【海外レビュー】中華イヤホン Kinera Skuld レビュー:この美しいハンドプリントIEMは音も素敵!!

Kinera Skuld50000円~100000円
Kinera Skuld

注意事項

  • この記事は日本国外で流通しているKinera製品についての内容に基づいて書かれております。そのため、国内正規品とはパッケージ内容、音質などが異なっている可能性があることにご留意ください。
  • また、Kineraの流通方針では、日本、韓国、香港、台湾、マカオにおいては正規代理店からの購入が推奨されています。上記のいずれかの地域にお住まいの場合は、お近くの実店舗や国内ネット販売でお買い求めいただけます。

著者:Pulkit Chugh

ここ数ヶ月、Kineraは美しい手描きのイヤホンや音楽的なサウンドチューニングを発表し、世界中のオーディオ愛好家の注目を集めています。

今年の初め、彼らは最新のマルチBA IEM「Kinera Imperial Skuld」を発表しました。Skuldの価格は約$550で、片側5基のバランスド・アーマチュア・ドライバー(Knowles 3個+Kinera Customized 2個)を組み合わせて、ハンドペイントされた美しいイヤーキャビティに装着しています。この製品は、$509で販売されている同社のハイブリッドドライバーIEM「Norn」とほぼ同価格です。

本日は、最近手に入れたKinera Skuldのインプレッションと、Kinera Nornとの比較をしてみたいと思います。

Kinera Skuld
Kinera Skuld

この製品の要点

  1. 最上級の美しさを持つハンドペイント・イヤーシェル
  2. 非常にバランスの取れたサウンド
  3. 滑らかでスムーズ

Kinera Skuldの基本スペック

  • モデル名:Skuld(スクルド)
  • インピーダンス:23Ω
  • 感度:120+-2dB
  • 周波数帯域:5Hz-40kHz
  • ケーブル長:約1.2m(リケーブル対応)4.4mmバランスプラグ

Skuldの背景

Kineraの最近の製品は、有名な北欧神話のキャラクターからインスピレーションを得てデザインされており、そのキャラクターの名前が付けられています。このSkuldもそうです。北欧神話によると、運命の女神である三姉妹はノルンと呼ばれています。Skuldは3人姉妹の中では一番の末っ子で、未来の罪を記録し、そのために神々に警告を与える存在です。

免責事項

こちらのKinera Skuldは、このレビューの見返りとして、HiFiGoから割引価格で私のお金で購入しました。私はHiFiGOやKineraから、肯定的または否定的なレビューを書くようにお金をもらっているわけではありません。このレビューのすべての考えは、過去数週間にわたってこのペアを使用した私自身の経験に基づいています。

Kinera Skuld
Kinera Skuld

プロモーション動画

Kinera Imperial Skuld 5BAマルチドライバIEMのご紹介

パッケージ開梱動画

SKULD Unboxing - New Kinera In-Ear Monitors 2021

デザインとビルドクオリティ、装着感

Kinera SkuldのビルドクオリティはNornと非常によく似ています。しかし、デザインは全く異なります。Nornはそれ自体素晴らしい出来栄えでしたが、Skuldはその一歩上を行く、さらに優れたデザインを持っています。ブラックをベースに、オーロラブルーとゴールドのシェイプをあしらい、ゴールドのグリッターで目を引くデザインになっています。もしあなたが美しいIEMを手に入れたいと思っているなら、Skuldがどれほど美しいか、実際に見てみてください。

Kinera Skuld
Kinera Skuld

ビルドについては、シェルは人間工学に基づいた形状で、しっかりとした頑丈な樹脂素材で構成されています。イヤーピースの側面にはエアベントホールがあり、上部には2ピンのコネクターが配置されています。また、4.4mmのバランスケーブルが付属しています。このケーブルは、Nornに同梱されているものよりも柔らかくなっています。また、Nornのケーブルは2.5mm端子であるのに対し、Skuldは4.4mm端子です。また、4.4mm-2.5mm、4.4mm-3.5mmのアダプターが付属しているので、様々なソースとの接続が容易です。

Kinera Skuld
Kinera Skuld

人間工学に基づいた形状と軽量な外観を持つKinera Skuldは、私に非常に快適なフィット感を提供してくれます。耳にしっかりとフィットし、非常に快適な装着感が得られます。外耳道を完全に覆っているので、環境音からのノイズアイソレーションにも優れています。私はJVCのスパイラルドットを使用していますが、純正のシリコンチップを使用しても問題ありませんでした。

Kinera Skuldとソースとのペアリング

Kinera Skuldは、電源供給が非常に簡単なIEMです。通常のスマートフォンやタブレットでも動作します。私はSamsung S6 Liteと組み合わせましたが、60%程度の音量で十分な音量が得られました。また、Shanling M3Xとの組み合わせでは、ローゲインモードで25/100以上の音量を出す必要はありませんでしたし、xDuoo XD05 Bal DAC/AMPとの組み合わせでは、Skuldはわずか1/9の音量で十分な電力を得ることができました。

Kinera Skuld
Kinera Skuld

Kinera Skuldは、スマートフォンのままでも非常に優れた性能を発揮しますが、M3Xのようなハイレゾプレーヤーと組み合わせることで、出力に優れたダイナミクスと透明感が生まれます。私のお気に入りは、Shanling M3Xとの組み合わせです。

Kinera Skuld
Kinera Skuld

音質

Kinera Skuldは、スムーズでバランスのとれたサウンドを愛する人にとっての天国です。このペアは、ボーカルと楽器の両方に対して、非常に正確で高解像度の明瞭さで表現される、非常に滑らかなトーンを備えています。Skuldの魔法は、美しい中音域と滑らかな高音域にあります。この予算で聴いた中では、DUNU EST112とKinera Nornの間に位置する最も滑らかなボーカルを再現します。ボーカルの質感と透明感はまさに最高です。もう一つの魅力は高音域のレスポンスで、スムーズで疲れにくく、大音量でも歯擦音やシャウト感が出ません。

Kinera Skuld
Kinera Skuld

低域

ローエンドは、DDやハイブリッドIEMのように深く潜ることはありませんが、素早いパンチと質感の高い低音レスポンスで存在感を示します。Kinera Nornがユーザーに低音レスポンスを提示するのとは真逆と言っていいでしょう。重低域は非常に洗練された表現をしており、Billie Eilishの「Bad Guy」やLordeの「Royals」などの楽曲でも、それを容易に感じることができます。また、MJの「Billie Jean」のような複雑な曲でも、低音の響きの違いを簡単に識別できます。

ベースヘッドの方にとっては、深く沈み込むような低音域のレスポンスは期待できませんが、Skuldではむしろ、スムーズで素早い表現が期待できます。

中域

ショーの主役であるSkuldの中域レスポンスは、一言で言えば「傑出」しています。Kinera Skuldは、私が$500の価格帯で聞いた中で最高のボーカルを生み出します。スムーズで、大音量でも優れた透明感を維持し、自然なタッチを持っています。Damien RiceやGloria Gaynor、Taylor Swiftを聴くかどうかに関係なく、Skuldで美しい体験をすることができます。

アコースティック楽器は、ステージ上の空気の量が多く、細部までよく表現されています。Amber Rubarthの「Canyon Lines」のようなアコースティックな曲を聴くと、Skuldでは素晴らしい体験ができます。私はこの曲をペアで何度も繰り返し聴いていて、思わず書かなければならないことを忘れてしまいました(笑)。また、Iron & Wineの「Flightless Bird, American Mouth」もアコースティックな曲で、とても美しい体験でした。

Kinera Skuld
Kinera Skuld

高域

先に述べたように、Kinera Skuldは高域のレスポンスがスムーズで、かつ非常にきめ細やかです。しかし、箱から出したばかりの頃は、複雑な曲ではやや混雑した表現になっていましたが、50~60時間ほどペアで使用しているうちに解消されました。バーンイン後は、シンバル、エレキギター、バイオリンなどの様々な楽器が、Skuldではきれいに表現されています。RHCPの「Californication」やLinkin Parkの「Castle of Glass」のような複雑な曲では、高音部の洗練された表現が感じられます。Opethの「Windowpane」でもSkuldの表現力はかなり高度です。個人的にはNornと比べてSkuldの高域は洗練されていると感じます。

音場と解像感

Kinera Skuldは、私たちの音楽を広い音場で表現してくれます。この点でもNornとは正反対で、Nornは一方では親密な表現をしますが、Skuldは一方では十分な深さを持つ広くて高い音場を作り出します。このペアのイメージングとその他のダイナミクスも素晴らしいものです。

Kinera Skuld
Kinera Skuld

Kinera Norn v.s. Kinera Skuld

Kinera社の2つのミドルクラスIEMの比較をしてみましょう。一方はリッチなハイブリッド構成(Norn)で、もう一方はプレミアムなマルチBA構成(Skuld)となっています。この2機種についての私の考えは以下の通りです。

 Kinera Norn
Kinera Norn
  • Nornは楽しくて魅力的な音で、Skuldは滑らかでバランスのとれた音だと思います。両者は、私の中では音の面で正反対です。
  • Nornは深く沈むパワフルな低音、Skuldはクイックでスムーズな低音です。ベースヘッズはNornを気に入るでしょう。
  • Skuldは豊かで愛らしい中音域、Nornは正確でありながら奥まった中音域のレスポンスを持っています。
  • Skuldの高音は非常に滑らかで疲労感がなく、Nornはエネルギッシュな高音で、どちらも歯擦音はありません。
  • 音場の広がりはSkuldの方が良い。
  • どちらも運転がしやすい。
  • どちらも非常に美しく、似たような作りでありながら手塗りのデザインが異なります。
  • Skuldは4.4mmバランス端子のソフトなケーブルで、Nornは2.5mm端子のケーブルです。

私からしますと、どちらもお気に入りです。一方は楽しく、魅力的で、没入感のあるサウンド(Norn)で、もう一方はソフトで滑らかなサウンド(Skuld)です。私の考えでは、どちらもお互いを引き立て合っています。ジャンル別に見ると、NornはEDMやヒップホップなどの低音域にパンチが効いているジャンルを、Skuldはポップスやロック、アコースティックなどのジャンルを補完します。

Kinera Skuld
Kinera Skuld

総評

これ以上言葉を尽くす必要があるでしょうか、このレビューですでに述べたことがほとんどです。

しかし、すべてを要約すると、Kinera Skuldは、スムーズでバランスのとれたサウンドを提供する、見事に設計されたIEMのペアです。この価格帯の製品の中では、私が聞いた中で最も優れたボーカルを生み出し、疲れを感じさせない、かつ詳細な高音域のレスポンスを実現しています。低音域はダイナミック型IEMのようなパンチや深みはありませんが、豊かで洗練された表現力で存在感を示します。

$500の価格帯には、DUNU EST112やDUNU Studio SA6のような手強い競合製品があることは知っています。Skuldは、そのスムーズなチューニングと美しいルックスで、その地位を維持していると言えるでしょう。

【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい
【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい

qdc Dmagic 3Dはうねるようなグルーヴ感とクリアな明瞭感、リッチな優雅さを兼ね備えたハイエンドイヤホンです。わくわくする活気に満ちた楽しいリスニングサウンドを求めている場合、このイヤホンは最高に魅力的に思えるでしょう。音楽を楽しくする魔法がかかっているイヤホンです。

【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド
【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド

Shuoer EJ07はフラットにほぼ忠実なサウンドを持っており、全体的な原音充実度の高さと中域の自然な質感が魅力です。音場はやや奥に定位され、余裕が感じられて聴き心地に優れていますが、迫力やダイナミクスに不足を感じやすいところは難点です。

【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力
【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力

BQEYZ Summerは1万円台の新たなスタープレーヤーです。ハイブリッドドライバーモデルでありながら、非常に低歪であり、かつほぼ完全にニュートラルに近いので、かなり原音に近い質感の中域を持ち、万人向けの素晴らしいサウンドを実現している良機種です。

【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域
【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域

Behringer MO240は中域のステージングが良好で、広々とした開放的な音場にディテール感の高い繊細な音がすっきりと見通せるように聞こえる良質なモニターイヤホンです。クリア感も高く、駆動も容易な上、パッケージクオリティも高いので非常に高いコストパフォーマンスが感じられます。

【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い
【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い

Shuoer Singerはこの価格帯で買えるイヤホンの中では音質的な完成度が高く、フラットで万人向きのサウンドになっています。音場は少し狭いですが、定位の明瞭性は高く、その名の通り、ボーカルフォーカスが良好な点が魅力です。

中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)
中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)

この記事ではオーディオマニアの間で人気の中華イヤホンに関する知識と最新情報をお届けします。この記事を読めば、あなたも今日から中華イヤホン通になれます!

【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる
【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる

音楽の聞き心地、聴き疲れのなさを重視するなら、KBEAR NEONはかなりおすすめできます。円筒形のそのイヤホンは、挿入深度も調整しやすく、少しでも音に尖りを感じたら、イヤーピースを小さくしてより深く挿入することで簡単にその尖りを消すことができます。

previous arrow
next arrow
【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい
【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド
【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力
【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域
【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い
中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)
【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる
previous arrow
next arrow
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

HiFiGOは、現在購入できるHiFi IEMのトップ5をテストしてリストにまとめることで、あなたを助けようと思います。このリストは、$500以下の価格帯から選ばれています($100以下のベスト、$200以下のベスト、など)。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

コメント