【HiFiGOレビュー】中華イヤホン CCZ Plume レビュー:黄金の輝き、魅惑のサウンド!

CCZ Plume20000円~30000円
CCZ Plume

CCZは、ハイブリッド構成のPlumeとシングルのダイナミックドライバー構成のCoffee Beanという2つのハイレゾリューションIEMで国際市場にデビューした新しいブランドです。Plumeは、パワフルなダイナミックドライバーとカスタマイズされた4つのバランスド・アーマチュア・ユニットを左右にサポートする、5ドライバーのハイブリッド構成のインイヤーモニターです。金色に輝くフルメタリックのイヤーシェルを採用した、超豪華なペアです。販売価格は$239(本稿執筆時点ではHiFiGOで$199ドル販売中)です。

CCZ Coffee Bean
CCZ Coffee Bean

見た目が気に入ったのと、ドライバーの構成が面白そうだったので、自分用に購入しました。この2~3週間、このIEMとかなりの時間を過ごしてきたので、そろそろ感想を述べたいと思います。それでは、これ以上時間を無駄にする前に、始めましょう。

CCZ Plume
CCZ Plume

この製品の要点

  1. 超豪華できらびやかなビルドとパッケージ
  2. 駆動は簡単。しかし良いソースと組み合わせればより輝く、伸びしろがあるサウンド
  3. スムーズでエネルギッシュなV字型の楽しいサウンドシグネチャー

CCZ Plumeの基本スペック

  • 周波数特性:20Hz~20kHz
  • インピーダンス:16±2Ω
  • 感度:110±2dB/mW
  • ケーブルコネクタ:0.78mm 2pin

免責事項

こちらのCCZ Plumeは私の自腹で購入したものです。HiFiGoは、このレビューをカスタマーレビューのセクションに掲載する見返りとして、割引クーポンをくれました。このレビューに書かれているすべての印象/意見は、私自身の経験に基づいて完全に私のものです。Plumeは、以下のリンクからHiFiGO、amazonのストアで購入できます。

私は自分の国での通関手数料を少なくするために、小売店でのパッケージをやめました。シンプルな箱に付属品を入れてもらいました。ということで、今回はパッケージの部分を省いて、デザインと組み立ての部分からご紹介します。

CCZ Plume
CCZ Plume

付属品

  • CCZ Plumeイヤホン
  • バランス2.5mm終端ケーブル
  • 2.5mm-4.4mmアダプター
  • 2.5mm-3.5mmアダプター
  • クリーニングツール
  • イヤホンキャリーケース
  • 3組のシリコンイヤーチップ(S、M、L)
  • 説明書+保証書

パッケージ開梱動画

デザインとビルドクオリティ

CCZ Plumeのイヤーシェルは非常にきらびやかです。イヤーシェルには、光沢のあるゴールド仕上げが施されています。空洞部分は、高精度のCNC加工で仕上げられています(ブランドの公式発表による)。KBEar BelieveKinera Skuldなどの他のIEMと比較すると、やや大きめですが、サイズが大きいことによる装着感の問題はありません。

キャビティの内側には2つの通気口があります。フェイスパネルには、CCZのブランドロゴとグリルタイプのデザインが施されています。遠目に見ると、背面の空洞が半開きになっているように見えるかもしれないが、ここの空洞は完全に密閉されており、このグリルはデザイン的な要素として存在しています。イヤーピースの上部には、標準的な0.78mmの2ピンコネクターを採用しています。

キャビティ全体に高品質な樹脂素材を使用し、イヤーシェルの軽量化を図りながらも頑丈な作りになっています。キャリーケース、イヤーチップ、ケーブルなどの付属品も非常に高品質です。ケーブルはリッチで高級感があり、重さもそれほど感じません。標準的な2ピンのコネクターと、3.5mmの終端プラグを備えています。

CCZ Plume
CCZ Plume

しかし、そうなんです。このキャビティは、見た目は美しく、よくできているのですが、指紋がつきやすいのです。ほんの少し触れただけで、瞬時に指紋が残ってしまうのです。

CCZ Plume
CCZ Plume

さて、パッケージのもう一つの大きな特徴であるケーブルです。CCZ Plumeの製品ページに掲載されている情報によると、高純度の銅ケーブルを採用しているとのこと。アフターマーケットで販売されている高級アップグレードケーブルのように、布製のシールドが施されており、高級感があるのも良い点です。コネクター付近にはイヤーフックがあり、耳の上で快適にフィットします。コネクターはQDCのコネクターと同様に黒い保護ケースに入っており、イヤホンのコネクター部分も完全にカバーしています。コネクターの外側にはRとLの表示があります。

装着感と遮音性

このイヤホンは、フルメタリックな作りにもかかわらず、軽量です。シェルは通常のものより少し大きいですが、人間工学に基づいた形状をしています。中型の私の耳にぴったりとフィットし、外耳道全体をカバーしてくれます。私にとっては平均以上のノイズアイソレーションで、環境音もカットしてくれると感じました。イヤーチップは純正のMサイズを使用しました。

駆動性

同梱されているバランスケーブルをご覧になれば、このペアがより良い電源で輝くことがお分かりいただけると思います。スマートフォンの3.5mmジャックから直接出力しても十分な音量が得られますが、ディテールやステージングの部分は失われます。しかし、Shanling M3XxDuoo XD05 Balのような専用の音楽デバイスを使用すると、結果は異なります。

CCZ Plume
CCZ Plume

Samsung S6 Lite Tablet

まずまずのサウンドで、80%程度のボリューム設定で十分な音量が得られます。出力に目立った濁りや粒立ちはありませんが、この組み合わせでは、ステージング、楽器の重ね合わせ、ステージ上の空気感は平均的です。

Shanling M3X

Shanling M3Xは、改良されたアンプでこのペアを十分に駆動します。ステージ上の空気感や楽器の間の空気感がよく出ています。楽器のレイヤリングも改善されています。

Shanling M3X
Shanling M3X

xDuoo XD05 Bal(スマートフォンからBluetooth経由/Shanling M3XのラインアウトからXD05 Balへ)

CCZ Plumeにとっては最高の組み合わせです。xDuoo XD05 BalとCCZ Plumeの相乗効果は、まさに素晴らしいものです。低音は深く伸び、高音域の伸びも良くなり、ステージ感や空気感はソロのM3Xとのペアに近いものがあります(このペアリングは音場が広くなります)。

CCZ Plume
CCZ Plume

私は結局、ポータブルスタック(M3X+xD05 Bal)をCCZ Plumeのメインペアとして使用しました。このペアは低インピーダンスで高感度であるにもかかわらず、パワフルなソースとの相性が良いことがわかりました。私の意見では、スマートフォンでも十分な音量を出すことができますが、最高の体験とパフォーマンスを得るためには、ある程度のパワーを与えることをお勧めします、そうすれば十分に報われるでしょう。

音質「まさに金色のサウンド」

CCZ Plume、黄金の美しさを持つそのIEMは、低域にインパクトのあるスラムがあり、高域はスムーズでエネルギッシュなV字型の楽しいサウンドシグネチャーを持っています。このペアは暖かいトーンを持っているので、出力が落ち着き、何時間でも疲れずに聞くことができます。どのソースでも、歯擦音や叫び声(シャウト感)のようなものは感じられませんでした。驚いたことに、このペアはミクロのディテールが非常にはっきりしています。しかし、このような明快な性質は、欠点を即座に浮き彫りにしてしまうので、悪い録音には向いていません。このペアでは、レイヤリング、楽器の分離、ステージングなどのダイナミクスが美しく表現されます。

CCZ Plume
CCZ Plume

低域「パンチの効いたサウンド」

Plumesは、インパクトのある低音域のレスポンスで一瞬にして私を魅了します。このダイナミック・ドライバーは本当にうまく機能しています。これは、私の耳の中の強力なサブウーファーのようなもので、パンチの効いたスラムや雷のようなサブベースのレスポンスを生み出し、音楽をよく引き立てます。

重低域の深さは、Cold Playの「Something Just Like This」で感じることができ、曲のほぼ全体で重低域がその存在を示しています。中低音はパンチが効いていて深みがあります。低域の全体的な表現は、質感が高く洗練されていますが、中低域の部分にわずかに低音のにじみがあります。しかし、それによって出力に目立った濁りが生じることはありません。

中域「凹んでいるものの、チャーミング」

中音域は一歩下がって、穏やかに後退した表現になります。このペアは、ボーカルやさまざまな楽器で良好な透明感と豊かで自然なトーンを維持します。CCZ Plumeは、中音域で層の厚い表現を行います。BFMVの「Tears Don’t Fall」のような複雑な曲でも、細部までしっかりと表現されています。楽器も音色に程よい重みがあり、豊かな響きを持っています。

高域「スムーズでディテールに富む」

私は高音部にかなり敏感なため、高音にきついところがあるイヤホンは30分も聴くことはできません。CCZ Plumeは、スムーズで疲れない高音を出しながら、私の音楽のディテールをしっかりと再現してくれます。例えば、MJの「Billie Jean」では、1つ1つのビートを別々に聞くことができるようになっています。

音場

Plumeは、平均的な奥行きと高さを持っていますが、広い音場表現を生み出します。イメージングと楽器の分離は非常に良好です。このペアは、その広々としたサウンドステージでライブ録音を引き立てて聴かせます。

CCZ Plume
CCZ Plume

他機種との比較

CCZ Plume Vs KBEAR Believe

KBEar Believeがすでに市場で入手不可能です。しかし、KBEarはこの逸品の新しいアップグレードに取り組んでいると聞きました。でも、私の手元には1台あります。発売されていた頃は 価格は$180前後で、こちらのCCZ Plumeと同じような価格でした。そこで、この2つを一緒に比較してみようと思います。

CCZ Plume Vs KBEAR Believe
CCZ Plume Vs KBEAR Believe
  • 私にとっては、CCZ Plumeの方が美的感覚に優れ、フィット感や分離感も優れています。
  • CCZ Plumeはより魅力的で自然な音であり、Believeはより太くて暖かい音です。
  • 重低域の表現はCCZの方が優れています。
  • Believeはいくつかの曲で歯擦音が出てしまいますが、CCZは完璧にこなしています。
  • CCZはパワーがあるにもかかわらず、Believeよりも駆動が容易です。
  • CCZはPlumeにバランス端子付きの優れたケーブルを搭載しています。
CCZ Plume
CCZ Plume

総評

CCZ Plumeはとても美しいIEMです。見た目は超豪華で、美しく楽しいサウンドシグネチャーを持っています。自然な雰囲気を持つ音で、魅力的で没入感のあるサウンドを生み出します。正直、私はこのサウンドがとても気に入りました。Plumeの短所を挙げるとすれば、その透明で明快な性質のために、悪い録音の欠点がすぐに顔に出てしまうことくらいですが、まあ、これも良いことです。

【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい
【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい

qdc Dmagic 3Dはうねるようなグルーヴ感とクリアな明瞭感、リッチな優雅さを兼ね備えたハイエンドイヤホンです。わくわくする活気に満ちた楽しいリスニングサウンドを求めている場合、このイヤホンは最高に魅力的に思えるでしょう。音楽を楽しくする魔法がかかっているイヤホンです。

【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド
【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド

Shuoer EJ07はフラットにほぼ忠実なサウンドを持っており、全体的な原音充実度の高さと中域の自然な質感が魅力です。音場はやや奥に定位され、余裕が感じられて聴き心地に優れていますが、迫力やダイナミクスに不足を感じやすいところは難点です。

【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力
【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力

BQEYZ Summerは1万円台の新たなスタープレーヤーです。ハイブリッドドライバーモデルでありながら、非常に低歪であり、かつほぼ完全にニュートラルに近いので、かなり原音に近い質感の中域を持ち、万人向けの素晴らしいサウンドを実現している良機種です。

【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域
【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域

Behringer MO240は中域のステージングが良好で、広々とした開放的な音場にディテール感の高い繊細な音がすっきりと見通せるように聞こえる良質なモニターイヤホンです。クリア感も高く、駆動も容易な上、パッケージクオリティも高いので非常に高いコストパフォーマンスが感じられます。

【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い
【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い

Shuoer Singerはこの価格帯で買えるイヤホンの中では音質的な完成度が高く、フラットで万人向きのサウンドになっています。音場は少し狭いですが、定位の明瞭性は高く、その名の通り、ボーカルフォーカスが良好な点が魅力です。

中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)
中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)

この記事ではオーディオマニアの間で人気の中華イヤホンに関する知識と最新情報をお届けします。この記事を読めば、あなたも今日から中華イヤホン通になれます!

【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる
【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる

音楽の聞き心地、聴き疲れのなさを重視するなら、KBEAR NEONはかなりおすすめできます。円筒形のそのイヤホンは、挿入深度も調整しやすく、少しでも音に尖りを感じたら、イヤーピースを小さくしてより深く挿入することで簡単にその尖りを消すことができます。

previous arrow
next arrow
【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい
【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド
【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力
【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域
【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い
中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)
【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる
previous arrow
next arrow
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

HiFiGOは、現在購入できるHiFi IEMのトップ5をテストしてリストにまとめることで、あなたを助けようと思います。このリストは、$500以下の価格帯から選ばれています($100以下のベスト、$200以下のベスト、など)。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

コメント