3000円~5000円

【モニターヘッドホン Classic Pro CPH7000 レビュー】廉価で買える優れたモニターヘッドホン。素のままでもDTM初心者からスタジオエンジニアまでを納得させる秀逸な機種。EQで微調整すれば一流クラスのスタジオモニターに早変わり

長年に渡って日本の音楽シーンを支え続けてきたサウンドハウスは、日本製で最高のモニターヘッドホンの一つ「CLASSIC PRO CPH7000」を生み出しました。
100000円~200000円

【モニターイヤホン アルファ☆デシベル EgoiST UM レビュー未満】このブランドはチューニングもあまりよくないが、それ以前にどうも製造工程か品質管理に問題を抱えている可能性がある

あまりにもよくない。
10000円~20000円

【中華イヤホン TFZ LIVE 3 レビュー】深みのあるグルーヴに満ちた低域を持ち、マイルドで聴き心地の良い奥行き感のあるリスニングサウンドを提供する

TFZ LIVE 3はTFZらしい深みのある低域を持ち、聴き心地の優しいマイルドな高域とニュートラルに近い中域を持っています。
10000円~20000円

【中華イヤホン Audiosense AQ4 レビュー】名機AQ3の後継機ないし進化版という触れ込みだが、似ても似つかない音

Audiosense AQ3の名声を知っており、Audiosense AQ4にそのようなサウンドを期待して購入するつもりであるならば、今すぐ考え直す必要があるでしょう。
50000円~100000円

【モニターイヤホン Fender TEN 5 レビュー】フェンダーらしい渋みと黒みがありながら、色気も同居させた上品でかっこいいギターサウンドが魅力。ただしTEN 3のほうがスペック面でより優れているため、買う必要がほぼない

Fender TEN 5はGRADO SR225Xのようなギターやボーカルに色気のあるサウンドが好きな人にはかなり魅力的な選択肢かもしれません。
100000円~200000円

【ハイエンドイヤホン JH Audio JH13v2 Pro Universal レビュー】ハイエンド機種にふさわしい解像度、深みのある低域

JH Audio JH13v2 Pro UniversalにはJH Audioの低域へのこだわりが感じられますが、その音に10万円の価値はありません。
10000円~20000円

【中華イヤホン TFZ TxBEAR MONICA レビュー】十分な深さのある低域と、マイルドでメロウな響きとダイナミズムのある中域が魅力

TFZ TxBEAR MONICAは十分に深い低域と聴き心地が良くマイルドでメロウなサウンドを持つバランスの良いリスニングイヤホンです。
3000円~5000円

【完全ワイヤレスイヤホン QCY G1 レビュー】中域重視のゲーミングモデル。音場が狭い。デザインはおしゃれ。通信品質だけ少し気になる

QCY G1は中域重視のサウンドを持っています。音場が狭いのが難点ですが、コンパクトなサウンドで音楽やゲームを楽しみたい人には悪くないでしょう。
10000円~20000円

【中華イヤホン NF Audio NM2+ レビュー】優れたスタジオモニターイヤホン

NF Audio NM2+は低価格でDTMに使える実用的なスタジオモニターを探しているユーザーにはまっさきにおすすめできる製品です。
5000円~10000円

【日本製イヤホン ZERO Audio ZIRCO Tenore レビュー】サウンドバランスは悪くなく、解像度にも優れるが、中域の透明度とレンジ感は物足りない。総合的には価格の標準以上

ZERO AUDIO ZIRCO TENOREはわりとサウンドバランスがよく、価格帯では優れた解像度を持っているため、おすすめしやすい機種です。
10000円~20000円

【中華イヤホン Moondrop Starfield レビュー】優れた質感表現を実現する明るい音場を持つニュートラルサウンド

1万円台で優れたニュートラルサウンドのイヤホンを求めているなら、Moondrop Starfieldは悪くない選択肢です。その性能が価格の標準以上であることは間違いありません。
5000円~10000円

【日本製イヤホン ZERO AUDIO ZIRCO NERO レビュー】重厚感のある低域表現が魅力

ZERO AUDIO ZIRCO NEROは低価格で臨場感に優れた深みのある低域を味わいたい人には悪くない選択肢ですが、それ以外は価格なりでサウンドバランスもそれほどよくありません。
30000円~50000円

【中華イヤホン BGVP DM8 レビュー】解像度の高いメロウな中域を聞かせる美声イヤホン

BGVP DM8は中域を調和的でメロウに楽しみたい人におすすめできる中華イヤホンです。価格を考えると抜群に近い解像度を持っており、ボーカル表現は非常に美しく、クラシックも優美に聴くことが出来ます。
5000円~10000円

【中華イヤホン TFZ S2 Pro レビュー未満】大幅な左右差あり。おそらく故障機

TFZ S2 Proは低域寄りのウォームニュートラル系のリスニングサウンドを持っていると思われます。次回はまともなユニットでレビューしたいですね。
100000円~200000円

【ハイエンドイヤホン newspring NSE1000-B レビュー】積極的におすすめする要素は殆どないが、雄大なサウンドが好きなら悪くないかもしれない

newspring NSE1000-Bの音に10万円の価値があるかと問われれば、私はないと答えます。それだけのことです。
5000円~10000円

【中華イヤホン CCA CA10 レビュー】真の天才が生み出したサイケデリックサウンド。あのゲテモノ感再び

奇妙で、ある意味サイケデリックな気色の悪いゲテモノ臭の強いジャンクフードサウンドを味わいたいなら、CCA CA10は見逃すべきではありません。
20000円~30000円

【モニターイヤホン Shure AONIC 3 レビュー】定位感と解像度だけは良いが、それだけ。拡張性と透明感の著しい欠如が生み出す今時珍しいほどのローファイサウンド。おすすめできない

SHURE AONIC 3を買うお金があるなら、目隠しして同価格帯の隣のイヤホンを買ったほうがまだまともな可能性が高いですね。デザインもなんとかならなかったんでしょうか。
3000円~5000円

【完全ワイヤレスイヤホン EarFun Free Mini レビュー】Freeシリーズらしい低域とバランスを重視したV字ドンシャリ。サウンドバランスが低価格とは思えないほど良いが、解像度で物足りない

EarFun Free MiniでもEarFunはその卓越したサウンドバランス調整技術を発揮し、エントリークラスで良質なサウンドを提供することに成功しています。
3000円~5000円

【中華イヤホン KZ ZES レビュー】KZ ZEXの低域と中域のサウンドバランスに改善を加えたモデルだが、高域と解像度に劣化が見られる

KZ ZESはKZ ZEXの最大の問題点であった低域と中域のサウンドバランスの改善に取り組んだモデルです。ZESの低域は特に質の良いチューニングが施されており、中域との繋がりも非常に合理的で丁寧に作られています。
50000円~100000円

【モニターイヤホン Westone Pro X30 レビュー】中域重視のステージモニター。日常の音楽鑑賞向きではない。解説系動画を聴いたり、楽器練習のお供にどうぞ

Westone Pro X30は非常に優秀なステージモニターであり、リズムを的確に聞かせ、長時間聞いても疲れないサウンドと安定した装着感を実現しています。