【中華イヤホン MEAOES Eagle レビュー】高解像かつ繊細なプラチナサウンド。分析的なサウンドが好きな人に細やかなディテールを届ける

【中華イヤホン MEAOES Eagle レビュー】高解像かつ繊細なプラチナサウンド。分析的なサウンドが好きな人に細やかなディテールを届ける 10000円~20000円
MEAOES Eagle

免責事項

  1. このレビューは誠実な品質レビューを読者に伝えるためにPenon Audioから提供されたサンプルに基づいて書かれています。
  2. これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  3. 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。
  4. 「audio-sound @ premium」はamazon.co.jpおよびamazon.comほか通販サイトの取扱商品を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラム等の参加者です。

MEAOES Eagleの概要

こんな人におすすめ

  • 分析的なサウンドが好き
  • 繊細で金細工のような音が好き
  • 細部のディテール重視
  • パッケージの豪華さ重視
  • コスパ重視

基本スペック

  • インピーダンス:10Ω
  • 周波数応答範囲:20Hz-40kHz
  • 感度:103dB
  • コネクター:0.78mm 2pin
  • 価格帯:10000円~20000円

audio-soundスコア
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle

  • パッケージ:9.5/10.0
  • ビルドクオリティ:8.5/10.0
  • 装着感:8.5/10.0
  • 高域:8.5/10.0
  • 中域:9.5/10.0
  • 低域:8.0/10.0
  • 歪みの少なさ:8.0/10.0
  • コストパフォーマンスボーナス:12.0/10.0
長所と短所

長所

  • 優れた原音忠実性
  • 高い解像度
  • 繊細
  • 高輝度
  • エッジ―サウンド
  • 分離感に優れる
  • 高い分析性
  • 優れたパッケージ

短所

  • 高域の拡張性に欠ける
  • 深さで物足りない低域
  • 歯擦音が強い
  • アグレッシブで高域が苦手な人に向かない
  • 耳当たりがきつくなりがち

MEAOES Eagleの特徴

MEAOES Eagle
MEAOES Eagle

天空の高みから、鷲のように俯瞰して音楽を見渡すサウンド

MEAOESブランドから、2BA+2DD 4ドライバーハイブリッドイヤホン「Eagle」が発売されました。Eagleは知恵、勇気、自由、そして成功を象徴しています。MEAOESは、知恵と自由に満ちた音楽で私たちの内面を呼び覚まし、鷲のようにジャングルや山を旅し、本物の音を聴かせたいと願っています。

MEAOES Eagle
MEAOES Eagle

Eagleは樹脂3Dプリントプロセス、医療グレードの環境に優しい材料を使用し、ハンドペイントのフェイスパネルを組み合わせ、全体として優れた質感を実現しています。

カスタム高周波デュアルバランスアーマチュア、豊かなディテールと繊細な高域を実現します。
中域には7.5mmドーム型チタンダイアフラムダイナミックドライバーを採用し、ボーカルにふくよかで滑らかなサウンドを施しました。

MEAOES Eagle
MEAOES Eagle

低域には専用の8mmドーム・セラミック・ダイヤフラムを採用したダイナミックドライバーを搭載し、深みがあり、伸縮性に優れたサウンドが実現されています。

3.5mm/2.5mm/4.4mm のプラグを持つ 6N 単結晶銅の取り外し可能なケーブルは、音質の改善に貢献します。

MEAOES Eagle
MEAOES Eagle


独立したキャビティ設計は、ドライバーの音質を十分に発揮させ、干渉を減らすことができます。金属コンジットには2BAを内蔵し、高域のロスを低減しています。7.8mmダイナミックドライバーと8mmダイナミックドライバーは独立したサウンドチャンバーを搭載し、干渉や共振を抑え、よりクリーンで透明感のあるサウンドを実現しました。

MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
原神
【原神】海灯祭PV「明霄幻夢」

パッケージ(9.5)

MEAOES Eagle
MEAOES Eagle

パッケージは価格の標準を満たしています。内容物は揃っており、価格を考えるとかなり豪華です。

パッケージ内容

  • イヤホン本体
  • イヤーピース
  • 交換式ターミネーションプラグ
  • キャリングポーチ
  • クリーニングツール
  • マニュアル類
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle

ビルドクオリティ(8.5)

MEAOES Eagle
MEAOES Eagle

ビルドクオリティは価格の標準を満たしています。透明感のある美しいフェイスプレートです。

MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
Unique Melody Maven Pro
Unique Melody Maven Pro
Unique Melody Maven Pro
Unique Melody Maven Pro
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle

装着感(8.5)

MEAOES Eagle
MEAOES Eagle

装着感は良好です。

MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle

音質

HATS測定環境

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ(HATS内蔵)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • 小野測器 SR-2210 センサアンプ
  • 出力オーディオインターフェース①:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • 出力オーディオインターフェース②:Antelope Audio Amari
  • 入力オーディオインターフェース:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition

カプラー測定環境

  • Type5050 マイクアンプ電源
  • Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ・IEC60318-4準拠)
  • オーディオインターフェース:MOTU M2

アナライザソフト

  • TypeDSSF3-L
  • Room EQ Wizard

REW周波数特性

Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ)でのREWによる測定値です。測定値はHATSの測定結果と比較校正されていますが、HATSを用いた当サイトの基準としている測定結果とは異なります。測定値は他サイト(主に海外レビューサイト)のレビューとの比較用に掲載しています。

当サイトのレファレンスの測定結果については有料記事を参照してください。

周波数特性(RAW)

MEAOES Eagle Frequency Response (RAW)
MEAOES Eagle Frequency Response (RAW)

周波数特性/THD特性/ラウドネスステータス

測定値は有料記事をご覧ください。

オーディオステータス

MEAOES Eagleのオーディオステータス
MEAOES Eagleのオーディオステータス
※オーディオステータスは周波数特性(自由音場補正済み)から「各要素に関わる周波数帯域の平均値」を算出し、その特性平均値全体の「全体平均値」を求め、「各要素に関わる周波数帯域の平均値」の「全体平均値」からの乖離を数値化したものです。各要素の相対的な強さを表し、独自のオーディオ指標として導入しています。

制動

MEAOES Eagleはアンプの出力インピーダンスの影響をあまり受けません。

測定値は有料記事をご覧ください。

Dani Bennett Spragg on Recording with the Orion Studio Synergy Core

ANTELOPE AUDIO 特集

ANTELOPE AUDIO(アンテロープオーディオ)は、20年以上に渡りハイエンドのデジタルオーディオクロックやAD/DAコンバーターを手がけるメーカーです。プロフェッショナルが認めるクリスタル・マスタークロックを始めとする独自技術により、完璧なクロッキングを実現。レコーディングスタジオやプロエンジニア、プロミュージシャンはもちろん、オーディオファンからも高い支持を集めています。

音質解説

今回は標準イヤーチップ Lサイズを使い、FiiO M15で駆動してレビューします。

MEAOES Eagleはニュートラルを意識した高域寄りのU字型シグネチャーを持っています。

レビューの各評価点の判断基準は以下の通りです。

  • 原音忠実度:自由音場補正済み周波数特性に基づく判定値。どれだけフラットスピーカーの音(≒録音音源の再現度)に忠実かを表します。音域ごとに標準偏差から自動で算出、判定されています(低域:20Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~20kHz;全体:63Hz~13kHz)[S+が最も原音忠実][S+が最も原音忠実]
  • 臨場感/深さ/重み/太さ/厚み/明るさ/硬さ/艶やかさ/鋭さ/脆さ/荒さ/繊細さ/存在感:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、各要素が聴感上ニュートラルからどれだけ強調されて聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[Bが最もニュートラルに近く、S+が最も強調度が高く、D-が最も強調が弱い]
  • 質感の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、200Hz~2.5kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • 定位の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、1.5kHz~8kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • オーケストラのテクスチャ/雅楽のテクスチャ:それぞれのリファレンス音源を用い、各リファレンスイヤホンからの音質差を聴感テストしています。なお、リファレンスイヤホンは参考用であり、S+ほどリファレンスイヤホンに近いというわけではありません。[S+が最も評価が高い]
  • クリア感:THD測定値に基づいて決定されています。[S+が最も評価が高い]
  • イメージング:C80測定値に基づいて決定されています。(低域:50Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~10kHz;全体:50Hz~10kHz)[S+が最も評価が高い]

これらの評価値は最終的なスコア算出に影響を与えますが、すべてではありません。

MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
【中華イヤホン RAPTGO HOOK-X レビュー】良質なスタジオチューニングモニター。色鮮やかな美しい中域でボーカルをきれいに描き出す

RAPTGO HOOK-Xは平面駆動型とピエゾドライバーを組み合わせるという斬新な構成を持ちながら、サウンドバランスは良好なスタジオチューニングスタイルによくまとめられた、全体的な完成度が非常に高いイ Read more

【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW300レビュー:必携のパーフェクトワイヤレス

Shanling MTW300は、ユーザーに非常に良い音質を提供する、かなり堅実なTWSイヤホンです。鮮明な解像感、周波数帯域全体の優れた透明感、パンチの効いた没入感のあるサウンド出力、そして十分に適 Read more

低域(8.0)

  • 原音忠実度:S
  • 臨場感:B
  • 深さ:B+
  • 重み:B+
  • 太さ:B+
  • 存在感:A-
低域

MEAOES Eagleの低域はかなり深くまで直線的で、わずかに膨張的なものの、見通し感に優れています。ただし本当に深いところは少し弱めです。

バスドラムは太さと重厚感で不足感がなく、引き締まりもあってリズム感もわかりやすいですが、臨場感はやや弱めです。

エレキベースも黒さは十分なものの、広がりがもう少しもう少し欲しいところです。

量的には低域好きを満足させると思いますが、重低域マニアはもっと深いところまで音が出ているのを好むでしょう。

MEAOES Eagle
MEAOES Eagle

中域(9.5)

  • 原音忠実度:S-
  • 厚み:B+
  • 明るさ:B
  • 硬さ:B
  • 存在感:B

中域

MEAOES Eagleの中域はほぼニュートラルに近く、自然な質感を実現しています。

全体の中では少し凹んだ位置に聞こえるため、中域は暗く、窮屈に聞こえます。高域が強いため、金属質でドライに聞こえる傾向があり、みずみずしさには欠けます。

詳細で繊細に聞こえるため、アコースティックギターやシンバルが金細工のように細やかなディテールで分析的に聞こえます。

十分に低歪で透明度も高く、解像度も優れているため、一般に価格以上の中域と言えますが、少し癖が強く、とくに高域に敏感な人には向きません。

MEAOES Eagle
MEAOES Eagle

高域(8.5)

  • 原音忠実度:D+
  • 艶やかさ:B
  • 鋭さ:B+
  • 脆さ:B
  • 荒さ:D+
  • 繊細さ:C-
  • 存在感:B+

高域

高域は精細感を意識して調整されており、ディテールと繊細さに優れています。拡張性は物足りません。

エッジ感が強調され、高輝度で煌びやかに聞こえる高域は分離感を強く意識させ、細やかで分析性に優れています。ただし金属的に聞こえやすく、直線性もやや優れないため、ピーキーなところがあり、とくに歯擦音は尖りと刺さりの両面で強く聞こえる傾向があるため、音源や音量によってはかなりアグレッシブに感じやすいでしょう。

高域に敏感な人には少しきついところがあるかもしれません。カリカリした感じが出やすい音です。

MEAOES Eagle
MEAOES Eagle

定位/質感

  • 質感の正確性:S-
  • 定位の正確性:B-
  • オーケストラのテクスチャ:B+
  • 雅楽のテクスチャ:B

定位と質感は以下の音源によって聴感テストされています。また質感についてはそれぞれリファレンスとするイヤホンは以下の通りです。

オーケストラではコンサートマスターと指揮者の位置関係、チェロとバイオリンのバランスを重視しています。雅楽では篳篥の音が最も力強く聞こえること、とくに「塩梅」がきれいに聞こえることを重視しています。

この項目は各言語音の音域に対応し、西洋音楽(および洋楽)が好きな人はオーケストラのテクスチャを、日本の伝統音楽(および邦楽)が好きな人は雅楽のテクスチャを重視すると満足度が高いでしょう。

かなり輝度が高く詳細に聞こえるため、どんな音源でもHDリマスターされたような雰囲気がありますが、やや音楽が細切れにされすぎて、豊かさに欠ける印象を受ける可能性があります。中域のみずみずしさも足りません。

バイオリンは繊維質かつ金属的な音色になりやすく、シンバルは繊細で粒が細かくはっきり聞こえますが、荒っぽく聞こえがちです。ダイナミズムはかなりわかりやすく、表現の細部を追いやすいのは美点でしょう。

雅楽は篳篥や笙が金属質になりやすく、華やかで印象的ではあるものの、アグレッシブで尖りが強く、耳に馴染みにくいところがあります。付属のイヤーチップの中で薄いシリコン製のものを使うと、高域のぎらつき感をかなり抑制することが可能です。

MEAOES Eagle
高域を抑制したい場合はこのイヤーチップがおすすめです
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle

音場/クリア感/イメージング

  • 音場:B
  • クリア感:B+
  • イメージング:A
    • 高域:S
    • 中域:A
    • 低域:B

音場

深さは少し物足りず、中域で奥行きがやや強調され、高さは物足りません。

クリア感は価格の標準以上です。

イメージング性能は抜群以上で、ウルトラハイエンド並みです。

MEAOES Eagle
MEAOES Eagle

 

音質総評

  • 原音忠実度:S-
  • おすすめ度:A
  • 個人的な好み:A-

音質総評

MEAOES Eagleはウルトラハイエンド並みの高解像度を持ち、繊細で分析性の高い、プラチナのように輝くサウンドが特徴です。

ただし、高域はかなり癖が強く、高域が苦手な人には向かないため、人を選びます。全体として価格以上で非常にコスパに優れていることは間違いありませんが、万人向きの音とは言いづらい感じがあります。

MEAOES Eagle
MEAOES Eagle

音質的な特徴

美点

  • 優れた原音忠実性
  • 高い解像度
  • 繊細
  • 高輝度
  • エッジ―サウンド
  • 分離感に優れる
  • 高い分析性

欠点

  • 高域の拡張性に欠ける
  • 深さで物足りない低域
  • 歯擦音が強い
  • アグレッシブで高域が苦手な人に向かない
  • 耳当たりがきつくなりがち
【中華イヤホン MEAOES Eagle レビュー】高解像かつ繊細なプラチナサウンド。分析的なサウンドが好きな人に細やかなディテールを届ける

高い解像度
繊細かつ高輝度
分析性の高いサウンド

MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle
MEAOES Eagle

フリュー ゆるキャン△ スペシャルフィギュア 各務原なでしこ

フリュー ゆるキャン△ スペシャルフィギュア 各務原なでしこ

フリュー ゆるキャン△ スペシャルフィギュア 各務原なでしこ

 
 
 
 
 
 

レコーディングシグネチャー

レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。レコーディングシグネチャーのソースはRME ADI-2 Pro FS R Black Edition + TOPPING A90を使い、レコーディングにはAntelope Audio Amariを用いています。イヤーピースは標準イヤーピース Sサイズを使用しています。

Antelope Audio Amari
Antelope Audio AMÁRI - Unboxing (Japanese)

ハイエンド音質を求めるホームオーディオユーザーのために、AMÁRI はリファレンスグレードの AD/DA コンバーター、最大 24-bit 384 kHz 変換と DSD 128 をサポート。使いやすいインターフェースと Antelope の代名詞となったクロッキングを提供します。他のオーディオファンコンバータとは異なり、AMÁRI は、ヘッドフォンのメンブレーンウェイト補正として機能する、ご自身で抵抗値を選択できる 2つ のヘッドフォン出力を備えています。

  1. 8つの DAC を実装した「独自アーキテクチャ構造」を採用、驚異の ダイナミックレンジ 138dB DA 変換を実現
  2. デュアル ADC 構造 による、リファレンスグレードの ダイナミックレンジ 128dB AD 変換を実現
  3. 独立した デュアル DAC 構造 を採用した独自のヘッドフォン出力を搭載。(XLR バランス出力も可能)
  4. ヘッドフォンアンプは 17 Step の可変インピーダンス機能 を搭載、どんなヘッドフォンも完全に制御可能
  5. Antelope Audio の代名詞、64-bit Acoustically Focused Clocking (AFC)  jitter management technology 採用
  6. 最大 384kHz/24-bit または DSD 128 に対応、ハイレゾや DSD 音源再生機として最高のポテンシャルを発揮

Antelope Audio Amari

ANTELOPE AUDIO / AMARIは8つのDACを実装した「独自アーキテクチャ構造」を採用、驚異のダイナミックレンジ138dB DA変換を実現した高音質なAD/DAコンバーターです。最大 384kHz/24-bit または DSD 256 に対応。ハイレゾや DSD 音源再生機としてもおすすめです。


  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • 5055Prot 実時間2ch 自由音場補正フィルター(特注)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Brüel & Kjær 1704 マイクアンプ電源
  • Bluetoothトランスミッター:FiiO BTA30
  • オーディオインターフェース:Antelope Audio Amari
  • レコーディングソフト:Audacity

浮遊大陸アルジェス -Introduction-(OST系)

楽曲情報
  • 楽曲名:浮遊大陸アルジェス -Introduction-
  • アルバム名:Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation

Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. MEAOES Eagle

Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-

楽曲情報
  • 楽曲名:Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 Evolution オリジナルサウンドトラック
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. MEAOES Eagle

Formidable Enemy

楽曲情報
  • 楽曲名:Formidable Enemy
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 スーパーアレンジバージョン
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Formidable Enemy
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. MEAOES Eagle
マスタークロックジェネレーター
クロックジェネレーター入門 ティアック CG-10M
10MX Rubidium Atomic Clock | Antelope Audio

総評

MEAOES Eagle価格を超えたウルトラハイエンドに匹敵する解像度繊細で分析的なサウンドを持つ優れたアナリティカル・モニターです。強い分離感のある非常にディテール感の高いサウンドを持っており、音楽を分析的に楽しみたい人にとって、価格を超えた最高の相棒になる可能性があります。パッケージも豪華で非常に高い満足度を得られるのも美点でしょう。しかし、そのサウンドは高域が強くピーク感もあるため、やや人を選ぶところがあり、とくに高域に敏感な人には向きません。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

この記事では、世界中のオーディオ情報を収集している当ブログが、今最も評価が高く、最先端で流行している中華イヤホンの中から、1万円以下で買えるお財布に優しい機種を紹介します。

ここに紹介する機種は「実力派オーディオマニアがこぞって称賛したもの」と「一般的なオーディオファンから高い人気を得たもの」ばかりで、定まった評価をすでに確立している最新機種ばかりです。

MEAOES Eagle

9.1

パッケージ

9.5/10

ビルドクオリティ

8.5/10

装着感

8.5/10

高域

8.5/10

中域

9.5/10

低域

8.0/10

歪みの少なさ

8.0/10

コストパフォーマンスボーナス

12.0/10

長所

  • 高い解像度
  • 繊細
  • 高輝度
  • エッジ―サウンド
  • 分離感に優れる
  • 高い分析性
  • 優れたパッケージ
  • 優れた原音忠実性

短所

  • 高域の拡張性に欠ける
  • 深さで物足りない低域
  • 歯擦音が強い
  • アグレッシブで高域が苦手な人に向かない
  • 耳当たりがきつくなりがち

コメント



タイトルとURLをコピーしました