【完全ワイヤレスイヤホン Xiaomi Redmi Buds 4 Pro レビュー】LDAC対応。明るいバランスのサウンドを持つ高機能完全ワイヤレスイヤホン

【完全ワイヤレスイヤホン Xiaomi Redmi Buds 4 Pro レビュー】LDAC対応。明るいバランスのサウンドを持つ高機能完全ワイヤレスイヤホン10000円~20000円
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro

免責事項

  1. このレビューは「私的な購入品」または「対価を払ってレンタルした商品」に基づいて書かれています。
  2. これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  3. 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。
  4. 「audio-sound @ premium」はamazon.co.jpおよびamazon.comほか通販サイトの取扱商品を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラム等の参加者です。

Xiaomi Redmi Buds 4 Proの概要

こんな人におすすめ

  • 明るい音が好き
  • マルチポイント対応機種を探している
  • 機能性重視
  • デザイン重視
  • LDAC対応機種を探している

基本スペック

  • 連続/最大再生時間:9h/36h
  • 防水性能:IP54
  • 対応コーデック:LDAC/AAC/SBC
  • 価格帯:10000円~20000円

audio-soundスコア
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro

  • パッケージ:8.0/10.0
  • ビルドクオリティ:8.5/10.0
  • 装着感:8.5/10.0
  • 高域:8.5/10.0
  • 中域:9.5/10.0
  • 低域:8.5/10.0
  • 歪みの少なさ:8.0/10.0
  • 通信品質:9.5/10.0
  • アクティブノイズキャンセリング:8.0/10.0

長所と短所

長所

  • 明るく朗らか
  • サウンドバランスが良い
  • 聴き心地が良い
  • 良好な質感
  • 良好な定位感
  • 高域の拡張性に優れる

短所

  • 重みと深さに欠ける低域
  • 繊細さに欠ける
  • 中域はやや明るすぎ、場合によってうるさく聞こえがち

Xiaomi Redmi Buds 4 Proの特徴

Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
  • ハイレゾオーディオワイヤレス対応 (LDAC オーディオ コーデック) | Hi-Res Audio Wireless によって認定されており、最大 990kbps の伝送速度で LDAC オーディオ コーデックと 96kHz/24bit 以上のオーディオ解像度をサポートします。Xiaomi 独自の HRTF サウンド アルゴリズムを使用して現実のサウンドをシミュレートし、さまざまなオーディオ ソースや再生デバイスと互換性のあるビデオを見るときに真の没入型体験を提供する、まったく新しい没入型サウンド システムを備えています。
  • 最大43dBのアクティブノイズキャンセリングで、不要なノイズを効果的に低減 | イヤホンはノイズを最大43dB低減し、外部ノイズを最大99.3%遮断し、静かに音楽を楽しむことができます。AIアダプティブANCは3つのモード(ライト/バランス/ディープ)を用意し、機内やカフェに限らず、自宅やオフィスでも、集中力を高めるのに役に立ちます。通話用のトリプルマイクノイズ キャンセリング、どこにいても非常にクリアな通話品質 | 3つのマイクにはそれぞれ独自の機能があり、音声を正確に抽出して外部ノイズを効果的に除去します。通話品質は、ニューラル ネットワーク ノイズ リダクション アルゴリズムによってさらに強化されます。
  • デュアルダイナミックドライバー搭載 | 高音域用に10mmアルミニウム合金ダイヤフラムと6mmチタンダイヤフラムで構成されるまったく新しいデュアル ダイナミックドライバー システムを備えています。2つのドライバーを組み合わせることで、幅広いジャンルで透き通った高音域と豊かな低音域を実現します。革新的な風切り音低減技術 | 各イヤホンには、風切り音を効果的に低減する金属製の風防が組み込まれています。また、風が一定の速度に達すると自動的にスイッチが入る独自の風切り音低減アルゴリズムも備えているため、邪魔されることなくアウトドア アクティビティを楽しむことができます。
  • Bluetooth 5.3対応、デュアルデバイスとのスマート接続可能で、スマートフォンとパソコンを簡単に切り替えることが観桜 | 2つのAndroid、iOS、またはWindowsデバイスに同時に接続できるため、オフィスにいるときは同じヘッドセットを使用できます。
  • 最長36時間連続可能 | 1回の充電で最大9時間、充電ケースを合わせて使用すると最大36時間の音楽再生が可能です。また、急いでいて充電を忘れた場合でも、イヤホンは5分間の急速充電で最大2時間の音楽再生が可能です。・便利な日本語アプリ | Xiaomi Earbudsアプリを使用するとことで、Redmi Buds 4 Pro ワイヤレスイヤホンのノイズ キャンセルとタッチコントロールの設定などができます。OTAにも対応しています。
Immersive Sound | Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro

パッケージ(8.0)

Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro

パッケージは価格の水準を満たしています。

パッケージ内容

  • イヤホン本体
  • 専用充電ケース
  • イヤーピース
  • Type-Cケーブル
  • マニュアルや保証書類
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro

ビルドクオリティ(8.5)

Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro

ビルドクオリティは価格の標準を満たしています。

Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro

装着感(8.5)

Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro

装着感は良好です。

Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro

接続品質

LDACでCayin N6II/E02と接続してテストしました。価格帯では優秀な接続品質です。

人混みに行ってないのでわかりませんが、家庭内では安定しています。距離耐性は優秀で、5mくらい離れてもシームレスでそのままつながっています。遮蔽物を挟んでも通信が途切れることはなく、一貫して音楽を聴くことができます。

バックグラウンドノイズは少しあるかもしれませんが、ほとんど気になりません。

インターフェース/操作方法

操作インターフェースはタッチパネル式です。

電源ON充電ケースの蓋を開け、イヤホンを取り出す
電源OFF充電ケースにイヤホンを収納する
ペアリングイヤホンをケースに収め、イヤホンケース下部のペアリングボタンを長押し
曲再生多機能ボタンを2回タップ
再生停止多機能ボタンを2回タップ
曲送り多機能ボタンを3回タップ
通話応答多機能ボタンを2回タップ
通話終了多機能ボタンを3回タップ
ANC/ヒアスルー切替多機能ボタンを長押し

アクティブノイズキャンセリング性能

詳細は有料記事に譲りますが、Xiaomi Redmi Buds 4 ProのANC性能は価格帯では標準以上の水準です。かなり万遍なく上から下まで遮断します。

対応アプリ

Xiaomi Earbudsアプリに対応します。

アプリで可能なこと

  • アクティブノイズキャンセリングの調整
  • 音質のカスタマイズ
  • コントロールのカスタマイズ
  • ファームウェアアップデート
  • マニュアルの確認
  • イヤホンの追跡
  • 初期化
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
引きこもりのダメニートな緒山まひろは、ある日目覚めると“女の子”になっていた!?鏡に映る美少女が自分だと分からず混乱するまひろのもとに、飛び級で大学に入学した天才科学者である妹・緒山みはりが現れ、飲み物に怪しげな薬を盛られていたことが判明する…!もう2年も外に出ないでいかがわしいゲーム三昧…たまには働いてもらわなきゃ!みはりによる“女の子になる薬”の経過観察として、突如女の子として暮らすことになったまひろにとって、トイレやお風呂、スカートやブラジャーなど“女の子の生活”は知らないことばかり…。さらに、みはりの中学時代の同級生である穂月かえでやその妹・もみじ達とも知り合い、まひろの日常はどんどん賑やかさを増していく。苦難の連続に、果たして“元”お兄ちゃんの運命やいかに…!?©ねことうふ・一迅社/「おにまい」製作委員会

音質

HATS測定環境

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ(HATS内蔵)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • 小野測器 SR-2210 センサアンプ
  • 出力オーディオインターフェース①:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • 出力オーディオインターフェース②:Antelope Audio Amari
  • 入力オーディオインターフェース:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition

カプラー測定環境

  • Type5050 マイクアンプ電源
  • Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ・IEC60318-4準拠)
  • オーディオインターフェース:MOTU M2

アナライザソフト

  • TypeDSSF3-L
  • Room EQ Wizard

REW周波数特性

Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ)でのREWによる測定値です。測定値はHATSの測定結果と比較校正されていますが、HATSを用いた当サイトの基準としている測定結果とは異なります。測定値は他サイト(主に海外レビューサイト)のレビューとの比較用に掲載しています。

当サイトのレファレンスの測定結果については有料記事を参照してください。

周波数特性(RAW)

Xiaomi Redmi Buds 4 Pro Frequency Response (RAW)
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro Frequency Response (RAW)

周波数特性/THD特性/ラウドネスステータス

測定値は有料記事をご覧ください。

UGREEN HiTune X6

オーディオステータス

Xiaomi Redmi Buds 4 Proのオーディオステータス
Xiaomi Redmi Buds 4 Proのオーディオステータス
※オーディオステータスは周波数特性(自由音場補正済み)から「各要素に関わる周波数帯域の平均値」を算出し、その特性平均値全体の「全体平均値」を求め、「各要素に関わる周波数帯域の平均値」の「全体平均値」からの乖離を数値化したものです。各要素の相対的な強さを表し、独自のオーディオ指標として導入しています。

ANTELOPE AUDIO 特集

ANTELOPE AUDIO(アンテロープオーディオ)は、20年以上に渡りハイエンドのデジタルオーディオクロックやAD/DAコンバーターを手がけるメーカーです。プロフェッショナルが認めるクリスタル・マスタークロックを始めとする独自技術により、完璧なクロッキングを実現。レコーディングスタジオやプロエンジニア、プロミュージシャンはもちろん、オーディオファンからも高い支持を集めています。

音質解説

今回は標準イヤーピース Lサイズを使い、FiiO M15とLDACで接続してレビューします。

Xiaomi Redmi Buds 4 Proニュートラルに近いサウンドシグネチャーを持っています。

レビューの各評価点の判断基準は以下の通りです。

  • 原音忠実度:自由音場フラットに基づく判定値。どれだけ自由音場フラット(≒録音音源の再現度)に忠実かを表します。音域ごとに標準偏差から自動で算出、判定されています(低域:20Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~20kHz;全体:63Hz~13kHz)[S+が最も原音忠実]
  • 臨場感/深さ/重み/太さ/厚み/明るさ/硬さ/艶やかさ/鋭さ/脆さ/荒さ/繊細さ/存在感:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、各要素が聴感上ニュートラルからどれだけ強調されて聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[Bが最もニュートラルに近く、S+が最も強調度が高く、D-が最も強調が弱い]
  • 質感の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、200Hz~2.5kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • 定位の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、1.5kHz~8kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • オーケストラのテクスチャ/雅楽のテクスチャ:それぞれのリファレンス音源を用い、各リファレンスイヤホンからの音質差を聴感テストしています。なお、リファレンスイヤホンは参考用であり、S+ほどリファレンスイヤホンに近いというわけではありません。[S+が最も評価が高い]
  • クリア感:THD測定値に基づいて決定されています。[S+が最も評価が高い]
  • イメージング:C80測定値に基づいて決定されています。(低域:50Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~10kHz;全体:50Hz~10kHz)[S+が最も評価が高い]

これらの評価値は最終的なスコア算出に影響を与えますが、すべてではありません。

Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
【完全ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW33 レビュー】十分な深みのある躍動的な低域と、調和的で美しい響きに満ちた中域を生み出すダイナミックサウンド。個人的にはとても好きな傾向の音

M-SOUNDS MS-TW33は響きの豊かな充実感の高いメロウサウンドを持っており、包まれ感とダイナミズムに優れ、甘く濃厚なサウンドを聞かせてくれます。MS-TW33はその懐の深いサウンドによって、 Read more

【ハイエンドイヤホン Symphonium Helios レビュー】わずかに金属的に聞こえるが、鮮明感の高いほぼ完全なニュートラル系サウンド。優れた定位感と質感の再現度で圧倒する

10万円くらいの価格で、定位と質感に優れた完全なニュートラルサウンドに近い優れたIEMを探しているなら、Symphonium Heliosを見逃すべきではありません。サウンドバランスにおいて完璧に近く Read more

低域(8.5)

  • 原音忠実度:S
  • 臨場感:B
  • 深さ:B+
  • 重み:B+
  • 太さ:B+
  • 存在感:B-

低域

Xiaomi Redmi Buds 4 Proの低域は存在感の上では中域より弱いバランスになっています。

ドラムはそこそこ重厚感がありますが、キックは浅く、全体的にタンタントントンした軽っぽい音に聞こえます。ランブルはかなり弱いですね。

エレキベースも明るめの印象で、広がりに欠けます。

基本的に低域好き向けではありません。

Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro

中域(9.5)

  • 原音忠実度:A+
  • 厚み:B+
  • 明るさ:B+
  • 硬さ:B
  • 存在感:B

中域

Xiaomi Redmi Buds 4 Proの中域はニュートラルに近く、質感はかなり正確です。

中域中心部を前面に押し出し、明るさと透明感を感じさせながらも、輪郭感をわずかに抑えてまろやかさを加え、耳当たりを優しくしている丁寧な調整がされています。

みずみずしく明るく詳細に聞こえる中域は解像度も高く、楽器音はかなり生き生きと聞こえます。

重厚感が不足しているため、中域は軽やかに聞こえます。ディテール感はやや弱いですがリスニングには十分で、構築感も不足をほとんど感じません。

少しTinnyで金属的な傾向が出やすい感じがあり、音量や曲によると思いますが、ボーカルには少しシャウト感を感じるかもしれません。

Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro

高域(8.5)

  • 原音忠実度:C-
  • 艶やかさ:B+
  • 鋭さ:B+
  • 脆さ:C+
  • 荒さ:D+
  • 繊細さ:D+
  • 存在感:C+

高域

Xiaomi Redmi Buds 4 Proの高域は拡張性に優れています。

高域は中域に比べると全体的にややエネルギーは抑えられています。全体的に滑らかでよく調整されていますが、繊細さだけはだいぶ物足りません。

繊細さの不足によって、シンバルクラッシュはかなりがさつく感じがあり、ギラつきも強いため、あまりきれいな印象は受けません。よく言えばワイルド、悪く言えば下品に聞こえます。

バイオリンや木管も少しヒステリックに聞こえやすく、上品さに欠けて聞こえがちですね。

Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro

定位/質感

  • 質感の正確性:A+
  • 定位の正確性:A-
  • オーケストラのテクスチャ:B+
  • 雅楽のテクスチャ:B+

定位と質感は以下の音源によって聴感テストされています。また質感についてはそれぞれリファレンスとするイヤホンは以下の通りです。

オーケストラではコンサートマスターと指揮者の位置関係、チェロとバイオリンのバランスを重視しています。雅楽では篳篥の音が最も力強く聞こえること、とくに「塩梅」がきれいに聞こえることを重視しています。

この項目は各言語音の音域に対応し、西洋音楽(および洋楽)が好きな人はオーケストラのテクスチャを、日本の伝統音楽(および邦楽)が好きな人は雅楽のテクスチャを重視すると満足度が高いでしょう。

質感と定位感もよく、スケール感も悪くないのですが、繊細さに欠け、上品さに欠ける表現になりがちです。練習不足の音に聞こえます。重厚感も物足りません。高域はかなり滑らかで倍音のつながりも悪くないのですが、最後の作りこみの甘さでわりと台無しになっている感じです。

Redmi Buds 3 Proと同じように音量制限があり、94dBくらいで音量が頭打ちになるため、クラシック音楽を楽しむには音圧感も不足する可能性があります。

同様の理由で雅楽も好みを分けるでしょう。

Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro

音場/クリア感/イメージング

  • 音場:B+
  • クリア感:B+
  • イメージング:B+
    • 高域:A
    • 中域:B+
    • 低域:B-

音場

深さはやや物足りず、中域はかなり前面におり、高域の拡張性は優れています。

クリア感は価格の標準以上です。

イメージング性能は価格の水準以上です。中域に限ればかなり解像度が高いですね。

Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro

 

音質総評

音質的な特徴

美点

  • 明るく朗らか
  • サウンドバランスが良い
  • 聴き心地が良い
  • 良好な質感
  • 良好な定位感
  • 高域の拡張性に優れる

欠点

  • 重みと深さに欠ける低域
  • 繊細さに欠ける
  • 中域はやや明るすぎ、場合によってうるさく聞こえがち
【完全ワイヤレスイヤホン Xiaomi Redmi Buds 4 Pro レビュー】LDAC対応。明るいバランスのサウンドを持つ高機能完全ワイヤレスイヤホン

明るく朗らか
良質な質感と定位感
高域の拡張性に優れる

Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro
Xiaomi Redmi Buds 4 Pro

ミディッチュ 艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 島風

ミディッチュ 艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 島風

ミディッチュ 艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 島風 

 

 
 
 
 
 

レコーディングシグネチャー

レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。レコーディングシグネチャーのソースはFiiO M15でレコーディングにAntelope Audio Amariを用いています。コーデックはLDACで、イヤーピースは標準イヤーピース Sサイズを使用しています。

¥369,600(税込)

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • 5055Prot 実時間2ch 自由音場補正フィルター(特注)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Brüel & Kjær 1704 マイクアンプ電源
  • Bluetoothトランスミッター:FiiO BTA30
  • オーディオインターフェース:Antelope Audio Amari
  • レコーディングソフト:Audacity

浮遊大陸アルジェス -Introduction-(OST系)

楽曲情報
  • 楽曲名:浮遊大陸アルジェス -Introduction-
  • アルバム名:Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation

Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
Zwei!!オリジナル・サウンドトラック2008
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Xiaomi Redmi Buds 4 Pro

Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-

楽曲情報
  • 楽曲名:Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 Evolution オリジナルサウンドトラック
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Get Over The Barrier! -EVOLUTION!!-
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Xiaomi Redmi Buds 4 Pro

Formidable Enemy

楽曲情報
  • 楽曲名:Formidable Enemy
  • アルバム名:英雄伝説 零の軌跡 スーパーアレンジバージョン
  • Copyright c Nihon Falcom Corporation
イースVIII -Lacrimosa of DANA- オリジナルサウンドトラック [完全版]
Formidable Enemy
amazon
  1. 原曲(-23LUFS)
  2. Xiaomi Redmi Buds 4 Pro

総評

Xiaomi Redmi Buds 4 Proは高音質コーデックLDACに対応する比較的高機能なイヤホンです。音質はやや明るめで癖がありますが、サウンドバランスはおおむね良好で、価格を考えるとかなりよくまとまっている機種です。ただ、アプリによるカスタマイズの自由度はあまり高くありません。たとえばEQはプリセットのみの選択ですし、コントロールのカスタマイズも限定的です。