低域スコア上位

【中華イヤホン TANCHJIM ZERO レビュー】華やかかつ軽やかなサウンドが魅力。質感と定位感の再現度に優れ、解像度も優秀1000円~3000円

【中華イヤホン TANCHJIM ZERO レビュー】華やかかつ軽やかなサウンドが魅力。質感と定位感の再現度に優れ、解像度も優秀

明るく華やかで抜けの良いサウンドが好きなら、きっとTANCHJIM ZEROを気に入ることでしょう。それはオーディオスペックの点でも1万円以上の多くの機種より優れており、サウンドバランスも非常によく整えられています。
【中華イヤホン Tripowin Rhombus レビュー】独特のマテリアルデザインの外観が美しい。サウンドバランスも良好で、艶のある音楽を再現する10000円~20000円

【中華イヤホン Tripowin Rhombus レビュー】独特のマテリアルデザインの外観が美しい。サウンドバランスも良好で、艶のある音楽を再現する

美しい外観が魅力のTripowin Rhombus。サウンドも比較的バランスが良く、艶やかで色気のある雰囲気で華やかな風味で音楽を再現してくれます。
【中華イヤホン Tripowin Cencibel レビュー】ソリッドに音楽をかっつりと描き出す。外観デザインも美しい5000円~10000円

【中華イヤホン Tripowin Cencibel レビュー】ソリッドに音楽をかっつりと描き出す。外観デザインも美しい

ソリッドで明るい音が好きなら、Tripowin Cencibelを気に入るかもしれません。クリア感や解像度は価格以上に優れており、外観デザインもかなり美しく造形されています。
【中華イヤホン Open Audio Mercury 2.0(プレファイナル) レビュー】原型機のサウンドバランスを改善し、より解像度を高めたブラッシュアップモデル50000円~100000円

【中華イヤホン Open Audio Mercury 2.0(プレファイナル) レビュー】原型機のサウンドバランスを改善し、より解像度を高めたブラッシュアップモデル

Mercury 2.0は音質的には原型機の解像度と原音忠実度を改善した改良版です。それはオリジナルのハーモニクスが豊かな中域の雰囲気を維持しながら、より前面に出し、HiFi的で現代的なサウンドに改良し、基本的なクオリティが向上しています。
【完全ワイヤレス集音器 クロスブレイン きこエール レビュー】高域が繊細で心地よい。サウンドバランスは良好10000円~20000円

【完全ワイヤレス集音器 クロスブレイン きこエール レビュー】高域が繊細で心地よい。サウンドバランスは良好

クロスブレイン きこエールは良好なサウンドバランスを持っています。高域が非常にうまく調整されており、やや高域が弱く聞こえがちな中高年にマッチしているサウンドで、きこエールのターゲット層向けにうまく適合しています。
【完全ワイヤレスイヤホン QCY T1C レビュー】重厚感のあるサウンド。しかし使い勝手や音質はやや古臭い3000円~5000円

【完全ワイヤレスイヤホン QCY T1C レビュー】重厚感のあるサウンド。しかし使い勝手や音質はやや古臭い

重厚感のあるサウンドが好きならQCY T1Cを検討するのも悪くないかもしれません。
【密閉型ヘッドホン 城下工業 SoundWarrior SW-HP20 レビュー】解像度に優れたリスニングヘッドホン20000円~30000円

【密閉型ヘッドホン 城下工業 SoundWarrior SW-HP20 レビュー】解像度に優れたリスニングヘッドホン

城下工業 SoundWarrior SW-HP20は高い解像度を実現したリスニングヘッドホンです。
【完全ワイヤレスイヤホン Realme Buds Q レビュー】重量感のある低域と抜けの良い高域が共存したU字重ドンシャリ。解像度は高い3000円~5000円

【完全ワイヤレスイヤホン Realme Buds Q レビュー】重量感のある低域と抜けの良い高域が共存したU字重ドンシャリ。解像度は高い

Realme Buds Qは高い解像度で低域が強調されたU字ドンシャリの音を聞かせるイヤホンです。
【ハイエンドイヤホン Campfire Audio Solaris 2020 レビュー】深みのある重低域が最大の魅力100000円~200000円

【ハイエンドイヤホン Campfire Audio Solaris 2020 レビュー】深みのある重低域が最大の魅力

深みのある良質な低域と上品でシックな音が気に入るなら、Campfire Audio Solaris 2020は検討に値するかもしれません。
【中華イヤホン Open Audio Mercury レビュー】豊かなハーモニクスで音楽をノスタルジックに描き出す優れたアナログ系リスニングイヤホン50000円~100000円

【中華イヤホン Open Audio Mercury レビュー】豊かなハーモニクスで音楽をノスタルジックに描き出す優れたアナログ系リスニングイヤホン

Open Audio Mercuryは独特のハーモニックで艶のあるサウンドを持つイヤホンです。
【中華イヤホン Open Audio Witch レビュー】重厚なV字サウンド。低歪10000円~20000円

【中華イヤホン Open Audio Witch レビュー】重厚なV字サウンド。低歪

Open Audio Witchは重厚なドンシャリサウンドを聴かせてくれるイヤホンです。ビルドクオリティも悪くなく、歪率などの測定値から考えると、価格に見合った素材で作られているだろうことはわかります。
【中華イヤホン Open Audio Alkaid レビュー】明瞭で繊細、詳細なディテールをこぼすところなく伝える優れたモニターイヤホン100000円~200000円

【中華イヤホン Open Audio Alkaid レビュー】明瞭で繊細、詳細なディテールをこぼすところなく伝える優れたモニターイヤホン

Open Audio Alkaidは全音域にわたり明瞭性が高く、繊細で分析的なサウンドを持つハイエンドイヤホンです。
【中華イヤホン FloAudio CALLA レビュー】メロウで奥行き感のある音を奏でる優れたリスニングイヤホン5000円~10000円

【中華イヤホン FloAudio CALLA レビュー】メロウで奥行き感のある音を奏でる優れたリスニングイヤホン

FloAudioはCALLAのサウンドを高価格帯のイヤホンと同程度のパフォーマンスを持っていると自負していましたが、実際のところ、その主張はほとんどその通りです。
【モニターイヤホン Etymotic Research ER2SE レビュー】ニアフィールド系モニターイヤホンの良入門機種。素晴らしい品質管理を低価格で実現10000円~20000円

【モニターイヤホン Etymotic Research ER2SE レビュー】ニアフィールド系モニターイヤホンの良入門機種。素晴らしい品質管理を低価格で実現

Etymotic Research ER2SEはEtymoticのエントリークラスとして上位機種と同じ使い勝手とほぼ同様のサウンドを廉価な価格で提供するモデルです。
【中華イヤホン 7Hz Salnotes ZERO レビュー】優れたバランス感覚と秀でた解像度を持つ一貫性のある高品質サウンド3000円~5000円

【中華イヤホン 7Hz Salnotes ZERO レビュー】優れたバランス感覚と秀でた解像度を持つ一貫性のある高品質サウンド

7Hz Salnotes ZEROはエントリークラスに登場した新たな刺客です。それは非常にバランスの良いサウンドと価格帯の水準を超える解像度とオーディオスペックを持つイヤホンです。
【中華イヤホン RAPTGO LEAF レビュー】高い解像度で透明な中域を実現する価格帯最高クラスのスタジオモニターサウンド10000円~20000円

【中華イヤホン RAPTGO LEAF レビュー】高い解像度で透明な中域を実現する価格帯最高クラスのスタジオモニターサウンド

RAPTGO LEAFは1万円台に登場した新たなシングルDDのスターの一人であり、この価格帯にひしめく強豪たちと十分競合できる価格帯最高クラスのイヤホンです。
【中華イヤホン RAPTGO HOOK-X レビュー】良質なスタジオチューニングモニター。色鮮やかな美しい中域でボーカルをきれいに描き出す30000円~50000円

【中華イヤホン RAPTGO HOOK-X レビュー】良質なスタジオチューニングモニター。色鮮やかな美しい中域でボーカルをきれいに描き出す

RAPTGO HOOK-Xは平面駆動型とピエゾドライバーを組み合わせるという斬新な構成を持ちながら、サウンドバランスは良好なスタジオチューニングスタイルによくまとめられた、全体的な完成度が非常に高いイヤホンです。
【中華イヤホン 7Hz x Crinacle Salnotes Dioko レビュー】サウンドバランスや歪率の低さは優秀だが、解像度が低いのが難点10000円~20000円

【中華イヤホン 7Hz x Crinacle Salnotes Dioko レビュー】サウンドバランスや歪率の低さは優秀だが、解像度が低いのが難点

7Hz x Crinacle Salnotes Diokoは優れたサウンドバランスと低歪でクリーンなサウンドを持ち、爽やかで繊細な音を聞かせてくれるイヤホンです。
【完全ワイヤレスイヤホン QCY T20 レビュー】インナーイヤー低域番長5000円~10000円

【完全ワイヤレスイヤホン QCY T20 レビュー】インナーイヤー低域番長

QCY T20はブランドの説明通り、パワフルな重低域を持つ典型的な「低域番長」です。
【完全ワイヤレスイヤホン JVC HA-AE5T レビュー】国産ブランドの矜持を見せる絶妙のチューニングと高品位な品質管理10000円~20000円

【完全ワイヤレスイヤホン JVC HA-AE5T レビュー】国産ブランドの矜持を見せる絶妙のチューニングと高品位な品質管理

JVC HA-AE5Tは私の愛してやまないブランドが生み出した現今最高峰のエントリークラス完全ワイヤレスイヤホンです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました