【中華イヤホン HarmonicDyne Devil レビュー】メロウで美しい中域を高解像で楽しめる美音系イヤホン

【中華イヤホン HarmonicDyne Devil レビュー】メロウで美しい中域を高解像で楽しめる美音系イヤホン20000円~30000円
HarmonicDyne Devil

免責事項

  1. このレビューは誠実な品質レビューを読者に伝えるためにLinsoulから提供されたサンプルに基づいて書かれています。
  2. これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  3. 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。
  4. 「audio-sound @ premium」はamazon.co.jpおよびamazon.comほか通販サイトの取扱商品を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラム等の参加者です。

HarmonicDyne Devilの概要

こんな人におすすめ

  • サウンドバランス重視
  • メロウで美音系のサウンドが好き
  • 聴き心地重視
  • 自然な倍音を聴きたい人
  • ハーモニクス重視
  • 良質なリスニングイヤホンを探している人
  • コスパ重視

基本スペック

  • 周波数特性:5Hz-40kHz
  • インピーダンス:5Ω±20%
  • 感度:123dB/Vrms
  • コネクタ:mmcx
  • 価格帯:20000円~30000円

audio-soundスコア
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil

  • パッケージ:9.0/10.0
  • ビルドクオリティ:9.0/10.0
  • 装着感:8.5/10.0
  • 高域:8.5/10.0
  • 中域:10.0/10.0
  • 低域:8.5/10.0
  • 歪みの少なさ:8.0/10.0
  • コストパフォーマンスボーナス:10.5/10.0

長所と短所

長所

  • 良好な原音忠実性
  • 正確な質感
  • スピーカーに近い定位感
  • 高い解像度
  • 明るい中域
  • メロウサウンド
  • 中域への適切なフォーカス
  • 自然な倍音
  • 聴き心地が良い
  • ハーモニクス豊かな中域
  • 前方定位的
  • 濃厚で密度感のある中域
  • 優れた音像一貫性
  • 優れたパッケージクオリティ
  • 優れたビルドクオリティ

短所

  • 中域の透明度に劣る
  • 低域の深さで物足りない
  • 高域の拡張性が不足している

HarmonicDyne Devilの特徴

HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
  • 高精度CNCマグネット回路方式
  • バランスド・ナチュラル・ファインチューニング
  • 着脱式同軸OCCケーブル
  • 航空グレードCNCアルミ合金シェル

2年間の成果

音楽は耳で聴くもの。HarmonicDyne Devilは、2年にわたる献身的な研究と調整により、最終的に、驚くほどの音響性能と高い芸術的価値を持つイヤホンをオーディオマニアに提供できるようになりました。2つのフラッグシップカスタム10mmダイナミックドライバーを搭載したHarmonicDyne Devilのサウンドパフォーマンスは、特に深い低音、パワフルな高音、クリーンな高音において、大多数を上回っていることが証明されています。

HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil

デュアル10mmダイナミックドライバー

Devilは高精度CNCマグネット回路システムを採用し、超強力なNdFeBによりテスラ級の磁束を実現しました。16Ωの低インピーダンスと日本製輸入CCAWボイスコイルにより、携帯電話など日常的に使用する機器での使い勝手を向上させました。自社開発のLDM膜材は軽量かつ高剛性で、周波数応答速度や過渡変化の改善にも寄与しています。

HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil

バランスの取れた自然なファインチューニング

Devilのチューニングの特徴は、全体的に自然でバランスのとれた超低歪みと心地よい滑らかさです。入念なチューニングにより、Devilは、過度に目立つ粗さや、特定の周波数帯域の欠落による断絶のないパワフルなパフォーマンスを実現します。優れた周波数特性は、曲の中の小さな感情の変化を明らかにし、よりリアルで感動的なリスニング体験をもたらすことが可能です。

HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil

着脱式同軸OCCケーブル

Devilには、33×0.08mmと38×0.06mmの素線で構成された、よくできた同軸OCCケーブルが付属しています。特別な構造設計により、より純粋でクリアなサウンドパフォーマンスを提供します。さらに、PVC絶縁層を追加して優れた電気絶縁性を確保し、サスペンション層は高密度ナイロンで覆われてマイクロフォニックスを回避しています。より少ない干渉、より多くの充実感をもたらします。

HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil

航空グレードのCNCアルミニウム合金製シェル

Devilのハウジングは、多くのシミュレーション実験を経て、典型的な耳の角度と装着感にマッチするように設計されています。各ユニットは高精度な5軸CNCから製作され、音響室の均一性を確保しています。航空グレードのアルミニウム合金を採用し、軽量かつ高剛性で、日常的な磨耗に耐えることができます。ハウジングデザインからドライバーアセンブリまで、Devilの各側面には職人技、技術力、そして音響的なセンスが表れています。

HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil

 

パッケージ(9.0)

HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil

パッケージは価格帯の標準を満たしています。おしゃれな化粧箱に入って届きます。開梱体験はかなり楽しいですね。

私のパッケージは4.4㎜バランスプラグモデルですが、3.5mm⇒6.35mmアダプタが付属していました。

パッケージ内容

  • イヤホン本体
  • イヤーピース(2種類)
  • 3.5mm⇒6.35mmアダプタ
  • キャリングケース
  • 説明書など
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil

ビルドクオリティ(9.0)

HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil

ビルドクオリティは価格の標準を満たしています。

HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil

装着感(8.5)

HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil

装着感は良好です。

HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil

音質

HATS測定環境

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ(HATS内蔵)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • 小野測器 SR-2210 センサアンプ
  • 出力オーディオインターフェース①:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • 出力オーディオインターフェース②:Antelope Audio Amari
  • 入力オーディオインターフェース:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition

カプラー測定環境

  • Type5050 マイクアンプ電源
  • Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ・IEC60318-4準拠)
  • オーディオインターフェース:MOTU M2

アナライザソフト

  • TypeDSSF3-L
  • Room EQ Wizard

REW周波数特性

Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ)でのREWによる測定値です。測定値はHATSの測定結果と比較校正されていますが、HATSを用いた当サイトの基準としている測定結果とは異なります。測定値は他サイト(主に海外レビューサイト)のレビューとの比較用に掲載しています。

当サイトのレファレンスの測定結果については有料記事を参照してください。

周波数特性(RAW)

HarmonicDyne Devil Frequency Response (RAW)
HarmonicDyne Devil Frequency Response (RAW)

周波数特性/THD特性/ラウドネスステータス

測定値は有料記事をご覧ください。

オーディオステータス

TANGZU x HBB Wu Heyday Editionのオーディオステータス
HarmonicDyne Devilのオーディオステータス
※オーディオステータスは周波数特性(自由音場補正済み)から「各要素に関わる周波数帯域の平均値」を算出し、その特性平均値全体の「全体平均値」を求め、「各要素に関わる周波数帯域の平均値」の「全体平均値」からの乖離を数値化したものです。各要素の相対的な強さを表し、独自のオーディオ指標として導入しています。

制動

HarmonicDyne Devilはアンプの出力インピーダンスの影響をかなり受けます。

測定値は有料記事をご覧ください。

音質解説

今回は標準イヤーチップ Lサイズを使い、FiiO M15で駆動してレビューします。

HarmonicDyne Devilニュートラルに近い中域充実系のサウンドシグネチャーを持っています。

レビューの各評価点の判断基準は以下の通りです。

  • 原音忠実度:自由音場補正済み周波数特性に基づく判定値。どれだけフラットスピーカーの音(≒録音音源の再現度)に忠実かを表します。音域ごとに標準偏差から自動で算出、判定されています(低域:20Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~20kHz;全体:63Hz~13kHz)[S+が最も原音忠実][S+が最も原音忠実]
  • 臨場感/深さ/重み/太さ/厚み/明るさ/硬さ/艶やかさ/鋭さ/脆さ/荒さ/繊細さ/存在感:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、各要素が聴感上ニュートラルからどれだけ強調されて聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[Bが最もニュートラルに近く、S+が最も強調度が高く、D-が最も強調が弱い]
  • 質感の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、200Hz~2.5kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • 定位の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、1.5kHz~8kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • オーケストラのテクスチャ/雅楽のテクスチャ:それぞれのリファレンス音源を用い、各リファレンスイヤホンからの音質差を聴感テストしています。なお、リファレンスイヤホンは参考用であり、S+ほどリファレンスイヤホンに近いというわけではありません。[S+が最も評価が高い]
  • クリア感:THD測定値に基づいて決定されています。[S+が最も評価が高い]
  • イメージング:C80測定値に基づいて決定されています。(低域:50Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~10kHz;全体:50Hz~10kHz)[S+が最も評価が高い]

これらの評価値は最終的なスコア算出に影響を与えますが、すべてではありません。

HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
【モニターイヤホン Fender TEN 5 レビュー】フェンダーらしい渋みと黒みがありながら、色気も同居させた上品でかっこいいギターサウンドが魅力。ただしTEN 3のほうがスペック面でより優れているため、買う必要がほぼない

Fender TEN 5はGRADO SR225Xのようなギターやボーカルに色気のあるサウンドが好きな人にはかなり魅力的な選択肢かもしれません。

【密閉型ヘッドホン 城下工業 SoundWarrior SW-HP10LIVE レビュー】明るく艶やかで、繊細かつ爽快感のある抜けの良い独特のサウンドが魅力

城下工業 SoundWarrior SW-HP10LIVEは明るく爽やかで、華やかかつソリッドな独特のサウンドを実現する個性派ヘッドホンです。

低域(8.5)

  • 原音忠実度:S
  • 臨場感:B
  • 深さ:B+
  • 重み:B+
  • 太さ:B+
  • 存在感:B
低域

HarmonicDyne Devilの低域は比較的リニアに深くまで伸びています。中域との存在感のバランスはほぼイコールかわずかに弱く聞こえるバランスに調整されており、多くの人にモニター的な印象の低域を聞かせてくれることが期待されます。

ドラムキックは重さはそれなりに感じるものの、浅く、引き締まりが少し足りず膨張的で、私にはインパクトに少し欠けて聞こえます。

エレキベースもやや明るく、広がりが足りない印象です。

中域が明るく聞こえるバランスなので、中域重視の人にはかなり良好に思えるかもしれませんが、低域マニアは量的にも質的にも明らかに不満でしょう。

HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil

中域(10.0)

  • 原音忠実度:S
  • 厚み:A-
  • 明るさ:A-
  • 硬さ:A-
  • 存在感:B

中域

HarmonicDyne Devilの中域はやや論争を呼びそうです。非常に明るく、モニター的に前面に聞こえるバランスになっています。しかし、その中域は解像度で優れているものの、歪が多く、透明度では物足りない水準です。

この結果として、中域では個々の音像は背景との分離がよくありません。したがって中域はややぼんやりと耳になじむような柔らかい音に聞こえる構造になっています。中域はEtymonicなどのモニター系サウンドと同じようにかなり明るさが強い調整になっているので、透明度を抑えて聞き心地を調整する意図があったと思われます。Etymoticも中域で歪を多めに調整する傾向にあるので、それに倣ったのかもしれません。

Devilの中域は明るく非常にくっきりとしていながら、同時に少し平面的で、柔らかに調和的に空間に滲むように優しく聞こえる心地よさを生み出します。ここには精細感やエッジ感は少し抑えられ、音楽的でまろやかな後味を生み出す独特の美しさがあります。

HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil

高域(8.5)

  • 原音忠実度:D
  • 艶やかさ:A-
  • 鋭さ:B+
  • 脆さ:B-
  • 荒さ:D-
  • 繊細さ:D-
  • 存在感:C

高域

Devilの高域はスピーカーの定位感を意識してなめらかに減衰するように調整されています。

Devilの高域の魅力はこの非常に滑らかな減衰感が生み出す、スムーズでつながりが良く聞こえる高域で、耳につっかかるピーク感が全くと言っていいほどありません。

これにより、Devilのサウンドは自然な倍音を生み出し、同時に全体的に中域よりエネルギーを抑えられたセーフティな調整により、耳当たりの優しいサウンドを生み出します。

デュアルダイナミックドライバー構成でありながら、大抵のシングルダイナミックドライバー機より高域の拡張性が足りないため、高域で爽快感を感じることはほとんど期待できません。基本的に閉じた空間で音楽的に仕上げられた中域を濃厚に聞かせるバランスになっています。

HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil

定位/質感

  • 質感の正確性:S+
  • 定位の正確性:B
  • オーケストラのテクスチャ:A-
  • 雅楽のテクスチャ:A-

定位と質感は以下の音源によって聴感テストされています。また質感についてはそれぞれリファレンスとするイヤホンは以下の通りです。

オーケストラではコンサートマスターと指揮者の位置関係、チェロとバイオリンのバランスを重視しています。雅楽では篳篥の音が最も力強く聞こえること、とくに「塩梅」がきれいに聞こえることを重視しています。

この項目は各言語音の音域に対応し、西洋音楽(および洋楽)が好きな人はオーケストラのテクスチャを、日本の伝統音楽(および邦楽)が好きな人は雅楽のテクスチャを重視すると満足度が高いでしょう。

Devilの中域の質感は正確で解像度も高いですが、透明度では物足りません。そのためオーディオマニアがフルオーケストラを聴くときに求めるクリアでみずみずしい中域を期待すると、少し物足りません。また高域の伸びもいまいちでなめらかな倍音は非常にリアリスティックなものの、スケール感は少し物足りません。重厚感も少し不足しているでしょう。一方で中域は少しリッチで濃厚感があり、高級なサウンドに感じられるかもしれません。

雅楽も中域で歪が豊かで滲んで聞こえるところに色気があります。明るく雅な雰囲気ですが、やはりスケール感で物足りないのは明確な欠点です。

HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil

音場/クリア感/イメージング

  • 音場:B
  • クリア感:B+
  • イメージング:A-
    • 高域:A+
    • 中域:A-
    • 低域:B-

音場

深さは標準以下で、中域は比較的前面に聞こえ、高域は価格を考えると拡張性で物足りません。

クリア感は価格を考えるとなかなか優秀です。

イメージング性能は抜群に近いです。

 

音質総評

  • 原音忠実度:A
  • おすすめ度:A+
  • 個人的な好み:A

音質総評

HarmonicDyne Devilは全体的に滑らかに音楽的に仕上げられており、中域にフォーカスされる耳当たりの優しいメロウサウンドを持っています。解像度は非常に高く、フラッグシップを名乗るにふさわしい水準にありますが、デュアルダイナミックドライバーを採用している割に音域が狭い点は気になるかもしれません。

美音系のイヤホンが好きなら、かなりおすすめできます。

音質的な特徴

美点

  • 良好な原音忠実性
  • 正確な質感
  • スピーカーに近い定位感
  • 高い解像度
  • 明るい中域
  • メロウサウンド
  • 中域への適切なフォーカス
  • 自然な倍音
  • 聴き心地が良い
  • ハーモニクス豊かな中域
  • 前方定位的
  • 濃厚で密度感のある中域
  • 優れた音像一貫性

欠点

  • 中域の透明度に劣る
  • 低域の深さで物足りない
  • 高域の拡張性が不足している
【中華イヤホン HarmonicDyne Devil レビュー】メロウで美しい中域を高解像で楽しめる美音系イヤホン

明るく耳当たりの良い中域
自然な倍音
ハーモニクス豊か

HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil
HarmonicDyne Devil

v

一番くじ リゼロ B賞 だぼパーカー レム フィギュア

一番くじ リゼロ B賞 だぼパーカー レム フィギュア

 

 
 
 
 
 

レコーディングシグネチャー

レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。レコーディングシグネチャーのソースはRME ADI-2 Pro FS R Black Edition + TOPPING A90を使い、レコーディングにはAntelope Audio Amariを用いています。イヤーピースは標準イヤーピース Sサイズを使用しています。

¥369,600(税込)

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • 5055Prot 実時間2ch 自由音場補正フィルター(特注)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Brüel & Kjær 1704 マイクアンプ電源
  • Bluetoothトランスミッター:FiiO BTA30
  • オーディオインターフェース:Antelope Audio Amari
  • レコーディングソフト:Audacity

浮遊大陸アルジェス -Introduction-(OST系)

楽曲情報
  • 楽曲名:浮遊大陸アルジェス -Introduction-
  • アルバム名:Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation

Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. HarmonicDyne Devil

Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-

楽曲情報
  • 楽曲名:Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 Evolution オリジナルサウンドトラック
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. HarmonicDyne Devil

Formidable Enemy

楽曲情報
  • 楽曲名:Formidable Enemy
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 スーパーアレンジバージョン
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Formidable Enemy
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. HarmonicDyne Devil

総評

HarmonicDyne Devil明るい中域にフォーカスされたメロウなサウンド高解像で聞かせてくれるイヤホンです。全体的なビルドクオリティも高く、パッケージは豪華で、開梱体験でもかなりの満足感を得ることができるでしょう。ただし、デュアルドライバーモデルのわりにレンジ感は平凡で、透明度にも劣るところがあり、価格帯で最高の製品というわけではありません。しかし、いわゆる美音系のイヤホンが好きなら、かなりおすすめできる製品です。