おすすめ度:B+

【密閉型ヘッドホン 城下工業 SoundWarrior SW-HP20 レビュー】解像度に優れたリスニングヘッドホン20000円~30000円

【密閉型ヘッドホン 城下工業 SoundWarrior SW-HP20 レビュー】解像度に優れたリスニングヘッドホン

城下工業 SoundWarrior SW-HP20は高い解像度を実現したリスニングヘッドホンです。
【モニターヘッドホン AKG K702 レビュー】サウンドバランスが良く、原音忠実性が高い。しかし解像度の点でメインモニターとしては力不足になりがち20000円~30000円

【モニターヘッドホン AKG K702 レビュー】サウンドバランスが良く、原音忠実性が高い。しかし解像度の点でメインモニターとしては力不足になりがち

AKG K702は優れたサウンドバランスで原音忠実性の高いシグネチャーを実現している優秀なヘッドホンです。
【完全ワイヤレスイヤホン QCY T18 レビュー】バランスが良いサウンドを長時間聞きたい人向け。マルチポイント対応&通信安定性は高い5000円~10000円

【完全ワイヤレスイヤホン QCY T18 レビュー】バランスが良いサウンドを長時間聞きたい人向け。マルチポイント対応&通信安定性は高い

QCY T18は非常にバランスの取れたスタジオチューニングスタイルのサウンドを提供します。
【中華イヤホン KZ ATR レビュー】KZ初期の人気作1000円~3000円

【中華イヤホン KZ ATR レビュー】KZ初期の人気作

かつてのKZの人気イヤホンです。
【ゲーミングヘッドセット Edifier G2Ⅱ レビュー】中域重視の奥行き感のあるサラウンド系音場5000円~10000円

【ゲーミングヘッドセット Edifier G2Ⅱ レビュー】中域重視の奥行き感のあるサラウンド系音場

Edifier G2Ⅱは中域を重視したい奥行き感のある音場表現を実現するゲーミングヘッドセットです。
【ハイエンドイヤホン 64Audio U6t レビュー】総じて無難。悪くないが音質に対して価格はかなり割高100000円~200000円

【ハイエンドイヤホン 64Audio U6t レビュー】総じて無難。悪くないが音質に対して価格はかなり割高

64Audio U6tも6BAも積んでいながら、優れた制動特性を実現し、全体のチューニングもかなり滑らかに仕上げ、オーディオスペック面でハイエンドとしての不足を感じる部分は、サウンドバランス・音域・歪率・解像度すべてにおいてないと言えます。
【ゲーミングヘッドセット EKSA E900 Pro レビュー】解像度が高く、ナレーションの方向感覚もつかみやすい奥行きのある音場を実現する3000円~5000円

【ゲーミングヘッドセット EKSA E900 Pro レビュー】解像度が高く、ナレーションの方向感覚もつかみやすい奥行きのある音場を実現する

EKSA E900 Proは高い解像度と低歪みの良質なサウンドを提供するゲーミングヘッドセットです。
【ワイヤレスヘッドホン Master & Dynamic MW65 レビュー】外観はかっこよく、サウンドバランスも悪くないが、総じて価格相応クラス30000円~50000円

【ワイヤレスヘッドホン Master & Dynamic MW65 レビュー】外観はかっこよく、サウンドバランスも悪くないが、総じて価格相応クラス

優秀な質感表現、良好な定位感でわずかに奥行きが強調される音場を持つヘッドホンです。ニュートラルよりはV字寄りです。
【完全ワイヤレスイヤホン Tranya T30 レビュー】価格帯では二番手以下。ドラムを重視した少し中低域の強い感じと少しピーキーで荒っぽい高域が気になる3000円~5000円

【完全ワイヤレスイヤホン Tranya T30 レビュー】価格帯では二番手以下。ドラムを重視した少し中低域の強い感じと少しピーキーで荒っぽい高域が気になる

Tranyaの主張通り、Tranya T30はドラムはやや強調され、高域で鮮明感も強調されるV字型サウンドを持っています。定位感は良好ですが、高域の作りが荒っぽく、歯擦音が刺激的に聞こえやすいのと、平凡な解像度などスペック面で価格なりか少し物足りないのが気になります。音像がドライに聞こえやすく、中域の透明度はイマイチです。
【完全ワイヤレスイヤホン Tronsmart Onyx Ace Pro レビュー】明るく詳細なサウンド。原音忠実性が比較的高く、鮮明ではっきりした音を聞かせる。通信品質も優秀3000円~5000円

【完全ワイヤレスイヤホン Tronsmart Onyx Ace Pro レビュー】明るく詳細なサウンド。原音忠実性が比較的高く、鮮明ではっきりした音を聞かせる。通信品質も優秀

Tronsmart Onyx Ace Proは優れた通信品質とビルドクオリティを持ち、はっきりとした鮮明感の高い、原音忠実度も良好なサウンドを聴かせるインナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホンです。
【完全ワイヤレスイヤホン MUINE T1 レビュー】優れた質感と定位感。響きの豊かなサウンド。通信品質とANCは優秀5000円~10000円

【完全ワイヤレスイヤホン MUINE T1 レビュー】優れた質感と定位感。響きの豊かなサウンド。通信品質とANCは優秀

MUINE T1は新興メーカーのデビュー作であり、パッケージも豪華とは言えない泡沫製品のように思えます。実際私も最初は全く期待していませんでしたが、耳に入れて音を聞いた途端、かなりレベルの高いチューニングがされていることにすぐに気づきました。
【中華イヤホン CCA CRA+ レビュー】CCA CRAを中域寄りにしたモデル。悪くはないが、総合的にはCRA-3000円~5000円

【中華イヤホン CCA CRA+ レビュー】CCA CRAを中域寄りにしたモデル。悪くはないが、総合的にはCRA-

CCA CRA+はCRAの中域が暗いことに不満を覚える場合に、選択肢に入るかもしれません。
【中華イヤホン KZ EDX Ultra レビュー】質感に優れた中域と深みのある低域を持つが、高域が弱点になりやすい1000円~3000円

【中華イヤホン KZ EDX Ultra レビュー】質感に優れた中域と深みのある低域を持つが、高域が弱点になりやすい

KZ EDX Ultraは価格以上のオーディオスペックとビルドクオリティを持つ優れたイヤホンですが、高域で癖が出やすく、それが弱点になりやすいという欠点を持っています。
【中華イヤホン Yu9 U-554 レビュー】よくできたエティモティッククローン。ER4Bの代替機。ボーカル曲やASMR用にお勧め10000円~20000円

【中華イヤホン Yu9 U-554 レビュー】よくできたエティモティッククローン。ER4Bの代替機。ボーカル曲やASMR用にお勧め

Yu9 U-554はよくできたEtymotic Research ER4Bのクローンモデルです。
【中華イヤホン Audiosense TX15 レビュー】深みのある低域を持つシックなサウンド3000円~5000円

【中華イヤホン Audiosense TX15 レビュー】深みのある低域を持つシックなサウンド

Audiosense TX15は低域が強調され、中域が引っ込むV字型サウンドを持っています。
【中華イヤホン UniqueMelody Maverick Ti レビュー】UniqieMelodyらしく無難に仕上がった機種100000円~200000円

【中華イヤホン UniqueMelody Maverick Ti レビュー】UniqieMelodyらしく無難に仕上がった機種

10万円以上という条件で選ぶなら、UniqueMelody Marverick Tiはその外観のビルドクオリティとサウンドは価格の水準を満たしているので、概ねおすすめしやすい機種であると思われます。
【完全ワイヤレスイヤホン Tranya T10-B レビュー】よくできたBass Boostモード。中高域が印象的なサウンド。安定した通信品質。無難な選択肢3000円~5000円

【完全ワイヤレスイヤホン Tranya T10-B レビュー】よくできたBass Boostモード。中高域が印象的なサウンド。安定した通信品質。無難な選択肢

Tranya T10-Bは価格帯では無難な選択肢と言える機種です。通信品質は安定しており、サウンドバランスは悪くなく、Bass Boostによって調整可能な低域はかなり合理的にチューニングされています。
【ワイヤレスヘッドホン Edifier W820NB レビュー】実用的なANC、安定している通信品質、バランスの良い聞き心地の良いサウンド。外出時に使いやすい高コスパ機種5000円~10000円

【ワイヤレスヘッドホン Edifier W820NB レビュー】実用的なANC、安定している通信品質、バランスの良い聞き心地の良いサウンド。外出時に使いやすい高コスパ機種

Edifier W820NBはバランスの良いサウンドと実用的なアクティブノイズキャンセリング、良好な通信品質を兼ね備えた、比較的よく出来たワイヤレスヘッドホンです。
【モニターヘッドホン JTS HP-565 レビュー】解像度に優れる低価格モニター。奥行き感のあるリッチサウンド3000円~5000円

【モニターヘッドホン JTS HP-565 レビュー】解像度に優れる低価格モニター。奥行き感のあるリッチサウンド

JTS HP-565は奥行き感のある音場に豊かに響く力感の強いサウンドを聞かせます。解像度は非常に高いですが、クリアなサウンドとは言い難いため、モニターヘッドホンというよりもリスニングヘッドホンとして好まれる機種でしょう。
【日本製イヤホン ZERO AUDIO ZIRCO BASSO レビュー】低域寄りの重厚サウンド。臨場感のある音楽を楽しみたいなら悪くない5000円~10000円

【日本製イヤホン ZERO AUDIO ZIRCO BASSO レビュー】低域寄りの重厚サウンド。臨場感のある音楽を楽しみたいなら悪くない

10000円以内の価格帯で重厚感のあるサウンドを楽しみたいのであれば、ZERO AUDIO ZIRCO BASSOは比較的まともな選択肢と言えるでしょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました