【海外レビュー】Kinera Norn:開封&クイックレビュー「見事なまでに素晴らしい出来!」

Kinera Norn50000円~100000円
Kinera Norn

注意事項

  • この記事は日本国外で流通しているKinera製品についての内容に基づいて書かれております。そのため、国内正規品とはパッケージ内容、音質などが異なっている可能性があることにご留意ください。
  • また、Kineraの流通方針では、日本、韓国、香港、台湾、マカオにおいては正規代理店からの購入が推奨されています。上記のいずれかの地域にお住まいの場合は、お近くの実店舗や国内ネット販売でお買い求めいただけます。

Kineraは、その優れたデザインと、良く調整されたインイヤーモニター(IEM)で業界で高い評価を得ています。このブランドはこれまで、IDUNSEEDOdin、フラッグシップのNannaなど、業界で高く評価されている多くのIEMをリリースしました。Kineraの最新製品は、5ドライバーハイブリッドインイヤーモニターであるKinera Nornです。北欧神話の運命の三姉妹に触発されたNornは、Kineraの見事に細工されたインイヤーモニターの新定番です。イヤホン本体は見事な出来栄えで、その魅力に抵抗するのは困難です。そのため、私は自分用にユニットを手に入れてしまいました。今日は、この素晴らしいIEMの開封体験とファーストインプレッションをご報告します。

Kinera Norn
Kinera Norn

この製品の要点

  1. 最高級IEMに匹敵する美しいパッケージ
  2. 最高の職人技とプロ意識を示す美しい外観
  3. 音楽からディテールと楽しさを引き出すV字型のサウンドシグネチャー

Kinera Norn

Kinera Nornは、4基の高性能Knowles製BAドライバーと組み合わされた1基の7mmマイクロDDを備えた強力な5基のドライバー構成を備えたハイブリッドドライバーインイヤーモニターの最新モデルです。 イヤーシェルは完全に手描きのデザインで見事に見え、運命の女神であるノルンにふさわしいユニークな外観になっています。価格は$509です。詳細については、こちらのストアページをご覧ください。

パッケージとアクセサリー

Kinera Norn
Kinera Norn

Kinera Nornのデザインのインスピレーションはイヤーシェルだけでなく、八角形の上にスモーキーなプリントが施されたパッケージも女神ノルンを反映しています。その上には、Kinera Nornのブランドロゴともに、「運命のサイクルは続く、それは決して終わらない」という言葉があります。このフレーズは、運命の姉妹の背景物語を教えてくれます。裏側には、製品仕様とパッケージ内容が記載されています。内部には、本革製のキャリングケース、コネクタケーブルなどの付属品が付属しています。また、Final Audio Type E プレミアムイヤーチップも同梱されています。

Kinera Norn
Kinera Norn

Kinera Nornのパッケージプレゼンテーションは気品を感じさせてくれ、非常に多くのアクセサリーが付属しているため、1枚の写真にすべてを含めるのは実際には困難でした。 下のYoutubeリンクから私の開封動画もチェックしてみてください。

パッケージ内容

  • Kinera Norn
  • 2pinコネクタ付きの2.5mmバランスケーブル
  • 2.5mm-3.5mmコネクタケーブル
  • 2.5mm-4.4mmコネクタケーブル
  • final audio Type-Eシリコンチップ 5ペア
  • 黒いシリコンチップ 3ペア
  • 灰色のシリコンチップ 3ペア
  • フォームイヤーチップ 1ペア
  • クリーニングブラシ
  • final audio イヤーチップのドキュメント
  • Kinera Nornのドキュメント

パッケージ開梱動画

Kinera Norn 1DD+4BA First Look

デザインとビルドクオリティ

Kinera Norn
Kinera Norn

Kineraのカタログにあるすべての製品は、非常に美しい外観を持っています。最新のNornは、その見事な手描きのイヤーシェルでさらに進化しています。シェルは非常に滑らかで軽量で、高品質の樹脂素材で作られています。 前面プレートには赤、黒、白の色調のスモーキーな組み合わせを備えた滑らかな反射バックパネルがあります。左側には金色のKineraのブランドロゴ、右側にはNornのブランドロゴがあります。IEMは驚くほど美しくエレガントに見えます。Kineraは、最高の職人技とプロ意識を示すこのような美しいIEMの設計に魂を込めてきました。

Kinera Norn
Kinera Norn

ケーブルは、PVC絶縁を備えた頑丈な構造で、それ自体に重量があります。使用中にマイクロフォニック(タッチノイズ)の問題に直面することはありません。2.5mmの金メッキターミネーションプラグが付いています。 2.5mm-3.5mmと2.5mm-4.4mmのエンドプラグを接続するための同品質の小さなアダプタケーブルが2本付属しています。

Kinera Norn
Kinera Norn

付属のアクセサリーも高品質で、革製のキャリーケースは精巧に作られています。 重いケーブルと一緒にNornを簡単に保管し、安全に保つことができます。Final Audio Type Eのイヤーチップは、非常に快適なフィット感を提供し、出力のローエンドを強調するので気に入っています。デザインとビルドの品質に関して、私はこのIEMに不満はありません。

装着感と遮音性

Kinera Nornは、人間工学に基づいたユニバーサルデザインと優れた軽量性を備えています。 イヤーシェルは耳にしっかりと収まり、長時間音楽を聴いている間も快適にフィットします。Nornは外耳道を完全に覆い、屋外でも良好なレベルの遮音性を提供します。

Kinera Nornの駆動に関して

Kinera Nornは、駆動するのが非常に簡単なIEMです。Nornは110dBの高感度でインピーダンス定格はわずか32Ωです。iBassoDX160とxDuoo MT-602 DAC/ampを使用してペアを運転しました。以下が両方のシステムで得た私の知見です。

Kinera Norn
Kinera Norn

× iBasso DX160

DX160との4.4mmバランス接続を使用しました。このコンボの色調はニュートラルです。ここではニュートラルなだけで明るくも暖かくもありません。周波数範囲の下限と上限の両方が良好な拡張を示しています。50/100の音量レベルを超える必要はありませんでした。 このペアリングは、外出先で高解像度の音楽を楽しむのに最適です。

× MT-602

このコンボを使用すると、出力がニュートラルよりもわずかに暖かくなることがわかります。ボーカルは太くて豊かに聞こえ、音色は風通しの良い、広いサウンドステージのプレゼンテーションで素晴らしいです。ここでは出力がよりクリーンであることがわかりますが、IEMがスムーズで音楽的に聞こえ、少しウォームに感じられます。

Kinera Norn
Kinera Norn

音質

Kinera Nornは、高音域、わずかに凹んだ中音域、きらきらと輝く高音域を備えた、詳細で楽しいサウンドの音楽出力を生成します。ローエンドは高くなっており、サブベースセクションで十分に伸びたランブルを備えた強力なミッドベーススラムを提供します。ローエンドはその領域内で制御されており、中域を台無しにすることはありません。その中域は凹んでいるように聞こえますが、アッパーミッドは前に出され、ボーカルが前面に出てきます。男性と女性の両方のボーカルは、自然な音色でくっきりと詳細に聞こえます。

サウンドシグネチャー

Kinera Nornには、わずかにV字型のサウンドシグネチャがあります。低音と高音の部分がわずかに高くなっているため、パワフルで生き生きとした出力が得られます。高音域にはきらめく感覚があり、出力をエネルギッシュにし、歯擦音や耳障りな音を出しません。Nornの高解像度の明快さときれいな背景が大好きでした。

Kinera Norn
Kinera Norn

低域

先に述べたように、Kinera Nornのローエンドは高くなっているため、素早く、きびきびとした低音が鳴ります。 強調されているにもかかわらず、ローエンドはその領域内で十分に制御されています。 素早く機敏なローエンドが他の周波数を補完します。重低域は、出力に重みを加えて拡張する強力なランブルで満ち溢れています。Lordeの「Royals」は、Kinera Nornのパンチの効いローエンドを通して聴けば、楽しみが増します。

中域

中域のプレゼンテーションは少しのんびりしています。 しかし、楽器やステージングの細部の再現、風通しの良さを欠くことはありません。 Nornは風通しが良く、楽器のディテールがくっきりとした優れたステージングを提供するようにチューニングされています。中域上部が前に出ているため、ボーカルは前面に出てきます。それにより男性と女性の両方のボーカルを明瞭で透明度の高いものになります。ダミアン・ライス、テイラー・スウィフト、グロリア・ゲイナーなどのアーティストを生き生きと聞かせます。

高域

Kinera Nornは、詳細で煌めきに満ちた高周波応答を備えています。 それは良好なディテール再現を持っています。シンバルのクラッシュは非常に正確で拡張性が高く、このIEMは複雑なヘビーメタル音楽を詳細な高周波応答で引き立てます。全体的なレスポンスはまったく耳障りではなく、長時間のリスニングセッションの後でも疲れることはありません。 高解像度のディテールにより、楽器の分離と明瞭さが優れており、Nornで音楽を聴けば、良好なイメージングが可能になります。

音場

Kinera Nornは、幅広いサウンドステージのプレゼンテーションを行っています。 高さの再現度が良く、奥行きも平均以上です。サウンドステージが巨大な講堂のように感じられるので、Yosi Horikawaのバイノーラルトラックを聴くのは楽しさに溢れています。

Kinera Norn
Kinera Norn

総評

私の意見では、Kinera Nornは、その価格帯以上の価値を提供する、最高級で見事な造形のIEMの1つです。 その外観は、数千ドルの費用がかかる高級IEMに匹敵します。音質に関しては、5ドライバーのハイブリッド構成により、高解像度の明瞭さと鮮明な楽器のディテールを備えた非常に堅実な音響性能がユーザーに提供されます。約$500という価格を考えると、目を閉じてでもおすすめできます。詳細については、Nornのストアページをご覧ください。

Kinera Norn 1DD+4BA IEMs

コメント

タイトルとURLをコピーしました