【HiFiGOレビュー】中華イヤホン TRI Starlight レビュー:きわめてディテールの細やかな音楽体験!

Tri Starlight50000円~100000円
Tri Starlight

TRIは、昨年発売されたフラッグシップモデルのStarlightで、トライブリッドとESTドライバーの最新トレンドに追随しました。$799.99という価格設定で、TRIオーディオの素晴らしい製品群を牽引してきました。

このIEMは、4つのESTドライバー、2つのバランスド・アーマチュア、およびCNTダイナミック・ドライバー・ユニットを含む、優れた7ドライバー・トライブリッド構成を備えています。

Starlightは、Zレビューのような有名なユーチューバーから絶賛されており、私は興奮して自分のためにペアを購入してしまいました。

今日は、この美しいIEMの開封とファーストインプレッションをご紹介します。技術的な詳細や主な機能については、こちらのTRI Starlightのストアページをご覧ください。

Tri Starlight
Tri Starlight

この製品の要点

  1. 9ドライバーハイブリッド構成
  2. ノズルフィルター交換による3種類のサウンド調整
  3. 低域のインパクトに優れるウォームサウンド

TRI Audioについて

TRI Audioは、KBEarのサブブランドとして2018年に設立されましたが、主に中価格帯から高価格帯のIEMに焦点を当てています。彼らは2019年に最初のIEMであるTRI I3をリリースしましたが、これは現在でも市場で最も成功している平面駆動型ドライバーIEMの1つです。このブランドは、オーディオファンのニーズに応えるために、高品質なサウンドパフォーマンスを備えたデザイン性の高い美しいIEMを提供することに常に注力してきました。

Starlightは、プレミアムドライバーを搭載したフラッグシップモデルで、価格は$799.99です。それでは早速、開封の儀をお見せしましょう。

Tri Starlight
Tri Starlight

パッケージと付属品

Starlightのパッケージは非常にシンプルです。長方形の黒い箱で、正面には金色のTRIロゴがあるだけです。中には美しいイヤーピースがしっかりと収まっており、前面には美しいシルバーのキャリーケースと2組のフォームイヤーチップが付いています。キャリーケースの中には、付属のケーブルと数組のシリコン製イヤーチップが安全に保管されています。

Tri Starlight
Tri Starlight

Starlightのプレゼンテーションは、ミニマムでシンプル、そしてエレガントなパッケージとなっています。私がTRI Starlightのパッケージを開封する様子は、以下のHiFiGo YouTubeチャンネルでご覧いただけます。

パッケージ開梱動画

TRI Starlight 4 Electrostatic IEM First look

パッケージ内容

パッケージの内容は以下のとおりです。

  • TRI Starlightイヤホン
  • 3.5mm終端プラグ付き標準2ピンコネクターケーブル
  • キャリーケース
  • 2組のフォームチップ
  • 9組のシリコンチップ
  • 保証書
Tri Starlight
Tri Starlight

デザインとビルドクオリティ

Starlightのイヤーシェルは、フェイスパネルにキラキラとした仕上げを施し、インナーシェルを透明にした華やかなルックスを持っています。Starlightのイヤーシェルは、フェイスプレートにユニークで繊細なデザインが施されています。インナーシェルは完全に透明で、複数のドライバーユニットがキャビティ内に整然と配置されているのがよくわかります。7個のドライバーを搭載してもシェルサイズを小さくできるのは、TRIのエンジニアの優れた技術力によるものです。また、ドライバーからイヤーノズルまでの複数のアコースティックチューブも確認できます。

Tri Starlight
Tri Starlight

キャビティ全体に高品質な樹脂素材を使用し、イヤーシェルの軽量化を図りながらも頑丈な作りになっています。キャリーケース、イヤーチップ、ケーブルなどの付属品も非常に高品質です。ケーブルはリッチで高級感があり、重さもそれほど感じません。標準的な2ピンのコネクターと、3.5mmの終端プラグを備えています。

Tri Starlight
Tri Starlight

駆動性

Starlightのインピーダンス定格の低さを甘く見てはいけません。このIEMは、スマートフォンでは物足りず、より優れたパワフルなソースで輝きます。スマートフォンにつないだ場合、十分な音量で音を出すことができますが、出力は肥大して歪んでいるように聞こえます。

しかし、FiiOのハイレゾプレーヤー「M11 Pro」のような、十分な性能を持ったソースと組み合わせると、Starlightは見事なサウンドパフォーマンスを見せてくれます。

個人的には、Mate 40 RS、Hidizs S9とMate 40 RS、FiiO M11 Pro、iBasso DX300の上に汎用ドングルを置いて、このIEMをテクスチャリングテストしました。一般的なドングルではこのIEMはうまく動作しませんでしたが、Hidizs S9では必要なダイナミクスと技術性を出力に加えることができました。一方、FiiO M11 ProやiBassoのDX300のようなハイレゾプレーヤーとの相性は最高でした。

私の意見では、一般的なドングルや3.5mmのスマートフォンからの直接出力では、Starlightの良さを十分に発揮できません。少なくとも、HIDIZS S9Lotto PAW S1Luxury & Precision W1などの優れたドングルDAC/AMPや、DX160、M11 Pro、DX300などのハイレゾプレーヤーと一緒に使うことをお勧めします。

Tri Starlight
Tri Starlight

音質

TRI Starlightは、非常に緻密なサウンド表現が特徴です。ディテールの再現性が素晴らしく、楽器の一音一音に重みがあり、分離感に優れています。このIEMは、自然なトーンと音色でリファレンスグレードの出力を持っています。特定の周波数を強調するようなことはなく、すべての周波数が素晴らしいトーンバランスで表現されています。DDユニットは、インパクトのある低音と、素早くパンチの効いた中低音、そしてパワフルな低音を再生します。中域はやや奥まった表現で、ボーカルのディテールがよく出ており、楽器の表現もエアリーです。高音は輝きがあり、ディテールの再現性が高く、楽器の透明感が際立ちます。高音には余分な輝きがあり、高音に敏感な人には合わないかもしれませんが、私はこのIEMの魅力的な表現が気に入りました。

Tri Starlight
Tri Starlight

低域

Starlightは、タイトでパンチの効いた低音域の表現が特徴です。パンチの効いた中低域レスポンスと重低域領域のパワフルなランブルで他の周波数を補完します。このような深いパンチがあっても、低音域はその領域内でうまくコントロールされています。

Billie EilishのBad Guyのような低音の強い曲でも、低音が強調されたり、中音域に流れ込んだりすることなく、全体的にすっきりとした印象を与えてくれます。ベースヘッドIEMと呼ぶほどではありませんが、十分にパンチの効いた出力だと感じています。

この低音のパンチは洗練されており、明確なテクスチャーを持っています。Starlightの没入感のあるサウンド出力をさらに高めています。

Tri Starlight
Tri Starlight

中域

中域は一歩引いたところにあり、やや奥まった感じで透明感のある音です。ボーカルと楽器は、自然な音色とトーンを持ち、まさに素晴らしいサウンドです。男性ボーカルも女性ボーカルも鮮明で、豊かなトーンを持っています。補完的な低音と非常に緻密な楽器により、中音域がよく補完された出力となっています。

高域

Starlightは、4基のESTドライバーにより、高音部に究極の透明感を実現しています。このIEMは、生き生きとした、エネルギッシュできらめく高域レスポンスを持ち、楽器のディテールを見事に表現します。それぞれの楽器の音が別々に聞こえ、このような高いディテールは、ユーザーに非常に楽しいサウンド体験をもたらします。高音に敏感な人には少し力強さを感じるかもしれませんが、それはEQアプリでコントロールできます。しかし、個人的には、このIEMの見事なディテールの再現性が気に入りました。

Tri Starlight
Tri Starlight

音場と解像感

Starlightは、奥行きと高さが感じられる広い音場表現を持っています。イメージング、レイヤリング、トーンバランスなど、出力の技術的な面でも優れており、総合的に優れたパフォーマンスを発揮します。

Tri Starlight
Tri Starlight

総評

Tri Starlightは、整ったルックス、楽器のディテールの美しさ、究極の透明感、そしてパンチの効いた低音域のレスポンスで、すぐにお気に入りになりました。私はいつも、IEMが楽器の分離とディテールの質を高めてくれるのが好きです。また、このIEMのトーンバランスも魅力の一つです。Starlightの唯一の問題点は、非常にシンプルなパッケージと、高音部にわずかに過剰の輝きがあることですが、それ以外は素晴らしいIEMです。

詳細はこちらのHiFiGoストアページでご覧いただけます。

【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい
【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい

qdc Dmagic 3Dはうねるようなグルーヴ感とクリアな明瞭感、リッチな優雅さを兼ね備えたハイエンドイヤホンです。わくわくする活気に満ちた楽しいリスニングサウンドを求めている場合、このイヤホンは最高に魅力的に思えるでしょう。音楽を楽しくする魔法がかかっているイヤホンです。

【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド
【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド

Shuoer EJ07はフラットにほぼ忠実なサウンドを持っており、全体的な原音充実度の高さと中域の自然な質感が魅力です。音場はやや奥に定位され、余裕が感じられて聴き心地に優れていますが、迫力やダイナミクスに不足を感じやすいところは難点です。

【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力
【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力

BQEYZ Summerは1万円台の新たなスタープレーヤーです。ハイブリッドドライバーモデルでありながら、非常に低歪であり、かつほぼ完全にニュートラルに近いので、かなり原音に近い質感の中域を持ち、万人向けの素晴らしいサウンドを実現している良機種です。

【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域
【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域

Behringer MO240は中域のステージングが良好で、広々とした開放的な音場にディテール感の高い繊細な音がすっきりと見通せるように聞こえる良質なモニターイヤホンです。クリア感も高く、駆動も容易な上、パッケージクオリティも高いので非常に高いコストパフォーマンスが感じられます。

【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い
【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い

Shuoer Singerはこの価格帯で買えるイヤホンの中では音質的な完成度が高く、フラットで万人向きのサウンドになっています。音場は少し狭いですが、定位の明瞭性は高く、その名の通り、ボーカルフォーカスが良好な点が魅力です。

中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)
中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)

この記事ではオーディオマニアの間で人気の中華イヤホンに関する知識と最新情報をお届けします。この記事を読めば、あなたも今日から中華イヤホン通になれます!

【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる
【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる

音楽の聞き心地、聴き疲れのなさを重視するなら、KBEAR NEONはかなりおすすめできます。円筒形のそのイヤホンは、挿入深度も調整しやすく、少しでも音に尖りを感じたら、イヤーピースを小さくしてより深く挿入することで簡単にその尖りを消すことができます。

previous arrow
next arrow
【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい
【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド
【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力
【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域
【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い
中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)
【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる
previous arrow
next arrow

コメント



タイトルとURLをコピーしました