【HiFiGOレビュー】デジタルオーディオプレーヤー「Shanling M8」のレビューまとめ

Shanling M8100000円~200000円
Shanling M8

Shanlingは、中国のHiFiオーディオ機器ブランドとして知られています。デジタルオーディオプレーヤー、インイヤーモニター、USBドングルDACなど、さまざまなカテゴリーで幅広い製品を展開しています。ちょうど数ヶ月前に、フラッグシップのハイレゾプレーヤー Shanling M8をリリースしました。

Shanlingのポータブルデジタルオーディオプレーヤーの「M」シリーズは、M6 Proや現在のM8などの非常に成功した製品で最も成功した製品ラインナップの1つです。最新のM8は、革新的な交換可能なヘッドホンソケットデザインをハイレゾオーディオプレーヤー市場にもたらしました。これにより、ユーザーは希望する終了要件に従ってソケットを変更できます。M8には、高品質のオーディオデコードを実現するAKM Technologiesの最新のフラッグシップ AK4499EQ DACチップが2つ搭載されています。それは、世界中のオーディオファンからの賞賛と肯定的なフィードバックを受け取っています。このハイグレードなオーディオプレーヤーに寄せられた声に耳を傾けてみましょう。

Shanling M8
Shanling M8

この製品の要点

  1. 最高品質のビルドクオリティと最高クラスのレファレンスサウンド
  2. 独自の交換可能なヘッドホンアダプタシステムを備えたエレガントな外観
  3. 完全にオープンでPlay Storeを備えたAndroidシステム

AudioSolace.com

Shanling M8は、豊かで成熟したサウンドと、充実したトーンとダイナミズムを持つ、独自の個性を持った優れたDAPです。デュアルAK4499EQとオペアンプの組み合わせは、真っ黒な背景の中で素晴らしいバランスを持つ音楽的にプリミティブなサウンドを実現します。Shanlingは機能面でも妥協しておらず、M8はSpotify、Tidal、Deezerなどのおなじみのサービスからのストリーミングに対応しています。これらの理由から、Shanling M8は間違いなく、史上最高のデジタル・オーディオ・プレーヤー・リストの一角を占めるにふさわしい機種です。最も安価なDAPではありませんが、ポータブルオーディオのコレクションを一新したいと考えているユーザーは、最高のIEMからフルサイズのヘッドホンまでを難なくドライブすることができるM8を真剣に検討することをおすすめします。

詳しいレビューは、こちらをご覧ください。

Headfonics.com

心地よいM6から鮮やかなM6Proまで、Shanlingは彼らのチューニングの専門性とハードウェアの品質を立証してきましたが、今回もチューニングのメリットに加えて、最高級のAK4499EQのデコード機能とアンプ回路の見直しを行っています。

その結果、非常に洗練された、成熟したサウンドのシグネチャーが実現されており、すべての要素が適切に配置されており、優れた一貫性を実現しています。M8は、そのサウンドデザインと一環した外観を持ち、ミニマムなトポロジーで内外の静けさと落ち着きを実現し、エレガントで快適なサウンドで、特に低域のディテールが緻密で、豊かな表現力を持っています。

音楽は私にとって瞑想の一部になっていますが、M8のサウンドは、夜に聴くと深みがあって落ち着きます。はっきりとした解像度、優れたヘッドルーム、ダイナミクスを損なうことのない力強い濃密な中低音のキャラクターを備えたM8は、これまで私が聴いたDAPの中で最も表現力の高い製品です。

非常に豊かな低音のディテール、落ち着いたボーカル、壮大なステージングを好む人には、大きめのサイズ感を気にしないならば、確実にお勧めできる製品です。

詳しいレビューは、こちらをご覧ください。

Shanling M8
Shanling M8

Headfonia.com

前回、DAP(SP2000を除く)に本当に感銘を受けたとき、私はロンドンにいましたが、Covid19は世界にまだ蔓延していませんでした。 そのデバイスは、Lotoo Paw Gold Touchに他なりませんでした。 今や世界はその頃とは異なった様相になっていますが、優れたDAPの条件は、特に音質に関しては変わっていません。

では、Shanling M8をどのようにランク付けすることができるでしょうか? 最高のものの1つだと思います。 これは、私が久しぶりに本当に感銘を受けたDAPです。 紛れもなく優れたサウンドプレゼンテーションはもちろんのこと、多目的な環境で優れた機能を備えたクリーンなAndroidソフトウェアが実装されています。 優れたバッテリー持ち、ビルドクオリティ、デザインを備えています。 それはヘッドホン出力へのユニークなアプローチを持っており、そのシステムは私のお気に入りです。 一部の人々はそのアイデアを高く評価しませんが、私は違います。

こちらから完全なレビューを確認できます。

MajorHiFi.com

ShanlingのM8は、非常にオーディオマニア向けのデバイスです。このDAPには強力なハードウェアが搭載されており、それに見合った性能を誇っています。取り外し可能なソケットは、この種のオーディオプレーヤーにとっては歓迎すべき革新であり、人によっては魅力を感じないかもしれませんが、私は間違いなく面白いと思いました。ソケットの交換が面倒だという人もいるでしょうし、紛失したら大変ですが、外観はスマートになります。5インチの美しい画面と頑丈な筐体は、DAPの中でも最も美しいもののひとつです。ユーザーインターフェースのほとんどはシンプルで、特にAndroid OSに慣れている人なら簡単に操作できます。私にとってのM8のハイライトは、4.4mmコネクターを使ったときに、M8が最高の解像度でサウンドを奏でてくれたことです。$1659という価格がネックになるかもしれませんが、オーディオプレーヤーの最終兵器としては、Astell&Kernといった他のハイエンドブランドと並んで際立っています。M8があなたの最終的なDAPになるのであれば、失望することはないでしょう。

完全なレビューはこちらをご覧ください。

Audiokeyreviews.com

デスクトップ・システムからDAPのレビューに移る際には、全体的な音質の違いに慣れるために1日ほど時間をかけた方が良い場合がありますが、これは非常に顕著です。Shanling M8は、これまでDAPで経験したことがないほど、「プラットフォーム」間の違いが少なく、これは本当に驚きでした。

Shanling M8は、DX220 AMP1 MkIIよりも詳細で拡張性があり、Cayin N6II/A01よりも音楽的で魅力的な、並外れた「ポータブル・ミュージック・プレーヤー」であり、いくつかのデスクトップ・システムと同じくらいパワフルです(そしてより透明ですらあります)。また、Shanling M8は、Border Patrol SE-I DACへのデジタルトランスポートとしても優れていることがわかりました。iBassoとCayinはどちらも非常に優れた、評価の高いDAPですが、M8は音楽の表現力において全く別のレベルにあります。

私に言わせれば、音楽を愛する人の中には、ロマンチックで、芸術家や詩人として活動したり、あるいは芸術に欲求不満を抱えている現実主義者、そしてすべての美しいもの(芸術、建築、デザインなど)を愛する人だと思われますが、もしあなたが音楽を愛する人であれば、M8はあなたにとって究極のDAP、つまり「持ち運べる音楽装置(ポータブルミュージックプレイヤー)」になるかもしれません。それはある種の、良いターンテーブルで演奏されたレコードを彷彿とさせるような、心地よいものになるでしょう。もちろん、これは私の主観的な意見ですけれども。

Shanling M8の多くの機能、その音質と卓越した音楽性、透明感、造りの良さ、デザイン、そしてoBravo RA-C-CU(93dB、182Ω)を駆動するのに十分なパワーをもたらす能力には、驚かされます。結局のところ、DAPとは名ばかりのデスクトップシステムやコンポーネントなのかもしれません。Shanling M8は、私たちのGOLDEN KEYNOTE賞の優秀賞を受賞する3番目の製品です。

完全なレビューはこちらをご覧ください。

注目製品「SHANLING M8
Shanling M8
Shanling M8

Shanling M6Shanling M6 Proの大成功の後、Shanlingは最新のリファレンスレベルデジタルオーディオプレーヤーであるShanling M8を発表しました。 M6 / M6 Proは、ブランドからかなり前にリリースされたミッドレベルの製品でしたが、今度はアップグレードされた真のフラッグシッププレーヤーが登場しました。

  • フラッグシップデュアルAK4499DACチップセット
  • XMOS XU208USB信号受信機
  • 最大32bit/768kHzのPCMデコード
  • DSD512までのネイティブデコード
  • 高性能OP + BUFヘッドホン増幅回路
  • Qualcomm CSR8675Bluetoothチップ
  • 出力電力(バランス):最大840mW@32Ω
  • 出力電力(シングルエンド):最大260mW@32Ω
  • 3つのゲインモード:低、高、ターボ
  • Lightning Fast Snapdragon 430 チップセット
  • 4GBのRAM
  • 64GBROM
  • 交換可能なヘッドフォン出力ポート
  • 3.5mmシングルエンド、4.4mm バランス、2.5m バランス、3.5mmPROヘッドホン出力をサポートします
  • AGLOオーディオアーキテクチャ
  • AGすりガラス強化ガラス
  • 5インチフルHDディスプレイ
  • デュアルバンドWiFiサポート2.4GHz / 5GHz
  • SyncLink、DLNA、AirPlayサポート
  • 7000mAhバッテリー
  • 最大14時間のバッテリー駆動時間、急速充電3.0のサポート
  • オープン Android OS
  • ハイレゾオーディオ、ハイレゾオーディオワイヤレス認定
Shanling M8

交換可能なヘッドホンソケット

ユーザーは、ヘッドホン/イヤホンのエンドポートに応じて、ソケットを異なるエンドポートに変更できます。 3.5mmシングルエンド、4.4mmバランス、2.5mmバランス、または3.5mm Pro(バランス)の間で変更できます。 したがって、必要なエンドポートがあれば、Shanling M8はそれに合わせて切り替えることができます。

高性能オーディオパフォーマンス

Shanlingは、高性能のフラッグシップDACチップセットに加えて、M8にOP + BUF増幅回路などの高品質コンポーネントを装備し、ユーザーに最高の音質体験を提供しています。増幅は非常にクリーンで、ヘッドホンに対しても比類のないパフォーマンスを提供する究極のパワーを備えています。あらゆるヘッドホンは、最大840mW@32Ωの出力で迎えられます。

Shanling M8

Porta.fi

Shanling M8は本当に優れており、開発者は個性的で際立たったサウンドを生み出すことに成功しただけでなく、トップセグメントにふさわしいほど技術的にも優れています。スタイリッシュなデザイン、優れた人間工学デザイン、交換可能なコネクタの興味深いアイデアが追加されており、価格帯において非常に興味深く価値のあるデバイスに仕上がっています。デバイスの開発者はサウンドチューニングを合理的に行い、競合他社のサウンドを分析し、Shanlingのフラッグシップに独自のサウンドとプレゼンテーションを持たせることを決定しました。そして、Shanlingはそれに成功しました。M8は、強化されたマクロディテールを提供し、非常に魅力的なサウンドを提供します。

こちらで完全なレビューを確認できます。

Shanling M8
Shanling M8

Twister6.com

M8によってShanlingは、非常に洗練された高品質で美しいサウンドのDAPを実現し、ポータブルハイエンドの地位を確固たるものにしました。細部に至るまで多くの注意が払われており、改善できるのはソフトウェアレベルだけです。AK4499EQ DACチップの実装は非常にうまくいっており、音質に反映されているのは、ほのかな暖かさと自然な感触を持つ、非常に高品質なリファレンスサウンドです。洗練されていて、ディテールの認識を追加するためのいかなる小手先の技にも頼りません。ビルドクオリティは素晴らしく、システムはPlay Storeに完全対応しており、非常にスムーズに動作します。最後になりましたが、非常に革新的な交換可能なヘッドホンソケットは、標準的なヘッドホンアウトの種類の違いだけではなく、それ以上に広がる多様性をもたらします。すばらしい仕事だと思います。

完全なレビューはこちらをご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました