【HiFiGOレビュー】中華イヤホン TIN HiFi T3 Plus:ディファイニング・バランス

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン TIN HiFi T3 Plus:ディファイニング・バランス 5000円~10000円
TinHiFI T3 Plus

プロローグ

2021年末に向けて、IEMのシェア争いはますます激しさを増しています。そんな中、TIN HiFiは「Tシリーズ」の最新モデル「T3 Plus」を発表しました。

  • HifiGOからT3 Plusを受け取りました。非常に魅力的な価格で提供され、断ることができませんでした。私は彼らのオンラインショップの常連客です。そのご厚意に甘えるため、いつものように私の感想を書かせていただくことにしました。
  • 私はオーディオ機器にEQを使用したことがありません。
  • 私はすでにTIN HiFiのハウスサウンドに精通しており、由緒あるP1とP1 Plusという磁気駆動型の熱心なユーザーなので、実はこれが私にとって初めての平面駆動型ではないTIN HiFi製IEMなのです 😀
  • 私のT3 Plusは、この記事の前に1日平均3〜4時間使用し、毎日100時間以上経過しています。使用しないときは、ラップトップに接続してピンクノイズを連続再生しています。

この製品の要点

  1. 全体的にバランスの取れた音
  2. ソリッドな透明シェルを備え、人間工学的にフィットするデザイン
  3. 純正ケーブルとイヤーチップで十分

レビュー開梱動画

TINHIFI T3 PLUS IEMs Unboxing!

Tin HiFi T3 Plus

Tin HiFi T3 Plus
【HiFiGOレビュー】中華イヤホン LETSHUOER x Z Review Z12

LETSHUOER x Z review Z12は楽しく、まとまりのある、クリーンでビッグなサウンドのユニットで、たくさんの重低域を備えています😃

【中華イヤホン TINHiFi T3 Plus レビュー】完璧な中域による正確無比な質感表現。スピーカーサウンドを完全に再現する前方定位感。高い解像度、超低歪。優れたビルドクオリティ。すべてが価格を超えている

TinHiFi T3 Plusは正確な質感表現を愛するオーディオマニアにとって最高のイヤホンの一つです。自然な質感のまま、モニタースピーカーのように音楽の全体を前方定位させ、中域をとくに美しく聴かせま Read more

デザインとビルドクオリティ

T3 Plusは、樹脂ベースのIEMで、ソリッドな透明シェルを採用しています。人間工学的に快適であると同時に、エレガントに見えるように美しく作られています。最近見かける他の樹脂ベースのIEMよりも明らかに小さい(おそらく他のIEMはマルチドライバーであることが原因だろう)。例えば、私が持っているSeeAudio BraveryとT3 Plusはよく似ていて、特にフェイスプレートに刻まれたテクスチャーデザインが特徴的ですが、Braveryの方が明らかに大きいという違いがあります。T3 Plusは、10mm(105db/32Ω)のLCP(Liquid Crystal Polymer)ダイナミック・ドライバーを1基搭載しています。

T3 Plusのパッケージは、端から端まで見事に整然としていて、センスの良さが感じられます。ケーブルもシンプルなツイスト編みの黒で、派手さはありませんが、私の目にはスパルタンブラックがとても美しく映りました。

TIN HiFi T3 Plus
TIN HiFi T3 Plus

音質

使用機材

  • HiBy FC5 MQA (3.5mm & 4.4mm)
  • Ovidius B1(3.5mm SE)
  • CEntrance DACport HD(3.5mm SE)
  • Lotoo PAW S2(4.4mm)
  • VE MEGATRON
  • Questyle M12 MQA (3.5mm SE)
  • Abigail
  • Avani
  • VE Run About Plus 5 (18V Amplifier)
  • LG V50 ThinQ (Quad DAC 3.5mm & USB)
  • Sony Xperia X Compact
  • HiBy Music with USB Exclusive Mode (FLAC)
  • Tidal Masters with USB Exclusive Mode

イヤーチップ&ケーブル考察

T3 Plusは箱から出した時点ですでにかなり最適化されていたので、かなり満足しています。純正のケーブルは、IEM本体との相乗効果もあってか、とてもいい感じです。4.4mmBALで使用するときだけケーブルを交換しました。

イヤーチップも同様で、他のほとんどのIEM(特にP1)でやったような激しいイヤーチップローリング(イヤーチップの選定)で自分を痛めつける必要なく、純正シリコンチップ(赤いバレルバージョン)を使うことができるのは非常に珍しいと言えます。最終的には、個人的にお気に入りのMisodiko MIX460に交換することにしましたが、これは主に私の耳がその装着感と感触にとても慣れているためです。そうでなければ、純正チップを使ってもいいと思います。

TIN HiFi T3 Plus
TIN HiFi T3 Plus

音色とダイナミクス

T3 Plusは非常によく調整されたIEMである、というだけのことです。音色はオーガニックナチュラルに近く、正確にはニュートラルではありませんが、ウォームとブライトの中間を行くようなバランスです。低域はやや強調されており、特にサブベースの存在感が際立っています。ダイナミクスは、素晴らしい成熟度と鮮やかさのコントロールを示し、それはいくつかの非常にエキサイティングで活気のある音のIEMのように陶酔していないことを意味します。

音色の面では、全音域にわたって自然で非常によく調整されています。楽器、ボーカル、パーカッションなど、すべてが適切なサウンドで、人工的な色付けは一切ありません。TForce Yuan Li、Etymotic ER2XR、SeeAudio Braveryなど、私が非常に気に入ったIEMの音色や音質を彷彿とさせるとさえ言えます。洗練された、自然な、そして非常に行儀の良いダイナミクスを持っています。

中域

これは少し厄介なことのようです。特にロック、メタル、インディー系の曲では、中音は少し控えめに聞こえるかもしれません。しかし、ダイアナ・クラール、アリソン・クラウス、シンネ・イーグのような曲では、中音はそれが意図されたように前方に聞こえました。Etymotic ER2XRやTIN HiFi P1ほどではありませんが、十分な間隔が確保されており、存在感を示しています。ソースにもよりますが、Ovidius B1、Lotoo PAW S2、VE MEGATRON + RAP5、Avani、DACport HDでは中音が全く普通に、リアルに聴こえます。しかし、私のLG V50 Quad DACとAbigailでは、中域はそれほど顕著ではなく、ほとんど非常に穏やかなVカーブの音の特徴に傾いています――しかし、これはつまらない粗探しというべきでしょう。

この点を除けば、T3 Plusの中音域の解像度は、全体として鮮明で緻密です。録音がやや凹んでいるような場合でも、イメージは強く、説得力がある。ボーカルは男性、女性を問わず、暖かみやギラツキ感がなく、自然な音で聴こえます。しかし、中域を濃厚に味わいたい人には、P1やP1 Plusの方がいいかもしれません。

TinHiFI T3 Plus
TinHiFI T3 Plus

高域

T3 Plusの全体的なバランスのとれたシグネチャーと連動して、トレブルは完全なトレブルヘッズを喜ばせるようではないチューニングがされています。適度な音量で非常にうまくコントロールされています。トレブルの輝きと空気感は刺激的ですが、明るい音のIEM(Heart Mirror、Beyerdynamic DT990、BQEYZ Spring 1)のような派手さはありません。明るくないにもかかわらず、優れた細部と質感がそこにはあり、繊細なアーティキュレーションで表現され、長時間のリスニングに非常に魅力的なものです。T3 Plusのトレブルはそれほど遠く伸びていないように感じられるかもしれませんが、私が聞いている高音域の微細なディテールは、拡張がそこにあり、聞き取れることを示唆しています。T3 Plusは、滑らかなディケイではなく、鮮明で迅速なチューニングを選択しました。私は、実を言うと、鮮明なディケイにも楽しみを見出しているのです。

低域

T3 Plusの強みは、中低音と低音のバランスにあります。中低音は、十分に威厳がありながら、スピード感があり、よくコントロールされており、物事を生き生きとさせるのに十分な密度とアタックを提供します。重低域は深みがあり、質感が高く、マイルドでありながら、必要なところでは地震を感じさせるような音です。ナチュラルなサウンドのIEMとしては、T3 PlusはBass-richとしてやや傾いているように思います。比較すると、Moondrop Ariaと似ており、TForce Yuan Liと比較すると低音の密度が少し高いです。いずれにせよ、T3 PlusのBassはBassheadsにとって十分な満足を得られるものではないと思います。

T3が好きなのは、曲によって低音の表現が変わるところです。Hans Zimmerの「Mombasa」やMassive Attackの「Angel」では、とても生き生きとしてグルーヴィーで、深みのあるインパクトのあるベースが再生されました。そして、これが私を魅了します。

技術面

T3 Plusは広くゆったりとした音場を持っています。私がこれまで聴いたIEMの中でも最高の音場を持っています。しかし、これはソースに依存します。Abigail、DACport HD、HiBy FC5、MEGATRONで聴くと、奥行きと高さがありながらワイドな空間感が実に素晴らしい。この分野では、TForce Yuan LiやSeeAudio Braveryでさえ、T3 Plusに対抗できないことを認めざるを得ません。ムーンドロップのAriaでさえもです(これは私がこれまで所有した中で最も広いものの一つでした)。しかし、Ovidius B1、Lotoo PAW S2、Avaniでは、それほど広くはないことに注意する必要があります。その代わり、より親密で、より緊密なイメージングを得ることができます。

中華イヤホン TFORCE Yuan Li レビュー:美しさの追求

長年のシングル・ダイナミック・ドライバーIEM愛好家として、TFORCE Yuan Liが発売された瞬間、私は簡単にその魅力に惹かれました。毎週のように新作が発表されるIEM市場の中で、TFORCEは非常に魅力的なテーマでYuan Li(李淵)を発表しました。李淵とは、唐の初代皇帝(618年〜907年)のことです。その名が示すように、Yuan Liは優雅さと威厳に満ちています。

TForce Yuan Li

全体的なイメージと空間的な位置づけは、鮮明できれいです。トップメーカーのように分析的な音響技術が施されているわけではありませんが、決して見劣りするわけではありません。レイヤーの分離もきれいで、個々の楽器を簡単に追うことができ、まとまりがあり、しっかりしています。

スピード面では、T3 Plusが複雑なトラックをどのようにレンダリングするかに満足しています。周波数帯域の全域でレスポンスが良く、巧みなハンドリングが可能です。非常に忙しい曲でも、まったくスピード感のない曲でも、T3 Plusはすべて見事に処理します。

ディテールの処理も非常に見事です。マクロとミクロのディテールが十分なアーティキュレーションと精妙さを備えて表現されます。基本的に、T3はより技術的に傾斜したIEMのように細部をはねつけることはなく、そのアプローチは繊細でありながらバランスの取れたプレゼンテーションです。

中華イヤホン See Audio Bravery:マジェスティック・ノワール

See Audio Braveryを紹介させていただきました。このBraveryによって、私のマルチドライバーBA探しは(少なくとも今年は)終了しました。約1ヶ月前、私は新しいIEMを手に入れることに集中するために、#donglemadnessを休むことにしました。すでに平面駆動型、DD、ピエゾ、そしてチタンDDを手に入れていましたが、The Braveryが私のコレクションを完成させ、毎日のリスニングのための通常のローテーションとして機能するようになりました。私は1日に約6~8時間、耳に何かをつないで過ごしているので、いろいろな種類の中から選ぶことができるのは、刺激を維持するのに必要なことでした。

See Audio Bravery

スケーラビリティ

これは私の大好きなテーマで、相乗効果を得るために正しくマッチングさせることを強く信じているからです。T3 Plusは、私のLG V50のQuad DACからPhoneに直接出力すると、すでに素晴らしいサウンドになります。しかし、音質そのものは非常に満足のいくものですが、音場はあるべき姿ほど広くなく、ゆったりとしたものではありません。同じことがAvaniとAbigailのペアにも言えますが、T3 Plusは約1Vrmsの駆動力ですでに素晴らしいパフォーマンスを発揮しています。非常に効率的です。

しかし、T3 Plusは2〜4Vrmsの高い駆動電力ではわずかな改善しかないように思われることに注意しなければなりません。HiBy FC5(4.4mm BAL 2 Vrms)、Ovidius B1(3.5mm SE 2 Vrms)、CEntrance DACport HD(3.5mm SE 4.1 Vrms)と組み合わせたときのサウンドは最高です。VE MEGATRONが非常に強力なため、DACport HDと比較しても違和感がなく、T3 Plusはすでに4Vrmsのマークで最大限のピークに達しており、MegatronとRAP5は4.7Vrmsを大きく上回っていることが分かります。

TinHiFI T3 Plus
TinHiFI T3 Plus

海外レビューまとめ

中華イヤホン Tin HiFi T3 Plusの海外レビューまとめ

Tin HiFi T3 Plusは多くのオーディオファンから$100以下のおすすめ機種として推薦されています。個人的に試聴したところ、かなり雰囲気が良かったので、私も手に入れることを検討中です。1万円以下でバランスの良いチューニングの機種を探しているなら、まっさきに検討すべきイヤホンの一つと言えるでしょう。

TinHiFI T3 Plus

エピローグ

TIN HiFi T3 Plusを要約すると、全体的な性能と品質の提供に本当に感銘を受けたと言うことです。何度も言っているように、バランスはT3 Plusの最大の資産です。暖かくもなく、明るくもありません。T3 Plusは、非常によくチューニングされたIEMで、成熟度が高いのです。T3 PlusはTForce Yuan Liとよく似ていますが、Yuan Liはニュートラルなリファレンスに近く、T3 Plusは若干ベースがリッチなコントラストになっている点が異なります。また、Yuan Liはより大きなパワーでより良いスケーラビリティを示し、T3 Plusは4Vrmsのマークで最大となります。

もう一つ、Moondrop Ariaとの比較です。Ariaは甘いけれどもダークなサウンドのIEMで、T3 PlusはAriaほどダークでもウォームでもないため、もう少し透明感のあるサウンドを提供します。

結局のところ、T3 Plusは、非常に競争力のある価格で大きな価値を提供するIEMであることは間違いありません。T3 Plusは、多くの音源と相性が良く、簡単に装着できるユニットです。(P1やP1 Plusとは異なり)繊細なサウンドではありません。そして、T3 Plusが5/5の満点評価に値する真の宝石であることを確信させられました。

Tin HiFi T3 Plus

Tin HiFi T3 Plus
【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい
【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい

qdc Dmagic 3Dはうねるようなグルーヴ感とクリアな明瞭感、リッチな優雅さを兼ね備えたハイエンドイヤホンです。わくわくする活気に満ちた楽しいリスニングサウンドを求めている場合、このイヤホンは最高に魅力的に思えるでしょう。音楽を楽しくする魔法がかかっているイヤホンです。

【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド
【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド

Shuoer EJ07はフラットにほぼ忠実なサウンドを持っており、全体的な原音充実度の高さと中域の自然な質感が魅力です。音場はやや奥に定位され、余裕が感じられて聴き心地に優れていますが、迫力やダイナミクスに不足を感じやすいところは難点です。

【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力
【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力

BQEYZ Summerは1万円台の新たなスタープレーヤーです。ハイブリッドドライバーモデルでありながら、非常に低歪であり、かつほぼ完全にニュートラルに近いので、かなり原音に近い質感の中域を持ち、万人向けの素晴らしいサウンドを実現している良機種です。

【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域
【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域

Behringer MO240は中域のステージングが良好で、広々とした開放的な音場にディテール感の高い繊細な音がすっきりと見通せるように聞こえる良質なモニターイヤホンです。クリア感も高く、駆動も容易な上、パッケージクオリティも高いので非常に高いコストパフォーマンスが感じられます。

【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い
【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い

Shuoer Singerはこの価格帯で買えるイヤホンの中では音質的な完成度が高く、フラットで万人向きのサウンドになっています。音場は少し狭いですが、定位の明瞭性は高く、その名の通り、ボーカルフォーカスが良好な点が魅力です。

中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)
中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)

この記事ではオーディオマニアの間で人気の中華イヤホンに関する知識と最新情報をお届けします。この記事を読めば、あなたも今日から中華イヤホン通になれます!

【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる
【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる

音楽の聞き心地、聴き疲れのなさを重視するなら、KBEAR NEONはかなりおすすめできます。円筒形のそのイヤホンは、挿入深度も調整しやすく、少しでも音に尖りを感じたら、イヤーピースを小さくしてより深く挿入することで簡単にその尖りを消すことができます。

previous arrow
next arrow
【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい
【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド
【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力
【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域
【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い
中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)
【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる
previous arrow
next arrow
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

HiFiGOは、現在購入できるHiFi IEMのトップ5をテストしてリストにまとめることで、あなたを助けようと思います。このリストは、$500以下の価格帯から選ばれています($100以下のベスト、$200以下のベスト、など)。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

コメント



タイトルとURLをコピーしました