi P2
Tin HiFi P2

中域は、実際にこのIEMが卓越して機能する領域です。男性と女性の両方のボーカルは、自然な音色と鮮明な明瞭感を持ち、生き生きと感じられます。大きな音量でも、不快感や負担感はありません。ギターやピアノなどの楽器は、重さや風通しの良さを感じさせ、出力をかなり楽しくワクワクしたものにします。Yao Si Tingの「I Cry」を聞くと、その明瞭によって多くの感情表現が生まれます。個人的には本当に良いと思える中域です。

高域

P2の高域は、音楽に優れたディテールと輝きを与えます。高域はP2のサウンドをかなり明るくし、少し過剰なエネルギーがあります。明るい高域に敏感な人は、大音量でヘビーなトラックを大音量で聞くと、このイヤホンを過酷に感じる可能性があります。ディテールはかなり良く、楽器はOpethの「In Mist She Was Standing」のようなせわしない楽曲でも、ディテールはよく再現されています。 バイオリン、エレキギター、シンバルは、P2で豊かなディテールを示します。

Tin HiFi P2
Tin HiFi P2

音場

Tin HiFiは、十分に広い音場を生成します。 幅が広すぎたり狭すぎたりすることはなく、リスナーに十分なヘッドルームを提供します。広大なホールのようには聞こえませんが、ライブパフォーマンスやバイノーラルトラックなどを聞くのに十分なステージスペースを提供する、まともな広さの部屋のように聞こえます。

総評

Tin HiFi P2
Tin HiFi P2

Tin HiFi P2は、十分な音響性能を備えた見事に構築されたIEMです。ハウジングは、滑らかなステンレススチール仕上げと質感のあるフェースプレートで絶妙な外観を持っています。さらなるご褒美のように、高品質のバランスケーブルがバンドルされています。このIEMは、美しくディテール感に満ちた中域、豊かなボーカル、素早い重低音のレスポンスを持ち、非常に優れたパフォーマンスを発揮します。このイヤホンのフィット感も気に入っているので、今では毎日のお供として使用しています。

Moondrop S8
Tin HiFi P2 Planar Magnetic Driver In Ear Earphone IEM
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

HiFiGOは、現在購入できるHiFi IEMのトップ5をテストしてリストにまとめることで、あなたを助けようと思います。このリストは、$500以下の価格帯から選ばれています($100以下のベスト、$200以下のベスト、など)。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

コメント



タイトルとURLをコピーしました