【完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW100-BA レビュー】聞き疲れしないサウンドと装着感。長時間の快適なリスニング環境を実現した完全ワイヤレスイヤホン

Shanling MTW100-BA5000円~10000円
Shanling MTW100-BA

免責事項

  1. このレビューは「私的な購入品」または「対価を払ってレンタルした商品」に基づいて書かれています。
  2. これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  3. 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。
  4. 「audio-sound @ premium」はamazon.co.jpおよびamazon.comほか通販サイトの取扱商品を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラム等の参加者です。

Shanling MTW100-BAの概要

こんな人におすすめ

  1. デザインにこだわったイヤホンが欲しい
  2. 調和的なサウンドが好き
  3. 通信品質重視
  4. 装着感重視
  5. 聞き疲れしないイヤホンが欲しい

基本スペック

  • 連続/最大再生時間:7h/24h
  • 防水性能:IPX7
  • 対応コーデック:AAC/SBC
  • 技適番号:210-134975
  • 価格帯:5000円~10000円

audio-sound スコア
Shanling MTW100-BA
Shanling MTW100-BA

8.3
  • パッケージ:8.5/10.0
  • ビルドクオリティ:8.5/10.0
  • 装着感:9.0/10.0
  • 高域:8.0/10.0
  • 中域:7.5/10.0
  • 低域:8.0/10.0
  • 歪みの少なさ:8.0/10.0
  • 通信品質:9.0/10.0
長所と短所

長所

  • ノスタルジックなサウンド
  • 奥行き感のあるサウンド
  • 充実感がある
  • 調和的な雰囲気
  • 穏和
  • 密度感がある
  • 甘味のあるサウンド
  • 人肌感のあるハーモニクス
  • 聴き心地が良い
  • 浸れるサウンド
  • 良好な装着感
  • 高い通信安定性

短所

  • 拡張性に欠ける
  • 分離感が悪い
  • 中域に音が集まりやすい
  • 眠く聞こえやすいサウンド

Shanling MTW100-BAの特徴

  • Knowles社製バランスド・アーマチュアドライバーを搭載:Knowles社製バランスド・アーマチュアドライバーを搭載し長時間のご使用でも聴き疲れしにくいバランスの取れたサウンドが特徴。より細やかで繊細なディティールを感じられるサウンドをお届けします。
  • 充電ケースとの併用で最大24時間の再生が可能:イヤホン本体重量が片側僅か4.7gと非常に軽量ながらも約7時間の連続再生が可能、充電ケースを併用することで最大24時間の再生が可能なためバッテリー残量を気にすることなく長時間の再生をお楽しみいただけます。また、充電ケースにストラップホールが備わっているため付属のストラップやお気に入りのストラップを装着し持ち運ぶことが可能です。
  • IPX7相当の防水性能:防水規格IPX7相当の特別な防水構造により、急な雨やスポーツ時の汗などにも強くそのままご使用いただくことが可能です。また、完全な水没にも耐えるため誤って水の中に落としてしまっても動作します。(故意に落下させたり、長時間水に浸すことは推奨いたしません。)
  • イヤホンに触れるだけで簡単操作:イヤホンの背面(フェイスプレート)部分にあるタッチセンサーに触れることで各種操作を行えます。着信時の通話開始/終話、音楽の再生/停止/曲送り/曲戻し、アンビエントモード(環境音取り込み)の開始/終了などの操作が可能です。また、イヤホンの左右どちらでも片側だけでご使用いただくことも可能です(モノラルモード)。
  • 非接触充電に対応:MTW100-BAは非接触充電に対応しているため、充電バッド(ワイヤレス充電器)の上に置くだけで充電を行うことが可能です。これにより充電の度にUSBケーブルを抜き差しする煩わしさから解放されます。(ワイヤレス充電器は本製品に付属いたしませんので別途ご用意ください。)

パッケージ(8.5)

Shanling MTW100-BA
Shanling MTW100-BA

価格帯では標準か少し上質なパッケージです。

パッケージ内容

  • Shanling MTW100-BA本体
  • 専用充電ケース
  • USB Type-Cケーブル
  • イヤーピース(S/M/L)
  • ストラップ
  • マニュアル
Shanling MTW100-BA
Shanling MTW100-BA
Shanling MTW100-BA
Shanling MTW100-BA

ビルドクオリティ(8.5)

Shanling MTW100-BA
Shanling MTW100-BA

ビルドクオリティは価格の標準を満たしています。充電ケースは蓋のぐらつきも少なく、開閉もスムーズです。

若干チープな質感のテカテカしたプラスチックデザインは好みを分けるかも知れません。

Shanling MTW100-BA
Shanling MTW100-BA

Shanling MTW100-BA
Shanling MTW100-BA

装着感(9.0)

Shanling MTW100-BA
Shanling MTW100-BA

IEMタイプのデザインで、装着感は良好です。イヤーピースを選べば遮音性も良好ですが、イヤホン収納部のゆとりが少なめなので、イヤーピースの選択幅は少ないです。

Shanling MTW100-BA
Shanling MTW100-BA
Shanling MTW100-BA
Shanling MTW100-BA
Shanling MTW100-BA
Shanling MTW100-BA

接続品質

AACでCayin N6II/E02と接続してテストしました。価格帯では優秀な接続品質です。人混みに行ってないのでわかりませんが、家庭内では安定しています。距離耐性は優秀で、5mくらい離れてもシームレスでそのままつながっています。遮蔽物を挟んでも問題なく音楽は再生され、途切れはありません。

ホワイトノイズはわずかにあるかもしれませんが、おそらくほとんどの人が気になりません。

インターフェース/操作方法

操作インターフェースはタッチ式です。

電源ONケースからイヤホンを取り出す
電源OFFイヤホンをケースに収納する
接続先が5分以上見つからない場合、自動でシャットダウン
ペアリングイヤホンを電源ONにしたあと、接続先がない場合は自動でペアリングモード
リセット方法①イヤホンを両方ともケースに収納する
②右側のイヤホンを取り出し、10秒待ってから5秒長押しして電源を切る
③左側のイヤホンを取り出し、10秒待ってから5秒長押しして電源を切る
曲再生/停止マルチファンクションボタンを2回タップ
曲送り右のマルチファンクションボタンを3回タップ
曲戻し左のマルチファンクションボタンを3回タップ
通話応答マルチファンクションボタンを2回タップ
通話終了マルチファンクションボタンを2回タップ
ヒアスルーモード ON/OFFマルチファンクションボタンを4回タップ

ヒアスルー性能

ヒアスルーの性能はあまりよくありませんね。露骨にハムノイズがあり、ジリジリした唸りのような音が聞こえます。気になる人にはかなり不快かも知れません。

音質

周波数特性

測定値は有料記事をご覧下さい。

オーディオステータス

TaoTronics SoundLiberty S10 Pro
Shanling MTW100-BAのオーディオステータス
※オーディオステータスは周波数特性(自由音場補正済み)から「各要素に関わる周波数帯域の平均値」を算出し、その特性平均値全体の「全体平均値」を求め、「各要素に関わる周波数帯域の平均値」の「全体平均値」からの乖離を数値化したものです。各要素の相対的な強さを表し、独自のオーディオ指標として試験的に導入しています。

周波数特性測定値から音質要素のステータスを抽出しました。特に注目すべき要素だけ簡単に説明します。

  • Sibilance/Pierceは刺さり具合に影響するので高域に敏感な人は数値が低いものを選んだほうが良いでしょう。
  • Fullness/Mudは中域を豊かに感じさせる要素ですが、中域が濁るのが苦手な人は数値が低い方が良いでしょう。
  • Boom/Punchは低域の存在感、量感に大きく影響するので、低域のうるさい感じが苦手な人は数値が低い方が良いでしょう。

THD特性

測定値は有料記事をご覧下さい。

ラウドネスステータス

測定値は有料記事をご覧下さい。

音質解説

Shanling MTW100-BA中域のステージングを強調し、聞き疲れしにくいサウンドを目指してチューニングされたようです。厚みがあり充実感が高いサウンドで、色づきも良いのが特徴です。爽快感やシャープ感には少し劣るので、人によっては眠たく聞こえるかも知れません。

評価基準について

レビューの各評価点の判断基準は以下の通りです。

  • 原音忠実度:自由音場フラットに基づく判定値。どれだけ自由音場フラット(≒録音音源の再現度)に忠実かを表します。音域ごとに標準偏差から自動で算出、判定されています(低域:20Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~20kHz;全体:63Hz~13kHz)[S+が最も原音忠実]
  • 臨場感/深さ/重み/太さ/厚み/明るさ/硬さ/艶やかさ/鋭さ/脆さ/荒さ/繊細さ/存在感:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、各要素が聴感上ニュートラルからどれだけ強調されて聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[Bが最もニュートラルに近く、S+が最も強調度が高く、D-が最も強調が弱い]
  • 質感の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、200Hz~2.5kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • 定位の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、1.5kHz~8kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • オーケストラのテクスチャ/雅楽のテクスチャ:それぞれのリファレンス音源を用い、各リファレンスイヤホンからの音質差を聴感テストしています。なお、リファレンスイヤホンは参考用であり、S+ほどリファレンスイヤホンに近いというわけではありません。[S+が最も評価が高い]
  • クリア感:THD測定値に基づいて決定されています。[S+が最も評価が高い]

これらの評価値は最終的なスコア算出に影響を与えますが、すべてではありません。

Shanling MTW100-BA
Shanling MTW100-BA

低域(8.0)

  • 原音忠実度:S-
  • 臨場感:B
  • 深さ:B+
  • 重み:A-
  • 太さ:A-
  • 存在感:A-

低域

MTW100-BAの低域は太さと厚みがあり、重量感があります。

量感は豊かに聞こえるので迫力がありますが、中域に対する存在感が少し強すぎるかも知れませんね。せり上がってくる感じも強いので、腰高に聞こえる低域で深みが足りず、音場の拡張性で劣っています。

温かみのあるサウンドが好きなら悪くありませんが、全体のプレゼンテーションのバランスを考えると、重厚感を出しすぎている感じがしますね。床面の安定感は強いですが、中域の不足感を考えると、低域はもう少しプレゼンスを抑えておくべきだったでしょう。

中域(7.5)

  • 原音忠実度:B+
  • 厚み:A-
  • 明るさ:B+
  • 硬さ:B-
  • 存在感:B
中域

MTW100-BAの中域はステージングを重視してチューニングされているようですが、高さが不足しており、奥行きが過剰すぎる傾向があります。

中域は奥の消失点が強調されており、楽器音が奥に向かって吸い込まれていき、またそこから広がっていくように聞こえます。

中域に余裕が感じられないので、窮屈感があります。ボーカルはのびやかさに欠ける傾向がありますね。地平線上に楽器もボーカルも並んで聞こえるので、モニタリングはしやすいですが、開放感に欠けます。

コクピットルームで音楽を聴いてるみたいですね。

高域(8.0)

  • 原音忠実度:D+
  • 艶やかさ:B
  • 鋭さ:B
  • 脆さ:B-
  • 荒さ:D
  • 繊細さ:C-
  • 存在感:B-
高域

高域は単純に高さが足りてませんね。中域で少し過剰に奥行き感が強調されているせいか、前屈みで天井も低く、音楽が閉鎖的に聞こえます。

利点があることも事実で、深さと高さに欠けるので、中域周辺に音が集まる傾向があり、音楽の全体像は分かりやすいです。フォーカス感も良いでしょう。ただ爽快感がなく、妙に元気がないサウンドに聞こえるので、私の好みではありません。

私にはカタルシスの感じられないサウンドです。ただ艶やかで色づきは良いですね。

定位/質感

  • 質感の正確性:C+
  • 定位の正確性:B-
  • オーケストラのテクスチャ:C+
  • 雅楽のテクスチャ:B-

定位と質感は以下の音源によって聴感テストされています。また質感についてはそれぞれリファレンスとするイヤホンは以下の通りです。

オーケストラではコンサートマスターと指揮者の位置関係、チェロとバイオリンのバランスを重視しています。雅楽では篳篥の音が最も力強く聞こえること、とくに「塩梅」がきれいに聞こえることを重視しています。

この項目は各言語音の音域に対応し、西洋音楽(および洋楽)が好きな人はオーケストラのテクスチャを、日本の伝統音楽(および邦楽)が好きな人は雅楽のテクスチャを重視すると満足度が高いでしょう。

オーケストラは天井の低いところで演奏している感じで全然スケール感が出ませんね。また、音圧も稼げない機種のようで、最大音量にしてもクラシックを楽しむほどのダイナミックレンジをカヴァーするは苦しいところがあります。

重厚感は充分なので妙に迫力はありますが、バイオリンが弱々しいのは大きな欠点ですね。あまりオーケストラ向きではないでしょう。

雅楽を聴いてみると、こちらはボディに充分な重厚感があり、和音が滲むように独特の遠近感を出しながら聞こえるので、一聴した印象は悪くないように思えます。開放感に欠けるので、食事の席のような少しプライベートに近い空間で演奏されているように聞こえます。屋形船かお茶屋で雅楽を楽しんでいるようなサウンドですね。

あまり正統派の雅楽表現とは言えない気がしますが、これはこれでなぜか風情を感じます。

グルーヴ/音場/クリア感

  • 音場:C+
  • クリア感:B+

音場

音場は高さが足りず、奥行きが少し過剰ですね。深みにも欠けます。

クリア感は価格の標準は満たしていますね。

音質総評

  • 原音忠実度:A
  • おすすめ度:B
  • 個人的な好み:B-
音質総評

Shanling MTW100-BAのサウンドは少しレトロに聞こえるところがあり、プライベートな雰囲気で音楽を楽しめるややコンパクトな箱庭感があります。

音楽の全体像はわかりやすいですが、スケール感に欠け、少し窮屈に聞こえやすいところは明白な欠点ですね。聴き心地は非常に安定しているので、いつまでも聞き疲れせずに聴けそうなところは美点です。

音質的な特徴

美点

  • ノスタルジックなサウンド
  • 奥行き感のあるサウンド
  • 充実感がある
  • 調和的な雰囲気
  • 穏和
  • 密度感がある
  • 甘味のあるサウンド
  • 人肌感のあるハーモニクス
  • 聴き心地が良い
  • 浸れるサウンド

欠点

  • 拡張性に欠ける
  • 分離感が悪い
  • 中域に音が集まりやすい
  • 眠く聞こえやすいサウンド

ノスタルジックなサウンド
調和的
アナログ感がある

競合機種

HiFiGOレビュー

この製品についてのHiFiGOによるレビューはこちらの記事を参照して下さい。


【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW100 Red:バランスドアーマチュアドライバー搭載のスタイリッシュな完全ワイヤレスイヤホン! – audio-sound @ hatena
完全ワイヤレスイヤホンの設計デザインは、電子機器分野と音響分野の組み合わせでで成り立っており、両者を同時にうまく解決することは容易ではありません。 それが、ほとんどの完全ワイヤレスイヤホンが平均的なサウンドパフォーマンスしか提供できない理由です。 この人気商品の美点の1つは、メーカーが完全ワイヤレスイヤホンの音質にもっと注意を払っていることです。 Shanlingは、aptX / AACのようなCD品質のBluetoothコーデックを追加することで音質向上を行っており、最近では速度と明瞭性のためにバランスドアーマチュアドライバーを組み込んでいます。 デジタルオーディオプレーヤーで有名な中国メーカーであるShanlingが、最新のMTW100 TWSを発表しました。 ホワイト、ブラック、レッドの3色があり、ホワイトの価格は69ドルで、それ以外の色は89ドルになっています。バランスドアーマチュアドライバーを搭載し、数時間のバッテリー駆動時間とより良いサウンド出力を提供します。 追跡番号付きの登録航空便で無料で発送され、世界中に配送することができます。
 

レコーディングシグネチャー

レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。ソースはRME ADI-2 Pro FS R Black EditionFiiO BTA30を用いています。コーデックはAACです。

レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

録音機材
  • SAMREC HATS Type2500RSシステム:HEAD & TORSO、Type4172マイクX2搭載
  • 5055Prot 実時間2ch 自由音場補正フィルター(特注)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Type5050 マイクアンプ電源
  • Bluetoothトランスミッター:FiiO BTA30
  • オーディオインターフェース:Antelope Audio Amari
  • レコーディングソフト:Audacity

GENS D’ARMES(ロック系)

楽曲情報
  • 楽曲名:GENS D’ARMES
  • アルバム名:イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック
  • Copyright © Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Shanling MTW100-BA

白き魔女(クラシック系)

楽曲情報
  • 楽曲名:第3部「白き魔女」: 白き魔女
  • アルバム名:交響曲「ガガーブトリロジー」 ~白き魔女~朱紅い雫~海の檻歌~
  • Copyright © Nihon Falcom Corporation

交響曲「ガガーブトリロジー」 ~白き魔女~朱紅い雫~海の檻歌~
交響曲「ガガーブトリロジー」 ~白き魔女~朱紅い雫~海の檻歌~
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Shanling MTW100-BA

The Silver Will -ギンノイシ-(EDM系)

楽曲情報
  • 楽曲名:The Silver Will -ギンノイシ-
  • アルバム名:空の軌跡ざんまい
  • Copyright © Nihon Falcom Corporation
空の軌跡ざんまい
日本ファルコム 空の軌跡ざんまい
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Shanling MTW100-BA

Sophisticated Fight(JAZZ系)

楽曲情報
  • 楽曲名:Sophisticated Fight
  • アルバム名:英雄伝説 空の軌跡FC&SC スーパーアレンジバージョン
  • Copyright © Nihon Falcom Corporation

日本ファルコム 英雄伝説空の軌跡FC&SC スーパーアレンジバージョン
日本ファルコム 英雄伝説空の軌跡FC&SC スーパーアレンジバージョン
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Shanling MTW100-BA

浮遊大陸アルジェス -Introduction-(OST系)

楽曲情報
  • 楽曲名:浮遊大陸アルジェス -Introduction-
  • アルバム名:Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
  • Copyright © Nihon Falcom Corporation

Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Shanling MTW100-BA

LACRIMOSA OF DANA -Opening Ver.-

楽曲情報
  • 楽曲名:LACRIMOSA OF DANA -Opening Ver.-
  • アルバム名:イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Shanling MTW100-BA

Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-

楽曲情報
  • 楽曲名:Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 Evolution オリジナルサウンドトラック
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Shanling MTW100-BA

巨イナルチカラ

楽曲情報
  • 楽曲名:巨イナルチカラ
  • アルバム名:英雄伝説 閃の軌跡 オリジナルサウンドトラック
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
巨イナルチカラ
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Shanling MTW100-BA

ユルギナイツヨサ

楽曲情報
  • 楽曲名:ユルギナイツヨサ
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 スーパーアレンジバージョン
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
ユルギナイツヨサ
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Shanling MTW100-BA

Formidable Enemy

楽曲情報
  • 楽曲名:Formidable Enemy
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 スーパーアレンジバージョン
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Formidable Enemy
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Shanling MTW100-BA

Intense Chase

楽曲情報
  • 楽曲名:Intense Chase
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 スーパーアレンジバージョン
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Intense Chase
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Shanling MTW100-BA

総評

Shanling MTW100-BA装着感が良く長時間再生できるパワフルなバッテリー性能を持っています。そのサウンドは長時間聴いても聞き疲れない音質で、長旅のお供にはぴったりです。ややゆったりした空間表現を持っているので、少し眠く思えるところもありますが、優しいサウンドが好きならきっと気に入るでしょう。

【まとめ】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ機種まとめ&選び方ガイド
【まとめ】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ機種まとめ&選び方ガイド

この記事では多数ラインナップされている完全ワイヤレスイヤホンの中から、当ブログのおすすめ完全ワイヤレスイヤホンについての情報をまとめます。使い方や使用に当たっての注意点なども解説します。

【完全ワイヤレスイヤホン SoundPEATS T2 レビュー】人気ブランドが投入した低価格ANC搭載完全ワイヤレスイヤホン。低域好きにとっての福音となりうる。一般人はお断り
【完全ワイヤレスイヤホン SoundPEATS T2 レビュー】人気ブランドが投入した低価格ANC搭載完全ワイヤレスイヤホン。低域好きにとっての福音となりうる。一般人はお断り

SoundPEATS T2はそこらへんの一般人が普通に耳につけている、おならのような音がする「音の出るおしゃぶり」とは似て非なるものです。それは別次元の重低音サウンドを持っています。あなたが低域ジャンキーでないなら、このイヤホンからはクソみたいな籠った音しか出ないので、手を出さないことです。

最新の10000円クラス以下おすすめ完全ワイヤレスイヤホンカタログ[2021年4月号]
最新の10000円クラス以下おすすめ完全ワイヤレスイヤホンカタログ[2021年4月号]

完全ワイヤレスイヤホンの市場は近年急速に成長し、2021年もこの分野の成長は著しい伸びを見せることが予想されます。この記事では私自身がレビューテストしたもの、そして多くのレビュアーから賞賛を受けている最新の完全ワイヤレスイヤホンのおすすめ機種をまとめて紹介します。

【完全ワイヤレスイヤホン SoundPEATS Gamer No.1 レビュー】この価格帯ではかなりの良チューニング。全体的にバランスが良く、中域が明瞭なモニターサウンド
【完全ワイヤレスイヤホン SoundPEATS Gamer No.1 レビュー】この価格帯ではかなりの良チューニング。全体的にバランスが良く、中域が明瞭なモニターサウンド

SoundPEATS Gamer No.1は低遅延のゲーミングモードを搭載した完全ワイヤレスイヤホンです。デザインはゲーマー向けを意識しているようですが、実際のところそのサウンドはかなり良質なモニターサウンドで、オーディオファン向きです。

【完全ワイヤレスイヤホン TaoTronics SoundLiberty Pro S10 レビュー】他人とはひと味違うイヤホンを求める人へ。シャープでスタイリッシュなデザインが美しい。ハーモニクスの豊かなサウンドが味わえるが、万人向けではない
【完全ワイヤレスイヤホン TaoTronics SoundLiberty Pro S10 レビュー】他人とはひと味違うイヤホンを求める人へ。シャープでスタイリッシュなデザインが美しい。ハーモニクスの豊かなサウンドが味わえるが、万人向けではない

TaoTronics SoundLiberty Pro S10は私のおすすめのリストの上位に来る製品ではありません。それはシャープで近未来的なデザインを持っているにも関わらず、サウンドは鈍く、非常に穏やかな、どこか保守的ですらあると思えるノスタルジックな音色を持っています。

【完全ワイヤレスイヤホン UGREEN HiTune T2 レビュー】装着感をしっかり整えると、ウォームでポップス向きのバランスの良い音を奏でる。有力なAirPods代替候補
【完全ワイヤレスイヤホン UGREEN HiTune T2 レビュー】装着感をしっかり整えると、ウォームでポップス向きのバランスの良い音を奏でる。有力なAirPods代替候補

UGREEN HiTune T2は適度なディテール感とウォームで聴き心地がよいマイルドさを兼ね備えた完全ワイヤレスイヤホンです。装着感がやや安定しづらく、低域は装着次第でだいぶ量感が変化するという欠点があるのが難点です。

最新の5000円クラス以下おすすめ完全ワイヤレスイヤホンカタログ[2021年4月号]
最新の5000円クラス以下おすすめ完全ワイヤレスイヤホンカタログ[2021年4月号]

完全ワイヤレスイヤホンの市場は近年急速に成長し、2021年もこの分野の成長は著しい伸びを見せることが予想されます。この記事では私自身がレビューテストしたもの、そして多くのレビュアーから賞賛を受けている最新の完全ワイヤレスイヤホンのおすすめ機種をまとめて紹介します。

previous arrow
next arrow
【まとめ】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ機種まとめ&選び方ガイド
【完全ワイヤレスイヤホン SoundPEATS T2 レビュー】人気ブランドが投入した低価格ANC搭載完全ワイヤレスイヤホン。低域好きにとっての福音となりうる。一般人はお断り
最新の10000円クラス以下おすすめ完全ワイヤレスイヤホンカタログ[2021年4月号]
【完全ワイヤレスイヤホン SoundPEATS Gamer No.1 レビュー】この価格帯ではかなりの良チューニング。全体的にバランスが良く、中域が明瞭なモニターサウンド
【完全ワイヤレスイヤホン TaoTronics SoundLiberty Pro S10 レビュー】他人とはひと味違うイヤホンを求める人へ。シャープでスタイリッシュなデザインが美しい。ハーモニクスの豊かなサウンドが味わえるが、万人向けではない
【完全ワイヤレスイヤホン UGREEN HiTune T2 レビュー】装着感をしっかり整えると、ウォームでポップス向きのバランスの良い音を奏でる。有力なAirPods代替候補
最新の5000円クラス以下おすすめ完全ワイヤレスイヤホンカタログ[2021年4月号]
previous arrow
next arrow

Shanling MTW100-BA

Shanling MTW100-BA
8.3

パッケージ

8.5/10

ビルドクオリティ

8.5/10

装着感

9.0/10

高域

8.0/10

中域

7.5/10

低域

8.0/10

歪みの少なさ

8.0/10

通信品質

9.0/10

長所

  • ノスタルジックなサウンド
  • 充実感がある
  • 調和的な雰囲気
  • 穏和
  • 奥行き感のあるサウンド
  • 密度感がある
  • 甘味のあるサウンド
  • 浸れるサウンド
  • 高い通信品質
  • 良好な装着感

短所

  • 拡張性に欠ける
  • 分離感が悪い
  • 中域に音が集まりやすい
  • 眠く聞こえやすいサウンド

コメント