【HiFiGOレビュー】中華イヤホン TFORCE Yuan Li レビュー:美しさの追求

TForce Yuan Li10000円~20000円
TForce Yuan Li

プロローグ

長年のシングル・ダイナミック・ドライバーIEM愛好家として、TFORCE Yuan Liが発売された瞬間、私は簡単にその魅力に惹かれました。毎週のように新作が発表されるIEM市場の中で、TFORCEは非常に魅力的なテーマでYuan Li(李淵)を発表しました。李淵とは、唐の初代皇帝(618年〜907年)のことです。その名が示すように、Yuan Liは優雅さと威厳に満ちています。

私のお気に入りのオンラインオーディオショップ(HifiGo)が米国AmazonにYuan Liを掲載していることに気づいたとき、HiFiGo Amazonでは基本価格に送料が含まれていることを考えると、すぐにチェックアウトしてしまいました。これは無視できない価値があります。発送は迅速で手間がかかりませんでした。

TFORCE Yuan Li
TFORCE Yuan Li

この製品の要点

  1. シンプルに美しく、エレガントなビルド
  2. 自然で滑らかで上品な音
  3. 駆動しやすいバランスのとれたオプションであり、ソースの組み合わせに適応して拡張できる優れた能力を持っている

TFORCE Yuan Liの基本スペック

  • 周波数特性:20Hz~20kHz
  • インピーダンス:32Ω
  • 感度:103.5dB/mW
  • ケーブルコネクタ:0.78mm 2pin

パッケージ開梱動画

YUANLI by T-Force Unboxing - New Brand!

デザインとビルドクオリティ

Yuan Liの基本構造は、クローム鏡面仕上げのアルミニウムです。驚くほど軽量で、同時に頑丈です。ずさんな作りであることは全く感じられません。シンプルに美しく、エレガントです。

Yuan Liは32Ω10mmDLC(Diamond Like Carbon)ダイナミックドライバー(感度105db)を採用していることから、しっかりとした作り込み精度でありながら、柔軟性があり、素晴らしいスピードでパフォーマンスを発揮することができると思われます。

Yuan Liには、3.5mmシングルエンド構成で終端された1.2mの6n OCC純銅ケーブルが付属しています。ケーブル自体は全体のテーマに合わせて透明なスリーブで明確にデザインされており、金色がかった銅が露出しており、非常にしっかりとした印象を受けますが、触ってみると驚くほど繊細で、太さから想像されるような硬さは全くありません。顎に固定するスライダーは意図した通りに機能し、ケーブルをより確実に固定し、マイクロフォニックの可能性を排除しています。

その他の点では、Yuan Liは$119という価格から想像される期待を裏切らないものでした。綺麗な箱に、カスタムメイドの黒いポーチと、チューニング用のチップが入っていました。用意されたチップは3種類。バランス(シリコン)、低音強化(シリコン)、そして短いフォームの3種類です。

しかし、そうなんです。このキャビティは、見た目は美しく、よくできているのですが、指紋がつきやすいのです。ほんの少し触れただけで、瞬時に指紋が残ってしまうのです。

さて、パッケージのもう一つの大きな特徴であるケーブルです。CCZ Plumeの製品ページに掲載されている情報によると、高純度の銅ケーブルを採用しているとのこと。アフターマーケットで販売されている高級アップグレードケーブルのように、布製のシールドが施されており、高級感があるのも良い点です。コネクター付近にはイヤーフックがあり、耳の上で快適にフィットします。コネクターはQDCのコネクターと同様に黒い保護ケースに入っており、イヤホンのコネクター部分も完全にカバーしています。コネクターの外側にはRとLの表示があります。

装着感と遮音性

Yuan Liは、多くの人の耳にフィットするように、サイズと寸法が慎重に作られているようです。装着は簡単で、耳の穴に固定された後は快適なフィット感を楽しむことができました。ケーブルフックも、長時間使用しても圧迫感がないように耳の上で優雅にカーブしており、快適さを追求したデザインになっているようです。そして、私は何度か6時間以上もYuan Liを装着し続けることがありました。

駆動性

私は自由に使えるDAC/アンプドングルを持っていますが、今回のインプレッションでは以下のソースに焦点を当てることにしました。

  • Ovidius B1 (3.5mm SE, USB 3.0, Samsung Galaxy S20)
  • hiliDAC Audirect BEAM 3+ (3.5mm SE & 4.4mm BAL, USB & LDAC BT)
  • Avani (USB 2.0, Sony Xperia Z5 Compact)
  • Tidal Masters (MQA & HiFi)
  • HiBy Player Android (FLAC, USB Exclusive Mode)
TFORCE Yuan Li
TFORCE Yuan Li

ケーブルマッチング

  • Yuan Li 6n OCC Cable(標準ケーブル)
  • TACables Obsidian Black Litz Silver Plated 5N OCC
  • VE Black Litz (Solid OCC)

多くのIEMがそうであるように、リスナーの好みに合った音を得るためには、適切なチップを使用することが特に重要です。私はフォームチップの使い方を熟知しているので、シリコンではなくショートフォームを使うことにしました。私の耳では、フォームチップは常に最高の密閉性と、どの周波数も強調されないバランスのとれたサウンドを提供します。

※インプレッションは50時間以上のバーンインの後に行われました。私は開封してから1時間しか使用せず、その後はYuan Liを脇に置いてノートパソコンで継続的に燃焼させました。

音質

音色

Yuan Liは、暖かさや明るさとは無縁のニュートラルなバランスサウンドを提供します。バランスが取れているということは、特にOvidius B1やBEAM 3+のような既にニュートラルなバランスのソースと組み合わせた場合、よりオーガニックでアナログ的な表現に近づくということです。

私自身の好みは、どちらかというとキラキラとした明るいDiffused Field Neutralの方ですが、このシグネチャーはフラットな明るさのために音楽性が低下し、疲れてしまうことがよくあります。バランスドニュートラルという選択肢は、特にTIN HiFi P1マグネティック・プラナーを手に入れた後では、心から受け入れることができました。しかし、Shure KSE1500やTIN HiFi P1のような豊かな音色や躍動感は得られませんが、KSE1500 ElectrostaticsやP1 Magnetic Planarのようなマンモス級の製品と1台のDDを比較しても、私は気になりません。

Yuan Liは、KSE1500やVE Duke、HZSOUND Heart Mirrorのような空気感はなく、Etymotic ER4SR、ER2XR、Moondrop Aria、TIN HiFi P1と同じカテゴリーの製品になります。

ダイナミクス

Yuan Liはこの価格で非常に広いダイナミックレンジを提供しています。私はTOTLの音を知っているので、これは冗談ではなく、私の耳にはYuan Liが提示したものは$119という価格をはるかに上回るものでした。Ovidius B1のような非常に技術的なソースとの組み合わせでは、スペクトルの両端で深いエクステンションを聴くことができ、それは賞賛に値する密度と重さを持った可能な限りの活気に満ちたものです。最も重要なことは、シングルDDでDLCを使用しているため、Yuan Liが音色の一貫性と安定性を維持するのに苦労しなかったことです。

中域

中域は豊かな質感、ディテール、そして親しみやすさがあります。特に女性ボーカル(ダイアナ・クラール、TEXAS、アリソン・クラウス)には暖かさが感じられ、人工的に聞こえない自然な減衰があります。男性ボーカルは温かみが少なく、ややニュートラルな表現になっており(Nick Cave & Morrissey)、やや後ろに下がっていて、親しみやすさに欠けます。

楽器の面では、Yuan Liはギター、バンジョー、ピアノ、チェロ、パーカッションの表現を忠実にニュートラルオーガニックにしています。適切なトーンとディケイで、期待通りのリアルなサウンドを実現しています。音色には、人工的なニュアンスや金属的なニュアンスは全く感じられませんでした。本当に素晴らしいです。

高域

確かに、私のような高音ジャンキーにとって、Yuan Liはここではあまり印象に残りませんでした。VE Duke MK1やEtymotic ER4SR、さらにはHeart Mirrorのような、非常に伸びやかでディテールに富んだきらびやかな高音表現に私が慣れてしまっているからです。しかし、これはYuan Liが手を抜いているということではなく、むしろYuan LiはKSE1500やP1タイプの高音特性に近く、きらびやかな輝きはないものの、豊かで詳細なテクスチャーで遠くまで伸びます。それはとても絹のように滑らかで、心をときめかせるものであり、Heart Mirrorから得られる滑らかさよりもさらに優れています(多少の輝きは犠牲にしていますが)。この高域表現のおかげで、Heart MirrorやER4SRでは2時間が限界だったYuan Liを6~7時間も続けて聴くことができました。Yuan Liは高音域の歯擦音が全くありません。

TFORCE Yuan Li
TFORCE Yuan Li

低域

最初に言っておきます。私は太くて強すぎる低音が嫌いです。Yuan Liは低音好きには向きません。これは確かなことです。

先に述べたように、Yuan Liはバランスが良く、有機的です。つまり、私の耳には、Yuan Liは適度な低音の質量と密度を提供しています。非常によくコントロールされていて、スピード感があります。中低音は十分にしっかりしていて、肉感的な存在感があり、適度なパンチと躍動感があり、実際にHeart MirrorやAriaと比べても、あまり高揚感はありませんが、私にとってはこれが完璧です。

私がER4SRやVE Dukeのような低音の弱いレスポンスを実際に楽しんでいることを考えると(どちらも低音が出なくて低音好きを悶絶させてしまう)、Yuan Liは対照的にその2つよりも少し寛大だと思います。Ovidius B1では、特に「Angel」(Massive Attack)、「Harper Lewis」(Russian Circles)、「Mombasa」(Hans Zimmer)のような低音系の曲では、重低域の性能はソースの能力に大きく左右されますが、深みのある地震のような感覚がよく表現されます。ディケイが長く、スムーズになりました。しかし、Avaniの場合は、短く、鮮明で、聞き取りにくいところがあります。これは、Yuan Liがソースの性質に合わせてスケーリングする能力が高いことを示しているのでしょう。

ディテールと透明感

私はディテールジャンキーです。Yuan Liはその期待を裏切りませんでした。VE DukeとEtymotic ER4SRを参考にしましたが、Yuan Liはその2つと同じように細部の再現性に優れていました。透明感は最高で、Ovidius B1やAvaniとのペアリングでは、HiBy PlayerでFLACを再生した際に、トラックに含まれるディテールの表現をはっきりと聞くことができました。

しかし、LDAC BTモードでAudirect BEAM 3+とペアリングした場合は、ソースの制限のためか、手術レベルのディテールの処理ができませんでした。Yuan LiはVE DukeやER4SRに比べてやや分析的ではないので、劣悪なソースにも少し寛容であることを意味します。全体として、私はYuan Liのマクロとミクロのディテール能力に非常に満足しており、このセクションではHeart MirrorとAriaの両方よりも確実に洗練されています。一方で、Yuan LiはOvidius B1でフロアノイズが聞こえるほどの強い感度を示しましたが、これは私にとっては驚きではありません。元々超強力なDAC/AmpユニットであるB1は、ローゲインをエミュレートしてフロアノイズを除去するために、インピーダンスアダプターを使って減衰させる必要がありました。

スピード&トランジェント

私にとって優れたIEMの尺度は、スピード、トランジェント、解像度をどう扱うかということです。この点において、Yuan Liは傑出した性能を持っています。他のDDでこれらの能力に大きな感銘を受けたのは、Etymotic ER2XRとVE Dukeだけです。実際、Yuan Liのスピードは、VE DukeやER4SRのBAと同等レベルです。そう、ER2XRやハートミラーよりも速いのです。スピードの本質は、複雑な音楽の中での素早い音のやり取りや切り替え、レイヤー、あるいはロックやメタルのような速いテンポの曲をいかにこなすかということにあると思います。無数の異なる音に一定の間隔で素早く対応できるかどうかで、出力が楽なのか混雑しているのかが決まります。私は混雑した音が嫌いです。この演奏を聴いただけで、Yuan Liがますます好きになりました。

音場とイメージング

確かに、ここで説明するほど素晴らしいものはありません。他の多くのインイヤーモニターと同様に、Yuan Liのサウンドステージの大きさ、幅、深さはなかなか賞賛に値するものです。それは、Heart MirrorやKSE1500と比べても変わりません。しかし、もちろんER2XRやER4SRのような超狭いステージングに比べれば、Yuan Liははるかに優れています。Spatial Imagingは、ソース品質の能力にもよりますが、限りなく正確できれいな配置です。Ovidius B1とAvaniでは、L/R指向のサウンドにならない程度に円形のホログラフィック・プロジェクションに非常に満足しています。AvaniではB1に比べてヘッドステージが小さくなってしまうようです。

TFORCE Yuan Li
TFORCE Yuan Li

適応性とスケーラビリティ

  • ケーブル交換について:優れたデザインと構造を持つ多くのIEMと同様に、Yuan Liはケーブル交換に非常によく反応します。純正のOCC 6n Copperは、私の耳では、非常に滑らかで透明感のある、わずかに暖かい表現をしていました。VE Black Litz(Solid OCC)に交換すると、DFニュートラルな音色に近づきますが、音の密度感は犠牲になりますが、透明感はさらに向上し、ミクロのディテールがより鮮明になります。ユアン・リーは、TACablesのObsidian Black Litz/SPC Hybridとの相乗効果が最も高いようで、音色の密度はそのままに、少しだけ輝きが加わっています。透明感も抜群です。
  • ソースの拡張性について:ソニーのXperia Z5 Compactから3.5mmジャックで直接再生しても、Yuan Liは素晴らしいサウンドでした。ローゲインでも比較的ドライブしやすいのですが、Yuan Liはより強力なアンプで最も輝きを放ちます。Ovidius B1やAvani(ステージを小さくして空気感を抑えたもの)でも、音の広がりが感じられました。

エピローグ

TForce Yuan Liについて。これを書いている間にも、私の耳ではYuan Liが心地よい音楽を奏でています。先に述べたように、今日では様々な選択肢があるため、消費者の注目を集めるために新参者が市場で激しい競争を繰り広げることになっています。確かなことは、$50から$150の範囲内にあるIEMのどれもが、悪い音を出すために作られ、設計されていないということです。むしろ、様々な好みの層に合わせて作られ、調整されていることが多くなっています。

Yuan Liの場合は、自然で滑らかで上品な音になるように意図的にチューニングされていることがわかります。その意味では、TFORCEは素晴らしい仕事をしたと言えるでしょう。私が聞いているのは、非常に成熟した音で、絶妙なバランスと心地よさを持ったIEMです。私はYuan Liと一緒に何時間でも音楽を聴くことができます。

例えるならば、HZSOUNDのHeart Mirrorはキラキラしていて、生き生きとしていて、高揚感があり、躍動感のある演奏で、一方のMoondrop AriaはHarman U-Curveの特徴に近いダークで温かみのある演奏です。Yuan Liは、Heart MirrorとAriaの間でエレガントなバランスを取っています。これは簡単なことではありません。

私はddHiFiのJanus E2020Aを使っていた時のことを思い出しました。これもプレミアムグレードのシングル10mmDDで、同様にスムーズなパフォーマンスを目指していました。Janusは確かに非常にスムーズでクリーンでしたが、Yuan Liに比べると少しゆったりとしすぎていました。私は率直に言って、ddHiFiが失敗したところをTFORCEが成功させたと思います。

TFORCE Yuan Li
TFORCE Yuan Li

簡単に言うと、私はYuan Liにすっかり惚れ込んでいます。私のIEMには必要不可欠なものであり、他のものと比べて駆動しやすいバランスのとれたオプションであり、ソースの組み合わせに適応して拡張できる優れた能力を持っています。 すべてを考慮した上での価値提案として、Yuan Liは私の中で真の5つ星のパフォーマーです。

【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい
【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい

qdc Dmagic 3Dはうねるようなグルーヴ感とクリアな明瞭感、リッチな優雅さを兼ね備えたハイエンドイヤホンです。わくわくする活気に満ちた楽しいリスニングサウンドを求めている場合、このイヤホンは最高に魅力的に思えるでしょう。音楽を楽しくする魔法がかかっているイヤホンです。

【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド
【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド

Shuoer EJ07はフラットにほぼ忠実なサウンドを持っており、全体的な原音充実度の高さと中域の自然な質感が魅力です。音場はやや奥に定位され、余裕が感じられて聴き心地に優れていますが、迫力やダイナミクスに不足を感じやすいところは難点です。

【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力
【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力

BQEYZ Summerは1万円台の新たなスタープレーヤーです。ハイブリッドドライバーモデルでありながら、非常に低歪であり、かつほぼ完全にニュートラルに近いので、かなり原音に近い質感の中域を持ち、万人向けの素晴らしいサウンドを実現している良機種です。

【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域
【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域

Behringer MO240は中域のステージングが良好で、広々とした開放的な音場にディテール感の高い繊細な音がすっきりと見通せるように聞こえる良質なモニターイヤホンです。クリア感も高く、駆動も容易な上、パッケージクオリティも高いので非常に高いコストパフォーマンスが感じられます。

【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い
【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い

Shuoer Singerはこの価格帯で買えるイヤホンの中では音質的な完成度が高く、フラットで万人向きのサウンドになっています。音場は少し狭いですが、定位の明瞭性は高く、その名の通り、ボーカルフォーカスが良好な点が魅力です。

中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)
中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)

この記事ではオーディオマニアの間で人気の中華イヤホンに関する知識と最新情報をお届けします。この記事を読めば、あなたも今日から中華イヤホン通になれます!

【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる
【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる

音楽の聞き心地、聴き疲れのなさを重視するなら、KBEAR NEONはかなりおすすめできます。円筒形のそのイヤホンは、挿入深度も調整しやすく、少しでも音に尖りを感じたら、イヤーピースを小さくしてより深く挿入することで簡単にその尖りを消すことができます。

previous arrow
next arrow
【中華イヤホン qdc DMagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。没入感が高く、とても楽しい
【中華イヤホン Shuoer EJ07 レビュー】自由音場フラットにかなり忠実かつ高い透明度の中域を持つ。奥行きのある広い定位と音場を持ち、聞き疲れしにくいサウンド
【中華イヤホン BQEYZ Summer レビュー】かなりバランスの良いニュートラルサウンド。自然な質感でみずみずしく聞こえる中域が最大の魅力
【モニターイヤホン Behringer MO240 レビュー】風通しが良く広い音場。モニタースピーカーのようにストンと落ちる低域。ステージングに優れ、定位の強調された分かりやすい中域。そして、繊細でディテールに満ちた高域
【中華イヤホン Shuoer Singer レビュー】自由音場フラットにかなり忠実でありながら、中域のウェイトを少し高めた歌うイヤホン。全体的なパッケージ完成度も高い
中華イヤホン情報局本部(おすすめイヤホンと選び方)
【中華イヤホン KBEAR NEON レビュー】拡散音場系ウォームサウンド。甘く透明度の高い中域を丁寧に聞き疲れ感なく聞かせる
previous arrow
next arrow
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

HiFiGOは、現在購入できるHiFi IEMのトップ5をテストしてリストにまとめることで、あなたを助けようと思います。このリストは、$500以下の価格帯から選ばれています($100以下のベスト、$200以下のベスト、など)。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

コメント



タイトルとURLをコピーしました