20000円~30000円

20000円~30000円

【HiFiGOレビュー】Moondrop Moon River 2

Moondropは、このMoon River 2で期待に応えてくれました。Moon River 2は、ニュートラルで有機的でありながら、組み合わせる相手によってアナログ的なニュアンスが感じられる絶妙なバランスに仕上がっているのが大きな特徴です。
20000円~30000円

【日本製イヤホン intime 碧Ti3 Edition2 レビュー】音楽に重厚感とライブ感を求めるなら悪くないかもしれない

intime 碧Ti3 Edition2は低域寄りの重厚なサウンドを持っており、少しゆったりしたリスニングイヤホンを求めているなら、悪くないかもしれません。
20000円~30000円

【HiFiGOレビュー】Shanling UA5

最終的に、Shanling UA5は非常によく調整されたESS Sabre DAC/Ampであり、すでにその種のサウンドシグネチャーが好きな人たちに大いにアピールすることでしょう。特に技術的なことに関しては、成熟と洗練が至る所に見られます。
20000円~30000円

【モニターヘッドホン SHURE SRH940 レビュー】高い解像度、原音忠実度、ほぼ完璧に正確な定位感と質感。この価格で買えるのが信じられない優れたスタジオモニター。ただし耐久性だけ難あり

3万円程度で優れたモニターヘッドホンを探している人にとって、まっさきに検討すべき製品がSHURE SRH940です。
20000円~30000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン SeeAudio X Crinacle Yume Midnight:バランスド・パフォーマンス

私がYume Midnightに感銘を受けたのは、その総合的な性能にあります。音色のバランスもよく、物事をきちんと整理してくれます。真の意味でのニュートラルなデバイスではありませんが、楽しくも繊細な成熟したパフォーマンスで五感を楽しませるように設計されています。
20000円~30000円

【有線イヤホン MEZE RAI SOLO レビュー】スタイリッシュで明るいシャープエッジサウンド

MEZE RAI SOLOはシャープで解像度の高いサウンドを実現しているイヤホンです。ギターエッジにキレ味を求めるような人にはかなり魅力的な製品でしょう。
20000円~30000円

【ワイヤレスヘッドホン Shure AONIC 40 レビュー】カスタマイズ性が高く、通信品質も安定しており、ガジェットとしては面白い

SHURE AONIC 40はカスタマイズ性が高く、ガジェットとしては面白いかもしれません。
20000円~30000円

【モニターイヤホン Shure AONIC 3 レビュー】定位感と解像度だけは良いが、それだけ。拡張性と透明感の著しい欠如が生み出す今時珍しいほどのローファイサウンド。おすすめできない

SHURE AONIC 3を買うお金があるなら、目隠しして同価格帯の隣のイヤホンを買ったほうがまだまともな可能性が高いですね。デザインもなんとかならなかったんでしょうか。
20000円~30000円

【中華イヤホン DUNU FALCON PRO レビュー】ビルドクオリティに非常に優れ、チューニングノズルで音質変化も楽しめるイヤホン。ただしサウンドはウォームで万人向きではない

2万円台で高級な質感の美しいイヤホンが欲しいならDUNU FALCON PROはかなり魅力的な選択肢です。全体的なサウンドパフォーマンスも価格の標準を満たしており、水準的にはかなり優れています。ただし、サウンドバランスはウォームに傾きすぎており、中域の音像がぼんやりしやすいのが欠点です。
20000円~30000円

【HiFiGOレビュー】Moondrop KATOについてのレビューまとめ

これらのレビューを見るだけでも、Moondrop Katoが本当にかなり面白そうだということがわかります。このペアは、美しく構築され、本当にまともなサウンドチューニングを持っており、豪華な品質のアクセサリーが詰め込まれています。
1DD+2BA

SeeAudio X Crinacle Yume Midnight

See AudioとCrinacleは、「より技術的に優れたなYume」を目指してYumeの再開発を開始しました。そして、それを実現したのがYume Midnightです。Crinacleのチューニングにより、Midnightはより伸びやかなサウンドプロフィールを実現しました。
20000円~30000円

【中華イヤホン BQEYZ Autumn レビュー】解像度が高く、バランスの良いサウンド。高域がマイルドで刺さりを気にする人向き。3種類のチューニングフィルターで低域が調整できる。鮮明感が悪いのが欠点

BQEYZ Autumnはよくできたマグネット式チューニングフィルターと良好なオーディオスペックを持つ野心的な機種です。サウンドパフォーマンスは価格の標準以上であり、BQEYZがこの分野でも高い技術力を持っていることが確認されました。
20000円~30000円

【中華イヤホン Moondrop KATO レビュー】優れたバランス。くっきり解像度のモニター的なスチールフィルタと響きの穏やかなリスニングライクのブラスフィルタ。一粒で二度美味しい

Moondrop KATOは高い解像度と抜群に低いTHD、そしてモニタースピーカーにほぼ完全に近づけた前方定位感のあるフラットサウンドを提供する非常に優れたモニターイヤホンです。さらにノズル交換により響きを増大させ、リスニングライクな音を実現することもできます。
20000円~30000円

【開放型ヘッドホン GRADO SR225X レビュー】甘く切なく吐息が生々しく聞こえるエロティックなボーカルと色気のあるギターはお好きですか?

最高にスウィートでセクスィーなサウンドが好きならGRADO SR225Xを見逃すべきではありません。まろやかで艶やか、吐息がうっとりするほど美しいボーカルと色気のあるギターが甘美なひとときを演出します。他では味わえない別次元のサウンドが待っています。
20000円~30000円

【中華イヤホン SonicMemory SM2 レビュー】ややウォーム寄りのニュートラルチューニングで聞き心地は良いが、高域の抜けの悪さと中域の明瞭度の悪さが気になる

SonicMemory SM2は比較的ニュートラルに近いバランスのサウンドで、クリア感も優秀でスペック的には悪くないように思います。しかし、実際はサウンドの明瞭度は思ったより良くなく、イメージング能力にはそれほど優れていないようです。
20000円~30000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン Moondrop Kato:Moondropのベストシングルダイナミックイヤホン(By Super* Reviews)

Moondrop Katoは、傑出したディテールの再現性とパンチの効いたローエンドのレスポンスで、音楽から素晴らしいディテールを見事に引き出してくれます。私たちは、プロのレビュアーや世界中のお客様がMoondrop Katoを気に入ってくださっていることをとても嬉しく思っています。
20000円~30000円

【中華イヤホン IKKO OH1S レビュー】ディテールがはっきり聞こえるブライト系モニターサウンド。ただし歯擦音が強すぎて人を選ぶ

IKKO OH1Sはブライト系モニターイヤホンと言える音で、多くの楽曲を原音忠実性が高く、詳細に聞かせます。しかし、歯擦音が強すぎ、荒々しく聞こえすぎる傾向があり、録音音源の品質に寛容ではありません。低域は薄っぺらく、聴き疲れしやすい傾向があり、人を選ぶイヤホンです。
20000円~30000円

Jabra Elite 7 Pro

最先端の完全ワイヤレスイヤホン Jabra Elite 7 Proは、革新的な新技術、 Jabra マルチセンサーボイス™ を搭載し、周囲のノイズを除去し、通話品質を劇的に変化させます。
20000円~30000円

JBL TOUR PRO+ TWS

日常生活のあらゆるシーンで快適なリスニング環境と通話品質を目指すJBLフラッグシップモデルが「JBL TOUR PRO+ TWS」です。
20000円~30000円

【海外レビューまとめ】IKKO OH1S

この記事はブライト系でディテールの高いサウンドを持つIKKO OH1Sの海外レビューをまとめて紹介します。
タイトルとURLをコピーしました