【海外レビュー】中華イヤホン Kinera Norn レビュー:ミュージックブースのサウンド!

Kinera Norn50000円~100000円
Kinera Norn

注意事項

  • この記事は日本国外で流通しているKinera製品についての内容に基づいて書かれております。そのため、国内正規品とはパッケージ内容、音質などが異なっている可能性があることにご留意ください。
  • また、Kineraの流通方針では、日本、韓国、香港、台湾、マカオにおいては正規代理店からの購入が推奨されています。上記のいずれかの地域にお住まいの場合は、お近くの実店舗や国内ネット販売でお買い求めいただけます。
  • 著者:Sagnik Biswas

はじめに

Kineraは、かなり以前からオーディオマニアの間で話題になっていました。しかし、私はIdun以外のKineraのIEMを試したことがなく、あまり好きではありませんでした。しかし、Kinera Nornが発売されたとき、正直なところ、そのデザインに魅了されました。私はただ、音が外観のように美しいことを願っていました。

この製品の要点

  1. デザインはあらゆるIEMの中で最も美しいものの一つ
  2. ダイナミックでありながら不快なピークのないW字型サウンドシグネチャー
  3. 開放感はないが、分離感やレイヤリングの良い親密なサウンド

Kinera Nornの基本スペック

  • ドライバー:4BA+1ダイナミックドライバー
  • ドライバー構成:2 Knowles BA + 2 Kinera Custom BA + Custom Titanium Diaphragm DD
  • 周波数特性:5Hz〜40kHz
  • 感度:110dB
  • インピーダンス:32Ω
  • 定格出力:3MW
  • 歪み:<3%

免責事項

お金に余裕があったので、Nornを試してみようと思い、購入しました。本機はHiFiGoから購入しました。このレビューの見返りとして、割引を受けました。私はHiFiGoやKineraから肯定的または否定的なレビューを書くための提携を受けておらず、このレビューのすべての考えは完全に私自身のものです。

Kinera Norn
Kinera Norn

パッケージ開梱動画

Kinera Norn 1DD+4BA First Look

ビルドクオリティと装着感

Nornの構造は、今まで見てきた中で最高に美しいとは言えないまでも、最も美しいものの一つでしょう。実際に手にすると、さらに印象的です。シェルはミディアムサイズで、ノズルの長さも中くらいです。しっかりとしたアクリル製の構造が自信を与えてくれます。 このミディアムサイズとノズルの長さのおかげで、私のミディアムサイズの耳にはかなりフィットしました。非常に快適で、ぴったりとフィットします。

ケーブルは2.5mmバランスで終端されており、3.5mmシングルエンドと4.4mmバランスのアダプターで完全に解決されています。このケーブルは非常にしなやかで、しかも丈夫に作られています。

Kinera Norn
Kinera Norn

音質

Nornのサウンドプロファイルは明らかにW字型です。KineraはNornを非常にうまくチューニングしており、サウンドは非常にダイナミックで、すぐに注目を集めるにもかかわらず、不快なピークでイライラすることはありません。

低域

カスタムチタンダイアフラムのDDは、しっかりとしたフルパンチを発揮します。このセットで低音を聞き逃すことはないと言っていいでしょう。低域は、一聴して「ワオ!」と感嘆させるほどのパワーがあります。中低音のスラムはフルボディでパワフル、そして適度なスピード感があります。

重低域の音も同様で、非常に深くまで届き、雰囲気を感じさせますが、必要以上に長引かせることはありません。Kineraはドライバーを効率的にチューニングしているので、パワーのある低音を出しながらも、非常に抑制された音になっています。言うまでもなく、コントロールされているため、低音の質感が失われることはなく、むしろ満足感が得られることが保証されています。私はパワフルな低音が好きなので、最高に満足しました。

Battlestar Galactica Season 2 OST – Prelude To Warを再生すると、バスドラムが顎の骨を揺らすほどの勢いでゴロゴロと唸りを上げました。しかし、すぐに消えてしまい、中音域や高音域が濁ることはありませんでした。

Steven Wilson – Pariahは、トラックの最後に美しいベースラインがありますが、Nornはそれをミックスの前面に出して、十分な肉付けをしました。

The Dark Knight – Why So Seriousでは、03:25からの重低域の音が太く、頭の周りに圧力がかかっているような感覚を与えます。

Kinera Norn
Kinera Norn

中域

NornはW型のサウンドプロファイルを持っているため、中域がやや前に出ています。とはいえ、顔面に迫ってくるわけではありません。Kineraはこの中域をうまく配置していると思います。

音色的には、中域が少し暖かいタッチになっています。音はわずかに太めで、存在感があります。また、音は非常に鮮明で詳細であり、ボディによってさらに強化されています。

弦楽器の音は非常に心地よく、ボーカルの音も良い。男性ボーカルは深みとコクがあり、女性ボーカルは伸びやかで輝きがあります。実際、Kineraはここでは特定の音域を他の音域よりも優先していません。しかし、私は歯擦音に煩わされることはありませんでした。Kineraに感謝します。

全体的に、中域は非常に音楽的でありながら、私の耳には詳細に感じられました。私にはドライな印象を受けません。

Battlestar Galactica Season 2 OST – Prelude To Warでは、チェロやベースが深く響く音を出しており、それが良い背景となっています。Nornは、その音を充実した音楽性で再現しています。また、スネアドラムのロールは非常に鮮明で詳細なため、ミックスの中で拾いやすくなっています。

HallelujahでのLeonard Cohenの声は、十分な深みと重みがあり、最大限の質感表現とともに素晴らしい響きを持っています。

Silversun Pickups – The Royal Weでは、エレキギターとボーカルがやや細く、時折、ピークや歯擦音を感じる傾向があります。しかし、他のイヤホン、たとえばTSMR Landはピークの違和感がなく、ローエンドのエネルギーをうまく表現していました。

スカボロー・フェアのヤオ・シー・ティンの声は非常にエネルギッシュで、鮮やかな歯擦音があり、チューニングの悪いIEMでは突き刺さり気味に聞こえる傾向があります。しかし、Nornはそれを歯擦音もなく上手に表現しています。これによってエネルギーが失われているようには聞こえず、かといって違和感があるわけでもありません。

高域

伸びやかでキラキラとした輝きのある見事な高音に満足です。正直なところ、高音についての印象はこれに集約されます。音はとてもきれいに作られています。汚れもなく、ムラもありません。ただ、非常に繊細に作られた高音です。

Nornの高音はその下部に集中する傾向がありますが、上部は極端にロールオフされておらず、存在感があります。音が細くて脆いと感じることはありません。私は突き刺さるような不快なピークを経験することなく、高音の最後の輝きを味わいたいと思っていますが、Nornはそれを実現していると言ってもいいでしょう。最高レベルではありませんが、十分な品質です。

Metallica – The Four Horsemenでは、シンバルとハイハットの激しい演奏が曲全体に渡って行われていますが、Nornはそれらをピークを感じさせずに見事に鳴らしてくれました。

Steven Wilson – Pariahの場合、バックの高音は非常によく息づいており、シンバルのクラッシュは適度な距離を保ちながら、力強いベースラインに埋もれないようになっています。

技術面での評価

私はNornに対してほとんど何の不満もありません。それぞれの音域は、頭の中で独自の空間を作っていて、他の音域を汚していません。また、それぞれの音域は非常に丁寧に再現されており、素晴らしい立体感があります。当然のことながら、細部まで見逃すことはありません。

では、なぜ私が「ほとんど」と言っているのでしょうか。そのヒントは、私が一度も「空気感」という言葉を口にしていないところにあります。その理由は、Nornが非常に優れたセパレーションと音のディテールを示しているにもかかわらず、音場の幅が……私の好みよりも小さいからです。ステージの高さや深さは非常に良いのですが、幅がないためにヘッドスペースがほとんど頭の中にとどまり、頭の外には出てこないので、最後の一歩の壮大さが得られないのです。

Kinera Norn
Kinera Norn

比較

  • vs Unique Melody 3D Terminator – Nornは音の明瞭さ、分離感、低音のインパクトと深さで断然勝っています。3DTには勝ち目がありません。しかし、3DTは、非常にオープンな表現で、頭の先まで広がる広くて広いステージを提供することに優れています。中音と高音は個人の好みによりますが。Nornの中域はやや温かみがあり、男性ボーカルはやや重みがあります。しかし、3DTも負けておらず、ややニュートラルな中域に魅力があります。高域については、確かにNornの方が輝きがありますが、3DTは高域の表現が独特で、エネルギッシュでありながら疲れない音がします。Nornの高域の輝きはより攻撃的であり、3DTはより音楽的に聞こえます。
  • vs TSMR Land – すべての分野でLandがNornを上回っているので、実際には不当な比較と言えます。より物理的で雰囲気のある低音、よりリアルな中音、より伸びやかで詳細な高音、より広く、より深く、より高く、より立体的なステージがあります。しかし、LandはNornよりも高価です。
Kinera Norn
Kinera Norn

総評

全体として、Kinera Nornは約$500の価格で独自のニッチを持っています。開放感のあるサウンドではなく、分離感やレイヤリングの良い親密なサウンドが好みで、丁寧に調整されたサウンドと楽しいプレゼンテーションが必要な方には、Nornがお勧めです。

著者:Sagnik Biswas
著者紹介:
音楽は私の人生の永遠の一部であり、2015年頃にハイレゾ音源の楽しさを知った時には、後先考えずにオーディオ愛好家の世界に飛び込んでいました。しかし、2020年になって初めて、自分の第一印象を書き記す自信がつきました。
こんにちは、私はインドのオーディオ愛好家、Sagnik Biswasです。この5年の間に、私は多くのギアを経験し、Head-Fiの世界で多大な苦労をし、多くの新しい友人を作り、多くの音楽を発見してきました。この旅は、ヒットしたり失敗したりする音楽的なものですが、少なくとも私はそれを最大限に楽しんでいます。私は、どんな機材のサウンド出力に対しても、技術的にも感情的にもアプローチし、その感情をできるだけ正確に捉えようとしています。この旅を通して、できるだけ多くの素晴らしい思い出を集めたいと思っています。

【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい
【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい

qdc Dmagic 3Dはうねるようなグルーヴ感とクリアな明瞭感、リッチな優雅さを兼ね備えたハイエンドイヤホンです。わくわくする活気に満ちた楽しいリスニングサウンドを求めている場合、このイヤホンは最高に魅力的に思えるでしょう。音楽を楽しくする魔法がかかっているイヤホンです。

【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド
【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド

Shuoer EJ07はフラットにほぼ忠実なサウンドを持っており、全体的な原音充実度の高さと中域の自然な質感が魅力です。音場はやや奥に定位され、余裕が感じられて聴き心地に優れていますが、迫力やダイナミクスに不足を感じやすいところは難点です。

【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力
【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力

BQEYZ Summerは1万円台の新たなスタープレーヤーです。ハイブリッドドライバーモデルでありながら、非常に低歪であり、かつほぼ完全にニュートラルに近いので、かなり原音に近い質感の中域を持ち、万人向けの素晴らしいサウンドを実現している良機種です。

【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域
【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域

Behringer MO240は中域のステージングが良好で、広々とした開放的な音場にディテール感の高い繊細な音がすっきりと見通せるように聞こえる良質なモニターイヤホンです。クリア感も高く、駆動も容易な上、パッケージクオリティも高いので非常に高いコストパフォーマンスが感じられます。

【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い
【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い

Shuoer Singerはこの価格帯で買えるイヤホンの中では音質的な完成度が高く、フラットで万人向きのサウンドになっています。音場は少し狭いですが、定位の明瞭性は高く、その名の通り、ボーカルフォーカスが良好な点が魅力です。

中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)
中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)

この記事ではオーディオマニアの間で人気の中華イヤホンに関する知識と最新情報をお届けします。この記事を読めば、あなたも今日から中華イヤホン通になれます!

【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる
【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる

音楽の聞き心地、聴き疲れのなさを重視するなら、KBEAR NEONはかなりおすすめできます。円筒形のそのイヤホンは、挿入深度も調整しやすく、少しでも音に尖りを感じたら、イヤーピースを小さくしてより深く挿入することで簡単にその尖りを消すことができます。

previous arrow
next arrow
【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい
【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド
【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力
【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域
【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い
中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)
【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる
previous arrow
next arrow
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

HiFiGOは、現在購入できるHiFi IEMのトップ5をテストしてリストにまとめることで、あなたを助けようと思います。このリストは、$500以下の価格帯から選ばれています($100以下のベスト、$200以下のベスト、など)。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

コメント



タイトルとURLをコピーしました