【完全ワイヤレスイヤホン QCY T17 レビュー】音場を重視し、伸びやかで爽やかな高解像、高精細サウンドを聴かせる。ただし中域が薄味

【完全ワイヤレスイヤホン QCY T17 レビュー】音場を重視し、伸びやかで爽やかな高解像、高精細サウンドを聴かせる。ただし中域が薄味3000円~5000円
QCY T17

免責事項

  1. このレビューは誠実な品質レビューを読者に伝えるためにQCYから提供されたサンプルに基づいて書かれています。
  2. これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  3. 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。
  4. 「audio-sound @ premium」はamazon.co.jpおよびamazon.comほか通販サイトの取扱商品を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラム等の参加者です。

QCY T17の概要

こんな人におすすめ

  1. すっきりしたサウンドが好き
  2. 高解像度な音が好き
  3. 優美でのびやかな音が好き
  4. 明るい音が好き
  5. 音場重視

基本スペック

  • 連続/最大再生時間:8h/26h
  • 防水性能:IPX5
  • 対応コーデック:AAC/SBC
  • 技適番号:216-210063/216-210064
  • 価格帯:3000円~5000円

audio-sound スコア
QCY T17
QCY T17

  • パッケージ:7.5/10.0
  • ビルドクオリティ:8.5/10.0
  • 装着感:9.0/10.0
  • 高域:9.0/10.0
  • 中域:8.5/10.0
  • 低域:8.5/10.0
  • 歪みの少なさ:8.0/10.0
  • 通信品質:8.5/10.0
  • コストパフォーマンスボーナス:11.5/10.0

長所と短所

長所

  • のびやかなサウンド
  • 繊細
  • 爽やか
  • メタリック
  • 深みと重みがありながら引き締まった低域
  • すっきりした音
  • 不快な要素の少ない高域
  • 原音忠実度が高い
  • 良好な通信品質

短所

  • エッジ感に欠ける
  • 構築感に欠ける
  • 輪郭がぼんやりしやすい
  • 芯の強さに欠ける、なよなよした音
  • 少し金属質
  • 薄っぺらく聞こえる音
  • アタックが弱い

QCY T17の特徴

  • 6mmチタンドライバーによる高解像サウンド
  • 低遅延モード搭載
  • 1日十分に音楽を楽しめるスペック、ケース込みで最大26時間
  • わずか4gの軽量快適なイヤホン重量
  • 装着感を高め、スポーツでも使えるイヤーウィング形状
  • IPX5防水
  • 現状でQCYアプリのサポートなし
QCY T17
QCY T17
QCY T17
QCY T17
QCY T17
QCY T17
QCY T17
QCY T17

QCY T17:チタンドライバー搭載のQCYの新作エントリー完全ワイヤレスイヤホン

中国の人気ワイヤレスオーディオブランドQCYから新作エントリー完全ワイヤレスイヤホン「QCY T17」が少し前にリリースされました。

QCY T17
QCY T17

QCY T17

¥3,999(税込)

 
 
【完全ワイヤレスイヤホン EarFun Air Pro 2 レビュー】良質なニュートラルサウンドと強力なANC、高い機能性を最高のコスパで実現する完全ワイヤレスイヤホン。欠点ほぼなし。

EarFun Air Pro 2は目下のところ、完全ワイヤレスイヤホン分野での私の推奨リストで最上位を占めます。それは明るく詳細で高解像でありながら、つながりが良く滑らかで聞き心地の安定したスタジオチ Read more

【完全ワイヤレスイヤホン RHA TrueControl ANC レビュー】ニュートラルに近い良好なサウンドバランスで明瞭な音を聞かせる。カスタムIEMのような良好な装着感、多機能なアプリ。わりとよくできた良機種

RHA TrueControl ANCは音質面ではオーディオマニア向きのニュートラル系のサウンドバランスとなっており、オーディオスペック的にも価格の標準レベルを満たしているため、かなりおすすめできる機 Read more

パッケージ(7.5)

QCY T17
QCY T17

QCY T17のパッケージは価格の標準を満たしています。

パッケージ内容

付属品に不足はありません。

  • QCY T17本体
  • 専用充電ケース
  • USB Type-Cケーブル
  • イヤーピース
  • マニュアル
【開封動画】QCY T17

ビルドクオリティ(8.5)

QCY T17
QCY T17

ビルドクオリティは価格を考えると、良好なレベルです。

QCY T17
QCY T17
QCY T17
QCY T17
QCY T17
QCY T17
QCY T17
QCY T17

装着感(9.0)

QCY T17
QCY T17

装着感は良好です。小さな耳でも多分問題ないと思います。

QCY T17
QCY T17

QCY T17
QCY T17
QCY T17
QCY T17

接続品質

AACでCayin N6II/E02と接続してテストしました。価格帯では優秀な接続品質です。

人混みに行ってないのでわかりませんが、家庭内では安定しています。距離耐性は優秀で、5mくらい離れてもシームレスでそのままつながっています。遮蔽物を挟んでも、接続はほとんど問題ないですが、わずかに途切れやすくなります。

ホワイトノイズはわずかにあるかもしれませんが、おそらくほとんどの人が気になりません。

インターフェース/操作方法

操作インターフェースはタッチ式です。

How to Use QCY T17? QCY T17 User Guide
電源ON充電ケースの蓋を開け、イヤホンを取り出す
電源OFF充電ケースにイヤホンを収納する
ペアリングイヤホンを電源ONにしたあと、接続先がない場合は自動でペアリングモード
曲再生/停止多機能ボタンを2回タップ
曲送り右耳側の多機能ボタン を1.5秒長押し
曲戻し左耳側の多機能ボタンを1.5秒長押し
通話応答多機能ボタンを2回タップ
通話終了多機能ボタンを2回タップ
音声アシスタントの起動左側の多機能ボタンを3回タップ
ゲームモードON/OFF右側の多機能ボタンを3回タップ
QCY T17

QCY T17

¥3,999(税込)

 
 

音質

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ(HATS内蔵)
  • Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ・IEC60318-4準拠)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Brüel & Kjær 1704 マイクアンプ電源
  • 出力オーディオインターフェース①:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • 出力オーディオインターフェース②:Antelope Audio Amari
  • 入力オーディオインターフェース:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • アナライザソフト①:TypeDSSF3-L
  • アナライザソフト②:Room EQ Wizard

周波数特性(RAW)

QCY T17 Frequency Response (RAW)
QCY T17 Frequency Response (RAW)
今回の測定値はHATSの測定値に基づき、共振ピークが7.5kHz付近に設定されています。

周波数特性/THD特性/ラウドネスステータスなど

測定値は有料記事をご覧下さい。より詳しい情報が参照できます。

QCY T17

オーディオステータス

QCY T17のオーディオステータス
QCY T17のオーディオステータス
※オーディオステータスは周波数特性(自由音場補正済み)から「各要素に関わる周波数帯域の平均値」を算出し、その特性平均値全体の「全体平均値」を求め、「各要素に関わる周波数帯域の平均値」の「全体平均値」からの乖離を数値化したものです。各要素の相対的な強さを表し、独自のオーディオ指標として試験的に導入しています。

音質解説

QCY T17ニュートラルを意識しつつ、より音場を重視した調整になっています。これは同じくQCYのエントリーモデルであるT13と同じ発想で作られていますが、T17のサウンドの全体はT13よりさらに高域寄りになっており、明るく伸びやかで爽やかな高解像サウンドになっています。

以下のレビューはFiiO M15にSBCでつないでノーマルモードにし、標準イヤーチップ Lサイズでテストしています。

レビューの各評価点の判断基準は以下の通りです。

  • 原音忠実度:自由音場フラットに基づく判定値。どれだけ自由音場フラット(≒録音音源の再現度)に忠実かを表します。音域ごとに標準偏差から自動で算出、判定されています(低域:20Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~20kHz;全体:63Hz~13kHz)[S+が最も原音忠実]
  • 臨場感/深さ/重み/太さ/厚み/明るさ/硬さ/艶やかさ/鋭さ/脆さ/荒さ/繊細さ/存在感:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、各要素が聴感上ニュートラルからどれだけ強調されて聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[Bが最もニュートラルに近く、S+が最も強調度が高く、D-が最も強調が弱い]
  • 質感の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、200Hz~2.5kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • 定位の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、1.5kHz~8kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • オーケストラのテクスチャ/雅楽のテクスチャ:それぞれのリファレンス音源を用い、各リファレンスイヤホンからの音質差を聴感テストしています。なお、リファレンスイヤホンは参考用であり、S+ほどリファレンスイヤホンに近いというわけではありません。[S+が最も評価が高い]
  • クリア感:THD測定値に基づいて決定されています。[S+が最も評価が高い]
  • イメージング:C80測定値に基づいて決定されています。(低域:50Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~10kHz;全体:50Hz~10kHz)[S+が最も評価が高い]

これらの評価値は最終的なスコア算出に影響を与えますが、すべてではありません。

QCY T17
QCY T17

低域(8.5)

  • 原音忠実度:S-
  • 臨場感:B
  • 深さ:A-
  • 重み:A-
  • 太さ:B+
  • 存在感:B+

低域

QCY T17の低域は比較的深くまで到達しています。

中低域にやや膨張感がありますが、ドラムとベースの描き分けはよく、重みもしっかりしているので、脚色はあるものの、レイヤリングは良好です。個人的には好きな調整の低域で、ドラムキックに少しボリューム感を出しつつ、足さばきではタイト感と重みを感じることが出来ます。

ただしランブルは不足するため、生々しさや臨場感は高くなく、重低域マニアを満足させる品質はありません。また、インパクトはあまり強くないので、力強いボトムを味わいたいベースヘッド(低域好き)にはSoundPEATS MINISoundPEATS T2をおすすめします。

中域(8.5)

  • 原音忠実度:S-
  • 厚み:B+
  • 明るさ:B+
  • 硬さ:B
  • 存在感:B

中域

中域はわりと前面に存在していますが、上部は凹んでいます。

エッジ感の不足は気になるところで、音楽の輪郭が丸く、すっきりとなめらかに伸びるように聞こえますが、構築感が不足するため、中域の立体感の再現度は少し良くありません。

リスニングモデルとして聞き流すには非常に心地よい中域ですが、ボーカルや楽器のディテール、質感をしっかり聞こうと思うと、骨格が捉えづらい音です。

スネアのアタックやギターエッジはあまりよく聞こえないので、ロックを聴くには少し物足りない傾向があるでしょう。中域は少し薄味になりやすい傾向があります。

高域(9.0)

  • 原音忠実度:C-
  • 艶やかさ:B
  • 鋭さ:B
  • 脆さ:B-
  • 荒さ:D+
  • 繊細さ:C
  • 存在感:B-

高域

高域はかなりバランスが良く、空気感も悪くなく、伸びやかかつ爽やかに抜ける音を聞くことが出来ます。

中域のエッジ感の少なさもあって、中域から高域はまるでつながっているというようになめらかすぎる傾向があります。質感は少しツルツルして聞こえます。

鮮明感が高く、繊細で爽やかな雰囲気がありますが、やや色彩感が薄くなりやすく、音楽の全体が淡いタッチで描きだされるように感じられるでしょう。

また歯擦音はかなりうまく抑えています。少しすっきりしすぎる代わりに不快感がほとんどない耳に優しい高域になっています。ただしわずかにメタリックに傾いて聞こえるかもしれません。

定位/質感

  • 質感の正確性:A-
  • 定位の正確性:A
  • オーケストラのテクスチャ:A
  • 雅楽のテクスチャ:A

定位と質感は以下の音源によって聴感テストされています。また質感についてはそれぞれリファレンスとするイヤホンは以下の通りです。

オーケストラではコンサートマスターと指揮者の位置関係、チェロとバイオリンのバランスを重視しています。雅楽では篳篥の音が最も力強く聞こえること、とくに「塩梅」がきれいに聞こえることを重視しています。

この項目は各言語音の音域に対応し、西洋音楽(および洋楽)が好きな人はオーケストラのテクスチャを、日本の伝統音楽(および邦楽)が好きな人は雅楽のテクスチャを重視すると満足度が高いでしょう。

バイオリンの音がなよなよツルツルとして聞こえやすく、木管や金管もやや嫋やかで少し力強さが欠けて聞こえるところがありますが、全体的に優美なクラシックを聴かせます。重厚感と濃厚感は今ひとつですが、BGMとしてクラシックを聞きたいときにはこれくらい薄味のほうが良いかもしれません。

雅楽も同じ傾向があり、篳篥の音が少し薄く嫋やかで、表現に幽玄さのようなものが感じられます。薄く漂うような優雅なサウンドで、表現としては薄味過ぎますが、浸りやすい音ですね。悪くありません。

音場/クリア感

  • 音場:A-
  • クリア感:B+
  • イメージング:A-
    • 高域:A
    • 中域:A-
    • 低域:B-

音場

中域で奥行きが強調され、全体も少し遠目に聞こえます。深さはわずかに物足りない気がしますが、高さは十分に思えます。

クリア感は価格帯を考えると優秀です。

解像度は価格を考えると抜群に近いです。

音質総評

  • 原音忠実度:A+
  • おすすめ度:S-
  • 個人的な好み:A+
音質総評

QCY T17はT13を全体的に高域寄りにし、原音忠実度と音場を重視したサウンドと言えます。より伸びやかなサウンドが楽しめますが、中域が薄くなったうえに風通しも良くなったため、全体的に表現が薄味になっています。しかしおそらくチタンドライバーのせいか、解像度が改善しており、総合的な音質ではT13よりおすすめ度が高いと言えます。

音質的な特徴

美点

  • のびやかなサウンド
  • 繊細
  • 爽やか
  • メタリック
  • 深みと重みがありながら引き締まった低域
  • すっきりした音
  • 原音忠実度が高い
  • 不快な要素の少ない高域

欠点

  • エッジ感に欠ける
  • 構築感に欠ける
  • 輪郭がぼんやりしやすい
  • 芯の強さに欠ける、なよなよした音
  • 少し金属質
  • 薄っぺらく聞こえる音
  • アタックが弱い

のびやかで優美
爽やかで繊細
すっきりしている

QCY T17

QCY T17

¥3,999(税込)

 
 
QCY T17
QCY T17
【完全ワイヤレスイヤホン Sudio E2 レビュー】没入感の高い空間オーディオモードが最大の魅力。ANC性能もなかなか良好で機能は充実している

Sudio E2の最大の魅力は独自の空間オーディオモードにあります。それにより高い没入感のサウンドを得られる可能性があります。

【中華イヤホン FAudio Passion レビュー】光沢感のある艶やかな中高域をしっかり聞かせるイヤホン。シンセ音がきれいで緻密なテクノサウンドを楽しませてくれる

FAudio Passionは中高域を鮮やかに聴かせる印象的なイヤホンです。それは音像を安定的にわかりやすく描写し、少し平面的な音場に明るく、把握しやすい形でディテールを再現してくれます。ただし、質感 Read more

レコーディングシグネチャー

レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。レコーディングシグネチャーのソースはFiiO M15でレコーディングにAntelope Audio Amariを用いています。コーデックはSBCで、イヤーピースは標準イヤーピース Sサイズを使用しています。

¥369,600(税込)

  • SAMREC HATS Type2500RSシステム:HEAD & TORSO、Type4172マイクX2搭載
  • 5055Prot 実時間2ch 自由音場補正フィルター(特注)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Brüel & Kjær 1704 マイクアンプ電源
  • Bluetoothトランスミッター:FiiO BTA30
  • オーディオインターフェース:Antelope Audio Amari
  • レコーディングソフト:Audacity

浮遊大陸アルジェス -Introduction-(OST系)

楽曲情報
  • 楽曲名:浮遊大陸アルジェス -Introduction-
  • アルバム名:Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation

Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. QCY T17

Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-

楽曲情報
  • 楽曲名:Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 Evolution オリジナルサウンドトラック
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. QCY T17

Formidable Enemy

楽曲情報
  • 楽曲名:Formidable Enemy
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 スーパーアレンジバージョン
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Formidable Enemy
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. QCY T17

総評

QCY T17T13の音を全体的に明るくしたリファイン版とも言えるサウンドを持っています。より繊細で明るく、爽やか、音場が広く感じられる音が好みならT13よりT17のほうがおすすめです。チタンドライバーの効果なのかわかりませんが、総合的な解像度もT13よりかなり優れています。

QCY T17

QCY T17

¥3,999(税込)

 
 
【まとめ】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ機種まとめ&選び方ガイド
【まとめ】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ機種まとめ&選び方ガイド

この記事では多数ラインナップされている完全ワイヤレスイヤホンの中から、当ブログのおすすめ完全ワイヤレスイヤホンについての情報をまとめます。使い方や使用に当たっての注意点なども解説します。

【完全ワイヤレスイヤホン Tribit Flybuds C1 レビュー】バランスの良い骨太感のある音質を持ち、長時間再生も可能。快適な装着感と操作性を実現した完全ワイヤレスイヤホン
【完全ワイヤレスイヤホン Tribit Flybuds C1 レビュー】バランスの良い骨太感のある音質を持ち、長時間再生も可能。快適な装着感と操作性を実現した完全ワイヤレスイヤホン

Tribit Flybuds C1は全体的な音質のバランスと原音忠実性が高く、長時間再生と快適な装着感を実現した、ランニング愛好者や通勤生活者に最適の完全ワイヤレスイヤホンです。使い勝手が良く、かなりおすすめできる機種です。

【完全ワイヤレスイヤホン Bang&Olfsen E8 Sport レビュー】ディテール感に優れた解像度の高いサウンドが最大の魅力。デザインも機能美に溢れている
【完全ワイヤレスイヤホン Bang&Olfsen E8 Sport レビュー】ディテール感に優れた解像度の高いサウンドが最大の魅力。デザインも機能美に溢れている

B&O E8 Sportはすっきりとした見通しの良い音場を持ち、モニター的なディテール重視のサウンドを聴かせてくれる完全ワイヤレスイヤホンです。印象的な解像感が高く、空間は澄み切っていて、音楽を細やかに楽しむことができます。

【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Whizzer B6 レビュー:身の毛がよだつほどの秀逸TWS
【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Whizzer B6 レビュー:身の毛がよだつほどの秀逸TWS

古典的なオーディオファイルの観点からすると、Whizzer B6はダメです。プロがホームユースのイヤホンに求めるような音の特徴は全くありません。しかし、そのような姿勢を捨てて、さまざまな場面で試してみると、この完全ワイヤレスイヤホンを持つ理由がたくさん見つかりました。

【完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW100-BA レビュー】聞き疲れしないサウンドと装着感。長時間の快適なリスニング環境を実現した完全ワイヤレスイヤホン
【完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW100-BA レビュー】聞き疲れしないサウンドと装着感。長時間の快適なリスニング環境を実現した完全ワイヤレスイヤホン

Shanling MTW100-BAは装着感が良く、長時間再生できるパワフルなバッテリー性能を持っています。そのサウンドは長時間聴いても聞き疲れない音質で、長旅のお供にはぴったりです。ややゆったりした空間表現を持っているので、優しいサウンドが好きならきっと気に入るでしょう。

【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW300レビュー:必携のパーフェクトワイヤレス
【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW300レビュー:必携のパーフェクトワイヤレス

Shanling MTW300は、ユーザーに非常に良い音質を提供する、かなり堅実なTWSイヤホンです。鮮明な解像感、周波数帯域全体の優れた透明感、パンチの効いた没入感のあるサウンド出力、そして十分に適切なビルドクオリティを持っています。

最新の10000円クラス以下おすすめ完全ワイヤレスイヤホンカタログ[2021年4月号]
最新の10000円クラス以下おすすめ完全ワイヤレスイヤホンカタログ[2021年4月号]

完全ワイヤレスイヤホンの市場は近年急速に成長し、2021年もこの分野の成長は著しい伸びを見せることが予想されます。この記事では私自身がレビューテストしたもの、そして多くのレビュアーから賞賛を受けている最新の完全ワイヤレスイヤホンのおすすめ機種をまとめて紹介します。

previous arrow
next arrow
【まとめ】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ機種まとめ&選び方ガイド
【完全ワイヤレスイヤホン Tribit Flybuds C1 レビュー】バランスの良い骨太感のある音質を持ち、長時間再生も可能。快適な装着感と操作性を実現した完全ワイヤレスイヤホン
【完全ワイヤレスイヤホン Bang&Olfsen E8 Sport レビュー】ディテール感に優れた解像度の高いサウンドが最大の魅力。デザインも機能美に溢れている
【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Whizzer B6 レビュー:身の毛がよだつほどの秀逸TWS
【完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW100-BA レビュー】聞き疲れしないサウンドと装着感。長時間の快適なリスニング環境を実現した完全ワイヤレスイヤホン
【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW300レビュー:必携のパーフェクトワイヤレス
最新の10000円クラス以下おすすめ完全ワイヤレスイヤホンカタログ[2021年4月号]
previous arrow
next arrow

QCY T17

QCY T17
8.8

パッケージ

7.5/10

ビルドクオリティ

8.5/10

装着感

9.0/10

高域

9.0/10

中域

8.5/10

低域

8.5/10

歪みの少なさ

8.0/10

通信品質

8.5/10

コストパフォーマンスボーナス

11.5/10

長所

  • のびやかなサウンド
  • 繊細
  • 爽やか
  • メタリック
  • 深みと重みがありながら引き締まった低域
  • すっきりした音
  • 不快な要素の少ない高域
  • 良好な通信品質

短所

  • エッジ感に欠ける
  • 構築感に欠ける
  • 輪郭がぼんやりしやすい
  • 芯の強さに欠ける、なよなよした音
  • 少し金属質
  • 薄っぺらく聞こえる音
  • アタックが弱い

コメント