【HiFiGOレビュー】Moondrop Aria 2:開封&クイックレビュー

Moondrop Aria 25000円~10000円

Moondropについては、改めて紹介する必要はないでしょう。

Moondropは、中国を拠点とする評判の高いHiFi IEMsメーカーとして、オーディオファンの間でよく知られています。Moondropには、Moondrop Blessing 2Moondrop S8など、市場で最高クラスのIEMがあります。このブランドはフラッグシップだけではなく、SSR/SSPKXXSなどのよく調整され、精巧に作られたインイヤーモニターで、あらゆる異なる価格帯をカバーしています。

2018年に、Moondropは低価格のシングルDDモデル Moondrop Ariaをリリースしました。Ariaは理由は不明瞭ですが、数ヶ月の販売された後、突如として廃止されました。

Moondrop Aria(2018 旧モデル)
Moondrop Aria(2018 旧モデル)

2021年になって、MoondropはAriaを再リリースしましたが、名前とシングルドライバー構成(技術的にもアップデートされています)以外は、前のモデルと同じところはありません。Moondropのラインナップの熱心なファンである私は(B2とS8はこのブランドのお気に入りのIEMです)、真っ先にAriaを手に入れました。

今日は、この美しいペアのシングルDD IEMの開梱体験とファーストインプレッションをご報告しようと思います。では、始めましょう。

Moondrop Aria
Moondrop Aria

この製品の要点

  1. $80のIEMのパッケージとは思えない高級感
  2. 快適な装着感を持つ美しいマット仕上げの金属製イヤーシェル
  3. 生き生きとした魅力的なサウンド出力を持ち、明瞭度が高く、音場が広い

Moondrop Aria

Ariaは、Moondrop社のHiFi IEMのラインナップに加わった最新モデルです。

LCP(Liquid Crystal Polymer)振動板を採用した10mm径の強力なダイナミックドライバーユニットを搭載したシングルダイナミックドライバーIEMです。Moondropの従来モデルと同じ名前で、人間工学に基づいた新しいデザインを採用し、マット仕上げの美しいCNC加工の金属製イヤーピースを備えているとされています。

Moondrop社は、Ariaを$100以下という非常に競争力のある価格帯で販売しています。このIEMはわずか$80という価格設定になっていますが、その価値があるかどうかを見極めたいと思います。

 Moondrop Aria
Moondrop Aria

パッケージとアクセサリー

Ariaは、アニメスタイルのデザイナーズパッケージに入っています。前面には美しいアニメの女の子とAriaのブランドロゴがあり、背面には主要な機能とIEMの周波数グラフが印刷されていますが、これは単なるトップカバーです。

それを外すと下にあるのは、すべての内容物を収納するメインの黒いボール紙のパッケージです。この箱の正面には、Ariaのイヤーピースと同じような金色のラインパターンが描かれています。

この蓋を開けると、上部にはイヤホン本体がしっかりとフォームカットに収まっています。下部は薄いボール紙で覆われており、デザイナーのラインが入ったAriaのブランドロゴが入っています。キャリーケースには、シリコンチップやコネクターケーブルなどの付属品が入っています。パッケージの中には、交換用のグリルとグリル交換用のツールも入っています。

全体的に見て、パッケージは豪華で、付属品もすべて揃っています。率直に言って、$80のIEMのパッケージとは思えないほど贅沢で高級感があります。HiFiGoのYouTubeチャンネルで公開されている私の開梱動画をご覧ください。

パッケージ内容

パッケージの内容は以下のとおりです。

  • Moondrop Aria
  • 3.5mmLタイププラグ付き2pinスリーブケーブル
  • 6ペアのシリコンイヤーピース
  • 交換可能なフィルターとグリル
  • フィルター交換ツール
  • ジッパーキャリーケース
  • ユーザーガイド
  • 保証書
 Moondrop Aria
Moondrop Aria

パッケージ開梱動画

Moondrop Aria 2 IEMs Unboxing

デザインとビルドクオリティ、装着感

Moondrop社の製品を使用したことがある方なら、この製品に何を期待すべきかお分かりいただけると思います。Moondropの他のデザイナーズ・IEMと同様に、Ariaは美しいマット仕上げの金属製イヤーシェルを採用しています。KXXXKXXSのキャビティに似ていると思われるかもしれませんが、KXXSモデルのような曲線ではなく、フラットなフェイスプレートになっています。完全な金属製であるため、樹脂素材のシェルに比べて重量がありますが、カスタムスタイルのユニバーサルフィットにより、快適な装着感を実現しています。Ariaは、フェイスプレートのデザイナーズラインパターンがユニークで、Moondropの他のIEMとは異なる印象を与えます。このイヤーシェルは、堅牢な造型と相まって非常に素晴らしい品質です。

 Moondrop Aria
Moondrop Aria

少し重量がありますが、イヤーシェルはしっかりと収まり、中型の耳に快適にフィットします。 それらは外耳道全体をカバーし、周囲のノイズからの良好な隔離を提供します。

Moondrop Ariaの駆動について

Ariaは、32Ωの低インピーダンスと122dB/Vrmsの高感度で、かなりドライブしやすいイヤホンです。私は、デジタルオーディオプレーヤー FiiO M11 Proとスマートフォンに接続したUSB DAC/AMP HIDIZS S9を使って、このIEMであらゆるクリティカルリスニングを行いました。この2つのAriaの組み合わせの中で最も良い相乗効果を発揮したのはM11 Proで、魅力的で生き生きとしています。M11 Proに搭載されているTHXアンプのおかげで、真っ暗な背景がきれいになり、透明感が抜群です。S9との組み合わせが悪いというわけではなく、S9も素晴らしい音ですが、ここではM11 Proとの相乗効果が大きいようです。

 Moondrop Aria
Moondrop Aria

一方で、私はスマートフォンのHuawei Mate 40 RSに汎用のType-C – 3.5mmアダプターを付けてAriaを試してみました。この組み合わせも非常に良好で、適切なダイナミクス、約60%の音量で十分なリスニングレベルを実現しました。スマートフォンでもAriaを楽しむことができると確信しています。しかし、最高のリスニング体験を得るためには、いつものようにハイレゾ対応のUSBドングルDACやハイレゾ対応のオーディオプレーヤーを使うことをお勧めします。

 Moondrop Aria
Moondrop Aria

音質

Ariaを聴いたファーストインプレッション(約10-15時間)において、このIEMは生き生きとした魅力的なサウンド出力を持ち、明瞭度が高く、音場が広いことが分かりました。パンチの効いた低音は音楽をよく引き立て、ブーミーさは全くありません。低音は質、量ともに同様に良く、Moondrop社がDDをパンチの効いたパフォーマンスのためにチューニングしたように見えます。中低域にわずかに低音のにじみがありますが、中低域がわずかに引っ込んでいるので、明瞭度には影響しません。高音域はわずかに前に出ており、ボーカルが前面に出てきます。男声ボーカル、女声ボーカルともに透明感があり、ディテールもしっかりしています。ギターなどのアコースティック楽器は、適度な空気感があり、とても良い音です。高域の輝きと伸びがよく、生き生きとした魅力的な音を出すことができます。レスポンスは非常にスムーズで疲れにくく、大音量でも耳障りな感じはありません。

 Moondrop Aria
Moondrop Aria

小括

Moondrop社は、Kanas Pro、KXXS、KXXX、SSP、SSRなど、成功したシングルDD IEMの開発実績を持っています。最新のAriaは、このブランドの輝かしい製品群の中でもかなり堅実な製品です。CNC加工された金属製のシェルを使用した優れた構造、パンチの効いた低音域、鮮明なボーカル、きらめく高音域のレスポンスなど、かなりのサウンドパフォーマンスを備えています。この価格帯のハイレゾIEMの中では、すぐに最高の人気機種になると確信しています。詳細はこちらのHiFiGOストアページでご覧いただけます。

 Moondrop Aria
Moondrop Aria 2 2021 LCP Diaphragm Dynamic Driver In Ear Monitors IEMs

コメント



タイトルとURLをコピーしました