【HiFiGOレビュー】中華イヤホン NiceHCK Lofty レビュー:ベリリウム・フラッグシップ!

NICEHCK Lofty20000円~30000円
NICEHCK Lofty

NiceHCKはオーディオファンの間ではよく知られたブランドです。ハイレゾ対応のイヤホン、IEM、ケーブルのトップメーカーのひとつです。

最新のラインナップは、NiceHCK Loftyと呼ばれるフラッグシップIEMです。Loftyは、フルベリリウム振動板を採用した10.1mmのダイナミックドライバーを搭載した、デザイン性の高いシングルダイナミックドライバーIEMです。ベリリウム振動板を採用したIEMは、特にLoftyが提供する価格ではあまり例がありません。NiceHCK Loftyは$239で購入することができ、プレミアムなビルドクオリティ、ベリリウム振動板、高品質なケーブルを考えると非常に魅力的です。

しかし、そのサウンドにはどうでしょうか?ベリリウムはNiceHCKに魔法をかけているのでしょうか?さて、今日はそれを確かめてみましょう。私は過去数週間、NiceHCK Loftyを日常的に使用しており、今日はその感想を述べます。では、始めましょう。

NiceHCK Lofty
NiceHCK Lofty

この製品の要点

  1. Loftyは、リッチでメタリックな仕上がりのビルド
  2. 駆動しやすい
  3. 豊かで滑らかなトーンとわずかにV字型のサウンドシグネチャー

免責事項

私はHiFiGOからNiceHCK Loftyのユニットを自分のお金で購入しました。HiFiGOは、私の正直な意見を聞く代わりに、割引クーポンを提供してくれました。このレビューは、過去2週間の私の個人的な経験に基づいています。ご興味のある方は、HiFiGoから$239ドルでご購入いただけます。

私は関税を節約するために、リテールパッケージなしのペアを購入しました。ここでは開封の儀を省略して、デザインと品質について直接ご紹介します。

受け取った内容

  • NiceHCK Loftyイヤホン1ペア
  • 3.5mm終端プラグ付き2ピンケーブル
  • 6組のシリコンイヤーチップ(白3個+黒3個)
  • 本革製イヤホンキャリーケース

NiceHCK Loftyの基本スペック

  • ドライバー:10.1mmピュアベリリウム振動板
  • 感度:108dB/mW
  • インピーダンス:16Ω
  • 周波数特性:20-26kHz
  • プラグ:2.5mm/3.5mm/4.4mmから注文時に選択可能
  • コネクタ:0.78mm 2pin

パッケージ開梱動画

PURE BERYLLIUM!! NiceHCK Lofty In-Ear Monitor Review

Geek Wold GK10はマイルドなV字型というか、M字型のシグネチャーを持っており、温かみと充実感に優れた、聴き心地の安定したサウンドを持っています。ディテール感と聴き心地のバランスが良く、音楽 Read more

KBEAR Aurora

昨今のIEM市場における激しい競争の中で、メーカーは常により良い製品を作るために限界に挑戦し続けています。それは、KBEARのフラッグシップIEMであるAuroraも同様です。オールラウンダーとしての Read more

デザインとビルドクオリティ

私はNiceHCKの高い品質の製品のファンで、同社のフラッグシップイヤホンであるEBX21も所有していますが、こちらも精巧な金属製のビルドになっています。市場に出回っている他のイヤホンがプラスチック製であるのと比べて、非常に高級感があります。フラッグシップモデルのLoftyも同様です。

Loftyは、リッチでメタリックな仕上げになっています。完全な金属製であるため、イヤーピースにはある程度の重量があり、付属のケーブルにも重量があります。フェイスプレート部分には、ウェーブスタイルのパターンとLoftyのロゴがわずかに面取りされています。イヤーピースの上部には、2ピンのコネクターと通気孔があります。また、空洞の内側のノズル付近にも通気孔が設けられています。デザイン的にも外観的にも、Loftyは非常に美しいペアと言えるでしょう。

NiceHCK Lofty
NiceHCK Lofty

ここでもう一つ評価しておきたいのが、ペアに付属するケーブルです。NiceHCKは、IEM用のアップグレードケーブルを幅広く提供しています。フラッグシップモデルのEBX21にはプレミアムケーブルを同梱しました。

今回のLoftyでもそうです。4芯のケーブルにブルーのファブリックスリーブが付いています。この布製スリーブは、確かにケーブルを少し重たくしていますが、私のコレクションの中では、他のケーブルよりも取り回しが良いと感じました。ほとんど絡みません(今のところ一度も絡んだことがありません)。このケーブルは、コネクタ、終端プラグ、付属のマグネット式ケーブルオーガナイザーまで、すべてが高級感を醸し出しています。

しかし、このケーブルには欠点があり、それはその硬さと重さです。このケーブルを使用すると、ペアの重量が少し増えます。Loftyのケーブルは、3.5mm/2.5mm/4.4mmの3種類の端子から選択できます。私は、タブレットやスマートフォンとの接続性を考慮して、3.5mmを選びました。

装着感と遮音性

Yuan Liは、多くの人の耳にフィットするように、サイズと寸法が慎重に作られているようです。装着は簡単で、耳の穴に固定された後は快適なフィット感を楽しむことができました。ケーブルフックも、長時間使用しても圧迫感がないように耳の上で優雅にカーブしており、快適さを追求したデザインになっているようです。そして、私は何度か6時間以上もYuan Liを装着し続けることがありました。

NiceHCK Lofty
NiceHCK Lofty

NiceHCK Loftyの外観、デザイン、感触は全体的に優れています。イヤーピースには、きちんとした仕上げが施されています。完全な金属製で、このペアのリッチな感触をさらに高めています。ケーブルとの組み合わせで重量があるにもかかわらず、装着感は抜群です。ジョギングや仕事をしていても、単に音楽を聴いていても、何の問題もありませんでした。ペアが耳から落ちることはなく、しっかりと固定されているので、周囲の騒音から十分に隔離されています。

駆動性

私は以前、ベリリウム振動板のIEMを使った経験があります。KBear Believeです。そのサウンドはとても気に入っていますが、最高の輝きを得るためにはさらなるパワーが必要です。Believeはスマートフォンではなく、ポータブルアンプとハイレゾプレーヤーを併用することで、最高の体験ができます。

しかし、NiceHCK Loftyはそうではありません。Loftyは普通のスマートフォンやShanling M3Xのようなハイレゾプレーヤーから直接駆動に電源を取ることができます。M3Xに接続したLoftyでは、ローゲインで35~40を超えることはありませんでした。M3Xだけで、ダイナミクス、トーン、ステージング、すべてがとても良いのです。しかし、サウンドにさらなるエネルギーを加えるために、私はXD-05 BalポータブルDAC/AMPをチェーンに加えています。これにより、低音と全体のダイナミクスが改善され、周波数帯域全体にエネルギーが加わります。

NiceHCK Lofty
NiceHCK Lofty

Loftyはスマートフォンの3.5mmジャックから直接駆動しても問題ないでしょう。ただし、最高の体験をするためには、ハイレゾプレーヤーやUSB DAC/AMPを使用することをお勧めします。

音質

ピュアベリリウムがLoftyに魔法をかけ、豊かで滑らかなトーンとわずかにV字型のサウンドシグネチャーをユーザーに提供します。

Loftyは、周波数応答範囲全体で驚くべき解像度と透明感を示しています。低音域は、素早くインパクトのあるスラムのようなアクティブなベースレスポンスを持ち、きちんとしたサブベースのスラムを生み出します。このパワフルな低音は、EDMやヒップホップなどのジャンルを補完する出力にエネルギー要素を加えます。中音域はやや奥まった表現ですが、ボーカルやアコースティック楽器の透明感と自然な音色を保っています。

トップエンドは、Loftyにとってはちょっと気になるところですね。高音域にロールオフがあり、楽器間の空気感や出力の全体的な輝きやエネルギーに影響を与えています。しかし、これは悪いことなのでしょうか?実際、トップエンドのエネルギーが不足するという代償を払っても、スムーズで疲れない表現は、長時間のリスニングに快適性をもたらします。

NiceHCK Lofty
NiceHCK Lofty

ローエンド、力強い低音

私はLoftyの低音域の太くて豊かな表現が大好きです。ただし、Loftyをしっかり装着しないと、低域がもたついた感じになるので注意が必要です。スラムは堂々としていて、フルボディでコクのある表現をしています。低音が強すぎたり、顔にかかりすぎたりすることはなく、きちんとした輪郭のある音が出ます。Loftyは低音域では量より質を重視していると言えるでしょう。マイケル・ジャクソンのファンであれば、Billie JeanやThrillerなどの曲では、一滴ごとに質感の高い低音を楽しむことができると思います。Billie Eilishの曲は低音のチューニングが強すぎますが、Loftyはその洗練された表現で曲を引き立てます。

NiceHCK Lofty
NiceHCK Lofty

中域、甘いボーカルと美しいアコースティック楽器

私は豊かな中音域が好きです。個人的には、ボーカルがスムーズで豊かで自然であることを好みます。私はIron & WineやBoyce Avenueのカバー曲などのファンなので、アコースティック楽器は細部まで表現されているべきだと思っています。

Loftyは、確かに中音域が引っ込んでいますが、それを補って余りある自然な音色と透明感があります。ルイス・カパルディの「Someone You Loved」のピアノやボーカルは、このペアで聞けば、本当に美しく聞こえます。Loftyは感情的なボーカルを見せてくれるので、ダミアン・ライスの「The Blower’s Daughter」を聴いたときは鳥肌が立ちました。女性ボーカルでも、このペアはとてもスムーズで豊かなトーンを維持しています(お気に入りの曲は、Gloria GaynorのI Will Survive、RihannaのUnfaithful、Toni BraxtonのUn-Break My Heart、Taylor SwiftのLove Storyなどです)。

NiceHCK Lofty
NiceHCK Lofty

高音、快適でスムーズ

NiceHCKは、高音域の「Lofty」を安全に使用しています。このペアは、高音域にロールオフがあり、出力から若干の輝きとエネルギーが失われています。これは完全に悪いことではなく、このペアでは、スムーズで疲れない、歯擦音のないレスポンスを実現しています。ユーザーは長時間、疲れずに音楽を楽しむことができるでしょう。私としては、個人的には高音部にもう少しエネルギーが欲しいと思いました。

音場とイメージング

サウンドステージの点では、Loftyは適切な高さと平均的な深さを持つ広いステージを作り出します。楽器の分離感やイメージングも非常に良好で、ステージやイメージングの面では文句なしのペアです。

比較

KBEar Believe vs NiceHCK Lofty、ピュアベリリウムの戦い

Believeは現在、もう長い間製造中止になっています。しかし、私は以前から1台を所有していました。太い低音のレスポンスが特徴で、以前はお気に入りのセットでした。果たしてLoftyは、このセグメントのサウンドでBelieveを退けられるのでしょうか?私の見解は以下の通りです。

KBEAR Believe
KBEAR Believe
  • Loftyは、Believeに比べて、より自然な音色を維持しています。Believeの方がより温かみのある音です。
  • LoftyはBelieveに比べて、より洗練された低音域を持っています。
  • Believeは、最高の音を出すためにはアンプによる増幅が必要で、余分なエネルギーを必要とします。Loftyは比較的ドライブしやすく、より良いアンプでより輝くでしょう。
  • LoftyはBelieveよりも、より没入感のあるサウンドを持っています。
  • Loftyの作り、美しさ、ケーブルの質は素晴らしいの一言です。

特にその自然な音色のために、この2つの中では明らかにLoftyが私の選択肢となるでしょう。

【海外レビューまとめ】KBEAR Believe

KBEAR Believeは駆動に適切なソースを必要とするようですが、適切なアンプにさえつないでやればかなり魅力的なサウンドを聞かせてくれるようです。それが本当にピュアベリリウムイヤホンであるかはとりあえず脇に置くとしても、そのビルドクオリティとサウンド、そしてイコライジング適応性は高く、その対価以上のパフォーマンスを感じさせてくれるようです。

KBEAR Believe

CCZ Plume vs NiceHCK Lofty

ドライバー構成では公平な比較ではありませんが、価格に関しては両方とも同じような価格なので公平な比較です。私はCCZ PlumeとLoftyを購入しました。この2つについての私の見解は以下の通りです。

CCZ Plume
CCZ Plume
  • PlumeはLoftyに欠けていたエネルギーがあり、高音の伸びも良好です
  • Lofty、Plumeともに透明感があります
  • Plumeは音の広がりがあり、より立体的な表現ができます
  • Plumeの中域は甘くてメロディアスで、Plumeは中域がより自然に表現されています
  • Plumeはキラキラした感じで、Loftyは上品でリッチな感じがします
  • Loftyには重くておしゃれなケーブルが付属し、Plumeにはバランス2.5mmのケーブルが付属しています。どちらも布製のスリーブが付いています。

LoftyとPlumeは、音の面では大きく異なります。一方のPlumeは楽しくて魅力的なシグネチャーで音楽を引き立て、もう一方のLoftyはより滑らかでリラックスした表現をします。

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン CCZ Plume レビュー:黄金の輝き、魅惑のサウンド!

CCZ Plumeはとても美しいIEMです。見た目は超豪華で、美しく楽しいサウンドシグネチャーを持っています。自然な雰囲気を持つ音で、魅力的で没入感のあるサウンドを生み出します。正直、私はこのサウンドがとても気に入りました。Plumeの短所を挙げるとすれば、その透明で明快な性質のために、悪い録音の欠点がすぐに顔に出てしまうことくらいですが、まあ、これも良いことです。

CCZ Plume
NiceHCK Lofty
NiceHCK Lofty

まとめ

NiceHCK Loftyは、その豊かで滑らかな音の調性で、ピュアベリリウム振動板の魔法をもたらします。私がLoftyに夢中になっているのは、Loftyの音色、解像度、透明感のおかげです。他にも、インパクトのある低音域のレスポンス、CNC鍛造アルミニウムの高級キャビティ、高級ケーブルなどが、この製品の魅力をさらに高めています。ただ、個人的には、トップエンドにもう少しエネルギーを持たせたチューニングをしてくれれば良かったと思います。

NiceHCK Lofty
NiceHCK Lofty

NiceHCK Lofty

¥27,548(税込)

【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい
【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい

qdc Dmagic 3Dはうねるようなグルーヴ感とクリアな明瞭感、リッチな優雅さを兼ね備えたハイエンドイヤホンです。わくわくする活気に満ちた楽しいリスニングサウンドを求めている場合、このイヤホンは最高に魅力的に思えるでしょう。音楽を楽しくする魔法がかかっているイヤホンです。

【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド
【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド

Shuoer EJ07はフラットにほぼ忠実なサウンドを持っており、全体的な原音充実度の高さと中域の自然な質感が魅力です。音場はやや奥に定位され、余裕が感じられて聴き心地に優れていますが、迫力やダイナミクスに不足を感じやすいところは難点です。

【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力
【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力

BQEYZ Summerは1万円台の新たなスタープレーヤーです。ハイブリッドドライバーモデルでありながら、非常に低歪であり、かつほぼ完全にニュートラルに近いので、かなり原音に近い質感の中域を持ち、万人向けの素晴らしいサウンドを実現している良機種です。

【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域
【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域

Behringer MO240は中域のステージングが良好で、広々とした開放的な音場にディテール感の高い繊細な音がすっきりと見通せるように聞こえる良質なモニターイヤホンです。クリア感も高く、駆動も容易な上、パッケージクオリティも高いので非常に高いコストパフォーマンスが感じられます。

【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い
【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い

Shuoer Singerはこの価格帯で買えるイヤホンの中では音質的な完成度が高く、フラットで万人向きのサウンドになっています。音場は少し狭いですが、定位の明瞭性は高く、その名の通り、ボーカルフォーカスが良好な点が魅力です。

中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)
中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)

この記事ではオーディオマニアの間で人気の中華イヤホンに関する知識と最新情報をお届けします。この記事を読めば、あなたも今日から中華イヤホン通になれます!

【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる
【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる

音楽の聞き心地、聴き疲れのなさを重視するなら、KBEAR NEONはかなりおすすめできます。円筒形のそのイヤホンは、挿入深度も調整しやすく、少しでも音に尖りを感じたら、イヤーピースを小さくしてより深く挿入することで簡単にその尖りを消すことができます。

previous arrow
next arrow
【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい
【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド
【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力
【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域
【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い
中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)
【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる
previous arrow
next arrow
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

HiFiGOは、現在購入できるHiFi IEMのトップ5をテストしてリストにまとめることで、あなたを助けようと思います。このリストは、$500以下の価格帯から選ばれています($100以下のベスト、$200以下のベスト、など)。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

コメント



タイトルとURLをコピーしました