【完全ワイヤレスイヤホン Tranya F4 レビュー】無難な選択肢。操作性は悪くなく、通信品質は優秀。バッテリー持ちもよい

【完全ワイヤレスイヤホン Tranya F4 レビュー】無難な選択肢。操作性は悪くなく、通信品質は優秀。バッテリー持ちもよい 1000円~3000円

免責事項

  1. このレビューは誠実な品質レビューを読者に伝えるためにTranyaから提供されたサンプルに基づいて書かれています。
  2. これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  3. 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。
  4. 「audio-sound @ premium」はamazon.co.jpおよびamazon.comほか通販サイトの取扱商品を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラム等の参加者です。

Tranya F4の概要

こんな人におすすめ

  • 中域重視
  • 刺さる音や尖る音、高域に敏感
  • 操作性重視
  • 通信品質重視
  • 再生時間重視

基本スペック

  • 連続/最大再生時間:6h/30h
  • 防水性能:IPX5
  • 対応コーデック:AAC/SBC
  • 価格帯:1000円~3000円

audio-soundスコア
Tranya F4

  • パッケージ:7.5/10.0
  • ビルドクオリティ:8.0/10.0
  • 装着感:8.5/10.0
  • 高域:6.0/10.0
  • 中域:7.5/10.0
  • 低域:5.0/10.0
  • 歪みの少なさ:8.0/10.0
  • 通信品質:9.5/10.0

長所と短所

長所

  • 聴き心地が良い
  • 中域への適切なフォーカス
  • マイルドな高域
  • 優秀な解像度
  • 十分に低歪

短所

  • レンジ感が悪い
  • しまりが悪い音
  • 低域の深みに欠ける
  • 高域の拡張性で物足りない
  • 正確でない質感
  • わかりづらい定位感
  • サイレンのように聞こえやすい楽器、拡声器を通したかのようなボーカル
  • サウンドバランスが悪い

Tranya F4の特徴

  • 【プロのサウンドを実現する13mm ドライバーを搭載】Tranya F4 ワイヤレス イヤホンは、13mm大きいドライバーを使用して特別に設計されており、 他の小型ドライバーと比較して、このブルートゥースイヤホンはサウンドステージが広く、明瞭の高音域、透明な中音域、豊かな低音域を実現します。
  • 【30時間再生 & Type-C充電】低電力のチップセット設計により、F4 bluetoothイヤホンは 1 回の充電で 6 時間の連続再生が可能で、充電ケースを使用すると 30 時間まで延長できます。 急速充電ケースを使用すると、10 分の充電で 2 時間再生できます。
  • 【軽量でぴったりフィット&クリアな音声通話】 F4 bluetooth イヤホンは人間工学に基づいたインナーイヤー型デザインを採用し、重量はわずか 3g で、イヤホンを耳にしっかりと固定し、空気のような超快適さを実現します。内蔵の4つのマイクは、周囲のノイズをフィルタリングし、声をはっきりと拾うことができ、ズーム会議、電話会議などで優れたクリアな通話を実現します。
  • 【低遅延ゲームモード】最先端のBluetooth5.3チップ+EDRを搭載したTranya F4 Bluetoothイヤホンは、瞬時ペアリングと中断のない安定した伝送を実現します。低遅延のゲーム モードでは、ゲームやビデオの遅延なく楽しむことができます。
  • 【幅広い互換性 & IPX5 防水】最新の Bluetooth 5.3 チップを搭載したイヤフォンは、初回ペアリングしたら、次回以降ケースから取り出すだけで自動的に接続され、より高速な接続、より安定した伝送、および超低遅延が保証されます。 iPhone、Androidスマホ、ノートパソコンなど、Bluetoothを内蔵したほとんどのデバイスと互換性があります。IPX5の耐水性により、激しいトレーニングやランニングスポーツなどに最適です。
Tranya F4
Tranya F4
Tranya F4
Tranya F4
Tranya F4
Tranya F4
Tranya F4
Tranya F4
Tranya F4
Tranya F4
Tranya F4
Tranya F4

パッケージ(7.5)

Tranya F4
Tranya F4

Tranya F4のパッケージは価格の水準を満たしています。

パッケージ内容

  • イヤホン本体
  • 専用充電ケース
  • Type-Cケーブル
  • マニュアルや保証書類
Tranya F4
Tranya F4
Tranya F4
Tranya F4
Tranya F4
Tranya F4
Tranya F4
Tranya F4
Tranya F4
Tranya F4

ビルドクオリティ(8.0)

Tranya F4

ビルドクオリティは価格の標準を満たしています。

装着感(8.5)

Tranya F4

装着感は良好です。

インナーイヤー型は装着感で音質が変わりやすいですが、少なくとも測定値を確認している感じでは、このイヤホンはそれほど極端でないように思います。

Tranya F4
Tranya F4
Tranya F4

接続品質

AACでCayin N6II/E02と接続してテストしました。価格帯では優秀な接続品質です。

人混みに行ってないのでわかりませんが、家庭内では安定しています。距離耐性は優秀で、5mくらい離れてもシームレスでそのままつながっています。遮蔽物を挟んでも音楽が途切れることはありません。

バックグラウンドノイズは少しあるかもしれませんが、ほとんど気になりません。

インターフェース/操作方法

操作インターフェースはタッチ式です。

電源ON充電ケースの蓋を開け、イヤホンを取り出す
電源OFF充電ケースにイヤホンを収納する
ペアリング電源ON時に接続先がない場合は自動でペアリングモード
曲再生多機能ボタンを1回タップ
再生停止多機能ボタンを1回タップ
曲送り右側の多機能ボタンを3回タップ
曲戻し左側の多機能ボタンを3回タップ
音量を上げる右側の多機能ボタンを2回タップ
音量を下げる左側の多機能ボタンを2回タップ
通話応答多機能ボタンを1回タップ
通話終了多機能ボタンを1回タップ
ゲームモード切替多機能ボタンを4回タップ

音質

HATS測定環境

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ(HATS内蔵)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • 小野測器 SR-2210 センサアンプ
  • 出力オーディオインターフェース①:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • 出力オーディオインターフェース②:Antelope Audio Amari
  • 入力オーディオインターフェース:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition

カプラー測定環境

  • Type5050 マイクアンプ電源
  • Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ・IEC60318-4準拠)
  • オーディオインターフェース:MOTU M2

アナライザソフト

  • TypeDSSF3-L
  • Room EQ Wizard

周波数特性/THD特性/ラウドネスステータス

測定値は有料記事をご覧ください。

UGREEN HiTune X6

オーディオステータス

Tranya F4のオーディオステータス
Tranya F4のオーディオステータス
※オーディオステータスは周波数特性(自由音場補正済み)から「各要素に関わる周波数帯域の平均値」を算出し、その特性平均値全体の「全体平均値」を求め、「各要素に関わる周波数帯域の平均値」の「全体平均値」からの乖離を数値化したものです。各要素の相対的な強さを表し、独自のオーディオ指標として導入しています。

音質解説

今回はFiiO M15とSBCで接続してレビューします。

Tranya F4中域を強調する中域充実系のサウンドシグネチャーを持っています。

レビューの各評価点の判断基準は以下の通りです。

  • 原音忠実度:自由音場フラットに基づく判定値。どれだけ自由音場フラット(≒録音音源の再現度)に忠実かを表します。音域ごとに標準偏差から自動で算出、判定されています(低域:20Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~20kHz;全体:63Hz~13kHz)[S+が最も原音忠実]
  • 臨場感/深さ/重み/太さ/厚み/明るさ/硬さ/艶やかさ/鋭さ/脆さ/荒さ/繊細さ/存在感:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、各要素が聴感上ニュートラルからどれだけ強調されて聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[Bが最もニュートラルに近く、S+が最も強調度が高く、D-が最も強調が弱い]
  • 質感の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、200Hz~2.5kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • 定位の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、1.5kHz~8kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • オーケストラのテクスチャ/雅楽のテクスチャ:それぞれのリファレンス音源を用い、各リファレンスイヤホンからの音質差を聴感テストしています。なお、リファレンスイヤホンは参考用であり、S+ほどリファレンスイヤホンに近いというわけではありません。[S+が最も評価が高い]
  • クリア感:THD測定値に基づいて決定されています。[S+が最も評価が高い]
  • イメージング:C80測定値に基づいて決定されています。(低域:50Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~10kHz;全体:50Hz~10kHz)[S+が最も評価が高い]

これらの評価値は最終的なスコア算出に影響を与えますが、すべてではありません。

Tranya F4
【中華イヤホン iBasso IT01X レビュー】ニュートラルを意識したV字型リスニングモデル。中低域が強くなりやすいのが難点

iBasso IT01Xはニュートラルを意識しつつ、中域を凹ませたV字型のサウンドを持っています。1万円台のリスニングモデルとしてはスペック的に水準を満たしており、悪くない選択肢です。

【中華イヤホン FAudio Passion レビュー】光沢感のある艶やかな中高域をしっかり聞かせるイヤホン。シンセ音がきれいで緻密なテクノサウンドを楽しませてくれる

FAudio Passionは中高域を鮮やかに聴かせる印象的なイヤホンです。それは音像を安定的にわかりやすく描写し、少し平面的な音場に明るく、把握しやすい形でディテールを再現してくれます。ただし、質感 Read more

低域(5.0)

  • 原音忠実度:D
  • 臨場感:D-
  • 深さ:C+
  • 重み:B+
  • 太さ:A-
  • 存在感:C-

低域

インナーイヤー型のF4では低域は特に装着感によって量感が変わりやすいところです。

適切な装着感であればそれなりに低域の「量」は出ると思われますが、それでもレンジの点では不足感が否めません。「質」の点ではほぼ見るべきところがないと言えるでしょう。

インナーイヤー型で低域量を求める場合は、たとえばQCY T20のような選択肢が考えられますが、素直にカナル型を使った方がいいでしょう。

中域(7.5)

  • 原音忠実度:A+
  • 厚み:A+
  • 明るさ:S
  • 硬さ:A
  • 存在感:B

中域

F4は中域を重視しており、最も印象的に聞こえるセクションになります。

全体的に明るく、明瞭で歪みも少なく、きれいに聞こえることは事実ですが、聞こえ方は拡声器を通したような雰囲気になりやすく、ボーカルや楽器音はややうるさげになりやすい傾向があります。

くっきり感は高いものの、聞こえる音像は攪拌されたようにかなり混淆して聞こえる、そういう雰囲気をどう評価するかです。

高域(6.0)

  • 原音忠実度:D+
  • 艶やかさ:A
  • 鋭さ:A-
  • 脆さ:C+
  • 荒さ:D
  • 繊細さ:D
  • 存在感:D-

高域

高域は中域と釣り合いがとれておらず、エネルギーが不足しています。

F4の高域の不足はハイハットの細やかさなど繊細な雰囲気やディテール感の不足につながっており、F4で聴く音楽の全体にメリハリ感が足りない傾向があるのは明白な欠点ととらえられやすいところでしょう。

高域の全体的な不足はピアース感を抑制し、歯擦音も目立たず、聴き心地のマイルドさをもたらしており、こうした要素が影響するピーキーさを大幅に削減しているところもあって、その点でセーフティと言えるかもしれません。

しかしやはり一般的には不足しすぎており、その点で多くの人がF4のサウンドを平凡に感じたり馴染めないように感じる可能性があります。

定位/質感

  • 質感の正確性:C+
  • 定位の正確性:D
  • オーケストラのテクスチャ:D-
  • 雅楽のテクスチャ:D-

定位と質感は以下の音源によって聴感テストされています。また質感についてはそれぞれリファレンスとするイヤホンは以下の通りです。

オーケストラではコンサートマスターと指揮者の位置関係、チェロとバイオリンのバランスを重視しています。雅楽では篳篥の音が最も力強く聞こえること、とくに「塩梅」がきれいに聞こえることを重視しています。

この項目は各言語音の音域に対応し、西洋音楽(および洋楽)が好きな人はオーケストラのテクスチャを、日本の伝統音楽(および邦楽)が好きな人は雅楽のテクスチャを重視すると満足度が高いでしょう。

一般にインナーイヤー型にはオーケストラ鑑賞に向かない十分な理由があります。大抵の場合インナーイヤー型はレンジ感が悪く、低域をはじめ音質は装着感に影響されやすい傾向があります。

F4も例外ではありません。F4の場合はインナーイヤー型に固有の特徴に加えて、ライバルに比べて高域の特性で劣るという問題を抱えており、バイオリンや木管のきれいな伸びが期待できないことを考えると、ますます選択肢として選ばれづらいでしょう。

雅楽も全体的に音像の輪郭が弱く、繊細さにも欠け、のびやかさも感じられません。また笙や篳篥ががなり立てるように、うるさく聞こえやすい傾向にあります。

音場/クリア感/イメージング

  • 音場:C+
  • クリア感:B+
  • イメージング:A-
    • 高域:A
    • 中域:A
    • 低域:B

音場

低域の深さは物足りず、中域は前面におり、高域の拡張性で物足りません。

クリア感は価格の標準以上です。

イメージング性能は価格を考えると抜群に近いです。

 

音質総評

  • 原音忠実度:B+
  • おすすめ度:C
  • 個人的な好み:C

音質総評

Tranya F4の背景には確かなオーディオ技術が存在しており、大口径ドライバーを利用して、価格を考えると十分に低いTHDと非常に高い解像度を実現しているなど、少なくとも同価格帯の人気ブランドと同等クラスの製造能力が感じられ、品質面での欠点は見当たりません。

しかし、チューニングはライバルであるQCYSoundPEATSの同価格帯のインナーイヤー型製品に比べると、バランスに欠けている印象を受けます。

Tranyaはカナル型ではこれらのブランドからそれほど遠い位置にいるとは私は考えていませんが、F4を聴く限り、インナーイヤー型のチューニングでは少し距離を感じます。

音質的な特徴

美点

  • 聴き心地が良い
  • 中域への適切なフォーカス
  • マイルドな高域
  • 優秀な解像度
  • 十分に低歪

欠点

  • レンジ感が悪い
  • しまりが悪い音
  • 低域の深みに欠ける
  • 高域の拡張性で物足りない
  • 正確でない質感
  • わかりづらい定位感
  • サイレンのように聞こえやすい楽器、拡声器を通したかのようなボーカル
  • サウンドバランスが悪い
【完全ワイヤレスイヤホン Tranya F4 レビュー】無難な選択肢。操作性は悪くなく、通信品質は優秀。バッテリー持ちもよい

聴き心地が良い
中域への適切なフォーカス
優れた解像度

Tranya F4
Tranya F4
Tranya F4
Tranya F4
Tranya F4

ソードアート・オンライン アリシゼーション SSSフィギュア シリカ

ソードアート・オンライン アリシゼーション SSSフィギュア シリカ

ソードアート・オンライン アリシゼーション SSSフィギュア シリカ 

 
 
 
 
 
 

レコーディングシグネチャー

レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。レコーディングシグネチャーのソースはFiiO M15でレコーディングにAntelope Audio Amariを用いています。コーデックはaptXで、イヤーピースは標準イヤーピース Sサイズを使用しています。

¥369,600(税込)

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • 5055Prot 実時間2ch 自由音場補正フィルター(特注)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Brüel & Kjær 1704 マイクアンプ電源
  • Bluetoothトランスミッター:FiiO BTA30
  • オーディオインターフェース:Antelope Audio Amari
  • レコーディングソフト:Audacity

浮遊大陸アルジェス -Introduction-(OST系)

楽曲情報
  • 楽曲名:浮遊大陸アルジェス -Introduction-
  • アルバム名:Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation

Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Tranya F4

Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-

楽曲情報
  • 楽曲名:Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 Evolution オリジナルサウンドトラック
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Tranya F4

Formidable Enemy

楽曲情報
  • 楽曲名:Formidable Enemy
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 スーパーアレンジバージョン
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Formidable Enemy
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Tranya F4

総評

Tranya F4は特別におすすめできるという製品ではないでしょう。音質面では技術的に見るべきところがいくらかあるものの、バランスの悪さを考えると普通か少し物足りない機種です。高域に敏感な人にとってセーフティな選択肢ではあり、極端に使いづらいという感じではありません。操作性や通信品質、バッテリー性能などを含め総合的に考えると、低価格としてはまとまっていると言え、総合的には安全な投資先であると言えるかもしれません。ただし魅力的な投資先ではないでしょう。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

HiFiGOは、現在購入できるHiFi IEMのトップ5をテストしてリストにまとめることで、あなたを助けようと思います。このリストは、$500以下の価格帯から選ばれています($100以下のベスト、$200以下のベスト、など)。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

Tranya F4

7.5

パッケージ

7.5/10

ビルドクオリティ

8.0/10

装着感

8.5/10

高域

6.0/10

中域

7.5/10

低域

5.0/10

歪みの少なさ

8.0/10

通信品質

9.5/10

長所

  • 聴き心地が良い
  • 中域への適切なフォーカス
  • マイルドな高域
  • 優秀な解像度
  • 十分に低歪

短所

  • レンジ感が悪い
  • しまりが悪い音
  • 低域の深みに欠ける
  • 高域の拡張性で物足りない
  • 正確でない質感
  • わかりづらい定位感
  • サイレンのように聞こえやすい楽器、拡声器を通したかのようなボーカル
  • サウンドバランスが悪い

コメント



タイトルとURLをコピーしました