【HiFiGOレビュー】Moondrop Moon River 2

Moondrop Moon River 220000円~30000円
Moondrop Moon River 2

技術仕様

  • DAC: Dual Cirrus Logic CS43198
  • Headphone Ports: 3.5mm Single-ended and 4.4mm Balanced.
  • Power (3.5mm Single Ended): 2 Vrms
  • Power (4.4mm Balanced): 4 Vrms
  • Frequency Response Range: 6Hz-85kHz(±1dB).
  • Background Noise(4.4mm): 1.5uV(AES17 20K Hz).
  • Background Noise(3.5mm): 1.2uV(AES17 20K Hz)
  • SNR(3.5mm): 123dB(A-weighted).
  • SNR(4.4mm): 131dB(A-weighted).
  • Line-Out(3.5mm): 2Vrms(High-gain), 1.4Vrms(Low-gain).
  • Line-Out(4.4mm): 4Vrms(High), 2.8Vrms(Low).
Moondrop Moon River 2
Moondrop Moon River 2

テスト機材

音の印象や評価に大きな影響を与える試聴機。

インイヤーモニター

  • Etymotic ER4SR (Single BA, 45 Ohm, 96db Sensitivity)
  • Shure KSE1500 (Single Electrostatic 200V, KSA1200 Energizer)
  • Kinera Idun Golden (3BA + 1DD Hybrid, 32 Ohm, 112db Sensitivity)
  • Tripowin HBB Olina (Single DD, 32 Ohm, 110db Sensitivity)
  • VE ZEN 2.0 SLQ (Single DD, 320 Ohm)
  • VE Monk GONE SPC

ヘッドホン

  • FOSTEX T40RP MK3 (Magnetic Planar, 50 Ohm, 91db Sensitivity)
  • Beyerdynamic DT880 (Dynamic Drivers, 600 Ohm, 96db Sensitivity)

ソース

  • Windows 10, Foobar 2000 (USB 3.0 Power)
  • LG V50 ThinQ (UAPP USB Exclusive Mode, Bitperfect)
  • Sony Xperia X Compact (UAPP USB Exclusive Mode, Bitperfect)
  • HiBy Music Player App (USB Exclusive Mode)
Shanling UA5
Shanling UA5

Moondropが初のDAC/アンプドングルをリリースするという情報が流れ、オーディオ界(特にChi-Fiファン)に大きな波紋を投げかけました。IEMの分野ですでに絶大な人気と成功を収めているMoondropのフラッグシップドングルへの期待は、おそらく2022年の第1四半期に起こる最もエキサイティングな出来事の一つでしょう。

Moon River 2と名付けられた(Moon River 1はあったのか?)この製品は、消費者にとってプレミアムなDongleの選択肢を充実させることになるでしょう。毎月少なくとも2つの新モデルがリリースされているようです。

私の注文を優先的にこなし、文字通り受け取った翌日にユニットを送ってくれたHiFiGOの恒例の素晴らしいサービスに感謝しなければなりません。

このレビューを書いている時点で、私はすでにMoon River 2に300時間以上費やしています。私のすべてのリスニング機器と一緒に、定期的に使用しています。

Moondrop Moon River 2
Moondrop Moon River 2

開封動画

Moondrop MoonRiver 2 Unboxing!

ビルドクオリティ、機能、ユーザビリティ

大胆かつ控えめなデザインで世に送り出されたMoon River 2。無垢のアルミブロックからCNCで削り出したような、角ばった独特のデザインは、『ブレードランナー』などのSFを彷彿とさせます。アステカのジグラットも連想させる、片側の「傾斜した階段」デザインも目を引きます。すべてソリッドブラックパウダーコートで仕上げられています。Moondropは、派手な装飾を一切使いませんでした。堅牢かつ大胆なデザインは、とても魅力的です。

Moon River 2は、最近の通常の規格と同様に、片側に3.5mm SEと4.4mm BALの2つのポートを備えています。もう一方はUSB Type Cメスなので、USB C(OTG準拠)のケーブルに付け替えて使用することができます。付属の純正ケーブルは、今までに見たこともないようなものです。プラグからプラグまで完全に透明です。デザイン面でも、そのクリエイティビティは評価できます。実際に使ってみると、ケーブルそのものが美しく、個性的な印象を受けました。しかし、Moondropは従来のケーブルのデザインにもっと注意を払うべきだったと言わざるを得ません – より太く、より良いシールド。このケーブルは平らであるため、理想的な太さよりもやや細くなっています。そのため、ケーブルがペラペラになってしまうので、過度な動きをしないように注意しなければなりません。次に、私の携帯電話(オーディオ用の主要デバイス)がGSM/LTE/4G信号の変動を経験するたびに、私のMoon River 2はRF干渉を何度か拾ってしまうのです。そして、これは移動する際に煩わしく感じることがあります。より良いシールドケーブルがあれば、この2つの問題を軽減できたと思います。

Moon River 2は、左側面にハードウェアボリュームアジャスターを搭載しています。最初は、スライダーとプッシュボタンのコンボだと思ったので、少し戸惑いました。しかし、マニュアルを読むと、ボリュームアップとボリュームダウンの2つのボタンだけです。残念ながら、これらは独立していません。このボタンは、ホストボリュームのリモートコントロールとして機能します。

さて、個人的には、このボリュームアジャスターには2つの問題があると思います。1つ目は、触感が悪いこと。通常よりも少し強く押さないと、希望の音量にシフトさせることができません。そのうえ、2回押さないと動かないこともあり、反応が鈍いように思います。これは、LG V50とSony Xperia X Compactの2台のスマホで一貫しています。ノートパソコンに接続した場合も同様の挙動です。

第二に、音量レベルの調整幅が洗練されていません。HiBy Musicアプリで6/32の音量から7/30にジャンプすると、許容範囲以上の急激な音量が発せられます。YouTube MusicやTidalアプリでも同様で、どちらもAndroid純正のSRCで動作しており、正直なところ、音量レベルに大きなギャップがあるのは煩わしいと感じます。この問題を軽減する唯一の方法は、ユーザーが音量の段階を定義できるUAPPまたは任意のカスタムROM Androidホストを使用することです。HiBy Music Appは、ソフトウェア・ボリューム・モード(自動ではない)に設定することで、より細かい調整を行うことができます。それでも、私はMoondropがこの点にもっと注意を払うことを望んでいました。理想的な音量で音楽を楽しむことは、大きな要素の一つです。

消費電力の面では、私のSony Xperia X Compact(バッテリー2700 mAH、Android 8、機内モード)で、Moon River 2が100%から1%まで4時間の使用しかできなかったことに少し驚いています。32オームのIEMを駆動する。これが偶然ではないことを確認するために、3回テストを実行しましたが、結果は同じままでした。比較すると、Cayin RU6、iBasso DC05は6時間、xDuoo Link2 BALやHiBy FC5などは7時間近くをスコアしています。Ovidius B1は10時間を記録しました 3.5mmのSEで動かしても結果は変わりません。全体として、この件に関しては私の期待を下回っている。

最後になりますが、Moon River 2は2時間使用すると少し暖かくなります。しかし、これはこの仕様のドングルアンプでは全く普通のことです。ほとんどのDUAL DAC ドングルは同じような挙動を示すでしょう。

Moondrop Moon River 2
Moondrop Moon River 2

音質

こう言ってはどうでしょう。Moon River 2のサウンドパフォーマンスを確認すると、私が以前不満に思っていたデザインや機能に関する短所はすべて気にならなくなりました。最初から、私はそれが私のEtymotic ER4SRと生み出す相乗効果に感銘を受けていました。その音は正真正銘のニュートラルでナチュラル、そしてオーガニックに近い、まるでアナログのような音です。

ダイナミックなトランジェントには豊かさと適切な重みがあります。出力は適度な密度を持ち、健全です。全周波数帯域で端から端まで非常によくバランスが取れています。どの音域もやりすぎはありません。低音、高音、中音のすべてが調和し、ニュートラルでスムーズ、かつ鮮明な流体的な躍動感が保たれています。

Moon River 2は、いかなる種類の色付けもありません。また、ESSのSabreでよく見られるピングレアの要素も全くありません。Moon River 2は、中高音域に不快なエッジや歯擦音を一切感じさせません。どんなに解像度が高く透明感のあるペアでも、音がきつくなってしまうようなことはありません。超解像のShure KSE1500と明るめのBeyerdynamic DT880がそうです。同じことが私のTripowin Olinaにも言え、4.4mmBAL端子からのあの4Vrmsのパワーで美しく輝きます。

一方、Moon River 2は、「より暖かい」音のパートナーとも驚くほどよく機能しました。実際、Fostex T40RP MK3、Kinera Idun Golden、VE ZEN 2.0といった、より有機的なサウンドのユニットで最高の出力を聞くことができました。これこそ、正しくチューニングされた優れたDAC/アンプがすべき動作であり、ペアとなる相手が明るいか暖かいかは気にしないのです。この汎用性と適応性が、Moon River 2の最大の強みの一つでしょう。

技術的には、Moon River 2はまさに最高のパフォーマーと肩を並べる存在です。xDuoo Link2 BALやCEntrance DACport HDに匹敵する広い音場を持っています。開放感があり、スペースも十分です。イメージングがシャープで正確。空間的なステレオ感の広がりはホログラフィックで、背面開放型イヤホンを使ってFallout 76をプレイしていたときは、周囲の音が聞こえてくるのではないかと錯覚しそうなほどでした。

Moon River 2は、解像度、透明感、ディテールに関しては期待通りの実力を持っています。ペアリングした相手が伸ばせる限界。つまり、私のKSE1500では、音のパフォーマンスは息を呑むような魅惑的なものにほかならないということです。人工的な再現を微塵も感じさせず、非常に滑らかで信じられる。個々のレイヤーを追跡するのは容易でした。スピードと解像度は、クリーンで明確です。

また、Moon River 2はLo-Fiにもかなり寛容であることも特筆すべき点です。私の楽曲コレクションの半分以上がブラックメタルや無名音楽作品なので、Moon River 2 + Kinera Idun Golden / Olinaのコンボが、それらのラフな音楽や録音によく合うことに実際驚いています。

駆動力

Moon River 2は、その期待を裏切らないものでした。その4Vrmsの良さは、単に見せかけのものではありません。私のBeyerdynamic DT880 600オームをきちんとドライブできるパワーを持っています。同じことがFostex T40RP MK3にも言えますが、どちらも超ハードなドライブが可能です。

私のデスクトップ専用DAC/アンプ、iFi ZEN DAC V2 + ZEN Canと比較すると、Moon River 2は95%に近いパフォーマンスを発揮しています。私のWindows 10ラップトップでボリュームを40/100に設定すると、音量だけでも十分すぎるほどで、これ以上上げると非常に大きな音になります。しかし、もっと重要なのは、出力が豊かで流動的であることです。ZENスタックの方が優れていると言えるのは、エネルギーレベルとアタックがより鮮やかに見えることくらいでしょうか。それ以外の点では、並べて比較しないのであれば、Moon River 2は完全に代用品としての役割を果たすことができます。

3.5mmシングルエンドと4.4mmバランスの差は、ありがたいことにごくわずかなものです。つまり、音質そのものはどちらのポートでも安定しているのです。しかし、特に拡張性のあるペアリングの相手には、バランス接続の方が鮮明なイメージング、トランジェント、開放感を示すでしょう。2つのポートの音量差もわずかで、私のOlinaでは、3.5mm SEで6/32の音量に設定し、4.4mm BALに切り替えると5/32の音量になりました。

Moondrop Moon River 2
Moondrop Moon River 2

総評

Moondropは、このMoon River 2で期待に応えてくれました。Moon River 2は、ニュートラルで有機的でありながら、組み合わせる相手によってアナログ的なニュアンスが感じられる絶妙なバランスに仕上がっているのが大きな特徴です。先ほども言いましたが、優れたDAC/アンプというのは、どんな相手と組み合わせても、それが暖かみのあるものであろうと、明るいものであろうと、関係なく、ただ機能するものなのです。汎用性があるからこそ、優れたソースは高く評価されるのです。Moon River 2は、4Vrmsの定格出力にも対応し、頑固なパートナーを簡単に適切かつ満足のいくようにドライブしてくれました。もちろん、Moon River 2は高感度なIEMを使用しても、背景ノイズを全く感じさせないほど俊敏です。

欲を言えば、Moon River 2のボリューム調整方法はもっと良くなって欲しいと思います。ハードウェアのボタンは使い勝手が悪く、レベル間の段差ももっと洗練されたものにしてほしいです。また、競合他社が6時間のバッテリーを搭載しているのに対し、Moon River 2は4時間という短いバッテリーを搭載しているのも見逃せません。最後になりますが、Moondropは、派手な透明なUSB Cケーブルをやめて、もっと頑丈で、RF干渉を受けにくいものを選ぶべきでした。

さて、欠点はすべて機能にありますが、Moon River 2は今年リリースされた中で最高の製品であると断言します。そのサウンドパフォーマンスは、どんな不満も簡単に忘れさせてくれ、私たちが今日、このようなコンパクトなフォームファクターで経験できる幸運な音の至福に浸ることができます。

長所

  • ニュートラルでナチュラルなサウンド
  • 卓越した技術力
  • 優れたドライビングパワー
  • どんな相手にも対応できる高い汎用性

短所

  • 不格好なボリュームアジャスター
  • 理想的な音量ではないレベル間のラウドネスギャップ
  • ホストのバッテリー消耗で他社に劣る
  • 純正USBケーブルはRF干渉を受けやすい
【まとめ】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ機種まとめ&選び方ガイド
【まとめ】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ機種まとめ&選び方ガイド

この記事では多数ラインナップされている完全ワイヤレスイヤホンの中から、当ブログのおすすめ完全ワイヤレスイヤホンについての情報をまとめます。使い方や使用に当たっての注意点なども解説します。

【完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW100-BA レビュー】聞き疲れしないサウンドと装着感。長時間の快適なリスニング環境を実現した完全ワイヤレスイヤホン
【完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW100-BA レビュー】聞き疲れしないサウンドと装着感。長時間の快適なリスニング環境を実現した完全ワイヤレスイヤホン

Shanling MTW100-BAは装着感が良く、長時間再生できるパワフルなバッテリー性能を持っています。そのサウンドは長時間聴いても聞き疲れない音質で、長旅のお供にはぴったりです。ややゆったりした空間表現を持っているので、優しいサウンドが好きならきっと気に入るでしょう。

【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW300レビュー:必携のパーフェクトワイヤレス
【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW300レビュー:必携のパーフェクトワイヤレス

Shanling MTW300は、ユーザーに非常に良い音質を提供する、かなり堅実なTWSイヤホンです。鮮明な解像感、周波数帯域全体の優れた透明感、パンチの効いた没入感のあるサウンド出力、そして十分に適切なビルドクオリティを持っています。

最新の10000円クラス以下おすすめ完全ワイヤレスイヤホンカタログ[2021年4月号]
最新の10000円クラス以下おすすめ完全ワイヤレスイヤホンカタログ[2021年4月号]

完全ワイヤレスイヤホンの市場は近年急速に成長し、2021年もこの分野の成長は著しい伸びを見せることが予想されます。この記事では私自身がレビューテストしたもの、そして多くのレビュアーから賞賛を受けている最新の完全ワイヤレスイヤホンのおすすめ機種をまとめて紹介します。

【完全ワイヤレスイヤホン TaoTronics SoundLiberty Pro S10 レビュー】他人とはひと味違うイヤホンを求める人へ。シャープでスタイリッシュなデザインが美しい。ハーモニクスの豊かなサウンドが味わえるが、万人向けではない
【完全ワイヤレスイヤホン TaoTronics SoundLiberty Pro S10 レビュー】他人とはひと味違うイヤホンを求める人へ。シャープでスタイリッシュなデザインが美しい。ハーモニクスの豊かなサウンドが味わえるが、万人向けではない

TaoTronics SoundLiberty Pro S10は私のおすすめのリストの上位に来る製品ではありません。それはシャープで近未来的なデザインを持っているにも関わらず、サウンドは鈍く、非常に穏やかな、どこか保守的ですらあると思えるノスタルジックな音色を持っています。

【完全ワイヤレスイヤホン SoundPEATS Gamer No.1 レビュー】この価格帯ではかなりの良チューニング。全体的にバランスが良く、中域が明瞭なモニターサウンド
【完全ワイヤレスイヤホン SoundPEATS Gamer No.1 レビュー】この価格帯ではかなりの良チューニング。全体的にバランスが良く、中域が明瞭なモニターサウンド

SoundPEATS Gamer No.1は低遅延のゲーミングモードを搭載した完全ワイヤレスイヤホンです。デザインはゲーマー向けを意識しているようですが、実際のところそのサウンドはかなり良質なモニターサウンドで、オーディオファン向きです。

【完全ワイヤレスイヤホン UGREEN HiTune T2 レビュー】装着感をしっかり整えると、ウォームでポップス向きのバランスの良い音を奏でる。有力なAirPods代替候補
【完全ワイヤレスイヤホン UGREEN HiTune T2 レビュー】装着感をしっかり整えると、ウォームでポップス向きのバランスの良い音を奏でる。有力なAirPods代替候補

UGREEN HiTune T2は適度なディテール感とウォームで聴き心地がよいマイルドさを兼ね備えた完全ワイヤレスイヤホンです。装着感がやや安定しづらく、低域は装着次第でだいぶ量感が変化するという欠点があるのが難点です。

previous arrow
next arrow
【まとめ】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ機種まとめ&選び方ガイド
【完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW100-BA レビュー】聞き疲れしないサウンドと装着感。長時間の快適なリスニング環境を実現した完全ワイヤレスイヤホン
【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW300レビュー:必携のパーフェクトワイヤレス
最新の10000円クラス以下おすすめ完全ワイヤレスイヤホンカタログ[2021年4月号]
【完全ワイヤレスイヤホン TaoTronics SoundLiberty Pro S10 レビュー】他人とはひと味違うイヤホンを求める人へ。シャープでスタイリッシュなデザインが美しい。ハーモニクスの豊かなサウンドが味わえるが、万人向けではない
【完全ワイヤレスイヤホン SoundPEATS Gamer No.1 レビュー】この価格帯ではかなりの良チューニング。全体的にバランスが良く、中域が明瞭なモニターサウンド
【完全ワイヤレスイヤホン UGREEN HiTune T2 レビュー】装着感をしっかり整えると、ウォームでポップス向きのバランスの良い音を奏でる。有力なAirPods代替候補
previous arrow
next arrow
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

HiFiGOは、現在購入できるHiFi IEMのトップ5をテストしてリストにまとめることで、あなたを助けようと思います。このリストは、$500以下の価格帯から選ばれています($100以下のベスト、$200以下のベスト、など)。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]
【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

コメント