おすすめ度:A-

20000円~30000円

【中華イヤホン Audiosense DT600 レビュー】アンプやリケーブルで音が変わるオーディオマニア向けイヤホン。そのサウンドの幅は厚みのある中域充実系から、輝きに満ちて幻想的に聞こえるキラキラ系高域寄りフラットサウンドまで、多彩に変化する!

Audiosense DT600はDAPやポタアン、据え置きアンプなど、音響機器を多数持つ人こそ喜びを感じるような、非常にマニアックなイヤホンです。このイヤホンは本当に、接続する機器によって音が変化するため、アンプやリケーブルを駆使して自分好みの駆動を楽しむ人向けのコアな商品です。
3000円~5000円

【完全ワイヤレスイヤホン EarFun Free 2 レビュー】EarFun Freeの系譜を受け継ぐ深みのある低域と艶やかな中高域を持つドンシャリサウンド。ロック向き

EarFun Free 2は深みのある低域と艶やかな中高域が楽しめるドンシャリサウンドを持つ完全ワイヤレスイヤホンです。通信品質も良好で、ワイヤレス充電や低遅延のゲームモードにも対応しており、総合力は高い製品です。
10000円~20000円

【中華イヤホン Shuoer Tape レビュー】拡散音場に基づいた豊かな広がりのある音場感が魅力。響きの奔流に包まれるように音楽を楽しめる

Shuoer Tapeは拡散音場に基づく響きの豊かな、没入感の高いサウンドを持っているのが特徴です。クリア感も高く、音の明瞭性に優れています。響きの豊かさは音場の広さを印象的に拡大し、音楽の世界の中にまるごと没入できるような懐の深い表現をもたらします。
50000円~100000円

【モニターヘッドホン TAGO STUDIO T3-01 レビュー】ボーカル中心にステージングの良い中域を聴かせるスタジオモニターヘッドホン。音の質感が非常に自然

Tago Studio T3-01は自由音場フラットを意識したバランスの良いサウンドを持っているヘッドホンです。拡張性に乏しいところは欠点ですが、ステージングの良い中域を前面に押し出して、ボーカルを丁寧に聞かせてくれます。
50000円~100000円

【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド

Shuoer EJ07はフラットにほぼ忠実なサウンドを持っており、全体的な原音充実度の高さと中域の自然な質感が魅力です。音場はやや奥に定位され、余裕が感じられて聴き心地に優れていますが、迫力やダイナミクスに不足を感じやすいところは難点です。
3000円~5000円

【中華イヤホン BLON MINI レビュー】比較的定位が明瞭で、艶やかで印象的な中高域と太い低域を持つコントラスト感の高いドンシャリサウンド

BLON MINIは比較的優れた工作精度を持つ低価格帯のイヤホンです。比較的明瞭な定位感と艶やかで印象的な中高域を持っており、第一印象は悪くないでしょう。サウンドの底辺は太く、力強いので艶やかなイヤホンにありがちな音が細く聞こえる印象もあまりありません。
10000円~20000円

【中華イヤホン Shuoer Soloist レビュー】力強く艶やかな歌声フォルマントへのこだわり。非常にクリアなボーカルが迫ってくるような独特のサウンドが楽曲から情熱を引き出し、高い没入感を生む

Shuoer Soloistは1万円台では破格と言えるサウンドを持っています。少なくともオーディオスペックの上では価格を考えると信じられないくらいクリアなサウンドを実現し、まるで天上にいるかのような美しいサウンドを聴かせますが、定位は少し不自然です。
50000円~100000円

【中華イヤホン Shuoer Conductor レビュー】ハーマンターゲットカーブにかなり忠実でバランスが良く、静電型らしい音像描写力もあるが、それだけにマイクロディテールや空気感の不足が少し目立つ惜作

Shuoer Conductorはハーマンターゲットカーブにほとんど忠実で、静電型特有のきわめて品質の高い高域が特徴です。そしてバランス感覚もかなり優れています。マイクロディテールや拡張性に不足を感じますが、総じて完成度は高いです。
10000円~20000円

【中華イヤホン Shuoer Tape Pro レビュー】中域の構築感が比較的しっかりしており、硬い質感で音楽の骨組みをしっかり把握できる構築的なモニターサウンド。ビルドクオリティが優秀

Shuoer Tape Proは比較的正確な中域定位を持ち、構築感に優れているモニターライクサウンドを持っているイヤホンです。高域の拡張性には欠けますが、中域をしっかりと明晰に聴かせる能力に長けています。室内楽やJAZZ、EDM、テクノを好むユーザーには満足度が高いと思われます。
3000円~5000円

【モニターヘッドホン Mackie MC-100 レビュー】ボーカル中心で中域をしっかり聞かせるリッチでウォームなレコーディングモニター。動画のナレーションもしっかり聞き取れる。ボーカリスト向き

Mackie MC-100はボーカル中心に音源の心臓部を丁寧に聴かせるレコーディングモニターヘッドホンです。ボーカルが非常に聞き取りやすいのでボーカリスト向きであるだけでなく、音楽鑑賞用や動画鑑賞用としても歌詞やナレーションが埋没せずにクリアに聞き取れる点が利点になります。
10000円~20000円

【完全ワイヤレスイヤホン Ausounds AU Frequency ANC レビュー】価格帯標準以上のANC性能を持ち、重厚でドラムが楽しい没入感の高いサウンド。外出時に周辺音を気にせず楽しめるプライベートな音楽空間を作り出すイヤホン

Ausounds AU Frequency ANCは拡散音場に基づいた比較的バランスの良いサウンドを持ち、重厚感を生み出す生き生きしたグルーヴをもたらすドラムと艶やかな色づきの良い中高域によって、音楽を華やかで精彩に満ちた没入感の高いものにします。
5000円~10000円

【完全ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW11 レビュー】深く黒い重低音サウンドと緻密な中高域。立体的な音場。SONY WF-XB700の強力な対抗馬であり、コントラストの高いサウンドはEDMを精彩に満ちたものにする

M-SOUNDS MS-TW11は黒みのある重低域により音楽全体に引き締まった高いコントラストをもたらしてくれるイヤホンです。それはより深いローエンドのランブルやサンプを強く引き出しすぎないので、重度の低域ジャンキー向きではありませんが、それ以外の多くの人にとってうるさすぎない低域バランスを保っており、比較的万人向きです。
10000円~20000円

【中華イヤホン ROSE QT-7 Pro レビュー】アンプラグドライブを引き立てるボーカルホン

ROSE QT-7 Proはビルドクオリティもよく、パッケージ内容も豊富で1万円台ではなかなか魅力的なイヤホンです。そのサウンドはライブ感のある重低域を持ち、生き生きとしたボーカルをフォーカスして丁寧に聞かせます。それはアンプラグドなライブミュージックをとくに楽しませてくれるでしょう。
5000円~10000円

【完全ワイヤレスイヤホン EarFun Free Pro レビュー】深く重いブームを持つ低域とディテール感を感じさせる情報量の多い中高域が印象的なV字サウンド。ANC性能は価格帯の標準レベル

EarFun Free ProはEarFun Freeの低域重視のサウンドを引き継ぎながら、ANCやヒアスルーを搭載し、よりスポーツ向きの高い装着感を実現したイヤホンです。アクティブノイズキャンセリング性能は高いとは言えませんが、価格を考えると完成度は高いです。
10000円~20000円

【中華イヤホン FiiO FH3 レビュー】バランスの良い音質と素晴らしいパッケージクオリティ。2万円以下の定番機種

FiiO FH3はボーカルフォーカスの良いフラットに近いサウンドを実現しており、バランスの良いモニターサウンドを求めている人には有力な選択肢です。パッケージングや本体のビルドクオリティ、付属品も値段を考えるととても満足できるレベルで、この価格帯ではかなり有力な選択肢になるはずです。
タイトルとURLをコピーしました