【HiFiGOレビュー】Moondrop KATOについてのレビューまとめ

Moondrop KATO20000円~30000円
Moondrop KATO

Moondrop Katoは、$200以下の価格帯では最高のシングルダイナミックドライバーIEMの一つです。

この美しいIEMは、従来のKXXSをアップグレードし、より良い構造とチューニングに変更したものです。Moondropが新たに開発したULTスーパーリニアダイナミックドライバー技術を搭載しています。Katoは2021年9月にリリースされ、そのリリース以来、このペアはコミュニティから好評を博しています。世界中のオーディオマニアがKatoのサウンドを気に入り、MoondropのこれまでのシングルダイナミックドライバーIEMの中で最高だと言う人さえいます。

今日、私たちはMoondrop Katoのインプレッションと、この美しいIEMについてのみんなの声をお届けします。その前に、Moondrop KatoはHiFiGOにて$189.99でお求めいただけます。

Moondrop KATO
Moondrop KATO

この製品の要点

  1. シングルダイナミックドライバーモデル
  2. 優れたビルドクオリティ
  3. ゆるやかなV字型サウンド

Moondrop KATOについてのレビュー

レビュアーがMoondrop KATOについてどのように述べているかを以下に列挙します。

Super* Review(Youtube Video Review)

この美しいイヤホンのレビューをいち早くアップしてくれたのは、Super*さんです。彼のレビューから、彼がKatoを非常に気に入っていることがよくわかります。

彼のレビューによると、「KatoはMoondropにとって前進であり、実際、これはMoondropの最高のシングルダイナミックドライバーイヤホンである」とあります。

純正ケーブルやキャリーケースなどの付属品もとても気に入っているようです。チューニングはマイルドなV字型で、低音域はかなり緩やかにブーストされていると感じているようです。サブベースがよく伸びて、中低音もよく出て、鳴動感があります。中域下部はやや引っ込んでいて、中高域は一歩前に出て、ボーカルを前面に出しているのが分かるそうです。

彼のレビューによると、Moondrop Katoは、ボーカルが自然なトーンで伝わってくる非常に心地よい音質を持っています。彼は、Moondropの他のシングルDD IEMと比較して、Katoが周波数応答範囲全体にわたってより良い鮮明感を持っていることに気づきました。Katoのイメージングは、Moondropのこれまでの全てのシングルDD製品よりもずっと優れています。

彼はKATOの詳細なレビューを行っており、彼のYoutubeチャンネルで完全なレビューをご覧ください。

Moondrop KATO
Moondrop KATO

The Headphone Show

The Headphone ShowのPrecogvisionがMoondrop Katoのレビューを書きました。また、Head-fiで意見も伝えています。彼のレビューでは、「Katoは、優れたパッケージとアクセサリーでパッケージングゲームを向上させるMoondropの継続的な献身を難なく実証している」と書かれています。

Katoは、前モデル(KXXS)にインスピレーションを与えたデザインを踏襲していますが、シェルの背面にいくつかの角度を付けています。ビルドクオリティは良く、0.78mmピンはKXXSよりも明らかにしっかりとロックされます。それらは、常に良いタッチである同様に凹型です。Katoに付属するケーブルもまた、正しい方向への確かな一歩です。KXXSのケーブルほど細くなく、手に持ったときの感触もしっかりしています。

KXXSとKatoの間には、Starfield、KXXS、Ariaの間に見られる音色の違いと同様に、おそらく品質管理の限界とみなすことができるほど小さな音色の違いがあります。とはいえ、アッパーミッドレンジのレスポンスはKatoの方がわずかに滑らかであることがわかります。Katoはまた、特に高音域がより滑らかです。Katoに付属する真鍮と銀のノズルについては、ネット上で様々な感想を目にしました。金色のノズルでは、KATOが高音の空気感や上部のシャープさが増しているように聞こえます。ムーンドロップのシングルDDに飽きたと言えばそれまでですが、1)KXXSの正当な改良であり、2)同じ価格であることを考えれば、文句のつけようがないでしょう。このように、KatoはMoondropのラインナップに加わったもう一つの確かな製品だと思います。

彼の完全なレビューはこちらからご覧ください。

Moondrop KATO
Moondrop KATO

Tech Power Up

Tech Power Upは、Moondrop Katoの非常に詳細で綿密なレビューを行いました。解像度の低さやエネルギーの不足を感じることなく、非常にバランスのとれたチューニングであると評価しています。ロック、ポップス、ジャズなどのジャンルを引き立てる中低音のエネルギー感が素晴らしいとの評価です。中低域と低域の切り替えもスムーズ。他のMoondropセットよりもブライトなトーンではなく、高域のトランジェント特性も滑らかだとのことです。2つのチャンネル間の一貫性が保たれています。また、中高域の音色の分離が鮮明でクリアーであることも分かりました。新しいスプリングシリコン・チップは、チップ・ローリングの優れたコンテンダーです。

Tech Power Upは、Katoの音場はまあまあで、いくつかのトラックで軽い歯擦音も感じるという。彼らはMoondrop Katoを非常に気に入っており、そのためKatoにHighly Recommendedアワードを授与しています。彼らは、パッケージの付属品から音の詳細な説明まで、すべてを網羅した詳細なレビューを行っています。彼の完全なレビューをこちらから是非ご覧ください。

Moondrop KATO
Moondrop KATO

EL JEFE Reviews(Youtube Video Review)

EL JEFEがMoondrop Katoの素晴らしい詳細なレビューを行いました。彼は、Katoのパッケージからビルドとサウンドに至るまで、すべてを紹介しました。Moondrop Katoのデザインと形状は、KXXX、Aria、Starfieldsなど、他のMoondrop製品と同じです。耳の疲れなどの問題もなく、とても快適です。ですから、Moondrop Katoの装着感で何らかの問題が発生することはありません。

Moondrop Katoの音質についてですが、ペアは暖かい Moondropのハウスサウンドのプロファイルを備えています。もしあなたが以前にMoondrop製品を使用したことがあるなら、ここでも同じチューニングスタイル、特にシングルダイナミックドライバー製品に共通する特徴に聴き覚えがあるかもしれません。

マイルドなV字型のサウンドプロフィールを持ち、低音域と高音域が盛り上がり、非常に滑らかな中音域が得られます。Moondrop Katoは、EL JEFEがKatoのサウンドに興味を持った、優れた低音域の伸びをもたらします。このペアは膨張することなく、優れたパンチを持っています。同時にKatoは、中音域に漏れることなく、タイトにコントロールされた低音域のレスポンスを持っていることがわかりました。中音域については、Katoはスムーズで豊かなレスポンスを持っています。

AriaやKXXXと比較すると、Katoの中音域はやや前に出ています。男性ボーカリストを引き立てる見事な表現力です。ヴォーカルはナチュラルでコクがあり、決して色付けされた音ではないそうです。Katoの音場も印象的で、広くゆったりしています。Moondrop Katoの高音は鮮明で、疲労や歯擦音はなく、細部までよく再現されます。トップクラスの音質を体験するのに十分なエネルギーを持っているのです。Moondrop Katoは、彼のお気に入りのIEM IKKO OH10に取って代わり、今では$200以下の価格帯で彼の絶対的なお気に入りのペアとなっています。

レビューの詳細はこちらでご覧ください。

Moondrop KATO
Moondrop KATO

Gizaudio(Youtube Review)

GizaudioのTimmyがMoondrop Katoのレビューで素晴らしい仕事をしました。彼は、KXXS、Aria、Starfieldなどの他のMoondropシングルダイナミックIEMとの簡単な比較を含む、非常に詳細なレビューを提供してくれました。Timmyが言うように、Katoの最大の改良点は同梱のアクセサリーです。重くて快適なケーブルで、これまでのMoondropの純正ケーブルのすべてをアップグレードしたような感じです。イヤーチップや交換可能なチューニングノズルなど、パッケージ内の様々なアクセサリーの詳細もきちんとカバーしています。

Moondrop Katoのサウンドについては、先代のKXXSに非常によく似ています。KXXSの真鍮ノズルとシルバーノズルのサウンドは、KXXSと90%似ているそうです。KatoはKXXSのより良いバージョンで、解像度が若干高く、ボーカルのエネルギーが若干増した感じです。KatoはHarman Targetにチューニングされており、実に顕著な中低音レスポンスを持っています。サブベースもありますが、ミッドバスの影に隠れてしまっています。Katoは低音のコントロールが非常にうまく、低音が中音域ににじむことがありません。男性ボーカルは、ややリッチな音質で自然な印象のようです。Katoの低音から中音への移行は極めて自然です。Katoはボーカル部にややエネルギー感があり、ボーカル部全体がやや前に出ています。楽器もKatoで非常によく表現されます。このタイプのIEMは、購入すれば長い間IEMと付き合っていくことができるでしょう。$200以下の価格帯では、Moondrop Katoは最高のIEMの一つだと思います。

YouTubeで彼のレビューをご覧ください。Moondropの他のシングルダイナミックドライバー製品とKatoを比較しています。

Moondrop KATO
Moondrop KATO

まとめ

これらのレビューを見るだけでも、Moondrop Katoが本当にかなり面白そうだということがわかります。このペアは、美しく構築され、本当にまともなサウンドチューニングを持っており、豪華な品質のアクセサリーが詰め込まれています。Moondrop Katoは、HiFiGOにて$189.99でお求めいただけます。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

HiFiGOは、現在購入できるHiFi IEMのトップ5をテストしてリストにまとめることで、あなたを助けようと思います。このリストは、$500以下の価格帯から選ばれています($100以下のベスト、$200以下のベスト、など)。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

コメント



タイトルとURLをコピーしました