TinHiFi

【中華イヤホン TinHiFi C2 Mech Warrior レビュー】透明度が高く、レンジ感も優れたスタジオチューニングライクサウンド。現状におけるTinHiFi史上最高傑作のひとつ 5000円~10000円

【中華イヤホン TinHiFi C2 Mech Warrior レビュー】透明度が高く、レンジ感も優れたスタジオチューニングライクサウンド。現状におけるTinHiFi史上最高傑作のひとつ

TinHiFi C2は非常に低価格で非常に優れたスタジオチューニングライクなニュートラルサウンドを提供する、現状におけるTinHiFiの最高傑作のひとつと言っていいイヤホンです。
クラシックモデルのリバイバル!「Tin Hifi T2 DLC」の海外レビューまとめ 5000円~10000円

クラシックモデルのリバイバル!「Tin Hifi T2 DLC」の海外レビューまとめ

TINHIFI T2 DLCに関する海外レビュー記事のまとめです。
TIN HiFi P1 MAX ― 14.2mm平面駆動型IEM $100~$200

TIN HiFi P1 MAX ― 14.2mm平面駆動型IEM

Tin HiFiは、平面磁性体イヤホンの設計において長年の経験を持っています。P1、P1 Plus、P2を含む同社の全モデルがそうです。最新のP1 Maxでは、Tin HiFiは、超薄型軽量アルミニウム振動板を採用した新しい14.2mm平面ドライバで、平面ドライバ構造を再設計しました。ここのドライバーは強力なネオジウムN52磁気回路を使用しています。新設計のアルミニウム振動板を採用したことで、こちらのプラナードライバーはパワーが出しやすくなっています。
【HiFiGOレビュー】中華イヤホン TIN HiFi T2 DLC:クラシック・ダイナミックサウンド・リファインド 5000円~10000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン TIN HiFi T2 DLC:クラシック・ダイナミックサウンド・リファインド

59ドルという価格を考えると、T2 DLCを誰でも簡単に好きになってしまうでしょう。多くの点でほぼ完璧で、リスニング体験全体を損なうことがなく、非常に最小限の短所しかありません。
【フィギュア×オーディオ】Myethos 国家宝蔵 葡萄花鳥紋銀香囊 1/7スケール × Tin HiFi T3 Plus Myethos

【フィギュア×オーディオ】Myethos 国家宝蔵 葡萄花鳥紋銀香囊 1/7スケール × Tin HiFi T3 Plus

今回はMyethosのスケールフィギュア「国家宝蔵 葡萄花鳥紋銀香囊 1/7スケール」を持ち出してみました。一緒に楽しむのはTin HiFi T3 Plusです。
TINHIFI T2 DLC:デュアルダイナミックドライバーIEM $50~$100

TINHIFI T2 DLC:デュアルダイナミックドライバーIEM

T2 2022 Versionは、年々強化・最適化されてきた第4世代DLCコンポジット振動板と10mmDLCフラッグシップ・ダイナミックドライバーを搭載しています。
【中華イヤホン KZ × Crinacle CRN (ZEX Pro) レビュー】サウンドバランスは悪くないが、ピーキーな高域とZEXからサウンドパフォーマンスが劣化しているのが気になる 3000円~5000円

【中華イヤホン KZ × Crinacle CRN (ZEX Pro) レビュー】サウンドバランスは悪くないが、ピーキーな高域とZEXからサウンドパフォーマンスが劣化しているのが気になる

KZ ZEX Proは個人的にはかなり期待していた機種なのですが、高域でピーキーなのと、ZEXから解像度やTHDといった音の印象に関わるオーディオスペックが劣化しているのが気になるところです。
【中華イヤホン TINHiFi T3 Plus レビュー】完璧な中域による正確無比な質感表現。スピーカーサウンドを完全に再現する前方定位感。高い解像度、超低歪。優れたビルドクオリティ。すべてが価格を超えている 5000円~10000円

【中華イヤホン TINHiFi T3 Plus レビュー】完璧な中域による正確無比な質感表現。スピーカーサウンドを完全に再現する前方定位感。高い解像度、超低歪。優れたビルドクオリティ。すべてが価格を超えている

TinHiFi T3 Plusは正確な質感表現を愛するオーディオマニアにとって最高のイヤホンの一つです。自然な質感のまま、モニタースピーカーのように音楽の全体を前方定位させ、中域をとくに美しく聴かせます。ボーカルやピアノ、バイオリン、エレキギターがとてもみずみずしく、チャーミングに聞こえるでしょう。
【中華イヤホン TinHiFi P1 Plus レビュー】解像度と空気感に優れ、強調されたステージングによる開放的な広い音場が魅力。エネルギッシュで楽しいが、金属的に聞こえやすいのが難点 10000円~20000円

【中華イヤホン TinHiFi P1 Plus レビュー】解像度と空気感に優れ、強調されたステージングによる開放的な広い音場が魅力。エネルギッシュで楽しいが、金属的に聞こえやすいのが難点

1万円の価格帯で非常に優れた解像度と音場表現を両立させているイヤホンがTinHiFi P1 Plusです。そのサウンドは質感表現で少し劣り、ブリキのように聞こえるところがあるのが難点ですが、繊細で明瞭なくっきりしたサウンドが魅力的で、音の抜けもよく、開放的で音場も広く感じられます。
【HiFiGOレビュー】中華イヤホン TIN HiFi T3 Plus:ディファイニング・バランス 5000円~10000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン TIN HiFi T3 Plus:ディファイニング・バランス

結局のところ、T3 Plusは、非常に競争力のある価格で大きな価値を提供するIEMであることは間違いありません。T3 Plusは、多くの音源と相性が良く、簡単に装着できるユニットです。T3 Plusが5/5の満点評価に値する真の宝石であることを確信させられました。
【HiFiGOレビュー】中華イヤホン TinHiFi P1+:プラナー・センセーションズ 10000円~20000円

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン TinHiFi P1+:プラナー・センセーションズ

TinHiFi P1+は、P1を感度を上げてそのまま進化させたモデルです。オリジナルP1を愛用している人は、このP1+も気に入るでしょう。感度の変更に伴い、P1+の高域がわずかに改善されていますが、それ以外の点では、両者の音色、トーン、特性はほぼ同じです。
【HiFiGOレビュー】Tin HiFi P2:パッケージ内容とクイックレビュー 30000円~50000円

【HiFiGOレビュー】Tin HiFi P2:パッケージ内容とクイックレビュー

今月初め、Tin HiFiは、最新のインイヤーモニターのフラッグシップIEMであるTin HiFi P2をリリースしました。 強力な平面磁界型ドライバーユニットを搭載した最新のフラッグシップIEMです。今日は、パッケージの開梱インプレッションと簡単なレビューを皆さんにご報告いたします。
【比較録音レビュー】おすすめの中華イヤホン3機種を録音つきで解説![Whizzer Kylin HE01/TinHiFi T4/Moondrop SSR ] 5000円~10000円

【比較録音レビュー】おすすめの中華イヤホン3機種を録音つきで解説![Whizzer Kylin HE01/TinHiFi T4/Moondrop SSR ]

このシリーズでは、Antelope Audio Amariと様々なヘッドホンやイヤホンをつないで録音した音源を実際に聴き比べてもらいながら、各音響機器の特徴を解説します。今回は個人的に愛用している中華イヤホン3機種を紹介したいと思います。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました