【HiFiGOレビュー】中華イヤホン BGVP NS9 開封&クイックレビュー:パワフルで骨太

BGVP NS910000円~20000円
BGVP NS9

先月、BGVPは9ドライバーのハイブリッドインイヤーモニター「BGVP NS9」を発売しました。このIEMは、7基の高性能SonionとKnowlesのバランスド・アーマチュア・ドライバーを搭載したパワフルなデュアル・ダイナミック・ドライバーと、4ウェイ電子クロスオーバーを備えています。BGVPは、このNS9のために高精度のCNC加工プロセスと3Dプリントされた内部音響構造を設計しました。

私は、BGVPの9つのドライバーのハイブリッド実装を確認するために、NS9のユニットを手に入れました。今日は、BGVP NS9の開梱体験とファーストインプレッションを紹介します。

BGVP NS9
BGVP NS9

この製品の要点

  1. 9ドライバーハイブリッド構成
  2. ノズルフィルター交換による3種類のサウンド調整
  3. 低域のインパクトに優れるウォームサウンド

BGVPについて

BGVP Acousticについて、紹介するまでもないでしょう。最新のBGVP DM8やBGVP Zeroなど、複数の製品を成功させているハイファイ・オーディオ・インナーモニターのメーカーとして定評があります。NS9は、彼らの最新の9ドライバーハイブリッド構成のインイヤーモニターのセットで、専門的に設計された9ドライバーハイブリッド構成を左右に備えています。

このIEMの価格は$169で、技術的な詳細と主な機能はこちらのHiFiGOのストアページでご確認ください。

BGVP NS9
BGVP NS9

パッケージと付属品

BGVP NS9は、シンプルな黒の段ボール箱に入っており、上部には白いスライド式カバーが付いています。上部の白いスライド式カバーには、NS9のイメージとBGVP NS9、Sonion、Knowlesのブランドロゴが入っています。裏面にはペアの技術仕様が記載されています。その中には、デザイナーズフォームに包まれたイヤーチップとキャリーケースがしっかりと収められています。ケースの中には、MMCXケーブルと2種類のチューニングフィルター(赤と銀)が入っています。黒のフィルターはすでに装着されています。キャリーケースもBGVP Zeroに付属していたものと同じです。パッケージはBGVP ZeroのIEMセットとよく似ています。封筒の中には保証書とユーザーガイドが入っています。

以下のHiFiGOチャンネルでは、私の開封ビデオもご覧いただけます。

パッケージ開梱動画

BGVP NS9 IEMs Unboxing

パッケージ内容

パッケージの内容は以下のとおりです。

  • BGVP NS9イヤホン
  • ボーカルイヤーチップ3ペア
  • ベースイヤーチップ3ペア
  • メモリーフォームイヤーチップ1ペア
  • 3.5mm終端プラグ付きMMCXケーブル
  • 3セットのチューニングノズル(赤、銀、黒)
  • 保証書
  • ユーザーガイド
BGVP NS9
BGVP NS9

デザインとビルドクオリティ

BGVP NS9は、航空グレードのアルミニウム合金を使用したCNC削り出しのイヤーシェルを採用しています。

9個のドライバーのうち1個が大型のデュアル・ダイナミック・ドライバーであることから、キャビティはやや大きめに作られています。しかし、その大きさにもかかわらず、重さやかさばりはありません。両方のイヤホンを合わせても、わずか14gしかありません。

フェイスパネルには、BGVPのロゴに似た3本のベベルラインが施されています。 DDユニットの通気口は、背面とキャビティ内側の2箇所に設けられています。MMCX端子は上部にあります。

NS9は、滑らかなCNC加工されたシェルで、非常によく作られているように見えます。同梱されているイヤーチップ、ケーブル、キャリングケースなどの付属品も質が高く、文句なしと言えます。

BGVP NS9
BGVP NS9

装着感と遮音性

BGVP NS9のイヤーシェルは大きい方です。大きめですが、それほど重くはなく、私の中くらいの耳にしっかりと収まっています。しかし、その大きさからすると、耳の小さい人にはフィット感に問題があるかもしれません。イヤーシェルは外耳道全体をカバーしているので、環境音から非常によく隔離されています。

BGVP NS9
BGVP NS9

駆動性

BGVP NS9は、非常に簡単に電力を供給することができ、わずか20Ωのインピーダンスで107dB/mWの感度を実現しています。スマートフォンからも簡単に給電できます。スマートフォン「Huawei Mate 40RS」に汎用ドングルを使用してテストしましたが、結果はとても良かったです。レビューのクリティカルリスニングは、ほとんどFiiO M11 Proデジタルオーディオプレーヤーで行っています。

BGVP NS9
BGVP NS9

サウンドフィルターについて

このIEMにはシルバー、レッド、ブラックの3種類のチューニングノズルが付属しています。BGVPによると、ブラックはニュートラル、レッドは低音域の強化、シルバーは高音域の強化を目的としています。

私の場合、ニュートラルなブラックフィルターでも低音が強すぎて、レッドを使うと膨らみすぎて緩んだ感じになってしまいます。シルバーフィルターを使うと、高音域が少し改善されますが、それでもまだベールに包まれたような音になります。私はブラックフィルターとの組み合わせが一番好きです。

BGVP NS9
BGVP NS9

音質

BGVPがチューニングしたNS9は、厚みのある叩きつけるような低音と、周波数帯域全体の暖かい音色が特徴です。このIEMは、魂を揺さぶるようなインパクトのある打撃感のある低音のスラムで、深いところまでヒットします。この打撃力のある低音と重低域領域のパワフルな雷鳴感が、EDMやヒップホップなどのジャンルを引き立てる楽しいシグネチャーになっています。中音域はやや後退し、パワフルな低音の影に隠れてしまいます。高音域は高音域でロールオフしますが、ディテールはきちんとしていてスムーズな特性です。

暖かみのあるサウンドシグネチャーを持ち、スムーズで飽きのこないサウンドを実現しています。

低域

BGVP NS9は、低音域でその魅力を最大限に発揮します。迫力のある低音で、顔面を直撃するような分厚いパンチを繰り出します。素早く、インパクトがあり、生き生きとしていて、どんなジャンルの音楽でもパワフルに表現してくれます。このように厚みを持たせることで、楽器の音に重みを持たせることができます。低域は、中域を圧倒するほどの力強さを持つようにチューニングされています。

中域

中域は温かく滑らかな表現で、低域がやや強調されています。ボーカルは、男性も女性も適度な透明感があり、より温かみのあるトーンを持っています。アコースティックギター、ピアノ、トランペットなどの楽器は、厚みのある暖かいトーンで、透明感とディテールがよく出ています。低域は中域にわずかに滲み出ており、ベールのような特徴があります。

高域

高音域は、スムーズで疲れないレスポンスです。シンバルのクラッシュやエレキギターのディテールがよく再現されますが、高音域でロールオフが発生します。暖かみのある音楽の特徴を持ち、大音量でも疲労感や厳しさを感じさせないのが良い点です。高音域は、低音域の鳴り響く音の影に隠れて、ベールのようなプロファイルになっています。

音場と解像感

BGVP NS9の音場の広さは平均的で、奥行きと高さがよく感じられます。広い部屋のような印象を与え、音楽が十分に引き立つ空間を提供しています。楽器の明瞭度も高く、楽器の重ね合わせやイメージングの技術的性能も平均以上です。

BGVP NS9
BGVP NS9

総評

BGVP NS9は、V字型のサウンドシグネチャーを持ち、非常にパワフルな低音域のレスポンス疲労感のないウォームなトーンが特徴です。もしあなたが低音派で、スムーズなサウンドのペアを探しているのであれば、BGVP NS9のインパクトのある表現を気に入ることは間違いないと思います。また、チューニングノズルを使うことで、音の出方を少しずつ変えることができます

$169という価格に見合うだけの価値があるでしょうか?もしあなたが低音好きであれば、絶対にそうだと思います。この予算でこれほどパワフルな低音のレスポンスは見られません。詳細はこちらのストアページをご覧ください。

【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい
【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい

qdc Dmagic 3Dはうねるようなグルーヴ感とクリアな明瞭感、リッチな優雅さを兼ね備えたハイエンドイヤホンです。わくわくする活気に満ちた楽しいリスニングサウンドを求めている場合、このイヤホンは最高に魅力的に思えるでしょう。音楽を楽しくする魔法がかかっているイヤホンです。

【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド
【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド

Shuoer EJ07はフラットにほぼ忠実なサウンドを持っており、全体的な原音充実度の高さと中域の自然な質感が魅力です。音場はやや奥に定位され、余裕が感じられて聴き心地に優れていますが、迫力やダイナミクスに不足を感じやすいところは難点です。

【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力
【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力

BQEYZ Summerは1万円台の新たなスタープレーヤーです。ハイブリッドドライバーモデルでありながら、非常に低歪であり、かつほぼ完全にニュートラルに近いので、かなり原音に近い質感の中域を持ち、万人向けの素晴らしいサウンドを実現している良機種です。

【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域
【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域

Behringer MO240は中域のステージングが良好で、広々とした開放的な音場にディテール感の高い繊細な音がすっきりと見通せるように聞こえる良質なモニターイヤホンです。クリア感も高く、駆動も容易な上、パッケージクオリティも高いので非常に高いコストパフォーマンスが感じられます。

【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い
【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い

Shuoer Singerはこの価格帯で買えるイヤホンの中では音質的な完成度が高く、フラットで万人向きのサウンドになっています。音場は少し狭いですが、定位の明瞭性は高く、その名の通り、ボーカルフォーカスが良好な点が魅力です。

中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)
中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)

この記事ではオーディオマニアの間で人気の中華イヤホンに関する知識と最新情報をお届けします。この記事を読めば、あなたも今日から中華イヤホン通になれます!

【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる
【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる

音楽の聞き心地、聴き疲れのなさを重視するなら、KBEAR NEONはかなりおすすめできます。円筒形のそのイヤホンは、挿入深度も調整しやすく、少しでも音に尖りを感じたら、イヤーピースを小さくしてより深く挿入することで簡単にその尖りを消すことができます。

previous arrow
next arrow
【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい
【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド
【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力
【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域
【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い
中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)
【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる
previous arrow
next arrow

コメント



タイトルとURLをコピーしました