【モニターヘッドホン RODE NTH-100 レビュー】聞き疲れ感を徹底的に排除しているかまぼこモニター。それはたしかに歴史を変えた

【モニターヘッドホン RODE NTH-100 レビュー】聞き疲れ感を徹底的に排除しているかまぼこモニター。それはたしかに歴史を変えた 20000円~30000円
RODE NTH-100

免責事項

  1. このレビューは「私的な購入品」または「対価を払ってレンタルした商品」に基づいて書かれています。
  2. これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  3. 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。
  4. 「audio-sound @ premium」はamazon.co.jpおよびamazon.comほか通販サイトの取扱商品を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラム等の参加者です。

RODE NTH-100の概要

こんな人におすすめ

  • 長時間聞いても疲れない、快適なリスニングヘッドホンを求めている
  • スピーカーのような定位感で音楽を聴きたい

基本スペック

  • 再生周波数:5Hz-35000Hz
  • インピーダンス:32Ω
  • 感度:110dB
  • 価格帯:20000円~30000円

audio-soundスコア
RODE NTH-100
RODE NTH-100

  • パッケージ:8.0/10.0
  • ビルドクオリティ:9.0/10.0
  • 装着感:9.0/10.0
  • 高域:8.5/10.0
  • 中域:8.0/10.0
  • 低域:7.5/10.0
  • 歪みの少なさ:7.5/10.0

長所と短所

長所

  • 優れた原音忠実性
  • 中域への適切なフォーカス
  • 長時間聞いても疲れない(解像度が低いので)
  • 前方定位的
  • 快適な装着感
  • ビルドクオリティ

短所

  • よくないレンジ感
  • 低域の深さに欠ける
  • 物足りない解像度
  • 繊細さに欠ける
  • 明瞭でない音
  • モニター向きではない
  • ミキシングに使えない
  • マスタリングに使えない
  • はっきりしない定位感

RODE NTH-100の特徴

音のRØDEが新たな歴史を刻むべく生み出した「NTH-100」。

完璧なヘッドホンを探す旅は、もう終わりです。
卓越したディテール表現、明瞭かつ自然でフラットなサウンド
人工皮革 Alcantara® と独自素材 CoolTech™ による、最も快適な装着感
独自のロック機構 FitLock™ システムにより、思い通りに調節可能なヘッドバンド

NTH-100は、創造性を刺激する素晴らしい音響体験を提供します。

Introducing the RØDE NTH-100 Headphones

 

パッケージ(8.0)

RODE NTH-100
RODE NTH-100

パッケージは価格の標準を満たしています。

パッケージ内容

  • ヘッドホン本体
  • 専用ケーブル
  • 3.5mm→6.35mmアダプター
  • カラーリング
  • キャリーポーチ
  • 説明書
RODE NTH-100
RODE NTH-100

ビルドクオリティ(9.0)

RODE NTH-100
RODE NTH-100

ビルドクオリティは価格の標準を満たしています。たとえば、どれも安っぽい外観のSHURE製のモニターヘッドホンよりはるかに洗練されています。

RODE NTH-100
RODE NTH-100
RODE NTH-100
RODE NTH-100
RODE NTH-100
RODE NTH-100
RODE NTH-100
RODE NTH-100

装着感(9.0)

RODE NTH-100
RODE NTH-100

アルカンターラの装着感は格別です。またロック機構でヘッドバンド長を固定できるのも良いですね。

RODE NTH-100
RODE NTH-100
RODE NTH-100
RODE NTH-100
RODE NTH-100
RODE NTH-100

RØDE NTH-100

RØDE NTH-100

音質

HATS測定環境

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ(HATS内蔵)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • 小野測器 SR-2210 センサアンプ
  • 出力オーディオインターフェース①:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • 出力オーディオインターフェース②:Antelope Audio Amari
  • 入力オーディオインターフェース:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition

カプラー測定環境

  • Type5050 マイクアンプ電源
  • Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ・IEC60318-4準拠)
  • オーディオインターフェース:MOTU M2

アナライザソフト

  • TypeDSSF3-L
  • Room EQ Wizard

周波数特性/THD特性/ラウドネスステータス

測定値は有料記事をご覧ください。

オーディオステータス

Edifier STAX Spirit S3(クラシックモード)のオーディオステータス
RODE NTH-100のオーディオステータス
※オーディオステータスは周波数特性(自由音場補正済み)から「各要素に関わる周波数帯域の平均値」を算出し、その特性平均値全体の「全体平均値」を求め、「各要素に関わる周波数帯域の平均値」の「全体平均値」からの乖離を数値化したものです。各要素の相対的な強さを表し、独自のオーディオ指標として導入しています。

制動

RODE NTH-100はアンプの出力インピーダンスの影響をほとんど受けません。

測定値は有料記事をご覧ください。

音質解説

今回はFiiO M15につないでレビューしています。

RODE NTH-100ハーマンターゲットカーブOEを中域寄りにしたようなサウンドシグネチャーを持っています。スピーカーのような前方定位感がある音場を形成します。

なお、これを買う前にCLASSIC PRO CPH3000を検討することを強くお勧めします。

レビューの各評価点の判断基準は以下の通りです。

  • 原音忠実度:自由音場フラットに基づく判定値。どれだけ自由音場フラット(≒録音音源の再現度)に忠実かを表します。音域ごとに標準偏差から自動で算出、判定されています(低域:20Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~20kHz;全体:63Hz~13kHz)[S+が最も原音忠実]
  • 臨場感/深さ/重み/太さ/厚み/明るさ/硬さ/艶やかさ/鋭さ/脆さ/荒さ/繊細さ/存在感:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、各要素が聴感上ニュートラルからどれだけ強調されて聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[Bが最もニュートラルに近く、S+が最も強調度が高く、D-が最も強調が弱い]
  • 質感の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、200Hz~2.5kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • 定位の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、1.5kHz~8kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • オーケストラのテクスチャ/雅楽のテクスチャ:それぞれのリファレンス音源を用い、各リファレンスイヤホンからの音質差を聴感テストしています。なお、リファレンスイヤホンは参考用であり、S+ほどリファレンスイヤホンに近いというわけではありません。[S+が最も評価が高い]
  • クリア感:THD測定値に基づいて決定されています。[S+が最も評価が高い]
  • イメージング:C80測定値に基づいて決定されています。(低域:50Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~10kHz;全体:50Hz~10kHz)[S+が最も評価が高い]

これらの評価値は最終的なスコア算出に影響を与えますが、すべてではありません。

【モニターヘッドホン YAMAHA HPH-MT8 レビュー】それはまるで音のコクピット。適度な広さのフレームに多くの音を一気にしっかり聞かせてくれる。モニタリングチェックに最適で実用的なモニターヘッドホン

YAMAHA HPH-MT8は実用性に優れたモニターヘッドホンで、フレームの中に音楽の全体像を少し情報量を多めにうまく収めてくれる有能な機種です。使い勝手と装着感もよく考えられていて、モニタリング作業 Read more

【完全ワイヤレスイヤホン QCY T13 レビュー】少しゆったりした音場で雄大に音楽を聞かせるメロウサウンド。カスタマイズ性も高く、長時間再生可能。優れた入門機種だが、通信品質だけ少し不安

QCY T13はバランスのよい低域寄りのサウンドを持っています。非常にうまくバランスを維持しながら音場が広く聞こえるように丁寧に強調されており、ディテールをうまく維持し、聞き心地の良い優れたリスニング Read more

低域(7.5)

  • 原音忠実度:B-
  • 臨場感:C-
  • 深さ:B-
  • 重み:B+
  • 太さ:A-
  • 存在感:B-

低域

低域のモニタリングに使う予定なら、NTH-100は全く向きません。ヘッドホンで選ぶなら別のモニターヘッドホン、たとえばTASCAM TH-06YAMAHA HPH-MT8のようなものを選びましょう。しかし、一番良いのはイヤホンを使うことです。原理上、イヤホンのほうが低域を正確に、より深くまで再現できます。

NTH-100の低域?呆れるほどよくないので、語る内容もないくらいです。ミキシングの邪魔になるようなボンボンした音が好きならおすすめできますよ。

中域(8.0)

  • 原音忠実度:A+
  • 厚み:A
  • 明るさ:A
  • 硬さ:B+
  • 存在感:B

中域

NTH-100は中域の聴き心地を重視しているようですが、質感表現も定位感もよくなく、全体的に前屈みに丸い音が聞こえてきます。レンジ感が良くなく、分離が悪くて音が「ダマ」で聞こえやすい傾向があります。

全体的に音が丸いので聴き心地が良い点は高評価できるかもしれません。長時間のレコーディングなんかではボーカル中心で聴け、聴き疲れないのでいいかもしれませんが、繊細に音を捉える調整になっていないので、ミキシングやマスタリングには全く使えません。

ほぼ同じ価格で買えるSHURE SRH-840を買った方がはるかに実用的です。

もし中域にフォーカスしてボーカルの質感などを正確にミキシングしたいと思ってるにしても、これの1/10の価格で買えるBehringer HPX2000を使う方が断然マシです。

高域(8.5)

  • 原音忠実度:C+
  • 艶やかさ:B+
  • 鋭さ:A-
  • 脆さ:B-
  • 荒さ:D+
  • 繊細さ:C
  • 存在感:C

高域

高域は拡張性は悪くないと言えますし、鮮明感も比較的良いと言えます。しかし、批判的なモニタリングに使えるほど繊細さがありません。これに金を出すならSONY MDR-7506とかCLASSIC PRO CPH7000とか、高域の調整に優れたモニターヘッドホンは山ほどあります。ミキシングやマスタリングでしっかり一音一音を捉えることを重視するなら、これは候補になりません。

定位/質感

  • 質感の正確性:B-
  • 定位の正確性:B-
  • オーケストラのテクスチャ:C+
  • 雅楽のテクスチャ:B

定位と質感は以下の音源によって聴感テストされています。また質感についてはそれぞれリファレンスとするイヤホンは以下の通りです。

オーケストラではコンサートマスターと指揮者の位置関係、チェロとバイオリンのバランスを重視しています。雅楽では篳篥の音が最も力強く聞こえること、とくに「塩梅」がきれいに聞こえることを重視しています。

この項目は各言語音の音域に対応し、西洋音楽(および洋楽)が好きな人はオーケストラのテクスチャを、日本の伝統音楽(および邦楽)が好きな人は雅楽のテクスチャを重視すると満足度が高いでしょう。

このヘッドホンでクラシックを聴く?冗談でしょう?レンジ感が悪すぎてスケール感が全然ありませんよ。中域の質感の正確性もかなり低めです。何より透明度の不足が著しいですね。

雅楽は篳篥にせよ、和音にせよ、苔むしたようにぼやけて聞こえます。解像度の不足が問題です。

音場/クリア感/イメージング

  • 音場:B
  • クリア感:B
  • イメージング:B
    • 高域:B
    • 中域:B+
    • 低域:C+

音場

低域の深さは物足りません。中域は最前面近くにあり、高さは標準か少し物足りません。

クリア感はモニターヘッドホンとしては物足りません。

解像度は価格を考えると標準以下です。

 

音質総評

  • 原音忠実度:A+
  • おすすめ度:B
  • 個人的な好み:B

音質総評

もしあなたがモニターヘッドホンとしてこれを買おうと思っているのなら、おすすめしません。

音質的な特徴

美点

  • 優れた原音忠実性
  • 中域への適切なフォーカス
  • 長時間聞いても疲れない(解像度が低いので)
  • 前方定位的

欠点

  • よくないレンジ感
  • 低域の深さに欠ける
  • 物足りない解像度
  • 繊細さに欠ける
  • 明瞭でない音
  • モニター向きではない
  • ミキシングに使えない
  • マスタリングに使えない
  • はっきりしない定位感
RODE NTH-100

優れた原音忠実性
中域への適切なフォーカス
長時間聞いても疲れない

RØDE NTH-100

RØDE NTH-100

RODE NTH-100
RODE NTH-100
RODE NTH-100
RODE NTH-100
RODE NTH-100
RODE NTH-100
初音ミク フィギュア オリジナル夏服ver. Renewal

初音ミク フィギュア オリジナル夏服ver. Renewal

 

 

 
 
 
 
 
 

レコーディングシグネチャー

レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。レコーディングシグネチャーのソースはRME ADI-2 Pro FS R Black Edition + TOPPING A90を使い、レコーディングにはAntelope Audio Amariを用いています。

¥369,600(税込)

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • 5055Prot 実時間2ch 自由音場補正フィルター(特注)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Brüel & Kjær 1704 マイクアンプ電源
  • Bluetoothトランスミッター:FiiO BTA30
  • オーディオインターフェース:Antelope Audio Amari
  • レコーディングソフト:Audacity

浮遊大陸アルジェス -Introduction-(OST系)

楽曲情報
  • 楽曲名:浮遊大陸アルジェス -Introduction-
  • アルバム名:Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation

Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. RODE NTH-100

Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-

楽曲情報
  • 楽曲名:Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 Evolution オリジナルサウンドトラック
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. RODE NTH-100

Formidable Enemy

楽曲情報
  • 楽曲名:Formidable Enemy
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 スーパーアレンジバージョン
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Formidable Enemy
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. RODE NTH-100

海外レビューの紹介

RODE NTH-100

最新のモニターヘッドホン「RØDE NTH-100」の海外レビューまとめ

人気マイクメーカー「RØDE」が初めて作ったモニターヘッドホン「RØDE NTH-100」の海外レビューをまとめて紹介します。

総評

SHUREやAKG、SENNHEISER、オーディオテクニカ、SONYの例を示すまでもなく、優れたマイクメーカーは優れたモニターヘッドホンメーカーでもあったことは歴史が証明してきました。しかし、何事にも例外はつきものです。

優れたマイクメーカーとしてすでに十分に知られたRØDEの最初のモニターヘッドホンに対する私の期待は、箱を開けて装着するまでで消えました。まさしくこのヘッドホンは歴史を変えます。「優れたマイクメーカーのモニターヘッドホンにハズレなし」の常識は今ここに打ち破られたのです。

装着感もよくて長時間聞いても聴き疲れないような眠い音が好きならおすすめできますが、ミキシングやマスタリングに必要なのはそういう音ではないでしょう。

RØDE NTH-100

RØDE NTH-100
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

HiFiGOは、現在購入できるHiFi IEMのトップ5をテストしてリストにまとめることで、あなたを助けようと思います。このリストは、$500以下の価格帯から選ばれています($100以下のベスト、$200以下のベスト、など)。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

RODE NTH-100

8.2

パッケージ

8.0/10

ビルドクオリティ

9.0/10

装着感

9.0/10

高域

8.5/10

中域

8.0/10

低域

7.5/10

歪みの少なさ

7.5/10

長所

  • 優れた原音忠実性
  • 中域への適切なフォーカス
  • 長時間聞いても疲れない(解像度が低いので)
  • 快適な装着感
  • ビルドクオリティ
  • 前方定位的

短所

  • よくないレンジ感
  • 低域の深さに欠ける
  • 物足りない解像度
  • 繊細さに欠ける
  • モニター向きではない
  • ミキシングに使えない
  • マスタリングに使えない
  • はっきりしない定位感

コメント



タイトルとURLをコピーしました