【HiFiGOレビュー】xDuoo 最新の真空管ハイブリッドアンプシリーズを一挙紹介:MT-601,602,604

xDuoo MT-601,602,6045000円~10000円
xDuoo MT-601,602,604

真空管ハイブリッドヘッドホンアンプを嫌いな人はいないと思います。

xDuooは、最新の真空管ハイブリッドヘッドホンアンプ「MT」シリーズを発売しました。xDuooは、中国を拠点とするHi-Fiオーディオ機器のトップメーカーで、xDuoo XD05 BalxDuoo TA-10など、多くのヒット商品を持つ高品質なデスクトップおよびポータブルヘッドホンアンプで知られています。

最新の真空管ハイブリッドヘッドホンアンプ「MT」シリーズは、「MT-601(シングルチューブ)」「MT-602(デュアルチューブ)」「MT-604(クアッドチューブ)」の3製品からなります。「MT-601」と「MT-602」がシングルエンド出力のみをサポートしているのに対し、「MT-604」は4.4mmと4pinのXLRポートを備えたフルバランスのインターフェースを提供しています。

本日は、このハイブリッド・ヘッドホンアンプ3機種の開封レポートをお届けします。また、この3機種の技術的な比較も簡単にご紹介しますので、ご自身にぴったりの1台を選ぶお役に立てていただければと思います。

それでは、これ以上時間を無駄にする前に、始めましょう。もし、技術的な比較をご覧になりたい場合は、この記事の最後の方にスクロールダウンしてください。

xDuoo MT-601,602,604
xDuoo MT-601,602,604

xDuoo MT-601 & MT-602の開梱体験

まず、シングルエンドの「MT-601」と「MT-602」からご紹介します。この2つは、今年の初めに発売されたシリーズの入門モデルです。

MT-601は6N11管を使用した単管式設計で、6.35mmシングルエンドのヘッドホン出力を備えています。MT-602は、6J1管を2本使用したデュアル・チューブ・デザインを採用しています。MT-602は、通常の6.35mmヘッドホン出力に加え、3.5mmヘッドホン出力端子も装備しています。入力端子はRCAと3.5mmのAUX IN端子を装備しています。

xDuoo MT-601,602
xDuoo MT-601,602

「MT-601」と「MT-602」は、どちらも同じような外観の長方形の箱に入っています。パッケージには、xDuooブランドのロゴが大きさを変えて全体に印刷されています。パッケージの正面には、どちらも製品の概要が描かれています。

箱を上から開けると、AMPを輸送中に安全かつ健全に保つためのフォーム層があります。電源アダプターはパッケージの底部にあり、安全な段ボール箱に入っています。xDuoo社は両方のデバイスをしっかりと梱包していますが、チューブAMPが非常に繊細で輸送中に破損しやすいという事実を考慮してのことです。xDuooの行き届いた配慮が見られます。

xDuoo MT-601,602
xDuoo MT-601,602

また、MT-601とMT-602の開梱ビデオは、以下のYouTubeでご覧いただけます。

パッケージ開梱動画(xDuoo MT-601&602)

xDuoo MT 601 & MT 602 Tube headphone amplifier First Look

パッケージ内容(xDuoo MT-601&602)

  • MT-601/MT-602ハイブリッド真空管アンプ
  • コード付き電源アダプタ
  • 3.5mmメス-6.35mmオスアダプター
  • ユーザーガイド
  • 保証書

MT-604の開梱体験

MT-604は、プリアンプ部に6J1管を4本搭載したシリーズのフラッグシップモデルです。シングルエンド構成の他の2兄弟とは異なり、4pin XLRと4.4mmの入出力を備えたフルバランス回路を搭載しています。

xDuoo MT604
xDuoo MT-604

xDuooは、MT-604をMT-601/602とほぼ同じパッケージで提供します。

長方形のダンボール箱にxDuooのブランドロゴが印刷され、前面にはアンプの輪郭が描かれています。唯一の違いは、他の2つのモデルに比べてパッケージが大きく、長くなっていることです。これは、MT-604が他の2つのモデルに比べて長さが長いことから理解できます。

パッケージの中は他の2つのモデルと全く同じで、ユーザーガイドが一番上にあり、次に輸送中に内部のアンプを安全かつ健全に保つためのフォーム層があります。電源アダプターは一番下にあり、電源コードは白いダンボール箱に入っています。しかし、3.5mm-6.35mmのアダプターは含まれていません.バランス接続のみに対応するためです。

xDuoo MT604
xDuoo MT-604

MT-604の開封の様子を動画で撮影しましたので、以下からご覧ください。

パッケージ開梱動画(xDuoo MT-604)

xDuoo MT-604 Headphone Amplifier Unboxing

パッケージ内容(xDuoo MT-604)

  • xDuoo MT-604
  • コード付き電源アダプター
  • ユーザーガイド
  • 保証書

ビルドクオリティ

「MT」シリーズのヘッドホンアンプは、3機種とも同じ作りでありながら、それぞれに違いがあり、見分けがつきやすいのが特徴です。

MT-601は真空管1本、MT-602は真空管2本、MT-604は真空管4本を搭載しています。MT-601とMT-602はほぼ同じ大きさですが、MT-604はチューブが4本ある分、長さが長くなっています。ベンチレーションは、チューブの周囲とシャーシの側面にある穴を利用しています。

xDuoo MT-601,602,604
xDuoo MT-601,602,604

MT-601/602は、電源ON/OFFスイッチ、6.35mmヘッドホン出力、3.5mmAUX INを前面に装備し、赤いボリュームノブを備えています。MT-602は、前面に3.5mmヘッドホン出力を装備しています。 背面にはRCA aux-inとRCA aux-out端子があり、DACへの音声入力や他のパワーアンプと接続してPre-AMP機能を利用することができます。筐体はサンドブラスト加工を施しており、完成度の高い仕上がりとなっています。

xDuoo MT-601,602,604
xDuoo MT-601,602,604

MT-604には、バランスXLRと4.4mmの入出力端子を搭載しています。背面にはXLR信号入力端子、前面には4ピンXLRと4.4mmの入出力端子を装備しています。また、フロントには2つのボリュームノブを装備しており、左右のチャンネルごとに独立したボリューム調整が可能です。MT-604の外観は、他の2機種と同様に、サンドブラスト仕上げの高級感ある筐体を採用しています。

技術比較

3機種の技術的な比較のために、以下の比較表を作成しましたので、ご覧ください。

SpecificationMT-601MT-602MT-604
Pre-Amp Tube ConfigurationSingle 6N11/E88CCDual 6J1Four 6J1
Transistor BufferClass AClass AClass A
PreAMP OutYesYesNo
Independent Volume ControlNoNoYes
Output Interface6.35mm Single-Ended6.35mm+3.5mm Single-Ended4-Pin XLR+4.4mm Balanced
Input InterfaceRCA+3.5mm AuxRCA+3.5mm AuxXLR+4.4mm Balanced
Output Gain+18dB+15dB+15dB
Output Power200mW(32Ω)1300mW(32Ω)2000mW(32Ω)
Dynamic Range85dB85dB85dB
Frequency Response10Hz-60kHz(±0.5dB)10Hz-60kHz(±0.5dB)10Hz-60kHz(±0.5dB)
SNR>100dB>115dB>115dB
THD+N≤0.01%≤0.01%≤0.01%
Suitable Headphone Impedance16Ω-600Ω16Ω-600Ω16Ω-600Ω
Size12*7.8*4cm12*7.8*4cm17*10*6cm
Weight0.36Kg0.38Kg0.55Kg
Price89$99.99$169$
xDuoo MT-601,602,604
xDuoo MT-601,602,604

総評

バランス接続のユーザーにとっては、この3つの中での選択は非常に明確で、MT-604を購入するのが良いでしょう。

そのため、この3つの中で主に迷う可能性があるのは、MT-601MT-602の間です。どちらもシングルエンド出力ですが、MT-602の方が上級モデルです。3.5mm出力端子が追加され、出力も格段に向上しているので、要求の厳しいヘッドホンにも対応できます。そのため、高出力を必要とするヘッドホンを使用する場合には、MT-602が適しています。

MT-601は、IEMや要求レベルの低いヘッドホンに適しています。

【まとめ】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ機種まとめ&選び方ガイド
【まとめ】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ機種まとめ&選び方ガイド

この記事では多数ラインナップされている完全ワイヤレスイヤホンの中から、当ブログのおすすめ完全ワイヤレスイヤホンについての情報をまとめます。使い方や使用に当たっての注意点なども解説します。

【完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW100-BA レビュー】聞き疲れしないサウンドと装着感。長時間の快適なリスニング環境を実現した完全ワイヤレスイヤホン
【完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW100-BA レビュー】聞き疲れしないサウンドと装着感。長時間の快適なリスニング環境を実現した完全ワイヤレスイヤホン

Shanling MTW100-BAは装着感が良く、長時間再生できるパワフルなバッテリー性能を持っています。そのサウンドは長時間聴いても聞き疲れない音質で、長旅のお供にはぴったりです。ややゆったりした空間表現を持っているので、優しいサウンドが好きならきっと気に入るでしょう。

【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW300レビュー:必携のパーフェクトワイヤレス
【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW300レビュー:必携のパーフェクトワイヤレス

Shanling MTW300は、ユーザーに非常に良い音質を提供する、かなり堅実なTWSイヤホンです。鮮明な解像感、周波数帯域全体の優れた透明感、パンチの効いた没入感のあるサウンド出力、そして十分に適切なビルドクオリティを持っています。

最新の10000円クラス以下おすすめ完全ワイヤレスイヤホンカタログ[2021年4月号]
最新の10000円クラス以下おすすめ完全ワイヤレスイヤホンカタログ[2021年4月号]

完全ワイヤレスイヤホンの市場は近年急速に成長し、2021年もこの分野の成長は著しい伸びを見せることが予想されます。この記事では私自身がレビューテストしたもの、そして多くのレビュアーから賞賛を受けている最新の完全ワイヤレスイヤホンのおすすめ機種をまとめて紹介します。

【完全ワイヤレスイヤホン TaoTronics SoundLiberty Pro S10 レビュー】他人とはひと味違うイヤホンを求める人へ。シャープでスタイリッシュなデザインが美しい。ハーモニクスの豊かなサウンドが味わえるが、万人向けではない
【完全ワイヤレスイヤホン TaoTronics SoundLiberty Pro S10 レビュー】他人とはひと味違うイヤホンを求める人へ。シャープでスタイリッシュなデザインが美しい。ハーモニクスの豊かなサウンドが味わえるが、万人向けではない

TaoTronics SoundLiberty Pro S10は私のおすすめのリストの上位に来る製品ではありません。それはシャープで近未来的なデザインを持っているにも関わらず、サウンドは鈍く、非常に穏やかな、どこか保守的ですらあると思えるノスタルジックな音色を持っています。

【完全ワイヤレスイヤホン SoundPEATS Gamer No.1 レビュー】この価格帯ではかなりの良チューニング。全体的にバランスが良く、中域が明瞭なモニターサウンド
【完全ワイヤレスイヤホン SoundPEATS Gamer No.1 レビュー】この価格帯ではかなりの良チューニング。全体的にバランスが良く、中域が明瞭なモニターサウンド

SoundPEATS Gamer No.1は低遅延のゲーミングモードを搭載した完全ワイヤレスイヤホンです。デザインはゲーマー向けを意識しているようですが、実際のところそのサウンドはかなり良質なモニターサウンドで、オーディオファン向きです。

【完全ワイヤレスイヤホン UGREEN HiTune T2 レビュー】装着感をしっかり整えると、ウォームでポップス向きのバランスの良い音を奏でる。有力なAirPods代替候補
【完全ワイヤレスイヤホン UGREEN HiTune T2 レビュー】装着感をしっかり整えると、ウォームでポップス向きのバランスの良い音を奏でる。有力なAirPods代替候補

UGREEN HiTune T2は適度なディテール感とウォームで聴き心地がよいマイルドさを兼ね備えた完全ワイヤレスイヤホンです。装着感がやや安定しづらく、低域は装着次第でだいぶ量感が変化するという欠点があるのが難点です。

previous arrow
next arrow
【まとめ】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ機種まとめ&選び方ガイド
【完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW100-BA レビュー】聞き疲れしないサウンドと装着感。長時間の快適なリスニング環境を実現した完全ワイヤレスイヤホン
【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW300レビュー:必携のパーフェクトワイヤレス
最新の10000円クラス以下おすすめ完全ワイヤレスイヤホンカタログ[2021年4月号]
【完全ワイヤレスイヤホン TaoTronics SoundLiberty Pro S10 レビュー】他人とはひと味違うイヤホンを求める人へ。シャープでスタイリッシュなデザインが美しい。ハーモニクスの豊かなサウンドが味わえるが、万人向けではない
【完全ワイヤレスイヤホン SoundPEATS Gamer No.1 レビュー】この価格帯ではかなりの良チューニング。全体的にバランスが良く、中域が明瞭なモニターサウンド
【完全ワイヤレスイヤホン UGREEN HiTune T2 レビュー】装着感をしっかり整えると、ウォームでポップス向きのバランスの良い音を奏でる。有力なAirPods代替候補
previous arrow
next arrow

コメント



タイトルとURLをコピーしました