【HiFiGOレビュー】Softears RSV:開封&クイックレビュー

SoftEars RSV50000円~100000円
SoftEars RSV

Softearsは、欧米市場では新しい名前かもしれませんが、中国本土では有名なプレミアムIEMメーカーです。また、Moondrop社とは研究開発チームを共有しており、両者の間には何らかの協力関係があります。Moondropは、あらゆる価格帯をカバーする非常に有名なHiFi IEM製造ブランドですが、Softearsは主にプレミアム市場に焦点を当てています。今日は、このブランドの素晴らしいマルチBA IEMの1つであるSoftears RSVの開梱体験とファーストインプレッションを紹介します。では、早速始めましょう。

Softears RSV
Softears RSV

この製品の要点

  1. 金箔とサテンで彩られた、ハンドクラフト・フェースプレートの美しい外観
  2. 通常のスマートフォンでも問題なくドライブできる
  3. 高品質のディテールと明瞭さを備えたニュートラルなサウンドシグネチャー

Softears RSV

Softears RSVは、ハンドクラフトのフェースプレートを備えた見事な外観を備えたプレミアムマルチBAのインイヤーモニター(IEM)です。 RSVのフェースプレートはサテン繊維の欠片と金箔で作られ、魅力的な外観を提供します。 名前が示すように、Softears RSVは、効率的な周波数分割を備えた5基のバランスドアーマチュアドライバー構成を両側に内蔵しています。 SoftearsのRS10フラッグシップの弟で、両側に10台のBAドライバーが装備されています。

Softears RSVの価格は$729.99です。詳細については、HiFiGoストアのこちらをご覧ください。

パッケージとアクセサリー

Softears RSVは、非常にシンプルなパッケージで提供されます。 パッケージはRSVとReference Sound Five(RSVのフルネーム)の文字が前面に印刷された、RSVの大きなVブランドロゴが付いたシンプルな無地の段ボール箱です。 側面にはSoftearsのブランドロゴがあり、背面にはIEMの技術仕様が隅に書かれています。 これ以外はパッケージ全体が真っ黒です。

Softears RSV
Softears RSV

蓋を開けると、まず右部分に革製のキャリーケースがあることに気づきます。上面にSoftearsのブランドロゴが入ったハードレザーのキャリーケースです。このキャリーケースには、RSVのイヤホン本体がそれぞれ布製のポーチに収められて収納されています。このキャリーケースにはクリーニングクロスも入っています。右側には黒の段ボール箱があり、ケーブル、イヤーピース、ユーザーガイド、保証書、クリーニングブラシが同梱されています。イヤーピースは種類ごとに袋に入れられているなど、とても整然とした印象です。全体的に、パッケージデザインは非常に豊かで高級感があり、シンプルでありながらエレガントです。非常に感銘を受けました。HiFiGoのYouTubeチャンネルでは、私の開封ビデオもご覧いただけます。

パッケージ内容

パッケージの内容は以下のとおりです。

  • Softears RSV本体と個別のポーチ
  • 2pinコネクタ付きの1本の4線編組ケーブル
  • 6対のシリコンイヤーピース
  • キャリーケース1つ
  • クリーニングクロス
  • クリーニングブラシ
  • ユーザーガイド
  • 保証書

パッケージ開梱動画

Softears RSV RS5 5BA First Look

デザインとビルドクオリティ

よくできた精巧なイヤホンについて語るとすれば、Softears RSVを外すことはできません。このIEMは、サテンの欠片とゴールドで作られたユニークなハンドクラフトのフェイスパネルを持つ優れたビルドクオリティを持っています。また、高品質な樹脂素材を使用し、ユニバーサルフィットデザインと軽量化を実現しています。イヤホンの上部には凹型の2ピンコネクターがあり、右のイヤーシェルにはフェイスパネルにRSVのブランドロゴが、右のイヤーシェルにはフェイスパネルにSoftearsのブランドロゴがプリントされています。イヤーシェルの造型は、文句なく、最高品質です。実際、フェイスパネルにはグリッター加工が施されており、非常に美しく仕上がっています。

Softears RSV
Softears RSV

ケーブル、イヤーピース、キャリーケースなどの付属品も素晴らしい作りで、高級感があり贅沢に思えます。

装着感と遮音性

Softears RSVのイヤーシェルは、肌に優しい樹脂素材で作られたユニバーサルフィットデザインと軽量なフォームファクターを備えています。イヤーシェルは大きすぎず、小さすぎないサイズです。私の耳は中くらいの大きさですが、外耳道全体をカバーしてくれ、長時間の音楽鑑賞でも非常に快適な装着感が得られます。また、外耳道全体を覆うことで、周囲の騒音を大幅に遮断することができます。キャビティのサイズが大きいにもかかわらず、私の中型の耳にしっかりとフィットしています。頭を動かしても落ちてくるようなことはありませんでした。また、ノズルのサイズも短すぎず、長すぎずで、不必要に奥まで入り込むことがなく、装着感にも問題がありません。ただ、耳のサイズが小さい人には、装着感に問題があるのではないかと思います。

注目製品「HiBy Crystal 6
HiBy Crystal 6
HiBy Crystal 6
HiBy Crystal 6

ドライバー構成

Knowles 22955 LFドライバーはサウンドステージの強固な基盤となります。細かく調整された中域用の2基のカスタム1006ドライバーを持ち、さらに1基のカスタム30098および2基のカスタム31735ドライバーは、細かく詳細でありながら絹のような滑らかな高音を実現します。

全ての周波数はバランスが取れており、互いに調和しており、プロの音響設計によって技術的に保証され、すべての音源が正確かつリアルに表現されます。

最適なバランスチューニング

HiByの社内音響エンジニアチームは、蓄積された経験を活かして、このバランスの取れた周波数曲線に基づいた音響設計をまとめ、優れたサウンドのための必要な基盤を実現しました。

HiBy Crystal 6
HiBy Crystal 6

ハイレゾオーディオ認定
日本オーディオ協会からハイレゾ認定されており、高音質ハイレゾミュージックの再生に最適です。

Softears RSVの駆動について

Softears RSV
Softears RSV

Softears RSVは、わずか8Ωという極めて低いインピーダンスと、125dB/Vrmsという高い感度を持つIEMです。通常のスマートフォンでも問題なくドライブできます。しかし、個人的にはハイレゾプレーヤーやHiFiデスクトップDAC/AMPシステムを使った方が最高のパフォーマンスが得られます。今回は、FiiO M11 Proデジタルオーディオプレーヤーを使って、クリティカルリスニングを行っています。M11 ProとRSVの相乗効果は素晴らしく、素晴らしい拡張性、広いダイナミクス、そしてわずか35%の音量で十分すぎるほどの音量が得られました。

音質

RSVですぐに注目されるのは、その音色と音の響きです。BAのような人工的な音色ではなく、ニュートラルなサウンドプロファイルで自然で魅力的な音を奏でています。

ニュートラルなサウンドプロファイルとは何でしょうか?私の考えでは、特定の周波数を強調することなく、すべての音が適切にバランスされている状態が、ニュートラルな音だと思います。

Softears RSVは、すべての周波数が適切なバランスでよく聴こえる、滑らかで透明感のある特徴を持っています。IEM自体の解像度も高く、驚くほどの透明感とボーカルパフォーマンスを備えています。中低域はやや奥まっていますが、中高域は前に出てくるので、ボーカルが前面に出てきて、バランスのとれた自然な音になっています。高音部は不快感のない滑らかなプロファイルを持ち、素晴らしい拡張性があります。個人的には、RSVの透明で親しみやすい特徴が気に入りました。全体的に、RSVのニュートラルでスムーズな音楽へのアプローチが気に入っています。以下は、周波数ごとのサウンドの説明です。

Softears RSV
Softears RSV

低域

BAは良好な低音を出せないと思っていませんか?しかし、RSVのタイトでパンチの効いた低音を聞けば、音楽のビートに合わせて思わず足の指を動いてしまうほどです。低音域はよく伸び、優れたサブベースが雷鳴のようなサウンドを生み出します。中域にノイズ漏れや濁りの徴候はなく、低域は領域内でうまくコントロールされています。低音のパンチは素早く、ドラムのキックを正確かつスピーディに表現します。

中域

SoftearsはRSVを、正確で空気感のある中域と解像度の高い透明感を提供するように調整しました。アコースティックな楽器のディテールをしっかりと再現し、豊かで美しいボーカルを表現することに優れています。男声ボーカルと女声ボーカルの両方が感情を表現し、ユーザーに豊かな体験をもたらします。ボーカルは、親しみやすいプロフィールを持ちながらも、シャウト感や耳障りさは全く感じられません。

高域

Softears RSVの高音域は、よく伸び、きめ細かく、透明感があります。先に述べたように、どの周波数も特に強調されることなく、RSVの高音は音楽から良いディテールを引き出しながら、スムーズなエクスペリエンスを提供します。ヴァイオリンやトランペットなどの楽器は、歯擦音や耳障りさを感じさせない透明感があります。これにより、聞き疲れしないサウンドレスポンスが得られ、高品質な音楽を長時間楽しむことができます。この高域は明るくはありませんが、鈍いとも言えません。このIEMには十分な輝きがあり、出力を生き生きとしたものにし、ユーザーを魅了します。

音場と解像度

Softears RSVは親密なサウンド出力を持っていますが、だからといってステージングで劣っているわけではありません。サウンドステージは十分な幅を持ち、深さと高さの特性があるので、音楽が輝くための十分なスペースを提供します。Softears RSVは、驚くほどの透明感ときちんとしたディテールの再現性があり、きちんとしたイメージングとレイヤリング・ダイナミクスを備え、楽器の分離はよく表現されています。RSVを使ったリスニングセッションは、いつも楽しくて心地よいものとなります。

Softears RSV
Softears RSV

総評

Softears RSVが提供するのは、ユーザーにとって非常に興味深く楽しい体験です。開封からエンドユーザーエクスペリエンスに至るまで、製品自体と同様に、贅沢でプレミアムな体験に満ちています。私はMoondropのチューニングのファンですが、RSVを聴けば、SoftearsとR&Dチームを共有していることが明らかで、出力は魅力的であり、私を夢中にさせます。サウンドに関しては、このIEMは、高品質のディテールと明瞭さを備えたニュートラルなサウンドシグネチャーを提供します。 滑らかな高音域のレスポンスで、高解像度のリラックスした音楽体験をユーザーに提供します。これまでのところ、2021年の私のお気に入りのペアの1つです。RSVの技術仕様と詳細については、こちらをご覧ください。

Softears RSV RS5 5BA In-Ear Monitor Earphone IEM

コメント

タイトルとURLをコピーしました