【中華イヤホン CCZ Plume レビュー】中域から中高域にかけて丁寧にチューニングされている良機種。ただ中低域の膨張が好みを分けるかもしれない

CCZ Plume20000円~30000円
CCZ Plume

免責事項

  1. このレビューはEasy Earphonesから誠実な品質レビューを読者に伝えるために提供されたサンプルに基づいて書かれています。
  2. これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  3. 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。
  4. 「audio-sound @ premium」はamazon.co.jpおよびamazon.comほか通販サイトの取扱商品を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラム等の参加者です。

CCZ Plumeの概要

こんな人におすすめ

  • 充実感のあるサウンドが好き
  • 俺には金色こそがふさわしいと思っている人
  • 中低域の太さを重視
  • コスパ重視

基本スペック

  • 周波数特性:20Hz~20kHz
  • インピーダンス:16±2Ω
  • 感度:110±2dB/mW
  • ケーブルコネクタ:0.78mm 2pin
  • 価格帯:20000円~30000円

audio-sound スコア
CCZ Plume
CCZ Plume
8.9
  • パッケージ:9.0/10.0
  • ビルドクオリティ:8.5/10.0
  • 装着感:9.0/10.0
  • 高域:8.5/10.0
  • 中域:9.0/10.0
  • 低域:8.5/10.0
  • 歪みの少なさ:8.5/10.0
  • コストパフォーマンスボーナス:10.5/10.0

長所と短所

長所

  • 比較的ニュートラルに近い
  • 中域への適切なフォーカス
  • 落ち着いて上品な雰囲気
  • 充実感のあるサウンド
  • 聴き心地が安定している
  • 豪華なパッケージ
  • 精巧なビルドクオリティ

短所

  • 暗い中域
  • マイクロディテールの不足
  • 深みに欠ける
  • 拡張性で物足りない

CCZ Plumeの特徴

高品質ドライバー構成

PlumeはCCZ独自カスタマイズ二重磁気10mmダイナミックドライバー1基とバランスド・アーマチュア4基、片側計5ユニットから創り出される透明感と力強さを感じさせるサウンドを持っています。その最大磁束は1T以上あります。

CCZ Plume
CCZ Plume

人間工学に基づいた設計

CCZ Plume
CCZ Plume

Plumeはアルミ合金筐体を採用して、全帯域において解像度が高くメリハリのある高音質再生を実現します。人間工学に基づいたデザインのハウジングは耳に優しく快適な装着感を提供します。肌に優しいシリコンイヤーピースを採用し着け心地も良く遮音性も良好です。

プロのチューニング

3周波数のスムーズな接続、チューニングは低周波数の厚さを考慮に入れます。中音域の密度と高音域の詳細は、さまざまな音楽タイプやスタイルに合わせて簡単に表示されます。

CCZ Plume
CCZ Plume

豊富な付属品

CCZ Plume
CCZ Plume
  • 革収納ケース
  • 変換プラグ×2
  • KBEAR07イヤピース5ペア
  • 2Pin 2.5mm2芯6N単結晶銅リケーブル
  • クリーニングクロス×1
  • クリーニングブラシ×1
  • ユーザーマニュアル×1

パッケージ(9.0)

CCZ Plume
CCZ Plume

パッケージは比較的豪華です。

パッケージ内容

付属品は豊富です。バランス接続を重視する場合、とくに魅力的でしょう。

  • イヤホン本体
  • 5ペアのシリコンイヤーピース
  • クリーニングツール
  • 2.5mm→3.5mm変換プラグ
  • 2.5mm→4.4mm変換プラグ
  • キャリイングポーチ
  • ユーザーマニュアル

CCZ Plume
CCZ Plume
CCZ Plume
CCZ Plume
CCZ Plume
CCZ Plume

ビルドクオリティ(8.5)

CCZ Plume
CCZ Plume

ビルドクオリティは価格の標準を満たしています。ガンダムで言えば百式かアカツキみたいなデザインですね。

CCZ Plume
CCZ Plume
CCZ Plume
CCZ Plume

装着感(9.0)

CCZ Plume
CCZ Plume

耳への収まりは比較的良好です。装着感は良いでしょう。

CCZ Plume
CCZ Plume
CCZ Plume
CCZ Plume
CCZ Plume
CCZ Plume

音質

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ(HATS内蔵)
  • Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ・IEC60318-4準拠)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Type5050 マイクアンプ電源
  • 出力オーディオインターフェース①:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • 出力オーディオインターフェース②:Antelope Audio Amari
  • 入力オーディオインターフェース:RME ADI-2 Pro FS R Black Edition
  • アナライザソフト①:TypeDSSF3-L
  • アナライザソフト②:Room EQ Wizard

REW周波数特性

Type E610A 711イヤーシミュレータ(カプラータイプ)でのREWによる測定値です。測定値はHATSの測定結果と比較校正されていますが、HATSとプロ用測定アナライザーソフトを用いた当サイトの基準としている測定結果とは異なります。測定値は他サイト(主に海外レビューサイト)のレビューとの比較用に掲載しています。

当サイトのレファレンスの測定結果については有料記事を参照してください。

周波数特性(RAW)

CCZ Plume Frequency Response
CCZ Plume Frequency Response (RAW)

周波数特性(自由音場補正済み)

CCZ Plume Frequency Response
CCZ Plume Frequency Response (Free-field correction)

周波数特性/THD特性/ラウドネスステータス

測定値は有料記事をご覧ください。

オーディオステータス

CCZ Plume
CCZ Plumeのオーディオステータス
※オーディオステータスは周波数特性(自由音場補正済み)から「各要素に関わる周波数帯域の平均値」を算出し、その特性平均値全体の「全体平均値」を求め、「各要素に関わる周波数帯域の平均値」の「全体平均値」からの乖離を数値化したものです。各要素の相対的な強さを表し、独自のオーディオ指標として導入しています。

周波数特性測定値から音質要素のステータスを抽出しました。特に注目すべき要素だけ簡単に説明します。

  • Sibilance/Pierceは刺さり具合に影響するので高域に敏感な人は数値が低いものを選んだほうが良いでしょう。
  • Fullness/Mudは中域を豊かに感じさせる要素ですが、中域が濁るのが苦手な人は数値が低い方が良いでしょう。
  • Boom/Punchは低域の存在感、量感に大きく影響するので、低域のうるさい感じが苦手な人は数値が低い方が良いでしょう。

制動

CCZ Plumeはこのてのマルチドライバー機種にしては出力インピーダンスの影響が少ないようです。感度やインピーダンスのスペック的にもスマートフォンで十分駆動できるイヤホンです。

測定値は有料記事をご覧ください。

音質解説

今回は標準イヤピの中で、Lサイズを使ってレビューします。

CCZ Plumeのチューニングは全体のバランスを重視したニュートラルサウンドを目指して行われており、多くの人にとってわりと良質なサウンドを提供します。拡張性に欠けるところがありますが、聴き心地が良く、比較的自然なディテール感を出すサウンドです。

レビューの各評価点の判断基準は以下の通りです。

  • 原音忠実度:自由音場フラットに基づく判定値。どれだけ自由音場フラット(≒録音音源の再現度)に忠実かを表します。音域ごとに標準偏差から自動で算出、判定されています(低域:20Hz~200Hz;中域:200Hz~2.5kHz;高域:2.5kHz~20kHz;全体:63Hz~13kHz)[S+が最も原音忠実]
  • 臨場感/深さ/重み/太さ/厚み/明るさ/硬さ/艶やかさ/鋭さ/脆さ/荒さ/繊細さ/存在感:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、各要素が聴感上ニュートラルからどれだけ強調されて聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[Bが最もニュートラルに近く、S+が最も強調度が高く、D-が最も強調が弱い]
  • 質感の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、200Hz~2.5kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • 定位の正確性:自由音場補正値に80phon時の等ラウドネス曲線逆補正をかけた聴感周波数に基づく判定値。一般的に適正音量時、1.5kHz~8kHzがどれだけ聴感上ニュートラルに聞こえるかの期待度を表します。自動算出、判定されています。[S+が最もニュートラルに近い]
  • オーケストラのテクスチャ/雅楽のテクスチャ:それぞれのリファレンス音源を用い、各リファレンスイヤホンからの音質差を聴感テストしています。なお、リファレンスイヤホンは参考用であり、S+ほどリファレンスイヤホンに近いというわけではありません。[S+が最も評価が高い]
  • クリア感:THD測定値に基づいて決定されています。[S+が最も評価が高い]

これらの評価値は最終的なスコア算出に影響を与えますが、すべてではありません。

CCZ Plume
CCZ Plume

低域(8.5)

  • 原音忠実度:S
  • 臨場感:B+
  • 深さ:A-
  • 重み:A-
  • 太さ:A-
  • 存在感:A

低域

CCZ Plumeの低域は全体の中でやや存在感が強めです。

階層性はそれほど悪くありませんが、底が浅く、沈み込みで少し劣り、重量感が目立ちすぎる傾向があります。太く、わずかに膨張的に聞こえ、少し中域を窮屈に感じさせる可能性があります。

籠もる傾向はそれほどありませんが、それでも人によっては少し耳に残りやすく、引き締まりに欠ける傾向があるでしょう。

この価格帯のイヤホンの中では低歪の低域なので、高品質ドライバーを使っていることがわかります。

中域(9.0)

  • 原音忠実度:A
  • 厚み:B+
  • 明るさ:B
  • 硬さ:B-
  • 存在感:B

中域

CCZ Plumeは比較的自然な中域を重視したようですが、聴き心地のためにウォーム感を足すことを選んだようです。

中域はボリューム感があり、ボディがしっかりしていますが、少し暗く、明るさの点で優れていません。このイヤホンは高域の輝度も足りないため、全体的にやや落ち着いた、暗いサウンドに聞こえやすい傾向があります。

ボーカルの聞こえ方はややアンニュイで、大人びており、快活さに欠けるところがあります。どちらかというとしっとりした傾向の声色になるので、そうした聴かせ方が好きな人には魅力的に映るでしょう。私もわりと好きな声色です。

ただ、高域ののびやかさに欠け、中域下部のボディが豊満すぎるせいで、ニュアンスがわかりづらいところがありますね。

高域(8.5)

  • 原音忠実度:B
  • 艶やかさ:B-
  • 鋭さ:B-
  • 脆さ:C+
  • 荒さ:D+
  • 繊細さ:C-
  • 存在感:C+

高域

CCZ Plumeの弱点があるとすれば、それは高域です。

中高域付近までは比較的自然に調整されており、Plumeが中域を大事にしていることがわかりますが、高域ののびやかさは明らかに足りません。音が鈍く、滞留する傾向があります。抜けが悪いですね。

また低域に対し、高域の輝度も足りないので、中域の明度不足感を補うことができておらず、ディテールの明瞭性が犠牲にされています。

定位/質感

  • 質感の正確性:B+
  • 定位の正確性:B-
  • オーケストラのテクスチャ:B+
  • 雅楽のテクスチャ:A+

定位と質感は以下の音源によって聴感テストされています。また質感についてはそれぞれリファレンスとするイヤホンは以下の通りです。

オーケストラではコンサートマスターと指揮者の位置関係、チェロとバイオリンのバランスを重視しています。雅楽では篳篥の音が最も力強く聞こえること、とくに「塩梅」がきれいに聞こえることを重視しています。

この項目は各言語音の音域に対応し、西洋音楽(および洋楽)が好きな人はオーケストラのテクスチャを、日本の伝統音楽(および邦楽)が好きな人は雅楽のテクスチャを重視すると満足度が高いでしょう。

フルオケはのびやかさに欠けるので、いまいちですね。中域は少し暗い空間で浮き上がるようにきれいに聞こえます。ただし日本語音域はしっかりしているので、日本人であればわりと不自然に思わないでしょう。むしろ聞き心地が良いと感じる可能性が高いですね。

雅楽も夜のように少し暗い空間で聞こえる雰囲気ですが、その分音が落ち着いて聞こえるので、好みですね。和音が上品に聞こえ、塩梅も比較的わかりやすいです。

グルーヴ/音場/クリア感

  • 音場:B
  • クリア感:B+

音場

音場は高さと深さに欠けますが、少し奥行きが強調されます。

クリア感は価格を考えると、標準以上に思えます。悪くないでしょう。

音質総評

  • 原音忠実度:A
  • おすすめ度:B+
  • 個人的な好み:B+

音質総評

Plume(飾り羽)という名前とその金色の美しい外観から、私は軽やかで繊細、優雅なサウンドを期待していました。つまり、極楽鳥やクジャクのような華やかなサウンドイメージです。しかし、実際のPlumeのサウンドはもっと地味です。

残念ながらPlumeのサウンドはどちらかというと重厚方向に傾くので、サウンドを聴いた後の印象はポーランドのフサリアのようです。

ポーランド史の黄金時代を彩る、この羽飾りの美しい騎兵は軽騎兵を起源としながら他国の同種の騎兵とは異なり、重騎兵として発展しました。フサリアは無傷のまま敵を殲滅し、ポーランドの黄金時代とともに最強の名をほしいままにしますが、近代に入り騎兵の役割が変化すると軽騎兵に取って代わられました。

Plumeのサウンドもフサリアのようであり、ほかのイヤホンに比べて一時的に魅力的に思える可能性がありますが、最終的にあなたのコレクションに残ることができるかはかなり微妙です。Plumeのイメージング性能は同価格帯に溢れる駄作イヤホンと低価格機種よりは優れている可能性があり、それが一瞬あなたを感動させる可能性がありますが、全体として、価格から期待されるほど優秀ではありません。

フサリア

全体的に眺めれば、Plumeはこの価格帯で間違いなく優れた機種の一つですが、暗く陰気に聞こえやすい雰囲気と、曲のディテールを犠牲にしやすいところがウィークポイントになりやすいでしょう。低域の深さも足りないので、引き締まりの悪い低域にも、もたつきを感じます。それはより高いイヤホン、たとえばSHURE AONIC 4などよりまともなイメージングを提供しますが、せいぜい「よりまとも」といったくらいであり、優秀であったり、卓越したものではありません。

どちらにせよ、私はこれよりはるかに安いSoundPEATS Gamer No.1のより完璧なニュートラルサウンドを好みます。さらに言えば、これより安い機種ではるかにステレオイメージングに優れた機種が多い中、Plumeを選ぶのは完全に好みの問題となります。

最終的にはPlumeの持つ中低域へのフェティシズムがあなたを十分に魅了する場合、それは十分に理想的なイヤホンとして立ち現れるでしょう。

音質的な特徴

美点

  • 比較的ニュートラルに近い
  • 中域への適切なフォーカス
  • 落ち着いて上品な雰囲気
  • 充実感のあるサウンド
  • 聴き心地が安定している

欠点

  • 暗い中域
  • マイクロディテールの不足
  • 深みに欠ける
  • 拡張性で物足りない

太さ重視の充実サウンド
ボディが豊か
自然なディテール感

総評

CCZ Plume比較的日本人向きと言えるチューニングであることは事実なので、第一印象では多くの曲が気持ちよく聞こえるかもしれません。しかし、全体的な音場の拡張性に欠け、聴き慣れるといくつかの曲で中低域の存在感が中域を邪魔していることに気が付き始め、高域の輝度の不足、伸びの悪さが音楽全体をぼんやりさせていることが気になってきます。とはいえ、静かに暗い雰囲気で音楽を楽しみたい人には悪くない選択肢です。ピアノJAZZなんておすすめですね。

【ワイヤードイヤホン JVC HA-FW1500 レビュー】印象的な解像度の高いWOODシリーズのミドルハイエンドモデル
【ワイヤードイヤホン JVC HA-FW1500 レビュー】印象的な解像度の高いWOODシリーズのミドルハイエンドモデル

JVC HA-FW1500は明瞭感の高い中高域を提供するイヤホンです。WOODシリーズの中では比較的若さを感じられるサウンドで鮮烈な印象のあるサウンドを奏でますが、少し尖りやすく、うるさく聞こえやすい傾向があるのが好みを分けるでしょう。

【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる
【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる

音楽の聞き心地、聴き疲れのなさを重視するなら、KBEAR NEONはかなりおすすめできます。円筒形のそのイヤホンは、挿入深度も調整しやすく、少しでも音に尖りを感じたら、イヤーピースを小さくしてより深く挿入することで簡単にその尖りを消すことができます。

【中華イヤホン iBasso IT07 レビュー】クリアで明瞭な低域を実現するテスラドライバー。3種のチューニングノズルによる多彩なサウンド。奥深いiBassoのフラッグシップIEM
【中華イヤホン iBasso IT07 レビュー】クリアで明瞭な低域を実現するテスラドライバー。3種のチューニングノズルによる多彩なサウンド。奥深いiBassoのフラッグシップIEM

iBasso IT07は音楽的な中域重視のサウンドを持ち、充実感に優れ、物腰の柔らかな厚みのあるサウンドを実現しています。そして、最大の特徴はテスラドライバーが実現するクリアで質の高い低域にあります。分離感は少し物足りません。

【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド
【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド

Shuoer EJ07はフラットにほぼ忠実なサウンドを持っており、全体的な原音充実度の高さと中域の自然な質感が魅力です。音場はやや奥に定位され、余裕が感じられて聴き心地に優れていますが、迫力やダイナミクスに不足を感じやすいところは難点です。

【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力
【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力

BQEYZ Summerは1万円台の新たなスタープレーヤーです。ハイブリッドドライバーモデルでありながら、非常に低歪であり、かつほぼ完全にニュートラルに近いので、かなり原音に近い質感の中域を持ち、万人向けの素晴らしいサウンドを実現している良機種です。

【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域
【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域

Behringer MO240は中域のステージングが良好で、広々とした開放的な音場にディテール感の高い繊細な音がすっきりと見通せるように聞こえる良質なモニターイヤホンです。クリア感も高く、駆動も容易な上、パッケージクオリティも高いので非常に高いコストパフォーマンスが感じられます。

中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)
中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)

この記事ではオーディオマニアの間で人気の中華イヤホンに関する知識と最新情報をお届けします。この記事を読めば、あなたも今日から中華イヤホン通になれます!

previous arrow
next arrow
【ワイヤードイヤホン JVC HA-FW1500 レビュー】印象的な解像度の高いWOODシリーズのミドルハイエンドモデル
【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる
【中華イヤホン iBasso IT07 レビュー】クリアで明瞭な低域を実現するテスラドライバー。3種のチューニングノズルによる多彩なサウンド。奥深いiBassoのフラッグシップIEM
【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド
【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力
【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域
中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)
previous arrow
next arrow

CCZ Plume

CCZ PLUME
8.9

パッケージ

9.0/10

ビルドクオリティ

8.5/10

装着感

9.0/10

高域

8.5/10

中域

9.0/10

低域

8.5/10

歪みの少なさ

8.0/10

コストパフォーマンスボーナス

10.5/10

長所

  • 比較的ニュートラルに近い
  • 中域への適切なフォーカス
  • 落ち着いて上品な雰囲気
  • 充実感のあるサウンド
  • 聴き心地が安定している
  • 豪華なパッケージ
  • 精巧なビルドクオリティ

短所

  • 暗い中域
  • マイクロディテールの不足
  • 深みに欠ける
  • 拡張性で物足りない

コメント