【HiFiGOレビュー】中華イヤホン BGVP DN3:コスパの名の下に

BGVP DN35000円~10000円
BGVP DN3
BGVP DN3
BGVP DN3

現代の技術は、企業が製品をできるだけ早く、安価に作るための多くの方法を提供しています。BGVPの新モデルDN3はその良い例です。

中国製品は完全なハイエンドではありませんが、明らかに価格と品質のバランスが取れています。良い音がするのは確かです。もちろん、低価格の製品にトップレベルの品質を求めることはできるにしても、それはほとんど意味がありません。この分野では、革命とまではいかないにしても、十分な進歩が見られることがわかります。最近では、明らかに悪いモデルはほとんど見られません。第二に、最近のヘッドホンは品質が良く、$50ドルのIEMでも優れているので、本当に驚かされることがありますが、これはおそらく、オーディオファンが旅を始める最初の閾値となるでしょう。しかし、BGVP DN3はその閾値を超えています。

BGVP DN3の新品は$65ほどで購入でき、中古で購入するともちろん安くなります。 このモデルは本当に興味深く、競争力があります。

BGVP DN3
BGVP DN3

この製品の要点

  1. ビルド、パッケージ、音質。全体として価格以上の価値がある
  2. 駆動が容易
  3. フラットに近いサウンド
BGVP DN3
BGVP DN3
BGVP DN3
BGVP DN3

BGVP DN3の基本スペック

  • インピーダンス:19Ω
  • 感度:109dB/mW
  • 周波数応答範囲:10Hz-40kHz
  • mmcxコネクタ
  • 3.5mmシングルエンド、4.4mmバランス、2.5mmバランス終端プラグから購入時に選択可能

最新の1BA+1DDハイブリッドIEM「BGVP DN3」

昨年、BGVPは発売したばかりのイヤホン「DN2」を、ベリリウム製の振動板素材の問題で製造中止にしました。本日、BGVPは「DN」シリーズの第3弾として、全く新しいBGVP DN3を発表しました。DN3は、ベリリウム・コーティングを施した10mm径のダイナミック・ドライバーと、カスタム開発されたバランスド・アーマチュア・ドライバーを搭載した、クラシックなデュアル・ドライバー・ハイブリッド構成を採用しています。DN3は、CNC加工されたマグネシウム・アルミニウム合金製のキャビティと、精密に加工されたデザイナーズ・フェイス・パネルにより、まったく新しい外観を実現しています。

BGVP DN3

パッケージと付属品

低価格帯のヘッドホンに何を求めるべきでしょうか。確かに、幅広いアクセサリーを期待することはできませんし、手に入れたものに感謝しなければなりません。総額が$65で、チップが1セットにつき$1加算されるとすれば、それは決して大きな金額ではないでしょう。ポーチにもお金がかかっています。そして、気がついたら$100を超えていたということもあるかもしれません。ですから、このような低価格の製品には期待していませんでしたが、まあ悪くないというのが正直なところです。アクセサリーは、豪華ではありませんが、貧弱でもありません。

箱はおなじみの方法で作られており、ダストカバーが付いています。後者にはヘッドホンが描かれており、ヘッドホン名とロゴが添えられています。右側には、ケーブルのコネクターや色、マイクの有無などが記載されています。また、スキャン可能なQRコードも掲載されています。

裏面もおなじみの仕様が書かれています。それによれば、このヘッドホンには2種類のトランスデューサーがあります。よくあるダイナミック型とアーマチュア型のハイブリッド型です。ダイナミックはベリリウム製と書かれています。感度は109dBで、インピーダンスは19Ωです。つまり、非常に感度が高く、ソースによってはバックグラウンドノイズが聞こえることもあります。例えば、私のノートパソコンに接続したときには、バックグラウンドのヒス音がはっきりと聞こえました。

それはともかく、箱の話に戻りましょう。

豊富な書類の他に、シンプルな布製のポーチがあります。すべてを取り出すと、特殊な素材の突起物の中にヘッドホンが眠っています。嬉しいことに、この素材の表面には特殊なスタンプが施されています。そのため、ホコリがつきにくく、写真映えもします。また、見た目もすっきりしていて新鮮です。

ヘッドホンの上には3セットのイヤーチップがあります。しかし、おそらくそれは言い過ぎでしょう。フォームチップは1ペアしかありません。それ以外に、ボーカル用とベース用のチップが3ペアずつあります。最初のものはノズルの幅が広くて短く、次のものは幅が狭くて長くなっています。音が変わるのは当然ですが、低音用は中高音が沈みすぎず、正確な音が出るのが嬉しいですね。つまり、低音があまり出ていない曲であれば、その違いに気づかないかもしれません。しかし、低音が豊富なトラックでは、アクセントがはっきりと聞き取れます。

BGVP DN3
BGVP DN3

幸い、ヘッドホンの下の箱にケーブルが入っています。私の場合は4.4mmバランスケーブルですが、通常の3.5mmシングルエンドケーブルもご注文いただけます。

パッケージ開梱動画

BGVP DN3 Hybrid Drivers In-Ear Monitors Unboxing!!
BGVP DN3
BGVP DN3

BGVP DN3

¥8,500(税込)

IKKO OH1S

IKKO OH1Sはブライト系モニターイヤホンと言える音で、多くの楽曲を原音忠実性が高く、詳細に聞かせます。しかし、歯擦音が強すぎ、荒々しく聞こえすぎる傾向があり、録音音源の品質に寛容ではありません。 Read more

Geek Wold GK10はマイルドなV字型というか、M字型のシグネチャーを持っており、温かみと充実感に優れた、聴き心地の安定したサウンドを持っています。ディテール感と聴き心地のバランスが良く、音楽 Read more

デザインとビルドクオリティ

シェルの内側の部分は、どことなくCampfire Audio SOLARISを思い起こさせますが、シェルは大きくありません。金属製ですね。どのイヤーチップを選んでも装着感は良いのですが、ボーカルチップを装着した方がヘッドホンの耳からの突出が少なくなります。

BGVP DN3
BGVP DN3

シェルはほぼ三角形で、角のあるバレルには明らかにすべての内部構造が存在しています。ノズルはそこから生えていて、Dunu製品を思い出させますが、チップのグリップを良くするために突起があるだけです。しかし、その役目を十分に果たしています。また、ノズルの先端には保護グリルが付いています。

ヘッドホンの両サイドには補正用の突起があります。外側の突起はかなり大きく、フェイスプレートに配置されています。本音を言えば、どうにかして隠すか、後ろ側の方に付けて欲しいところですが、決して印象が悪いわけではありません。

フェイスプレートが異なるのも面白いですね。右側のイヤホンには、黒地に斜めの太いラインで会社のロゴが入っています。左のイヤホンには、ロゴのない水平(見方によっては垂直)の細い線が入っています。すべてが同じスタイルなので、面白みがあり、スタイリッシュに見えます。また、MMCXコネクタが備えられていて、信頼性が高そうです。右側にはチャンネルを示す赤いマークが付いています。同じマークがケーブルのコネクターにもあります。

BGVP DN3
BGVP DN3

ケーブル

ケーブルも一言で言うならば かなりシンプルですが、便利です。ジャックはまっすぐで、金属製です。シェルのコネクターも金属製のストレートタイプで、左右のマークが付いています。このヘッドホンはオーバーイヤー型なので、ケーブルにはあらかじめイヤーフックが付いています。小型のプラスチック製スプリッターは使い勝手を損ねることなく、選択した長さをしっかりと保持します。先ほども言いましたが、ケーブルはシンプルです。ケーブルは丸い形状で、透明ではない黒のコーティングが施されています。オーディオマニア向けのデザインではありません。シンプルで実用的で便利ですね。このケーブルは軽くて取り回しもよく、マイクの影響もありません。

BGVP DN3
BGVP DN3

BGVP DN3

¥8,500(税込)

音質

もちろん、サウンドも重要な要素です。ハイブリッド技術は通常、エモーショナルでドライブ感あふれるサウンドを生み出しますが、ここではそれは部分的にしか実現されていません。ここではむしろフラットなヘッドホン(完全なフラットではないが、それに近い)で、全周波数帯域においてまとまりのある良好な伝送を実現しています。豊かなアクセントはありませんが、滑らかな音でもありません。すべてが整っています。さらに、ボーカル用のイヤーチップを使用して音の印象を確認しましたが、必要に応じて他のチップで低音を追加することもできますので、覚えておいてください。

低域

低音の表現はフラットです。もちろん最深部ではありませんが、コントロール性に優れています。これは、ヘッドホンが素早いパートによく対応できることを意味します。もちろん理想的ではありませんが、価格を気にする必要はありません。重量感もあります。豊かなアクセントがなくても、低域の優先順位がはっきりしていて、バランスが良好です。ベースチップは、押し出し感とテクスチャを追加するのに役立ちますが、ヘッドホンを台無しにすることはありません。

BGVP DN3
BGVP DN3

一般的に、このモデルは低音域の伝送によく対応しています。もちろん、低音チップを使ってもアクセントが大きくないので、低音が足りない人もいるでしょう。また、重さや全体性についても同様です。繰り返しになりますが、低音は分析的で、バランスが取れています。

中域

中域も自然に表現されます。フラットで、ディテールが細かく、正確で、重量感があり、ミクロのディテールに若干のアクセントがあります。このヘッドホンの予算内では、ディテールがよく再現されており、様々な楽器の音色を含めた音のクセがよくわかります。全体のバランスがマイクロディテール側に傾いているとしても、ヘッドホンは重量感に欠けることなく、一方で録音を細切れにして感情的にさせることもありません。

高域

高音が滑らかにならず、少しだけ強調されることもあります。バランスモードでは、録音した音を明るくしすぎることなく、良好な透明感が得られます。もちろん、このヘッドホン自体は非常に明るいとは言えません。このような表現は、すべての低価格モデルに通常欠けているものを提供します。細部のレベルを前面に押し出すようにしています。もちろん、すべてのニュアンスを正確に再現しているとは言えませんが、十分な能力があり、デメリットを指摘することなく、すべてのメインパートを演奏することができるチューニングも施されています。

BGVP DN3
BGVP DN3

音場

音場はすべての次元で平均的です。このヘッドフォンは広く再生される傾向がありますが、奥行きはあまりよくありません。音場は典型的なものと言えますが、この予算では文句のつけようがありません。レイヤリング、楽器の位置関係、ソロパートの再現性は良好です。

総評

BGVP DN3は、キラーイヤホンと言えるかって?恐らくそれはないでしょう。しかし、その予算内では良いものであり、おそらく価格よりは高価な音がするでしょう。もしこのイヤホンのプレゼンテーションがあなたに合っていて、必要な出力を備えた予算内の良いプレーヤーを持っているなら、その組み合わせは素晴らしいものになるでしょう。

さらに、このヘッドホンは駆動が難しくないので、プレーヤーやスマートフォン、さらには小型のDAPでも使うことができます。様々なバリエーションがありますが、音楽のことを忘れずに。

BGVP DN3
BGVP DN3

BGVP DN3

¥8,500(税込)

【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい
【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい

qdc Dmagic 3Dはうねるようなグルーヴ感とクリアな明瞭感、リッチな優雅さを兼ね備えたハイエンドイヤホンです。わくわくする活気に満ちた楽しいリスニングサウンドを求めている場合、このイヤホンは最高に魅力的に思えるでしょう。音楽を楽しくする魔法がかかっているイヤホンです。

【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド
【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド

Shuoer EJ07はフラットにほぼ忠実なサウンドを持っており、全体的な原音充実度の高さと中域の自然な質感が魅力です。音場はやや奥に定位され、余裕が感じられて聴き心地に優れていますが、迫力やダイナミクスに不足を感じやすいところは難点です。

【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力
【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力

BQEYZ Summerは1万円台の新たなスタープレーヤーです。ハイブリッドドライバーモデルでありながら、非常に低歪であり、かつほぼ完全にニュートラルに近いので、かなり原音に近い質感の中域を持ち、万人向けの素晴らしいサウンドを実現している良機種です。

【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域
【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域

Behringer MO240は中域のステージングが良好で、広々とした開放的な音場にディテール感の高い繊細な音がすっきりと見通せるように聞こえる良質なモニターイヤホンです。クリア感も高く、駆動も容易な上、パッケージクオリティも高いので非常に高いコストパフォーマンスが感じられます。

【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い
【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い

Shuoer Singerはこの価格帯で買えるイヤホンの中では音質的な完成度が高く、フラットで万人向きのサウンドになっています。音場は少し狭いですが、定位の明瞭性は高く、その名の通り、ボーカルフォーカスが良好な点が魅力です。

中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)
中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)

この記事ではオーディオマニアの間で人気の中華イヤホンに関する知識と最新情報をお届けします。この記事を読めば、あなたも今日から中華イヤホン通になれます!

【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる
【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる

音楽の聞き心地、聴き疲れのなさを重視するなら、KBEAR NEONはかなりおすすめできます。円筒形のそのイヤホンは、挿入深度も調整しやすく、少しでも音に尖りを感じたら、イヤーピースを小さくしてより深く挿入することで簡単にその尖りを消すことができます。

previous arrow
next arrow
【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい
【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド
【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力
【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域
【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い
中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)
【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる
previous arrow
next arrow
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

HiFiGOは、現在購入できるHiFi IEMのトップ5をテストしてリストにまとめることで、あなたを助けようと思います。このリストは、$500以下の価格帯から選ばれています($100以下のベスト、$200以下のベスト、など)。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

コメント



タイトルとURLをコピーしました