おすすめ度:D-

3000円~5000円

【ワイヤレスヘッドホン OneOdio A10 2022 レビュー】力感豊かな音が好きなら悪くないかもしれない

力感の強い音が好きならOneOdio A10 2022を選んでも良いかもしれませんが、基本的におすすめしません。
30000円~50000円

【モニターイヤホン アルファ☆デシベル Hyperion UM(新型) レビュー未満】修理され解像度向上処置を施されたというが、逆に劣化している。中域は改善された

おすすめしません。
100000円~200000円

【モニターイヤホン アルファ☆デシベル EgoiST UM レビュー未満】このブランドはチューニングもあまりよくないが、それ以前にどうも製造工程か品質管理に問題を抱えている可能性がある

あまりにもよくない。
10000円~20000円

【中華イヤホン Audiosense AQ4(不良ロット) レビュー】名機AQ3の後継機ないし進化版という触れ込みだが、似ても似つかない音

Audiosense AQ3の名声を知っており、Audiosense AQ4にそのようなサウンドを期待して購入するつもりであるならば、今すぐ考え直す必要があるでしょう。
100000円~200000円

【ハイエンドイヤホン JH Audio JH13v2 Pro Universal レビュー】ハイエンド機種にふさわしい解像度、深みのある低域

JH Audio JH13v2 Pro UniversalにはJH Audioの低域へのこだわりが感じられますが、その音に10万円の価値はありません。
5000円~10000円

【中華イヤホン CCA CA10 レビュー】真の天才が生み出したサイケデリックサウンド。あのゲテモノ感再び

奇妙で、ある意味サイケデリックな気色の悪いゲテモノ臭の強いジャンクフードサウンドを味わいたいなら、CCA CA10は見逃すべきではありません。
30000円~50000円

【モニターイヤホン アルファ☆デシベル Hyperion UM レビュー未満】故障機か?ただの騒音発生機

とにかくひどい。
10000円~20000円

【中華イヤホン MacaW GT600s レビュー】非常に高い解像度を持ち、輝度が高く光沢感の強いギラギラの金属質なトレブルハッピーサウンド。無骨な音が好きな人向け

深みのあるグレーメタリックな渋みと無骨なダンディズムのあるサウンドを好むなら、MacaW GT600sは最適な選択肢です。解像度も高いので、最高の満足感を得られるでしょう。しかし、そういう特殊な趣味がない多くの人は素通りするのが良さそうです。
1000円~3000円

【中華イヤホン KZ ZEX レビュー】構築感に欠けるが、解像度は高い。濃厚で充実感の高い独特のダイナミックウォームサウンド

KZ ZEXの技術的パフォーマンスは素晴らしく、わずか3000円以下で買えるイヤホンでありながら、ハイエンドに匹敵するサウンドを提供します。しかし、基本的に非常にニッチで一部のリスナーしかこれに満足することがないでしょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました