【完全ワイヤレスイヤホン House of Marley REDEMPTION ANC レビュー】南国のようなウォームでグルーヴ感のあるサウンド。

House of Marley REDEMPTION ANC20000円~30000円
House of Marley REDEMPTION ANC

免責事項

  1. このレビューは「私的な購入品」または「対価を払ってレンタルした商品」に基づいて書かれています。
  2. これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  3. 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。
  4. 「audio-sound @ premium」はamazon.co.jpおよびamazon.comほか通販サイトの取扱商品を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラム等の参加者です。

【完全ワイヤレスイヤホン House of Marley REDEMPTION ANC レビュー】南国のようなウォームでグルーヴ感のあるサウンド。

House of Marley REDEMPTION ANCの概要

こんな人におすすめ

  1. ウォームで聴き心地の良いサウンドが好み
  2. 地球環境に配慮したエコフレンドリーな製品が好き

基本スペック

  • 連続/最大再生時間:5h(ANC OFF時 7h)/20h
  • 防水性能:IPX4
  • 対応コーデック:SBC/AAC/aptX
  • 技適番号:211-191014

長所

  • エコなデザイン
  • グルーヴ感の高い楽しいサウンド
  • バランスの良いサウンド
  • 聞き心地の良いサウンド
  • 荒々しくならない高域
  • 豊かでつながりの良い低域と中域
  • ヒアスルー搭載
  • アクティブノイズキャンセリング搭載

短所

  • あまりコンパクトでないデザイン
  • 反応の悪いタッチコントロール
  • 人によっては地味なサウンド
  • 低域と中域の分離感が少し足りない可能性がある
  • 平凡なアクティブノイズキャンセリング
audio-sound スコア
8.1
SeeAudio ANOU

SeeAudio ANOUのサウンドはステージングを丁寧に構築し、適切な位置に豊かに歌うボーカルを聴かせ、その周辺にエネルギッシュで生き生きとした楽器を配置し、音楽をグルーヴとダイナミズム、精彩に満ち Read more

YOBYBO ZIP20

YOBYBO ZIP20は人とは一味違ったイヤホンを手に入れたい人には、注目の製品です。音質はフラットで全体的に歪みが少なく、ビルドクオリティも高品質で、外観にオリジナリティがあります。そのサウンドは Read more

House of Marleyについて

House of Marleyはボブ・マーリーの普遍的な愛や音楽、そして自然や生命に対するリスペクトをマーリーファミリーが具象化し、素材と環境に配慮した製品を作ることを実現させるために誕生したブランドです。ここの製品は基本的に音作りがウォームで人間味のあるサウンドなので、個人的には大好きなブランドの一つです。

House of Marley

House of Marley REDEMPTION ANCの特徴

リサイクルされた素材を利用

House of Marley REDEMPTION ANC

House of Marley REDEMPTION ANCは再生可能な竹や廃棄物からリサイクルされたREGRIND™シリコン、ケースはおがくずや、プラスチック繊維を組み合わせた耐久性のある素材を使用しており、エコフレンドリーな製品です。

Qualcommの最上位チップを使用

House of Marley REDEMPTION ANCはQualcommの最新チップQCC5124を搭載しています。チューニングはHouse of Marleyらしいディープでパンチのある低音を持ち、温かくかつ豊かで、ナチュラルなサウンドを実現しています。

House of Marley REDEMPTION ANC

ANCとヒアスルーを搭載

House of Marley REDEMPTION ANC

ノイズキャンセリング機能により不要なノイズを取り除くほか、アンビエントモードを利用して周囲の音を取り込むことが可能です。

パッケージ(8)

House of Marley REDEMPTION ANC
House of Marley REDEMPTION ANC

パッケージは価格帯では標準的です。エコな環境に配慮したフラストレーションフリーパッケージになっています。

開梱体験はシンプルです。付属品にはイヤーピースの替え、充電用USBケーブル(Type-C)、キャリングポーチ、説明書などが含まれます。

House of Marley REDEMPTION ANC
House of Marley REDEMPTION ANC
House of Marley REDEMPTION ANC
House of Marley REDEMPTION ANC

ビルドクオリティ(8)

House of Marley REDEMPTION ANC
House of Marley REDEMPTION ANC

ビルドクオリティは価格を考えると標準的か少し上質です。自然素材を意識したデザインは独特の所有感をもたらしてくれます。

しかし、ケース自体は少し厚みがあり、イヤホン本体も大きめで、コンパクトとはいいにくいところがあります。

House of Marley REDEMPTION ANC
House of Marley REDEMPTION ANC
House of Marley REDEMPTION ANC
House of Marley REDEMPTION ANC

装着感(8)

House of Marley REDEMPTION ANC
House of Marley REDEMPTION ANC

少し大きめですが、装着感は悪くありません。

House of Marley REDEMPTION ANC
House of Marley REDEMPTION ANC
House of Marley REDEMPTION ANC
House of Marley REDEMPTION ANC
House of Marley REDEMPTION ANC
House of Marley REDEMPTION ANC

接続品質

aptXでCayin N6II/E02と接続してテストしました。価格帯では優秀な接続品質です。人混みに行ってないのでわかりませんが、家庭内では安定しています。距離耐性は優秀で、5mくらい離れてもシームレスでそのままつながっています。遮蔽物を挟んでも途切れることなく接続は維持され、音楽再生が継続されました。

ホワイトノイズはわずかにあるかもしれませんが、おそらくほとんどの人が気になりません。

インターフェース/操作方法

操作インターフェースはフェースプレート部分にあり、タッチ式です。このタッチコントロールの反応はあまりよくありません。

電源ON

充電ケースの蓋を開けると、自動で電源ONになります。

電源OFF

充電ケースの蓋を閉じると、自動で電源OFFになります。

ペアリング

ケースの蓋を開け、接続先がない場合、自動でペアリングモードに移行します。

手動でペアリングモードにするにはケース背面のボタンを2秒長押しします。

リセット方法

イヤホンを充電ケースに収納し、ケースの蓋を開けたまま、ケース背面のボタンを6秒長押しします。

曲再生/停止

右耳側のマルチファンクションボタンを2回タップします。

曲送り

右耳側のマルチファンクションボタンを3回タップします。

通話応答

着信時に右耳側のマルチファンクションボタンを2回タップします。

通話終了

通話中に右耳側のマルチファンクションボタンを2回タップします。

音声アシスタントの起動

左耳側のマルチファンクションボタンを2回タップします。

ANC ON/OFF/ヒアスルー切り替え

左耳側のマルチファンクションボタンを3回タップします。

ヒアスルー&ANC性能

ヒアスルー性能

ヒアスルーをONにすると、トンネルノイズのような音が少し聞こえます。ヒアスルー時は周囲の音の聞こえはおおむね自然だと思いますが、自分の声は自然より少し近めに太く聞こえるかもしれません。

ANC性能

価格を考えると、性能はあまりよくありません。詳細は有料noteコンテンツで読むことができます。

音質

周波数特性

オーディオステータス

House of Marley REDEMPTION ANC
House of Marley REDEMPTION ANCのオーディオステータス
※オーディオステータスは周波数特性(自由音場補正済み)から「各要素に関わる周波数帯域の平均値」を算出し、その特性平均値全体の「全体平均値」を求め、「各要素に関わる周波数帯域の平均値」の「全体平均値」からの乖離を数値化したものです。各要素の相対的な強さを表し、独自のオーディオ指標として試験的に導入しています。

周波数特性測定値から音質要素のステータスを抽出しました。特に注目すべき要素だけ簡単に説明します。

  • Sibilance/Pierceは刺さり具合に影響するので高域に敏感な人は数値が低いものを選んだほうが良いでしょう。
  • Fullness/Mudは中域を豊かに感じさせる要素ですが、中域が濁るのが苦手な人は数値が低い方が良いでしょう。
  • Boom/Punchは低域の存在感、量感に大きく影響するので、低域のうるさい感じが苦手な人は数値が低い方が良いでしょう。

THD+N特性

音質解説

音質はHouse of Marleyらしいウォーム傾向のサウンドで、低域が強調されています。中域と高域は分離的になっています。

House of Marley REDEMPTION ANC
House of Marley REDEMPTION ANC

低域(9)

  • 原音忠実度:B
  • 臨場感:B
  • 深さ:B
  • 重み:B+
  • 太さ:B+
  • 存在感: B+
低域

低域は重みや太さが目立ち、重厚です。バスドラムキックは重量感があり、エレキベースには黒味と深みがあり、そのサウンドには地熱が感じられます。ローエンドのサウンドはタイトではありませんが、エレキベースとドラムキックの描き分けは明瞭で、少しグルーヴが強調されているので、生き生きと聞こえます。

スピード感に優れているわけではありませんが、リズムに遅れはなく、ライブ感とノリの良いサウンドを愛する場合、House of Marley REDEMPTION ANCを魅力的に思うでしょう。

中域(8.5)

  • 原音忠実度:B
  • 厚み:B
  • 明るさ:B
  • 硬さ:B
  • 存在感:B
中域

低域と中域とのつながりは比較的自然です。中域は豊かな低域に支えられ、自然なフォーカス感があり、比較的前面にいます。中域は特別広いというほどではありませんが、奥行き感があり、高域と分離的で、低域方向にも少しマージンが取られているので、見通し感は悪くありません。

とはいえ、一般的には低域とのつながりが強いので、人によっては低域のノイズ感がわずかに中域を濁らせていると感じる可能性はあります。落ち着いた高域のチューニングにより中域には聞き心地を安定させる一定の静寂感があります。

高域(8.5)

  • 原音忠実度:B-
  • 艶やかさ:B
  • 鋭さ:B
  • 脆さ:B+
  • 荒さ:B
  • 繊細さ:B
  • 存在感:B-
高域

高域はピーク感がなく非常に滑らかに聞こえます。

少し奥から高く伸びて聞こえるチューニングになっており、リラックスした柔らかみのあるサウンドになっています。適度な光沢感やギラツキ感が感じられ、とくにシンバルやアコースティックギターは切っ先だけがシャキッとシャープに尖って聞こえるのでスタイリッシュに聞こえます。

エレキギターはなめらかにのびたあと、エッジの先でまた一段伸びるような独特の鳴り方に聞こえるかもしれません。派手ではありませんが、エッジ感はしっかりしているので、エッジ感を重視する場合、非常に魅力的に思えるはずです。

どちらかというと高域の少し高いあたりでエネルギッシュに聞こえるサウンドで、中高域のあたりは自然でなめらかです。

グルーヴ/音場/クリア感

  • グルーヴの中心:中低域~中域
  • 音場:B+
  • クリア感:B-

音場

このイヤホンのグルーヴの中心は一般に中低域~中域に存在すると思われます。

音場は奥行きに優れ、幅は普通、高さはわずかに高いかもしれません。

クリア感は価格を考えると、標準的かやや物足りないレベルです。

音質総評

  • 原音忠実度:B+
  • おすすめ度:A
  • 個人的な好み:A+
音質総評

全体的に滑らかさを重視しており、若干リラックスしたサウンドに聞こえます。モニター的な雰囲気のサウンドではなく、リスニングライクです。低域と中域、高域のバランスは比較的よいですが、印象的な焦点は低域から中域に向きやすく、高域は高いところが少し印象的に聞こえますが、全体的にリラックスして地味です。そのため、EDMやテクノなどを聴くと、最初は色づきは地味に思え、はっきりしないと思うかもしれません。聴き心地は安定しているので圧迫感は出ません。

中域に静寂感があり、どこか南国を思わせる穏やかなサウンドで、個人的にはHouse Of Marleyらしさがあってとても好きです。このブランドの代表作として文句ありません。

音質的な特徴

美点

  • 聞き心地が良いサウンド
  • 音のつながりが自然で滑らか、シームレスで統一感のあるサウンド
  • 奥行き感がある
  • 安定感がある
  • 自然なボリューム感
  • 充実感が高い
  • 中域への適切なフォーカス
  • ボーカルフォーカスが良い
  • ピーク感がなく、自然で調和的な高域
  • バランスが良い
  • 自然な解像感
  • 南国を思わせる低域のグルーヴ感

欠点

  • 全体的にリラックスしていてゆったりしすぎていると感じる可能性がある
  • 地味に感じられるかもしれない高域
  • 人によっては地味で落ち着きすぎたボーカル

南国を思わせる暖かなグルーヴ感
滑らかでありながらエッジの効いた高域
バランスが良い

Mackie MC-100

Mackie MC-100はボーカル中心に音源の心臓部を丁寧に聴かせるレコーディングモニターヘッドホンです。ボーカルが非常に聞き取りやすいのでボーカリスト向きであるだけでなく、音楽鑑賞用や動画鑑賞用と Read more

DONEDYNAMIC GEMINI

DONEDYNAMIC GEMINIはかなり強烈で楽しいドンシャリサウンドを持っているイヤホンです。ANC性能と通信品質はあまり期待できませんが、立体感が強調された没入感の高いサウンドを聴かせてくれま Read more

音楽鑑賞

sajou no hana「Evergreen」

この曲を圧迫感なく聴けるのでわりと好きです。高域も低域も少しリラックスしていて、とげとげしいところがなく、全体の雰囲気は温和です。ドラムはハリがよく、厚みがあってパツパツしており、活きが良く聞こえますが、激しい雰囲気はなく、優しく聞こえます。

ボーカルも少しふっくらしており、媚びた感じがなく、わずかにアンニュイに聞こえるくらい落ち着いて優しく聞こえます。

そして周辺の楽器音も適度な密度感でボーカルを取り囲んでいます。意外と輪郭は固く聞こえ、構築感はしっかりしていますが、中高域で派手さが強くないので、ボーカル付近は滑らかで調和的に聞こえ、シンバルやギターのエッジだけが印象的に聞こえます。

全体的に調和的で優しく、この曲のふんわりした雰囲気をうまく引き出してくれます。個人的には好きな雰囲気ですね。

岸田教団 & THE明星ロケッツ「3 seconds rule」

岸田教団 & THE明星ロケッツの中でも個人的に好きな曲です。

このイヤホンは全体的にリラックスしているんですが、低域のグルーヴ感が良いので、バスドラムキックとエレキベースがかなり生き生きと聞こえます。

ボーカルのあたりは少し地味ですが、十分にフォーカスされ、比較的自然な声色です。エレキギターも中域では地味めでどちらかというと落ち着いた感じで聞こえますが、エッジだけはかっこよくギラついてカッコいいです。

ハイハットもかなりエネルギッシュなので、音楽の全体像は穏やかに思えながら、低域と高域で躍動感が感じられ、適度なダイナミズムが感じられます。

ただしクリア感は平凡なので、それぞれの音をはっきりと聞きたい場合はEarFun Air Proのようなイヤホンの方が優れています。

すぎやまこういち、ロンドン・フィル・ハーモニー管弦楽団「街の賑わい」

全体の質感は比較的自然で、中域へのフォーカス感もよく、各音域のバランスも良いのでクラシック音楽もわりと楽しめます。雰囲気は少しリラックスしていますが、低域と高域の両方でグルーヴ感の強調があるので、少しJAZZっぽい躍動感があります。

自然なホールよりはもう少し奥行き感が強く、わずかに左右は迫って聞こえるかもしれません。

注目製品「Soundcore liberty air 2 pro

ベストセラーモデルがさらに進化

⼈気モデル「Soundcore Liberty Air 2」の音質・機能性をさらにアップグレードした上位モデル。Anker独自の「ウルトラノイズキャンセリング」を搭載。イヤホンの外側と内側に配置した2つのマイクで周囲の音を検知し雑音を除去することで、聴きたい音楽をクリアに届けます。また、あなたが今いる環境をアプリ上で選ぶだけで、そのシーンに最適なノイズキャンセリングを起動させることができます。

HearID 2.0

従来のHearing Profileの自動作成に加えて、ロックやポップ等の音楽ジャンルを掛け合わせて設定することが可能になり、より自分の好みにあったサウンドをお楽しみいただけます。

外音取り込み機能

音楽を聴いていても、イヤホンを付けたまま会話や公共施設のアナウンス等の外音を取り込んで聴くことがきます。(※本機能はアプリでの設定が必要です)

直感的なタッチ操作

イヤホンのタッチパッドを操作するだけで、着信への応答や音楽の再生、停止、曲送りが可能なほか、ノイズキャンセリングや外音取り込み機能の切り替えができます。

レコーディングシグネチャー

レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。ソースはFiiO M15を用いています。ANCはONで、コーデックはaptXで使用イヤーピースは標準イヤーピースのSサイズです。

レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

録音機材
  • SAMREC HATS Type2500RSシステム:HEAD & TORSO、Type4172マイクX2搭載
  • 5055Prot 実時間2ch 自由音場補正フィルター(特注)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Type5050 マイクアンプ電源
  • オーディオインターフェース:Antelope Audio Amari
  • レコーディングソフト:Audacity

GENS D’ARMES(ロック系)

楽曲情報
  • 楽曲名:GENS D’ARMES
  • アルバム名:イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック
  • Copyright © Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
amazon
  1. 原曲
    【原曲】GENS D'ARMES
  2. 原曲(+5dB)
    【原曲】GENS D'ARMES(+5dB@1khz)
  3. House of Marley REDEMPTION ANC

白き魔女(クラシック系)

楽曲情報
  • 楽曲名:第3部「白き魔女」: 白き魔女
  • アルバム名:交響曲「ガガーブトリロジー」 ~白き魔女~朱紅い雫~海の檻歌~
  • Copyright © Nihon Falcom Corporation

交響曲「ガガーブトリロジー」 ~白き魔女~朱紅い雫~海の檻歌~
交響曲「ガガーブトリロジー」 ~白き魔女~朱紅い雫~海の檻歌~
amazon
  1. 原曲
    【原曲】白き魔女
  2. 原曲(+5dB)
    【原曲】白き魔女(+5dB@1khz)
  3. House of Marley REDEMPTION ANC

The Silver Will -ギンノイシ-(EDM系)

楽曲情報
  • 楽曲名:The Silver Will -ギンノイシ-
  • アルバム名:空の軌跡ざんまい
  • Copyright © Nihon Falcom Corporation
空の軌跡ざんまい
日本ファルコム 空の軌跡ざんまい
amazon
  1. 原曲
    【原曲】The Silver Will -ギンノイシ-
  2. 原曲(+5dB)
    【原曲】The Silver Will -ギンノイシ-(+5dB@1khz)
  3. House of Marley REDEMPTION ANC

Sophisticated Fight(JAZZ系)

楽曲情報
  • 楽曲名:Sophisticated Fight
  • アルバム名:英雄伝説 空の軌跡FC&SC スーパーアレンジバージョン
  • Copyright © Nihon Falcom Corporation

日本ファルコム 英雄伝説空の軌跡FC&SC スーパーアレンジバージョン
日本ファルコム 英雄伝説空の軌跡FC&SC スーパーアレンジバージョン
amazon
  1. 原曲
    【原曲】Sophisticated Fight
  2. 原曲(+5dB)
    【原曲】Sophisticated Fight(+5dB@1khz)
  3. House of Marley REDEMPTION ANC

浮遊大陸アルジェス -Introduction-(OST系)

楽曲情報
  • 楽曲名:浮遊大陸アルジェス -Introduction-
  • アルバム名:Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
  • Copyright © Nihon Falcom Corporation

Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
amazon
  1. 原曲
    【原曲】浮遊大陸アルジェス -Introduction-
  2. 原曲(+5dB)
    【原曲】浮遊大陸アルジェス -Introduction-(+5dB@1khz)
  3. House of Marley REDEMPTION ANC

海外のレビューについて

以下の記事にHouse of Marley REDEMPTION ANCの海外レビューについてまとめました。

総評

House of Marleyの穏やかでありながら、グルーヴ感のある南国のような楽しいサウンドが好きですか?それならきっとHouse of Marley REDEMPTION ANCのサウンドを気に入ることでしょう。それは決してコスパに優れた機種ではなく、ANCの効果は平凡で、タッチコントロールも少し煩わしいですが、House of Marleyらしいエコなデザインと暖かでグルーヴィーなサウンドを持っています。温和でありながら情熱的な音楽を楽しみたいなら、このイヤホンを検討してみるのも悪くないでしょう。

House of Marley REDEMPTION ANC

House of Marley REDEMPTION ANC
8.1

パッケージ

8.0/10

ビルドクオリティ

8.0/10

装着感

8.0/10

高域

8.5/10

中域

8.5/10

低域

9.0/10

歪みの少なさ

7.0/10

通信品質

9.0/10

アクティブノイズキャンセリング

7.0/10

長所

  • エコなデザイン
  • グルーヴ感の高い楽しいサウンド
  • バランスの良いサウンド
  • 聞き心地の良いサウンド
  • 荒々しくならない高域
  • 豊かでつながりの良い低域と中域
  • ヒアスルー搭載
  • アクティブノイズキャンセリング搭載

短所

  • あまりコンパクトでないデザイン
  • 反応の悪いタッチコントロール
  • 人によっては地味なサウンド
  • 低域と中域の分離感が少し足りない可能性がある
  • 平凡なアクティブノイズキャンセリング

コメント